【女性からされて嬉しい?嬉しくない?】17つのボディタッチを徹底解説!

女性からボディタッチをされることは嬉しいかどうか聞かれたら相手によると言うのが大方の見方だと思いますが、そのやり方も大きな要因となります。
あまりに馴れ馴れしくボディタッチをされたらあまり良い気分はしませんし、優しく労わる感じで触られたら良い気分になります。
場所によっても大きな違いがあり、酒席の場でリラックスした雰囲気でボディタッチをされた場合にはそれほど違和感を感じない人が多いです。
また落ち込んでいる時に慰めるために肩を叩いてくれる女性に対しても好感を持ちますが、時と場合によっては鬱陶しくなる時もあるのが多くの男性の本音です。

肩をトントンと軽くたたく。

女性からのボディタッチの中で最もハードルが低く、かつ効果的なのが肩をトントンと軽くたたく仕草です。ねえねえ、といった感じで女性に触られて抵抗感を抱く男性は少ないです。さりげなくボディタッチが行えるため不自然さもないですし、あまり慣れていない人でも気軽にできるのが特徴です。
男性へのボディタッチが激しい女性も中にはいますが、そうでない人がほとんどという状況の中で、この肩トントンはハードルの低さも際立っています。隣にいる男性に対して最も自然な形でコンタクトが取れます。この仕草には女性特有の可愛らしさを表現することもできるため、振り向いたときにどきっとする男性は多いです。
慣れていない場合は、このボディタッチの後にうまく会話が続かないという人もいます。例えば食事の席なら、ちょっとお醤油を取って欲しいだとか、飲み物を何か頼もうかというアピールにも使えます。もちろんそのままの流れで会話に入っても構いません。ただ、あまりやったことがないと戸惑ってしまったり、その後の会話が続かないこともあり得ます。それでも構わないので肩トントンをすべきです。その理由は、照れている姿も男性から見ると可愛いからです。ボディタッチをしてみたもののその後どうして良いか分からないと戸惑う女性は、男心をくすぐります。守ってあげたいような、こちらから積極的に話をしてあげたいような何とも言えない気持ちになります。ここから恋愛に発展することも多いので、目当ての女性の1人として見られる可能性は高いです。
手軽なボディタッチとして使えるので、何度も繰り返し行えるのもこの仕草の良いところです。しばらく時間をあけてからまた肩トントンを行えば、少しずつお互いに慣れてきます。会話は自然とスムーズになり、お互いのことをより深く知ることができます。また、何度か繰り返したらトントンして振り向いたとき何も言わずにっこり笑顔というのもありです。用事は無いけどかまって欲しいという可愛らしさをアピールできます。男性は意外とこういった仕草に弱いです。
肩をトントンたたく仕草はいろいろなシーンで使うことができる優良なボディタッチです。ただし、男性は自分だけのためにやってくれたところに価値を見いだす傾向が強いため、同じ場であまりたくさんの人にやるのはおすすめできません。1人か多くても2人までにしておくべきです。最初に行った人に見られている可能性があるときは、2人目に同じ手を使うのは避けておいた方がベターです。1つのテクニックとして上手に使えるようになると男性ウケの良い女性になれます。

腕に密着してくる、触る。

腕に密着してこられると、ほぼ全ての男性が喜びを感じます。ボディタッチと言うと手で体のどこかに触れるといったイメージが強いですが、腕への密着は体全体をすり寄せる形になりやすく、触れる面積が広いのが特徴です。指先で体に触れられるだけでも大きな喜びを感じる男性は多いです。それを腕に密着してくるボディタッチをされれば、嬉しさはさらに大きくなります。
腕に密着して触られるといっても、その形は様々です。女性の腕を男性に絡めるような形から、体全体でしなだれかかるように触れるパターンもあります。居酒屋などで食事をしていて多いのがこのような形です。お酒に酔ってしまったりまたは酔っ払ったふりをして男性の腕に触れれば、男心としてはかなり期待をしてしまいます。実際にこのようなボディタッチをする女性は意外と多いですが、男性がその仕草を嫌がるのは稀です。まず間違いなく好意的に受け取られるので、1つのテクニックとしても使用できます。あえてこのような態度を取る女性もいます。しかし、それには少し注意が必要です。
腕に密着するとお目当ての男性を喜ばせる事は可能です。しかし、それを他の男性に見られると見た男性はあまり良い気持ちがしないものです。この子はこの人狙いなんだと周りにアピールしていることになってしまいます。
あからさまにやりすぎると、女性陣から反感を買う恐れもあります。あまり強いボディタッチをしている女性を、女性たちは好まない傾向があるからです。女性陣から冷ややかな目で見られてしまうのは避けた方が良いです。協力してお目当ての男性と仲良くなるチャンスを逃してしまう可能性があります。
適度なボディタッチを自然な形で行うのがポイントです。そのためにはあまりがっちりとお目当ての男性の腕を捕まえるのではなく、さりげなく腕を掴む位がちょうど良いです。その方が可愛らしさをアピールできるという利点もあります。少し恥じらいながらもボディタッチをしてくる女性が、男性は好きです。
例えばこのボディタッチをしてくる対象が彼女なら、思いっきりやっても構いません。腕への密着は嬉しいボディタッチと言えます。人前であまりベタベタするのを嫌う男性もいますが、多くの人は喜びを持って接します。しかし、彼女でもない女性に激しいボディタッチをされることを良しとしない男性が一定数いるのも事実です。その人との距離を確かめながら上手にスキンシップを図ることが大切です。あまり急に距離を詰めすぎるとその分離れてしまうことも少なくありません。

