◆“やれない女”のタイプについての一考察◆

恋愛に対して何となくうまくやれない女性というのは一定数存在します。特にその人に落ち度があるわけでも、恋愛に対して何か苦手感情があるというわけではないのですが、何となくうまくいかないというか不器用な状況に陥りやすい傾向がある人です。そうした人は無理に周りに合わせようとして気を使いすぎて疲れてしまったり、不器用な態度しかとれない自分自身を責めてしまいがちです。

恋愛は人間関係と同じで、自分自身の精神が周りとの関係を左右しています。楽しい恋愛を望むならば、まずはどうしてそのような事になってしまうのか、自分自身を見つめなおしてみる事が大切です。

恋愛に奥手な女について

やれない女のタイプの一つに奥手であることが挙げられます。
やれるかやれないかで女を判断すべきではないとの道徳的な意見もありそうではありますが、やれない女は付き合えたとしても、その後に無為な時間を費やすことにも成りますので注意しておくに越したことはありません。
その中の特徴の一つに恋愛に奥手であることが挙げられます。

奥手の女性は、慎ましく貞操を守って生きているように見えることもあって男性にはとても魅力的に見えることがあります。
男性の多くは潜在的に女性にかたい貞操観念を求めており、ほかの男と交際があるのか関係があるのかを気にします。
本能的にその相手が自分の子供を宿すことが出来るのか否かで、判断してしまう傾向がある。
その点、奥手であれば、ほかの男と付き合ったことがなさそうに見えるので、とても好ましく感じてしまうこともあります。
しかし、そのような人は、自分に対しても頑なに貞操観念を曲げないままいつまでも付き合い続けます。
自分以外の男に対して貞操観念を貫く姿勢はとても好ましいことですが、自分に対してもそのような姿勢を続けられると、男は不安になっていきます。

奥手の女性は、男性に対しても同じように奥手であることを望んでいる場合があります。
あまり男性と接する機会がないのでどのような人がいるのかも本や漫画の世界に頼ってしまうし、自分の世界観を相手に求めてしまう傾向も見受けられます。
しかし、多くの男性は意中の人と男女の関係になることで信頼感や満足感を得ようとします。
結果として、両者にはいつまでも溝が出来たままという状態になってしまうのです。
男としては相手とやりたいと考えているが、彼女は結婚して、落ち着いた後にそのような関係になろうと勝手に考えていたりします。
いつまでもやれない状態が続いてしまうので男性側は、徐々にストレスが溜まっていくことになります。

奥手の女性には魅力もたくさんありますが、その女性とやりたいと考えているのであれば、やれない可能性が高いことも考慮して付き合うべきであるのかも知れません。
夢見がちなのか、将来的にはやろうとしてくれそうであるのか、結婚するまではそのような関係を望めないのか自分で答えを探して、付き合うか否かを決定しなければなりません。
やれないことを覚悟出来ないのであれば、付き合うのはあきらめるという選択も念頭に置いておいた方がいい。
奥手である人がそうでなくなるのは自分の力ではどうしようもないケースも考えておくべきでしょう。

長い期間婚活を続けている

長い期間婚活を続けている女性もやれない女として見られることが少なくありません。
長い期間婚活を続けていると言う事はなかなか良い相手が見つからないと言うことであり、相手にしてくれる人がいないか、もしくは非常に理想が高くなかなかその理想にかなう相手がいないかのどちらかとなるものですが、どちらかと言うと理想が高すぎて婚活が長引いている人が多いものです。
このようなタイプは実際に付き合ってもなかなかスムーズに進まないことが多く、様々な食い違いが生まれてしまうことが少なくありません。

やれない女の特徴としては非常に理想が高すぎることやなかなか妥協しないと言う点があり、基本的に頑固であると言うことが多いものです。
また、自分の理想を追い求めるあまりに現実に満足せず、もっといい相手がいるとさらに高望みをしてしまうことも多い性格で様々な面でこれが支障となりトラブルを起こしてしまうことが多くなっていることから付き合う相手も途中で嫌気がさしてやめてしまうことが多い傾向があります。
さらに相手に対して望みが高い割に自分に対しては非常に甘い面もあり、男性から見た場合には扱いにくい部類に入ることが少なくありません。
このように見られてしまうとなかなか男性からアプローチされることが少ないものです。

