ユーブライドのログイン時間などの便利機能の活用方法を徹底解説します!

アイキャッチ

「結婚したい」

「ずっと一緒にいられる相手を見つけたいんです」

「でも、なかなか出会いがない…」

お付き合いすることはあっても、なかなか結婚までたどり着けないという方も多いのではないでしょうか。

何か行動してみるにしても、結婚相談所や婚活パーティーは敷居が高く感じますよね…

また、費用が気になってしり込みしてしまうこともあるでしょう。

そこで、おすすめなのが気軽に始められる婚活サイトや婚活アプリです。

しかし、インターネットで検索するとたくさんの婚活サイトが見つかるのでどう選べば良いのか悩みますよね。

そんなあなたに「 ユーブライド」について徹底解説します

1.婚活サイト「ユーブライド」の特徴と機能とは

ユーブライドはスタンダードプランを選択しても 月々2400円とリーズナブルです。

会員登録をした後にメッセージを送りたい場合はスタンダードプランに申し込みます。

スタンダードプランに申し込むと、全ての会員とメッセージの交換ができるようになります。

相手の数も無制限で利用できるので気になった方にはメッセージを送ってみましょう。

プロフィールの公開範囲設定も指定できるので、写真の公開範囲などは自分で決められます。

有料会員のみの絞り込み検索ができるので、交際や成婚のチャンスが広がります。

スタンダードプランを選択するとユーブライドの全機能を活用できます

プライバシーを守りながら活動したい人や良いチャンスを最大限に活かしたい人はスタンダードプランが便利です。

ユーブライドには出会いを強力に支援する プレミアムオプションもあります。

プレミアムオプションを選ぶと、 メッセージごとに開封の有無を確認することができます。

開封確認機能は、メッセージを送った際に返信がすぐに届かないと気になってしまう人に好評です。

写真付きのメッセージも送ることができるので、相手に自分のことをより深く知ってもらえます。

プレミアムオプションの最大の特徴は プレミアムメッセージの送信です。

特別に気に入った相手には熱意を伝えられるプレミアムメッセージを送ることができます。

プレミアムメッセージは31日ごとに5通まで送ることが可能です。

強い気持ちを込めたプレミアムメッセージを送ると、最優先で表示されるのですぐに気持ちが伝わります。

プレミアムオプションはスタンダードプランユーザーだけが登録できます。

スタンダードプランの利用期間が終わってしまった場合、オプションが残っている期間中に再登録すれば同じように利用できます。

 

ユーブライドではサイトを通してメッセージを送ります。

ですから、メールアドレスなどお互いの個人情報を相手に公開する必要がなくプライバシーを守れます

 