手の平、手の指などに触る

手の平、手の指に触ることは女性からしても比較的に難易度が低いのではないでしょうか。ボディタッチは場所や触れ方によっては下心を感じてしまい、関係性がまだ十分なものではない場合引いてしまうこともあります。ですが、手の平や手の指であれば触り方を間違えない限りよっぽど嫌いな人から触れる以外はどちらかというと嬉しいボディタッチです。例えばドキドキしたり嬉しかったボディタッチの体験談には次のようなものがあります。
スマートフォンで調べものをしていたときに片手で操作をしているとそれを見た女の子から、自分は手が小さいから片手で操作できないと言われ、本人としては片手操作は自然なことだったので驚いてしまい、そんなに手が小さいのかと聞いたところピタッと手の平を合わせて、全然手の大きさが違うでしょ、と言われたときです。まさか手を合わせられるとは思っておらず不意に手の平が合わさったので突然のことでかなりドキドキしたそうです。他にも指が長いから見せてと触られたり、手の大きさを比べるために触られるケースが多いようです。これらは手の大きさを比べることによって相手の女の子の華奢さも意識してしまうのでよりドキドキしやすいと言えます。また腕相撲だったり握力を比べるために手を握ることもありますが、これらも男女の差が感じられてしまい変に意識してしまいます。意識はしてしまいますが、このような触れ方は下心が感じられないので拒絶感や不快感もなく自然と受け入れる人が多いです。
ただし触り方によっては手の平や手の指へのタッチでも拒絶感を感じてしまう場合があります。例えば飲み会などで隣の席になった時にふと手の指をツーっと撫でられたなどのパターンは下心が丸わかりだったので引いてしまいます。完全に脈ありな相手であれば良いのかもしれませんが、異性として意識していない段階で下心を感じさせるような触れ方をされると多くの男性は嬉しさを感じないでしょう。
特に意識していない女性からであっても嬉しいと感じるボディタッチの方法はやましい気持ちがなく、男女の違いが見せつけられるような触れあい方がいちばんだと思います。親密度によって嬉しいか嬉しくないかは大きく変わってきますので、脈ナシや脈があるかわからない場合は大きさ比べや力比べなど何か理由のあるボディタッチだと嬉しい場合が多く、大好きな相手からであれば多少下心が見えるボディタッチでも嬉しいと感じるでしょう。

足へのボディタッチ、太もも

ボディタッチで太ももを触られたら、少し驚いてしまいます。気になっている子が触ってくる場合は嬉しいという気持ちももちろんありますが、すごく積極的なタイプで軽い子なのかなとか、体目当てなのかなとか、肉食系なのかななどいろいろなことを考えてしまいます。まだお付き合いをしていないのに、いいなと思っている子がそういうことをしてきたらなんだか悲しい気持ちになる方が強いかもしれません。お付き合いをしてからであれば、太ももにボディタッチをしてくるのはいいですしいくらでも触ってくれて構わないのですが、お付き合いをしていない時点で触って来られると驚くしそこまで嬉しいとは感じません。好きな子にされたら幸せだなという気持ちはあっても、やっぱり軽い子なのかなと感じざるを得ないです。全くなんとも思っていない子がボディタッチで太ももを触ってきたら、驚きますがそこまで嫌という感情はないです。どうしたんだろうとは思いますしかなり積極的な子だなということも感じますが、自分に好意を持ってくれているのかなと感じて少し嬉しくなります。自分のことを嫌いなのであれば、絶対に触ってこない場所だと感じるからです。かといってこちらが好きになるかといえばまたそれは別の話になりますが、好きにならなくてもボディタッチをされると嬉しいです。軽い子なのかなという気持ちにはなりますが、何とも思っていなくて今後もお付き合いをする予定がない子が触ってきたら単純に嬉しいです。好きな子がしてきたら、みんなにもこういうことをしているのかなと考えてしまって悲しい気持ちになります。太ももにボディタッチを軽くしてくるのは嬉しいですが、さすがに何度も何度もしつこく触ってくるのは嫌だなと思ってしまいます。何が目的なんだろうと勘ぐってしまいますし、体目当ての肉食女子としか思えないかもしれません。今まででは軽く触られたことはありますが、何度もべたべたと触られたことは特にないです。そういうしつこく触れた経験はないですが、想像をすると嫌だなと感じます。たまにさっと触ってくるくらいならいいかなと思います。太ももへのボディタッチが嬉しいかどうかというのは、触ってくる頻度にもよりますし、どんな関係の相手なのかにもよります。大好きで本当にお付き合いをしたいと思っている子が触ってくる、どんな子なんだろうと少しだけ不安な気持ちになってしまいますが、なんとも思っていない女性から触られると単純に幸せな気持ちになってしまいそうです。

顔(ほほ)へのスキンシップ(触る、キスする)