やれない女と思われてしまうと出会いのチャンスも非常に少なくなる危険があり、さらに良い相手と巡り会うことが非常に難しくなってしまうことからさらに婚活を続けなければいけないことになってしまうので注意が必要です。
これを克服するためには自分で積極的に行動することが必要で、ある程度気軽に男性とも話が出来るようにしなければならず、そのためには自分から積極的に男性に話しかけたり、アプローチをするようにしてみることも必要です。

男性はあまりに積極的な女性はあまり好みではない人も多いのですが、逆になかなかその意志がはっきりしない女性も付き合いにくいと考えてしまうものです。
人間関係をスムーズに進めるためにも自分のわがままはほどほどに相手のペースに合わせて行動することも必要で、いつまでも婚活を続けているのではなく早く良い相手を見つけるか、もしくは別の道を探す日を決めた方が気持ちが開放的になるため、積極的にいろいろな人と付き合うことができるようになる可能性が高まります。
自分の欠点を見つけてこの欠点を克服することが、やれない女から脱出する方法として有効です。

出会い系サイトを利用して恋人を探す

出会い系サイトを利用している人のタイプはそれぞれです。
例えば、特定の職業の人と出会いたい・高収入の人と出会いたい・特定の身体的特徴の人と出会いたいなどです。
これらの理由により出会い系サイトを利用している人は、こころが前向きになっているので、お互いのこころが高まれば肉体関係を持つことができるでしょう。
ただ、出会い系サイトを利用している女性の中では、やれない傾向を持つ人もいます。
例えば、自分の容姿や性格があまり良くなく、または、そう思ってしまって恋愛を避けてしまい、実社会において異性から相手にされない人が出会い系サイトを利用して恋人を探している場合です。
自分にたいして自信を持つことができないので、恋愛にたいして積極的になれないことがあります。
例えば、マッチング後にメッセージを重ねてもつまらなそうな返信をしてきたり場合によってはメッセージを無視したりしてしまうこともあります。
自分に自信がない女性は会うことをためらってしまうことがあるので、会おうと言ってもなかなか会ってはくれません。
あれこれ何かと理由をつけて会うことを引きのばしたりします。
場合によっては、嘘までついて会うことを拒もうとします。
例えば、今度会う約束をしていたけど最近体調が悪くなったので会う日を伸ばして欲しい・今度会う約束をしていたけど身内に不幸があってその日は会えなくなったなどです。
あれこれ努力をしてなんとか会うことになったとしても、ここからが時間がかかります。
恋愛にたいして積極な人であれば数回会ったのちに、早ければその日のうちに肉体関係を持てる場合もありますが、自分に自信がない人は恋愛に消極的になります。
手をつないだりするだけでも、一苦労です。
キスをするまで数か月、肉体関係を持つまで1年かかると言うこともあるかもしれません。
そもそも、コミュニケーションがとれず、そんなに長い期間関係を維持すること自体が難しくなることもあります。
肉体関係を持つことが目的で出会いサイトを利用している人たちにとっては、たまったものではありませんよね。
自分に自信がない後ろ向きの気持ちが自分にも乗り移ってしまうこともあります。
後ろ向きに一度なったしまったこころは簡単には前向きにすることはできないのではないでしょうか。
負の感情が負の連鎖をうみ、さらに人間的な魅力を失うことにつながってしまうかもしれません。
つまり、出会い系サイトを逃避のために利用している女性は簡単にはやれないと言えるのかもしれません。

恋愛に積極的になれない

やれない女にありがちな特徴としては、恋愛に積極的ではないというものがあります。
全く乗ってこないわけではないけれども、そこまで真剣でもないというタイプで一見するとふわふわしているので、すぐにでもやれそうな感じがありますが、あと一歩のところでやれなかったりするため男性にとって扱いづらいタイプです。