登録するとログインIDが割り当てられますが、このログインIDが専用のIDとなります。

ログインIDを確認したい場合は、基本情報設定で確認することができます。

ユーブライドでは一時的に活動を休みたい場合に休会が可能です。

休会を希望する場合は、設定の休会を選んでユーブライドでの活動を一時休みます。

休会中はプロフィールが見えなくなります。

2.ユーブライドのアプリ版を登録する方法とは

スマートフォンでユーブライドを利用する場合には、最初にアプリをインストールしてから登録・ログインをしておく必要があります。

最初にログインしておけば、2回目以降はアプリを起動すればすぐにサービスを利用することができます。

Web版とアプリ版では利用できるサービス・機能が同じで、モバイル機器でも便利に利用することができるようになっています。

ユーブライドのアプリは、Google PlayまたはApp Storeからダウンロードすることができます。

Web版でも登録をすることができますが、アプリを起動してアカウントを作成することもできます。

アプリを利用してアカウント登録をする方法ですが、アプリを起動してから「 新規会員登録」をタップします。

無料会員登録の画面が表示されるので、ニックネーム・生年月日・居住地・メールアドレスを入力して進みましょう。

続いてプロフィールや写真を登録して、最後に入力したメールアドレスに届いたメッセージを開いてリンクにアクセスすれば完了です。

Facebookのアカウントを持っている方であれば、 Facebook認証で登録をする方法もあります。

この場合にはFacebookのログインIDとパスワードを入力する必要があります。

もちろん、Facebook認証をしても登録をしたことやメッセージのやり取りなどが投稿されることはありませんのでご安心ください。

アカウントの登録が完了したら、アプリを閉じてからもう一度起動します。

ログイン画面が表示されたら、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインしましょう。

Web版で登録をした場合には、アプリをインストールしてログインすればすぐに利用することができます。

ログインをしたら無料サービスが利用できるようになるので、検索機能や「いいね」の送信をしてみましょう。

基本的な操作ができることを確認したら、有料会員に登録して本格的に婚活をスタートすることができます。

ユーブライドは誰でもすぐにアカウント登録をすることができますが、 年齢認証を済ませていなければ利用できる機能が限定されてしまいます。

アカウント登録作業が完了したら、必ず年齢認証を行うようにしましょう。

年齢認証は、各種証明書類を撮影した画像を送信する方法があります。

運転免許証やパスポートの顔写真のページを撮影した画像を用意しておき、サイトにアップロードして提出すればOKです。

顔写真や名前などを隠さないようにして、全ての項目を判別することができるような画像を送信する必要があります。

画像を送信すると、10分程度で年齢確認完了のメールが届きます。

3.ユーブライドのログイン時間表示機能って何?

ユーブライドは累計での会員数が約180万人を擁し、年間で約3,000人の方が結婚で退会するという特徴を持つ婚活サイトです。

月々2,400円から利用することができ、会員になるための登録料なども一切かかることもないため、リーズナブルな料金で相手方を探すことができます。

ユーブライドは無料で登録から始められる スタンダードプラン プレミアムプランの二つのプランとあります。

スタンダードプランから全会員とやりとりを行うことができます。

プレミアムプランであれば使える機能も豊富になり、より濃密的なやりとりを行うことにも使えるメリットも存在します。

 

ユーブライドの優れた機能の一つに相手方が 最後にログインを行った日を表示してくれるというものがあります。

それはプロフィールの右側に時間が表示される形になります。

ログインはユーブライドにアクセスを行った日で、例えば積極的に相手方を探している場合は頻繁にアクセスが行われます。

頻繁にアクセスを行っていることが解れば、そういった方に狙いを絞り込んでアプローチを行うことで出会えるチャンスも高くなります。

特にリアルタイムでアクセスを行っている場合には「オンライン中」と表示されるため、現在サイトにアクセスしてアクティブに活動されている方だと理解することも可能です。

「オンライン中」の方に絞ってアプローチを行い、即時に返事が来れば出会う上でも脈ありとみなすこともできます。

リアルタイムでやりとりを行うことができれば、とんとん拍子に話が進んでいくので、直ぐに出会いにも繋がっていけます。

また最後のログイン時間が表示される仕組みになっていますので、「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」「一ヵ月以内」などのペースで時間が表示されます。