頬にスキンシップで触ったりキスをしてきたりする女性は、少しだけ引いてしまいます。基本的にボディタッチをされると嬉しいですが、頬に触ってきたりキスをしてきたりしたら、嬉しいという気持ちを通り越して「この人男慣れしているな。」と思ってしまうことの方が多いです。もちろん、好きな人にそういうことをされると嬉しいですが、まだ会って間もない人から頬にスキンシップで触ったりキスしたりしてこられたら驚いてしまいます。そして、この人とはちょっと距離を置いた方がいいかもと警戒をしてしまうこともあります。また、頬を触ってこられたら、ノリで触ってきているのかなと思います。恋愛感情はなくて、その場のノリで何にも考えないで触っているのかなと感じるのです。女性からノリでされたとしてもやっぱりこっちは意識をしてしまうし、驚くのでできるだけノリではしてほしくないです。気になっている人がノリでそういう事をして来たら、多くの男はショックで悲しい気持ちになるからです。以前、頬にいきなりキスをしてきた女性がいました。結構気になっていた人でしたし、お付き合いできたらしてもいいかなと思っていた人でした。でも突然キスしてきて驚いてしまって、なんでそんな事をしたのかと聞くと「あなたは男性というよりも動物的な可愛さがあってついついしてしまった」と言われました。正直かなりショックでしたし悲しかったです。ボディタッチをしてくる女性って結構いますが、そういう簡単な気持ちでしないで欲しいと感じました。やっぱり男は期待をしてしまうし、期待外れな気持ちでされていることが分かったら結構ショックだからです。その時は結構落ち込んでしばらくは立ち直れなかった程です。すごく親しくなってお付き合いをしている時なら、頬にキスをしてきたり触れてきたりするのは嬉しいけれど、まだそういった関係ではないのに頬にボディタッチをするのは男としてはやめて欲しいという気持ちがあります。自分に恋愛感情を持ってくれていてそういう事をして来るのであれば、嬉しいなと感じますが、そうではない場合は正直やめて欲しいです。そういう気持ちを持っている男が大半ですし、キスなどは遊びでするのはよくないと感じます。気持ちが通じ合っている時にはそういう事をして欲しいいけれど、そうではない段階でするのは間違っています。男に期待をされるだけだし、女性はよくても男はずっと考えてしまうからです。

お腹へのスキンシップ

お腹へのボディタッチはかなりレベルが高いと言えます。普段あまり人に触られることがない箇所なので、誰かに触られるとどきっとしてしまいます。肩や頭・背中などはまだハードルが低い箇所ですが、お腹は少し意味合いが変わってきます。
お腹は体の中心にあり、通常誰かに触られる事はありません。自分で触る事はあっても、よほどのことがない限り他者が触れる事は稀です。男性からして女性にお腹を触られる事はまずありえない事態で、彼女やパートナーならいざ知らずあまり面識がない人に触られると抵抗感を抱く人が少なからずいます。
例えば居酒屋で飲み会をしている時、隣に座った女性からボディタッチがあると男性は嬉しいものです。背中や肩・腕などはよくボディタッチがある箇所として挙げられます。しかしそこでお腹を触るというのは余程のことがない限りありません。それだけに、一気に2人の距離を縮めたり、思い切ったアプローチの方法として行うための手法と言えます。引き締まった体をしているから腹筋を触らせて欲しい、とストレートに触れることをお願いしたり、逆に少しふくよかな男性に向けてお肉のついたお腹が好きだとアピールしながら触る方法もあります。
お腹といってもかなり範囲が広く、胸に近い上部ならまだしも下半身に近い部分はさらにハードルは高くなります。お腹のスキンシップはかなりのテクニックを必要とする事は知っておかなければいけません。お目当ての男性に近づきたいという目的でお腹へのスキンシップを図りたい場合は、まず別の触れやすい箇所からボディタッチをして相手の様子を見るなどの洞察力も必要です。男性に嫌がる気配がなかったり、その気になっていると感じたら少しずつお腹の近くにタッチをするなどの工夫があると良いです。その際ずっと触り続けるのではなく、緩急や強弱をつけるとなお効果的になります。お腹となると人目を気にする男性も多いです。その男性の動向とともに、周りのリアクションなども注意しておく必要があります。
カップルでお腹へのボディタッチを行う場合でも、かなり親密なスキンシップとなります。人前で行うボディタッチと言うよりも、二人っきりでいるときに行うものという位置づけが一般的です。親密な関係の女性にお腹を触られると、多くの男性は嬉しい気持ちになります。女性のお腹を触ることが好きな男性は意外と多いので、お互いのお腹をタッチし合うというスキンシップも良いです。そこから2人の営みにつながることも多いです。

頭部へのボディタッチ

女性からのボディタッチは基本的に嬉しいですが、頭部へのボディタッチは何だか下に見られているような気がして複雑な気持ちになってしまいます。ボディタッチをしてくる女性が、年上で自分より上の立場で全く恋愛感情がない人などだったら、頭部にボディタッチをされても何とも思いません。嫌な気持ちにもなることもなく、普通に嬉しいかなと思います。でも自分が狙っている子とか年下の可愛い子に頭部にボディタッチをされたら正直嫌だなという気持ちの方が大きいです。触れてくるということは、自分のことを嫌いに感じていない証拠なのでそこはいいのですが、頭部というのはすごく気になります。なんだか「よしよし」とされてるみたいで、すごく子供扱いをされているような気さえします。一度そういうことをしてきた女性がいますが、やっぱりその時「子供扱いされているな」と強く感じました。正直狙っていた可愛い子でしたし、自分がリードしていってあげたいとも思っていたのでやっぱりショックだったのを覚えています。なんだかすごく軽く見られている気もしましたし、下に見られているとしか思えなくて、その子への恋愛感情も一気に冷めていってしまいました。どちらかというと、自分の方が女性を引っ張っていってあげたいと感じる方なので、頭部へのボディタッチは自分の方がしたいという方です。こちらがされると、なんだか下に見られてるとしか思えないのであまりいい気持ちにはなりません。もしかしたら、年上の女性が大好きで、自分の方が引っ張ってもらいたいと思っている人だったら、頭部へのボディタッチは嬉しいのかもしれないです。「よしよし」とされるのが好きな男性も大勢いますし、そういうことが好きな人は喜びます。でも女性の方も好きな男性に「よしよし」はあまりしないことが多いです。そんなことをするということは、その男性のことを友達としか見ていないという証拠だと思うからです。もしも恋愛感情を持っていたら、きっとほとんどの人は「よしよし」なんてしないですし、触るとしたら腕などだと思います。ボディタッチは基本的にされたら嬉しいですが、される場所によります。またボディタッチをしてくる女性にもよるのです。好きな人に頭を撫でられたりぽんぽんされるのは気持ちがいいものではないです。男性からするのであれば問題ないですが、女性からしてくる場合は下に見られていると感じてしまいます。頭部という場所以外なら嬉しいです。