完全に無関心でもなくかと言って積極的なわけでもなく、なんとなくで付き合いをするので最後の一線だけは乗り越えるのは嫌だと、ギリギリの所まできてやれないだけに男性からすればフラストレーションが溜まってしまうことでしょう。
このような女に時間を費やしてしまうと余計に腹も立つものですが、ある意味これは女性の本来の姿と言えないこともありません。

女性にとって妊娠というのは大きなリスクがあるものですから、性行為を簡単に受け入れるのは難しいものがあり、だからといって人間も生物である以上、それなりに興味があったりします。
そのため、感情的な面では積極的になれないのに本能の面では多少恋愛を求めていて、体の関係を持つとなった時には理性が勝るというものです。

元々恋愛に積極的になっているわけではないので、デートぐらいなら良くても体の関係を持つことまでは嫌と、いとも簡単に断られてしまうということになります。
積極的じゃないほうが上手く丸め込めそうな感じがありますが、実際にはそうではなく流されているように見えても、冷静さを失っているわけではありませんから、勢いだけでやることはかなわないのです。
恋愛に積極的になっている相手だと、熱くなって冷静さを失ったときには勢いで関係を持つことも難しくないのですが、どこか冷めている部分がある女は、本当に嫌なことは嫌だと冷静に拒否をしてくるのでやれないというわけです。

なまじ簡単に落とすことができると期待を抱いていただけに、悶々とした気持ちを残してしまったまま、欲望をどのようにぶつけて良いのか悩んでしまうものですが、そのような女を選んだ自分が悪いと思うしかありません。
男性が思っている以上に女性からすると体の関係を持つということは、かなりハードルの高いものですから恋愛に積極的でなければ、最後の一線を越えるのは難しいものです、
積極的じゃないからこそ、上手くできると思うとそうは問屋は卸さないのでしっかりと頭に入れておくようにしましょう。
積極的でない相手が御しやすい相手とは、限らないのです。

積極的に声をかけることをしない

何かの歌詞にもありましたが、恋愛の法則は押したり引いたりと言われています。
相撲であれば、押さば押せ、引かば押せ、押すは相撲の極意なりとなりますが、押してばかりの恋愛はかわされてしまうものなのです。
近年は晩婚化の影響もあり、男子も女子も恋愛に奥手と言われる、自分から声をかけないタイプが増えてきております。

人間であれば、男女であれば、生物であれば、本能は子孫を残すことなのです。
しかしながら、成熟した日本社会では、人々は何も不自由なく暮らすことができて、不安定な恋愛をすることは敬遠してくるようになっております。

そもそも生物は遺伝子を残すためのプログラムが体に宿っています。
より強いものや、自分にはないもの、より美しいものなど、人間も動物と変わらず、求愛行動をしているのです。
時には女性を巡って事件が発生するように我々の深層心理には性行動などがインプットされています。
動物であればメスをめぐってオスが死闘をすることを創造するとイメージがわくのではないでしょうか。

人間も動物の一種であるので、健康な若い男性は性衝動があるものです。
やれないと思うと、なんとかして落としてみたいと狩猟本能が働きだします。

恋愛に積極的になれない女子は、もしかしたらそれは上辺だけで、本当は声をかけてほしい、若しくはうまく誘ってくれればやれないことはないと考えているのかもしれません。
良い遺伝子を残す本能のためには、お相手を選ばなければなりません。
そこで残酷ですが生物は、オスを戦わせ、強いほうがメスを獲得することになります。
かつては戦争では女性は勝者の戦利品という扱いがなされた時代がありました。

このことから考察するとやれないタイプは、本能から遠ざかった人たちということが考えられます。
勉強しすぎて、知性が身につくと自己防衛がつよくなり、やれないことにつながります。
胸が小さいなどのセックスアピールが薄い方もやれないイメージが強いです。
それは女性としての魅力がゆえに、生存するために競争させて良い遺伝子を探す行為をしているのでしょう。

またすぐにやらせることも考察しなければなりません。
体を許すと、遊ばれて捨てられるリスクがあることも賢い女性なら勘が働いているものです。
誰とでもすぐに行為に至るような方は恋愛上手ではないのかもしれないですが、男性側は飛びついてきます。
その飛びつく人々の中身はちょっと考えるとレベルが低いことになります。