もっともマッチング率を向上させるための機能になっているため、 一度マッチングが成立するとそれが表示されない仕組みにもなっております。

女性ユーザーが無料とする出会い系サイトやマッチングサイトが多い中、ユーブライドは男女とも料金は払って会員登録するプランとなっています。

そのため、女性の相手探しのモチベーションも違ってきます。

積極的に赤丸印の付いた「オンライン中」の表示がされていると出会いに対しての本気度もあるとみなすこともできます。

つまりそういった方とやりとりを行えば行うほど、とんとん拍子に話が進んできて結婚までに至ることも多いです。

それが年間で約3,000名以上もの成婚退会者の存在に繋がっていると判断しても良いかもしれません。

4.相手の人のログイン時間を確認する方法とは

ユーブライドで相手のログイン状況を確認する方法はいくつかあります。

一番簡単な方法は相手のプロフィール画面を表示して最終ログインの日時を調べるものです。

最終ログインの日時が数週間以上前の場合はユーブライドを使用していない可能性が高いと考えられます。

メッセージを送ったとしても返答がない場合がある点に注意しましょう。

最終ログインの日時が数日前の場合であっても同様です。

すぐにユーブライドにアクセスできる環境下ではないので早期の出会いを目的にしている方には向いていません。

一番おすすめできるユーザーは 今日ログインしたユーザーです。

最終ログイン日が今日になっている場合は、毎日ユーブライドを利用している可能性が高いです。

しかし、運悪くあまり利用していないユーザーがたまたま今日ログインした可能性もあるのであまり期待しすぎないようにしましょう。

ユーブライドでは利用状況を確認する機能は用意されており、そのユーザーの投稿などからでも判断できます。

ユーブライドは有料で婚活ができるようになっているアプリですが、単純な一夜限りの出会いを目的としたユーザーも数多く存在しています。

残念ながら、結果的に真剣な出会いや交際に発展しないことがあります。

そのため最終ログイン日を確認することによって利用状況を調べておくことが重要になります。

ログインの頻度が分かればどれぐらい真剣にユーブライドを利用しているのかがわかるようになるからです。

それだけでなく相手のプロフィールにアクセスすれば履歴が残るので相手に対して興味を持っていることを伝えることができます。

直接話すことができない方であってもプロフィール欄にアクセスするだけでも十分コミュニケーションになるので問題はありません。

しかし、相手によっては何度もアクセスされることを迷惑がることもあるのでやりすぎは禁物です。

特にユーブライドは利用者の保護対策が徹底されています。

不審な行動を繰り返しているとアカウントが凍結されたりする可能性もあります。

以上のことからユーブライドで利用者のログイン状況を確認したいときにはプロフィール欄の最終アクセス日を参考にして、利用時間を調べることが良いでしょう。

そしてユーブライドには真剣な出会いを目的に利用している方だけでなく、気軽な出会いを目的にしている方も存在するので注意が必要です。

更に日時はあくまでも最終アクセス日なので目安として考えることが良いです。

5.自分のログイン時間を非表示に設定する方法は?