背中へのボディタッチ

男性の大きな背中はとても魅力的で思わず触れたくなってしまう女性も多いのではないでしょうか。まして好意を寄せている男性の背中であればなおさらですよね。誰でも好きな人には触れたいと思い、またその逆に触れられたいと思うものです。特に男性はそういう思いが強いので、背中へのボディタッチは二人の距離を縮めるのにとても有効です。背中へのボディタッチはシーンによっては自然に行うことができるため、比較的難易度の低いボディアクションの1つと言えるでしょう。例えば落ち込んでいるときに背中を励ますように叩く仕草は友達同士でもすることがあるので、触りかたの加減によりセクシャルな雰囲気を隠すことも、逆に過度にセクシャルに演出することもできます。まだ距離感が遠く、馴れ馴れしすぎると思われたくない場合には、前者のようにセクシャルな雰囲気をあまり出さずにボディタッチをすると良いでしょう。やり方は簡単です。どちらかというと肩寄りの彼の背中を少々強めに叩くようにタッチします。励ましの言葉をかける場面であれば自然になんの違和感もなく受け入れてもらえるはずです。自分を支えてくれるお母さんやお姉さんのような温もりをあなたから感じられ彼もほっとすることでしょう。ただしこの手法は、年下の女性から年上の男性にやるのはあまり適していないかもしれません。その男性の性格を見極め、見下されたとプライドが傷つくようなタイプではないことを前提に行ってください。一方関係を早く進展させたい場合のボディタッチについては、シーンを選ばず突然に背後からソフトに触れることが有効です。突然背後から触れられたことで驚いた男性の胸は高鳴り、つり橋効果と同様に男性の気持ちを高めることも可能です。また、背中は敏感な場所ですのでソフトに触れることによりくすぐったさを感じさせると、男性はゾクゾクしセクシャルな感覚に直結させることができるでしょう。この場合の注意点ですが、その男性に普通以上の好意を持たれていない場合にしてしまうと逆効果です。あまりにもダイレクトなボディタッチになりますので、関係を進展させたくないと思われている場合には一気にひかれ警戒されてしまう場合もあります。また綺麗な景色が見える場所や二人きりの空間や夜などムードのある雰囲気で行わなければ、例え好意をもっていたとしても驚きすぎてひいてしまう可能性もありますので、いつどこでするのかをしっかりと検討することも必要です。

腰へのボディタッチ、腕を回すなど

身体にはいろいろな部位がありますが、腰となるとかなり難易度の高いボディタッチになります。男性側からしても触られたときに嬉しいかどうかは人によって大きく分かれる部位だと言えますし、タッチしてきた女性への好意がない場合は引かれる可能性が高い部分だと言えるでしょう。
腰は理由なく触ることが難しいものです。女性としても気のない男性の腰に腕を回したりすることは出来ないのではないでしょうか。される側の男性も腰に手を回されると自分のことを好きなのではないかと思ってしまいます。そのとき、ある程度仲が良かったりお互いが異性として意識しあっていれば相手をドキドキさせることもできるかもしれません。反対に関係性がまだ育っていなかったり、異性として見られていなければ距離が近すぎると思われてしまう可能性が高いです。そう言っても脈があるかどうかわからないという人はあからさまなボディタッチをするのではなく、自然なやり方でタッチすることをオススメします。
まずあまりオススメできないのは大勢の人の前で急に腰に手を回すことです。男性の中にも周りの目を気にする人は多いですし、公共の場で大胆な行動に出るなんて信じられないと思われてしまうケースが多いと言えます。カップルで気にしない男性に対してであれば良いかもしれませんが、まだ付き合っていないのであれば公の場で行うのはやめておいたほうがいいでしょう。また、二人きりのときであっても夜の街や飲んでいる場所などで腰を回すのはオススメできません。これらはまじめにデートしている相手からは下心があると思われてしまいますし、遊びでデートしている男性であれば体の関係を簡単に持てそうと思われてしまうリスクがあります。
大胆すぎる、下心がありそうと思われずに腰にボディタッチをするためには不可抗力を装うと良いでしょう。例えば遊園地デートなどは不可抗力を装って触りやすいと言えます。お化け屋敷など怖い場所へ行き、仕掛けが作動した瞬間を狙って軽く腰に手を回す感じで相手にタッチします。このようなやり方であれば怖かったから思わず触ってしまったのだと思われてよっぽどのことがなければ嫌われたりいやな気持にさせてしまうこともないでしょう。寧ろ不意に男性を頼った形になるので男性も男らしさを見せることが出来て嬉しく感じる可能性のほうが高いです。
このように自然に腰へのボディタッチを行うこともできますが、やはり腰への接触は男性との親密度が大きく影響してきます。まだ早いかもしれないと思ったら焦らず他の部分へのボディタッチのほうが良いでしょう。身体にはいろいろな部位がありますが、腰となるとかなり難易度の高いボディタッチになります。男性側からしても触られたときに嬉しいかどうかは人によって大きく分かれる部位だと言えますし、タッチしてきた女性への好意がない場合は引かれる可能性が高い部分だと言えるでしょう。
腰は理由なく触ることが難しいものです。女性としても気のない男性の腰に腕を回したりすることは出来ないのではないでしょうか。される側の男性も腰に手を回されると自分のことを好きなのではないかと思ってしまいます。そのとき、ある程度仲が良かったりお互いが異性として意識しあっていれば相手をドキドキさせることもできるかもしれません。反対に関係性がまだ育っていなかったり、異性として見られていなければ距離が近すぎると思われてしまう可能性が高いです。そう言っても脈があるかどうかわからないという人はあからさまなボディタッチをするのではなく、自然なやり方でタッチすることをオススメします。
まずあまりオススメできないのは大勢の人の前で急に腰に手を回すことです。男性の中にも周りの目を気にする人は多いですし、公共の場で大胆な行動に出るなんて信じられないと思われてしまうケースが多いと言えます。カップルで気にしない男性に対してであれば良いかもしれませんが、まだ付き合っていないのであれば公の場で行うのはやめておいたほうがいいでしょう。また、二人きりのときであっても夜の街や飲んでいる場所などで腰を回すのはオススメできません。これらはまじめにデートしている相手からは下心があると思われてしまいますし、遊びでデートしている男性であれば体の関係を簡単に持てそうと思われてしまうリスクがあります。
大胆すぎる、下心がありそうと思われずに腰にボディタッチをするためには不可抗力を装うと良いでしょう。例えば遊園地デートなどは不可抗力を装って触りやすいと言えます。お化け屋敷など怖い場所へ行き、仕掛けが作動した瞬間を狙って軽く腰に手を回す感じで相手にタッチします。このようなやり方であれば怖かったから思わず触ってしまったのだと思われてよっぽどのことがなければ嫌われたりいやな気持にさせてしまうこともないでしょう。寧ろ不意に男性を頼った形になるので男性も男らしさを見せることが出来て嬉しく感じる可能性のほうが高いです。
このように自然に腰へのボディタッチを行うこともできますが、やはり腰への接触は男性との親密度が大きく影響してきます。まだ早いかもしれないと思ったら焦らず他の部分へのボディタッチのほうが良いでしょう。