恋愛上手になるコツが分からない

恋愛するつもりの無い女性を好きになり、アプローチも積極的に行っているのに成功しないのには理由があります。
それはやれない女性に対していくらアプローチをしても、その恋愛は成熟する事は無いからです。
加えて男性の場合はやれるやれない等の下心で恋愛に発展する傾向がありますが、女性の場合はより現実的に恋愛を見据えている事にも起因しています。
そもそも考えの着眼点が違うので、まずはこの違いがある点を理解した上で恋愛をしていく必要があります。
また女性の場合特に近年では仕事の最前線に立つ事も多く、やれない等の一時の感情に任せて考える事が出来ず、立場を考慮した生活を送っている方も多く存在します。
一方男性の場合は社会情勢から一人でも生きていく事ができるので、娯楽感情の一環で恋愛を考えてしまう傾向があります。
なのでやれないという感情よりも、女性の為に尽くせるような恋愛環境を男性自身が作る必要があります。
その上で女性が男性を許すと敢えて隙を見せる事例も多く存在し、やれない女性の場合はこの隙が一切存在しません。
ただしこの場合女性は好きになって恋愛するという工程を挟むので、男性の様に胆略的に関係を結ぼうとしていない事も理解が必要です。
反対にやれない雰囲気を醸し出していますが、その真意では男性を好きになっているという状況も想定されます。
この場合雰囲気等を含めた環境が希望する物ではない可能性が高いので、そのままのアプローチ方法では恋愛に発展する確率は極めて低いです。
この状況を理解していないが故に恋愛上手になる事が遠のいてしまうので、まずは目的の相手をよく観察する事から始めてください。
その上でアプローチを仕掛けるべきなのか、反対に自信の背中で語ってついてきてもらうのかを判断していきます。
特に背中で語る方が好みの場合は、アプローチをした分だけ自分勝手と判断してしまう女性も多く、関係が発展する可能性も低くなります。
しかしアプローチを仕掛けないと男らしくないと判断されてしまうので、相手の好みに合わせた自分を演じる努力が必要です。
よってアプローチの仕方は心で判断する方が有用な可能性も高く、やれないと思考停止してしまいそれが態度にも出てしまうと恋愛上手はより遠のいてしまいます。
これを解決するには女性側の好み等日常生活の現実性から学ぶ必要があり、その理解を持って初めてやれないと判断した場合は潔く諦め次の恋愛に繋げていく事が恋愛上手になる秘訣でもあります。

婚活がなかなか上手く行かない

相手とのコミュニケーションの取り方によっては、なかなかうまく行かないでしょう。
特に自分の話ばかりしている人は注意をしなければなりません。
自己プロデュースをしたいと思い、相手に自分の良さを話す人がいますが、これは何の意味もないのです。
相手に興味を持ってもらうためには、自分から自分の話をするのは良くありません。
それよりは相手に質問をしてもらうようにして、自分のことについて話をするよりも相手のことを聞き出す方が良いです。
女の人が婚活をしている場合は年齢にもよりますが、真剣なお付き合いを考えている人が利用しています。
つまりは結婚相手にふさわしいかどうかが鍵になっており、一緒にいて結婚生活が想像できるような人でなければならないのです。
つまりは婚活に来る女性は恋人を探しているわけではなく、収入や年齢等を総合的に考慮した上で判断をしているので、婚活がうまくいかない男性の場合は、職業と年齢に問題がないか考えた方がいいです。
相手とのつりあいにもよりますし、妻を養っていけるレベルの収入がなければ相手にされないのです。
さらに子供ができれば子供を育てるお金も必要になってきます。
貯金と年収が一定のラインに到達をしていなければ婚活がうまくいかないのは当然であり、女性に働いてもらおうと言う考えはしない方が良いです。
共働きの夫婦は少なく無いですが、あくまでその他に魅力がある人の場合は成立することであり、若いと言う武器や、ルックスの良さや性格の良さなど、生活費をカバーしてくれるぐらいの魅力を持っていれば良いでしょうが、初めから結婚相手と共働きで生活をする事は考えたくないはずです。
なぜなら婚活をする時点である程度の年齢が考えられ、結婚しても仕事をしなければならないような状況がわかっている人に、ついていこうとは思わないからです。
男の場合は年齢がある程度上がっても子供を作ることができますが、女性の場合は年齢制限があります。
やれるかやれないかと言う軽い気持ちで利用している男性を相手にしている暇はなく、真剣なお付き合いをイメージしている人が登録をしているのです。
婚活がうまくいかないのはルックスや年齢など条件を絞りすぎている可能性もあります。
自分の今ある状態を考えてめで幅を広げなければなりません。
相手に求める条件だけが高く、自分のステータスを考えていない人が多いのです。
つりあいがあるので自分を客観的に見ることも重要です。