ユーブライドの特徴の1つとして利用者の ログイン時間が表示される仕組みがあります。

例えば最後にログインを行ってから3日が経過しているという場合には『3日』と表示されます。

ここを見ればどのくらいの頻度で利用しているかがすぐに分かります。

マッチングアプリにおいては長期間にわたってログインしないという方が少なくありません。

サービスに登録したまま、利用はほぼしていないというケースもあります。

婚活に積極的な方としては頻繁にログインしている方を見つけることがマッチングへの近道になることも少なくありません。

しかし、この表記については賛否両論あります。

というのもログインした日時が分かってしまうということは頻繁に利用していることもバレるということです。

あまりにも頻度が多すぎると暇なのではと思われてしまうと心配になる方もおられるかもしれません。

実はこの ログイン時間は消すことが可能です。

ユーブライドではやり取りが始まるとやりとりを行っている相手にはログイン時間が表示されないようになります。

つまり、 マッチングすれば表示されなくなるということです。

マッチングしたということはそれ以前より親しくなっているということですが何故表示されなくなるのでしょうか。

そもそもログイン時間が表示されるのはアクティブユーザーかどうかを確認するためです。

マッチングした後には相手がアクティブかどうかを知るメリットが薄くなってしまうので表示されなくなります。

また、ログインしているはずなのにメッセージが来ないといった悩みが発生しない様にも考えられています。

つまり、マッチングさえすればログイン時間を非表示にすることが出来ます。

しかし、誰にでも見られないようにすることは事実上不可能となっています。

今のところ、この方法以外には非表示にする方法はありません。

どうしても表示を消したいという場合は運営に問い合わせを行ってみることをお勧めします。

システム上は非表示にすることが出来るはずなので真っ当な理由があれば消してくれるかもしれません。

また、アプリを起動したままにしていると日時が誤って表示されることもあります。

日時はアクティブユーザーかどうかの判別に利用されるので間違った表記になっていると勘違いされてしまうかもしれません。

マッチングアプリを利用するのであれば定期的に起動することや日時が適切に表示されていることを意識することをお勧めします。

6.返信率を高めるためにはログイン時間が短い人を選ぼう

スマホ携帯

ユーブライドで返信率を高めたいという場合、相手のログイン時間をチェックすることが大切です。

ユーブライドは全ての会員のログイン時間が表示されるため、相手が最後にログインした日が分かるようになっているのです。

これは活動している会員と活動していない会員を見分けるために有効です。

ユーブライドで真剣な出会いを求めている人にとってはとても助かる機能となります。

もしログイン時間が全く分からなかった場合、その相手は活動している人なのか活動していない人なのか判断できなくなってしまいます。

数ヶ月以上もログインをしていない会員にいいねを送信しても意味がありませんし、出会いに繋がることはないでしょう。

そのような理由からユーブライドでは会員のログイン時間が分かるように設定されています。

そのためアクティブに活動している会員に対して効率よくアプローチができるでしょう。

ユーブライドでマッチング率を高めたいという場合、最終ログインが24時間以内の会員にアプローチをするのがおすすめです。

24時間以内でなくとも、3日以内や1週間以内の会員ならマッチングする可能性はあります。

しかし、最終ログインが2週間以内や1ヶ月以内、3ヶ月以内といった会員は既に利用をやめてしまっているかもしれません。

そのような人にいいねを送信してもマッチングすることは難しいでしょう。

ちなみに、最後のログインが3ヶ月以上となっている場合、どのくらい時間が経過しているのかは不明です。

1年以上利用していないことも考えられますし、そのような人にいいねを送信するのは無駄かもしれません。

ユーブライドでいいねを送信する場合、活発に活動しているオンラインの会員や24時間以内に利用している会員がおすすめです。

特にオンラインの会員は同じタイミングで利用しているため、いいねをしたらすぐに返信をしてもらえる可能性が高くなります。

真剣に婚活をしている人ならユーブライドをほぼ毎日利用するのが普通です。

どれだけ仕事が忙しくても何か月も利用していないのは不自然でしょう。

長く利用していない会員は何らかの理由で婚活を休んでいるか、あるいは相手が見つかったと考えることができます。

そこでユーブライドでマッチングしたいなら 活発な会員にアプローチすることが重要なのです。

最近あまりログインしていない会員の中に気になる人がいた場合、足跡をつけて様子を見ましょう。

ユーブライドは自分がつけた足跡も確認できるため、相手がオンラインになってからいいねを送るのがおすすめです。

7.マッチング率を高めるためにはこまめにログインしよう