口に関連するボディタッチ・スキンシップ

口の周りへのボディタッチやスキンシップは、かなり親密度が高いと言えます。まずカップルになっていない男女にこのスキンシップは相当ハードルが高いです。食事の席などで隣になった男性に女性からアプローチをするときに、口の周りへのアプローチはなかなか勇気が必要です。ただ、口へのスキンシップを図る場合はテクニック次第ということもあります。
例えば居酒屋などで飲み会を開いたとき、隣に目当ての男性がいたとします。当然食事をしますから口の周りに何か食べ物や飲み物が付く事はかなり高い確率であります。そんな時にさりげなく口元に手をやってそれを取り除いてあげるのも立派なスキンシップです。何かついていると指摘をしてからとってあげるのも良いですし、気がついたしぐさや表情を表して無言でとるのも効果的です。おしぼりなどを利用すれば、何もついていないのについている体でとるというテクニックもありますが、これはかなり上級者向けと言えます。実際はついていないのでよく見るとばれてしまいます。技術や工夫が必要です。
口に関するボディタッチはスキンシップの中でも難しい部類に入りますが、もしできればかなり距離は近づきます。まず、口元に手を持っていくという事はお互いの顔がかなり近くにある状態です。目の前に女性の顔が現れると、多くの男性はどきっとします。かなりの確率で意識してしまうので、効果的と言えます。
人差し指でそっと口元を塞いでそれ以上はしゃべらないでと表現するのもスキンシップの1つです。ドラマなどでよくあるシーンですが、実際に使って相手がどう感じるかはシチュエーションや関係性によります。中にはすごく喜ぶ男性もいるので、状況を把握した上で使いたいです。
カップルの場合は少し話が違ってきます。積極的な女性なら日常的に口元へのボディタッチはあっても不思議ではありません。親密な2人ならスキンシップとして割と一般的ですし、手ではなく?や口同士を近づけるボディタッチを行うのも良いです。
口は食事をするときに必要なのと同時に、性的な魅力を感じさせる箇所でもあります。この付近のボディタッチは強い意味を持つことを理解しなければいけません。あまり気軽に触れる箇所ではないです。その気がない男性にいきなり行うとびっくりされてしまう可能性が大きいですし、周りから見ても少し不思議な光景になります。肩や腕などから徐々にタッチしていくなどの、段階を踏む作業があると良いです。

危険度100%お尻へのボディタッチ

女性は好意を寄せいている男性にしかボディタッチをしませんが、
お尻へのタッチは、友達関係や恋愛対象を超え、「性欲の対象」として狙われているのでご注意!
お尻をポンッと軽くたたくのではなく、腰あたりからお尻を数回なでるような触り方は、エロチシズムの現れです。
積極的な女性は体を密着させてギューとお尻を掴んできたりしますが、こうなると完全に性欲にスイッチが入り、
今夜の相手にロックオンされた状態になっています。

女性の中には単に男性のお尻が好きで、筋肉質の格好いいお尻を見ると、つい触ってみたくなる!という人もいます。
一般的に男性の体の部位で女性からの人気が高いのは、厚い胸板やたくましい二の腕となってしますが、キュッと引き締まった筋肉質のお尻も支持が多いです。
そんなお尻フェチの女性が男性のお尻にタッチするときは、「ちょっと触っていい?お尻の筋肉すごいね!」など、触る前に
確認してきたりします。明るく触るので、そこに全くエロチシズムは感じません。

それに対し、肉食系女子の触り方は何も言わずにタッチしてくることが多く、こちらの反応を楽しんでいるように見えます。
男性が女性のお尻を触ることは痴漢行為でNGになりますが、女性が男性のお尻に触ることで逮捕された話は聞いたことがありません。
女性は男性に触り放題できてしまうのです。

そんな時、どんな行動をするのがベストかというと、無反応に振る舞うことです。
「俺は何も感じないよ。」と平然さを保てば主導権はこちら側にあります。

ここで、にやにやと笑ってしまったり、反対に触り返してしまうと
それこそ女性のペースになってしまいます。
堂々とした態度でいることが大切なのです。

「いつもはすぐに落ちるはずなのになぜ?」
「すぐに勘違いしてくるはずなのに。」
と逆に興味を持たせることもできます。
「すぐにデレデレしてしまう簡単な男」から、「なかなか落ちない余裕ある男」に評価が上がることもあります。

女性は強い遺伝子を残したい本能から、いつでも無意識に有能な男を嗅ぎわけています。
反対に男性は、多くの遺伝子を残したい本能から許容範囲が広めです。

簡単な男だなと判定されないためにも、毅然とした態度でいることこそが
女性が望む強い男なのです。

女性から触られた~とヘラヘラせずに、ボディタッチによって好感は持ってくれているなと判断し、
同時に強い男かどうか試されているんだなと考えたほうがよいでしょう。

NG!足の指や足首に対してのボディタッチ

女性からのボディタッチがあれば、それだけ親密度がアップして男性側も悪い気はしないものです。会話が弾んでいるタイミングでこうしたボディタッチがあれば、それだけで互いに好感が持てることもあるでしょう。
ただ、そのボディタッチの場所によっては相手をひどく警戒させてしまったり、あるいは嫌がらせてしまうこともあるので注意が必要になってくることがあります。肩や腕など、上半身であればまだ気軽にタッチすることも可能ですが、それが足ともなれば話は変わっていきます。足や指へのボディタッチはより親密度が高い人におすすめになってくる方法で、初めてのデート、食事会などでいきなり足を触ってくる女性がいれば、単純にノリが軽い女性、本気で自分を狙いに来ていると判断することが出来ます。もちろん、女性の中には無意識でこうしたボディタッチをしてくる人もいますが、多くのケースではその行動には意味があります。足へのボディタッチは直接的に体の関係を求めているのでは?と感じられる部分もあるので、女性側も不用意にしない方がいいでしょう。
男性の側も、初対面でこうした対応をしてくる女性には注意が必要です。もしかすると、これまでに相当な数の男性と遊んでいる女性なのかもしれない、それだけの男性の扱いに慣れているということはこうした側面もあるのかもしれません。ボディタッチをするすべての女性がそうというわけではありませんが、少なくとも足部分に積極的に触れてくる女性に関しては避けるのが無難になっていきます。その場限りの短い付き合いでもいいという場合には問題はないのですが、今後も長く真剣に付き合っていく相手をさがしていきたいという場合には、初対面の段階からこうした言動をチェックして見極めをしていく必要があります。
これから食事会や合コン、デートなどで女性と触れ合う機会があるという人は、こうした点に注意していく事をおすすめします。たったこれだけの事でも、知っているのと知っていないのとでは対応が変わっていきますし、その分女性の見極めもしやすくなっていきます。女性側であれば、本気で狙っている男性がいる際にいきなり足などにボディタッチを行うのではなく、ある程度距離を縮めることが出来た段階で行動に移していくのがおすすめです。男性でも女性でもいきなり距離を詰められるのは嫌なものですし、人によってはたった1回の行動で嫌煙され、今後のデート、交際を断られてしまう事もあります。

触られるシチュエーションにもよる部位

ボディタッチを受ける部位によっては、女性に触られるシチュエーションによって、嬉しいかどうかが違って来る場合があります。そのような部位の例として、まずは頭に対するボディタッチについて考えてみましょう。例えば飲み会などの周囲に大勢の仲間たちがいるような場で、まるで子どもをあやすような感じでポンポンと触られたら、多くの男性は馬鹿にされたように感じて気分を害するものと思われます。そのように大勢がいる場所ではなく、二人だけが会社に残ってやっていた残業が終わった時に、お疲れさまと言いながら労をねぎらう感じで頭をポンポンと触って来たら、ドキドキして嬉しい気持ちになる男性は少なくないでしょう。行為そのものだけを見れば、それらの場合には違いがほとんどありません。しかし、大勢の人がいる賑やかな場所にいるか、二人だけで静かな場所にいるかといったようにシチュエーションが変わるだけで、男性側の受け取り方が大きく異なるのです。そのような部位は他にも色々と考えられます。次はお腹へのボディタッチを受ける場合を考えると、最近太って来たねと言われながら触られると、嫌な気持ちになる場合の方が多いはずです。特にそれが好意を抱いている女性からだった場合には、恥ずかしい気持ちになって、さらに大きなショックを受けるかも知れません。逆に最近痩せて来たねとか、たくましい腹筋をしてるねといったように褒めながらお腹を触って来た場合には、誇らしく感じてうれしくなる場合が多いものと思われます。褒めてくれた相手が好きな女性であれば、当然その喜びは大きいでしょうが、嫌いではないくらいの女性であったとしても、それなり以上に嬉しくなるでしょう。このように、触られる際にかけられる言葉がポジティブかネガティブかといったようなシチュエーションの違いで、お腹へのボディタッチによる感情の動きは大きく変わるのです。最後に顔へのボディタッチについて考えると、誘うように柔らかく触って来たり、まるでキスを迫るかのように、自分の顔に近付けるために手を添えたりされたら、多くの男性は非常にドキドキした気持ちになると思われます。場合によっては、それまでは異性として意識をしたことがない女性に対しても、そのボディタッチがきっかけで好意を抱くようになる可能性もあります。しかし、挑発的な感じでペチペチと顔を触られれば、いかにおとなしい男性であったとしても腹が立つでしょう。このように、顔も触られるシチュエーションによって抱く感情が変わって来る部位だと言えます。