ユーブライドでマッチング率を高めたいと考えているのでしたら、 こまめにログインするのがオススメです。

なかなかログインしない状態では、異性からアプローチされることも少なくなるので要注意です。

プロフィールを一人ずつチェックしている時に、気に入ったお相手が見つかったとしてもその人が長くログインしていなければアプローチをすることが出来ません。

したとしても反応してもらうことも出来ず、マッチングは成立しないので意味がないでしょう。

ユーブライドを利用している人たちはプロフィールの内容もしっかりとチェックしているのですが、ログイン状況もきちんと見ています。

せっかくチャンスがあってもログインしていない状態が続いたら返信率が低いと判断されて、相手にしてもらえなくなるかもしれません。

このような状態ではユーブライドを利用しても満足のいく結果が出ませんから、こまめにログインするようにしてみてください。

そうすれば返信率は高いと思われますから、異性からもアプローチされるようになります。

こちらからアプローチした時にもお相手とマッチングしやすくなるので、是非試していただきたいです。

プロフィールを充実させることももちろん大切です。

しかし、こまめにログインして積極的に活動していることをアピールすることも非常に重要です。

どんなに素晴らしいプロフィールを作成したとしても、ほとんど活動していない状態ではスルーされてしまいます。

しっかりと活動していけばユーブライドの中で素敵な異性と出会えます。

すぐにマッチングが成立して初デートをすることも可能になります。

特に結婚適齢期を過ぎている方々は、なるべく早くお相手を見つけて関係を進展させたいと考えていることが多いものです。

滅多にログインしない人とやり取りをしても、スムーズに関係を進めていくことが出来ませんので避けられることも少なくありません。

ユーブライドは他の婚活サイトに比べるとマッチング率が高い場所ですから、毎日活動を続けていけばちゃんと結果は得られます。

忙しい時は仕方ないかもしれませんが、それ以外の日はなるべく毎日ログインしていただきたいです。

空いた時間にもユーブライドをチェックして、気に入ったお相手にアプローチをかけたりメッセージのやり取りをしてみましょう。

有効に活用すれば妥協せずにお相手を見つけることが出来るので、是非ユーブライドで活用してみてください。

8.検索機能でログイン時間が短い人を探す方法とは

ユーブライドはミクシィが運営する出会いアプリとして有名ですが、少し変わった機能が付いています。

それは 最終ログイン日時が分かるというものです。

「現在オンライン中」や「3日前にログインした」などがプロフィール画面に必ず表示されるものです。

このログイン日時というのはユーブライドを利用するにあたって非常に重要なものです。

この期間が長ければ長いほどしばらくユーブライドにログインしていないということが分かります。

すなわち、アクティブなユーザーではないという証明になります。

どんなアプリであってもメッセージを送った相手がそもそもログインしていない…

という事は、メッセージも確認してくれていません。

そのような状態では、なかなかマッチングは成立しませんよね。

そのためユーブライドではこのようにユーザー同士がお互いの最終ログイン日時を確認できるようになっているのです。

このログイン日時を参考にして、まったく最近このアプリを開いていないユーザーは素敵であっても避ける事が賢明でしょう。

ユーブライドはもう一つ特徴を持っています。

それは 女性側も有料登録しないとメッセージなどのやり取りができないという点です。

言い換えれば他が無料なのにわざわざこちらで有料会員登録するほど、真面目な出会いを求めている女性が多いということです。

男性側としてもこの点を理解しておく必要があるでしょう。

他のアプリであれば遊び目的で気軽に声をかけられたかもしれませんが、女性側も真剣だということになりますのでそれほど気軽なお誘いというのはできません。

特にアプリ名からもわかるように、結婚を意識している男女がとても多く集まってきます

あまり若いユーザーや全く結婚を考えず手軽な遊び相手を探しているような書き込みというのは好まれません。

さてこのログイン日時についてですが、実は表示させないようにする手段がただひとつだけあります。

その方法とは、お互いにメッセージを一度でもやり取りし、マッチングが行われる事です。

それ以降は相手のログインについて完全に非表示になるのです。

ユーブライドでは、一度関わりを持った相手は知り合いになったと判断されます。

知り合いに動向を知られるのは気まずいということからの配慮で、マッチング以降は相手のログインに関しての情報が得られなくなってしまうのです。

人によってはサブアカウントを作成して、わざわざ相手のログイン日時について調べる方もいらっしゃいます。

ですが、これはあまりおすすめできません。

一人が複数のアカウントを作るのは規約違反でもありますし、マッチングしただけでは交際したわけではありません。

相手にも自由があるということを考え、あまり執着しない方が自分のためでもあります。