触られるのが嫌な場合のかわし方

男女問わず異性からのボディタッチに不快感を覚える人もいることでしょう。女性は男性に対して、どんな人でもボディタッチをすれば喜ぶと思いがちですが、触られるのが嫌な男性も実は多いものです。触られるのが嫌な場合のかわし方としてまず第一に、無反応で離れることをお勧めします。ボディタッチに対してあわてたり女々しい反応した場合には、相手は喜んでいるのだと勘違いして、余計にタッチをしてくる可能性があります。それを避けるためにもあえて無反応でかわしてみましょう。最初のうちは我慢していなければならないため嫌な気分になるかしれませんが、あとあとのことを考えた時には、この方法は効果的だと言えるでしょう。ボディタッチをされたことに対しまるで気づかなかったような無反応でいることを心掛け、できる限り素早く相手から離れるのもよいでしょう。人間の心理として、反応がなかったり無視をされたり、表情がなくなると、その相手にかかわりを持ちたくなくなるという心理作用が働きます。そのため無反応を貫くことで、相手はつまらなく感じボディタッチをしなくなることでしょう。
そしてもしも席を移動できるようであれば、可能な限りその人とは距離をとることをお勧めします。離れていれば相手もボディタッチをしてくることはできません。しかし状況によっては、その場を離れられずに、距離をおくことが難しいこともあります。その際には信頼できる友人に側にいてもらうなどし、守ってもらうのもお勧めです。
さらにあまりにもひどいようであれば、触られた瞬間に「100万円いただきます」などのような言葉で笑いにかえる対応もお薦めです。金額はいくらでも問題はなく、冗談だとわかるぐらいの大げさな金額がよいといえます。コツとしては触られた瞬間にテンポ良く発言をすることです。少し間を開けたり弱気に発言した場合には、相手に余計につけこまれてしまいます。まるでお笑い芸人かのように元気に答えると良いでしょう。
このようにさまざまな方法がありますが、そもそもボディタッチをしてくる相手は、相手が喜んでいると思ってしていることがほとんどです。スキンシップの一つと思っているのかもしれませんが、ボディタッチがいやで本当に不快でたまらない人もいます。相手に悪気がないことはわかりますが、不快に感じた時点でそれはやめさせなければなりません。相手にやめて欲しい場合にはなるべく笑顔で対応し、明るくドライに突き放すことが最も効果的だといえます。

触られるとどんな気持ち?

男性が女性から体を触られるとどんな気持ちになるのかは、触った相手や触られる部分によって違いは生じるものの、悪い気持ちはしない人が多いはずです。その男性に対して気持ち悪いと言ったような生理的な嫌悪感を抱いていたり、顔を見るのも嫌なくらい憎々しく思っているのであれば、女性がボディタッチをすることはまずあり得ないだろうと思われます。なので、女性の方からボディタッチをして来るということは、少なくとも自分に対して悪い感情を持っていないことの表れだと考えられるのです。特に自分が好きだと思っている女性から触られた場合には、とても嬉しくて幸せな気持ちになると言う男性は大勢います。そうではなく、ボディタッチをして来た女性に対して別に恋愛感情を持っていない場合であっても、触られたら意外とドキドキして嬉しい気持ちになることも珍しくありません。あるアンケートによると、およそ70%という多くの男性が、女性にボディタッチをされてドキドキした経験があるとのことです。しかも、ただ単にドキドキするだけではなく、その女性は自分のことを好きなのだと思って、自分も自然とその相手を好きになってしまう男性も少なからずいます。したがって、ボディタッチは恋愛を成功させるために効果的な手段の一つになると期待出来るでしょう。ただし、女性の方にその気がない場合には男性を勘違いさせないように、軽い気持ちで体に触るのは避けた方が良いかも知れません。そのように女性から触られると良い気持ちになる男性もいれば、残念ながら嫌な気持ちを持ってしまう男性もいます。別のアンケートでは、およそ25%の男性が女性からのボディタッチで不愉快な気持ちになったと答えているので、その割合は決して少ないとは言えません。特に自分の好みのタイプではない女性から触られると、ドキドキしてその相手を意識するようになるようなこともなく、ただ嫌な気持ちになってしまう場合が多いようです。自分の好みのタイプの女性からであったとしても、その場にいる多くの男性にボディタッチをしている流れで自分にも触って来たような場合に、不愉快だと感じる男性が少なくありません。そのような行為を行う女性に対して幻滅したり、自分以外の男性にボディタッチをすることに対して嫉妬したりなど、その理由は人によって異なります。また、好意を抱いていない女性から触られても嬉しい気持ちになったり、逆に嫌な気持ちになったりすることはなく、何も感じないと言う男性もいます。

好きな・嫌いな異性に関わらず触ってほしくない部分

相手のことが好きであろうと嫌いであろうと、女性には触ってほしくないと思う男性が多い部分の代表例はやはり股間です。女性からボディタッチを受けるのがとても好きだと言う男性の中にも、股間だけは触られたくないと思っている人が大勢います。女性としては少しエッチな冗談くらいの軽い気持ちであったり、好きな男性をその気にさせたいと思ったり、喜んでもらえるものと思い込んだりといった理由で、男性の股間に触ろうとする人もいるでしょう。しかし、男性の多くは嫌いな相手からそのような行為を受ければ、気持ち悪いといったような嫌悪感を抱いて、その女性のことがますます嫌いになってしまうと思われます。また、好きな女性から触られた場合であっても、そのような下品な行動をとるような人だったのかと幻滅したり、周囲に人がいるのに恥をかかされたと憤慨したりといった理由で、好きではなくなってしまう可能性は低くないはずです。例え親しい間柄であっても、股間のような性的な部分に触れることはセクハラになり得るので、そこへのボディタッチは絶対に止めておいた方が良いでしょう。二人だけでいる場合ならまだしも、近くに友人などの他人がいるようなシチュエーションで男性の股間にボディタッチを行うのは、最悪の行為だと言っても過言ではないのです。股間ほどではありませんが、乳首があるあたりなどの胸には触ってほしくないという男性も大勢います。女性ならともかく、男性なら胸に触っても問題ないと思われるかも知れません。しかし、女性に胸を触られることに性的な意味合いを感じる男性もいるので、やはりそこへのボディタッチも止めておいた方が無難です。そういった性的な意味合いのある部分以外では、臭いや汚さが気になる部分に触ってほしくないと言う男性も少なくありません。例えば、腋の下はよく汗をかいて臭くなる場合が多いので、女性にその臭いのことを知られてしまうかも知れないことから、触られたくないと考える男性が多いようです。また、暑さや緊張などで大量の汗をかいていることを、女性に知られるのが恥ずかしいことも触られたくない理由となります。通常は腋の下に触るような状況はなかなかないと思われますが、冗談でくすぐろうとしてそこに触ることはあるかも知れません。女性にとって触られると大変恥ずかしい部分である腋の下は、男性の中にも触られたくないと思う人が少なくないことを知っておきましょう。それと同じように、足の裏も臭いや汚さが気になるので触ってほしくないと思う男性が多い部分の一つです。

ボディタッチもほどほどに!

ボディタッチは好意を抱いている男性に対するアピールになったり、近くにいる複数の男性たちの気を引いたりといった効果が期待出来るものではありますが、ほどほどにしておいた方が良いこともまた確かです。そう言える理由としてまず挙げられるのは、体に触った男性や、男性に触っている様子を見ている周囲の人たちに、自分に対する悪いイメージを持たれる恐れがあることです。例えばボディタッチを頻繁にするような女性に対して、性的にオープンであるかのようなイメージを抱く男性は大勢いるでしょう。現代ではもう古い考えだと思う女性もいるでしょうが、男性が清純な女性に魅力を感じるのは、今も昔もそれほど変わりはありません。今でも男性の多くは性に関して奔放な女性よりも、慎みがある女性の方に好感を抱く傾向があるのです。特に会ってからまだそれほど時間が経っていない男性の体に簡単に触ったり、男性に触りたいという欲求が強く感じられたりする女性に対しては、男性慣れし過ぎているように見えて引いてしまう男性が少なくありません。魅力的な男性が近くに現れたら、すぐに関係を持ってしまうような軽い女性だと推測出来るからです。そういった女性は男性から遊びの対象には丁度良いと思われることはあっても、真剣に恋愛する対象からは外されてしまう可能性が高いのです。さらに、男癖が悪いように見える女性と結婚して、長い人生を共にしようと思う男性はかなり少ないものと思われます。そのように、男性にモテるための手段として行われることの多いボディタッチが、男性の心を自分から遠ざける原因になってしまいかねないことを知っておく必要があります。しかも、ボディタッチが多い女性は男性に媚びているように見えやすいため、同性から嫌われてしまうことも珍しくありません。また、誰にでも気軽にボディタッチをしていると、自分の女性としての魅力について過剰な自信を抱いている、嫌な女だと思われてしまう恐れもあります。自分に触られたら男性は全員喜ぶだろうといったような、性質の悪い勘違いをしているようにも見えるからです。そういった勘違いをしている女性と付き合うと、上から目線で高飛車な態度を取られたり、自分のことを馬鹿にしたような言葉を投げかけられたりして、嫌な思いをさせられてしまうことを危惧して、男性に避けられてしまう恐れがあります。それでは不特定多数にではなく、一人の男性だけに対してボディタッチをするのであれば問題はないのかと言うと、残念ながら必ずしもそうではありません。その場合にもあまりしつこくならないように、ほどほどにすることが肝心です。例えば、しつこくボディタッチをしている相手の男性が喜んでいるように見えたとしても、内心では鬱陶しいと思われている可能性があります。あまりベタベタと触って来るなと不満に思いながらも、女性に恥をかかせてはいけないと思ったり、気が弱いために不満な気持ちを表に出せなかったりして、されるがままになってしまっているといった場合もあり得るのです。例えそのしつこいボディタッチが、自分にとっては好きな男性に対する精いっぱいのアピールのつもりだったとしても、行きすぎると逆に嫌われてしまう原因になるかも知れないということに注意しましょう。

女性からボディタッチをされて嬉しいかどうかまとめますと、好意を持った女性に触られるのはどの場面においてもそれほど苦痛に感じることはないと考えている男性が非常に多いです。
好きな女性に触られて違和感を感じる人はそれほど多くはなく、逆に嬉しく思うのは当然のことだと言えます。
ただ人によっては馴れ馴れしく体を触られるのが苦手な男性もおり、好意を寄せている女性にも触られたくないと考えている人もいるので注意が必要です。
結局女性からボディタッチをされて嬉しいかどうかは男性の考え方によって異なるので、闇雲に体を触らないようにした方が良いです。

【女性からされて嬉しい?嬉しくない?】17つのボディタッチを徹底解説!
Rate this post