ちなみに検索によってログイン期間を調べるということは現在の機能ではできないため、注意が必要です。

9.ログイン時間を隠す2つの方法とは

ユーブライドでは前回ログインをしてからどれくらいの期間が経っているかが表示されるようになっています。

これはアクティブなユーザーがどの程度いるのかを示している指標となります。

婚活サービスにおいては登録だけを行って何か月もログインしていない方が多くおられます。

ログインの間隔はユーブライドを積極的に活用しているかどうかを判断する大きな材料になります。

婚活を進めたい方にとっては頻繁にログインをしている方を優先的に探すというのが有効となります。

そのため、最終ログインを行った時間が表示されることには一定のメリットがあります。

とはいえ、 ログイン日時を知られたくない方もおられるかと思います。

あまりにも頻繁にログインを行っていると、暇なのではと思われてしまうという不安を抱える方もおられます。

また、ずっとログインした状態にしているとアクティブユーザーにも関わらず、ログイン日時が過去のように表示されてしまうこともあります。

そこでそういった表示を消す方法を模索している方が少なくありません。

ログイン日時を表示させない方法の1つ目は簡単です。

相手とメッセージのやり取りを行うことによって表示を隠すことが出来ます。

やり取りを行うことで知り合いになったと判断され、動向は相手に表示されないようになります。

もう1つの方法は 運営に相談することです。

システム上は上記以外の方法で消すことは出来ません。

しかし、日時は利用者にとってプライバシーの要素を含むものなので運営に相談することで消してもらえる可能性があります。

やりとりを行った際に消えるということは消す機能自体はあるということです。

また、表示される日時が間違っている場合にも運営に相談することをお勧めします。

日時の表記はアクティブなユーザーかどうかの見極めに使われます。

それゆえに間違った表記になっているとアクティブでないと勘違いされてしまうかもしれません。

それはユーブライドを利用する中で非常に大きなマイナスにもなりかねないことです。

逆に自分が相手の日時を確認する際にも、もしかしたら表記が間違っているかもしれないと考え、鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

10.マッチング相手のログインを確認する裏技

ユーブライドで他の方のプロフィール画面を表示すると、その人のログイン状況を確認することができます。

ブロックした相手またはマッチング中の相手については、ログイン時間が表示されない仕組みになっています。

以前はマッチング中の相手でも最終ログイン時間を確認することができましたが、数年前にシステムが変更されて確認することができなくなりました。

しかし、マッチングが成立してメッセージのやり取りをしている相手のログイン時間が気になる方もいらっしゃると思います。

それを確認できる裏技が2つ存在します。

1つは「お試し検索」を利用する事です。

ユーブライドのPC版(Web版)には登録をしていない人向けの宣伝用に、「お試し検索」という機能が用意されています。

PC版を利用している方は一度ログアウトしてからWebサイトのトップページにアクセスをすると、「お試し検索」の画面が表示されます。

ユーブライドではサクラがいないことを示すために、「お試し検索」を実行すると実在する会員のプロフィールが表示される仕組みになっています。

ただし「お試し検索」機能では居住地・年齢・性別の3項目しか設定することができず、検索結果の表示は最大で50名までに限定されています。

大都市でない限りでは、これら3項目を指定すればマッチング中の相手の方がヒットしてプロフィールを確認することができます。

「お試し検索」のプロフィール画面を見れば、マッチング中の相手の方でも最終ログイン時間を確認することができます。

ユーブライドでマッチングが成立すると、「さがす」機能で検索をしても相手の方がヒットしないような仕組みになっています。

しかし「お試し検索」でヒットすれば、相手の方のログイン時間を確認することが可能です。

2つ目は、相手とのメッセージを削除する事です。

メッセージの削除を行うことで、マッチング中の相手でも「さがす」機能でヒットさせることができます。

メッセージ削除の手順は、メッセージ一覧を表示させて左にスライドさせれば削除されます。

この状態で「さがす」を利用して検索をすれば相手の方がヒットして、ログイン時間を確認することができます。

この方法だとメッセージを削除しなければならないというデメリットがあります。

PC版の「お試し検索」でもヒットしない場合にのみ使用するようにしましょう。

「お試し検索」やメッセージ削除を行ってマッチング中でもログイン状況を確認するのは裏技的な方法です。

どうしても相手の方のログイン状況が気になる方は試してみると良いでしょう。

 

ユーブライドのログイン時間などの便利機能の活用方法を徹底解説します!
Rate this post