恋愛に関して考え過ぎてしまう

恋愛というのは不思議なものです。
人を好きになると、その瞬間から世の中は違うものに見えます。
好きな人の事だけで頭はいっぱいになり、昨日とは違う自分になったような気がしてどうしたら良いかわからなくなります。
恋愛というのはどうやるのが正解なのだろうか、この恋を成功するためにはどうしたら良いのかと考えてしまうのは多かれ少なかれ誰でも思う事です。
本を読んでみたり、友人や同僚に聞いてみたり、ネットで検索をする方もいるかもしれませんが、きっと自分が納得する答えをみつける事はできません。
なぜなら恋愛に答えはないからです。
やれない女のタイプとして、恋愛に関して考えすぎてしまうと悩んでいる方がいたら、今すぐ考えるのをやめて下さい。
どんなに考えても良い事など一つもないし、考えすぎると好きな相手も居心地が悪くなってしまいます。
今日は自分と一緒にいて彼は楽しかったのだろうかとか、こんな事を言って彼が不愉快に思ったのではないだろうかなどネガティブな事ばかり考えていると、2人の関係はどんどん悪い方に進んでいってしまいます。
まずは2人が楽しい時間を過ごせるような雰囲気を作ることが大事です。
そのためには自分が彼といて楽しむようにします。
恋愛をしていると、想像していないような事がどんどん起こってきます。
それをいちいち考えて悩んでいたら身体がいくつあっても足らなくなってしまい自分が苦しくなるだけです。
運命の流れに身を任せてみるということも必要です。
相手に対して必要最低限の気遣いをする事は大切な事ですが、相手の気持ちを考え続けても答えはみつかりません。
相手の気持ちって、実はあなたには絶対わからない事です。
悩んでいる事って、実は相手の気持ちを想像して悩んでいるわけです。
もしかしたら見当違いの事を思って悩んでいるとしたら、それは笑い話にしかなりませんし、相手にも誤解を与えるだけです。
ただ恋愛に悩んだり考えたりする時間も必要である事は確かです。
それでもネガティブでなくポジティブに考える事が大事です。
そして考えてもきっと答えはみつからないとわかったら行動に移します。
行動に移すことで、状況はどんどん変わっていき考えている暇もなくなるので、あとは流れに身を任せながら恋愛を楽しむことが大事です。
考えすぎた時に友達に相談してしまうと、さらに悩む結果になってしまうことが多々あります。
友達というのは真剣に話しを聞いて相談にのってくれているように見えますが、しょせんは他人事です。
いろいろアドバイスをしてくれるでしょうが、そのアドバイスを真剣に聞き続けているとさらに混乱してしまう事間違いなしです。
どんな友達であっても、他人の恋愛というのは興味の対象になってしまうものです。
人の言葉に左右されてしまいそうなら、人の意見を聞くことはなく今の自分に自信を持たなければなりません。
それを繰り返すうちに、恋愛について考えすぎる事もなくなります。
ぜひ試してみる事をおすすめします。

好きな男性と上手く話せない

男性からあまり好かれることのないタイプのにやれない女というのがあります。
これは文字通り体の関係に持ち込めない人ということでありますが、これらにはある特徴があるのです。
まず自分が恋心を抱いていない男性に対してはそれなりにフレンドリーに接することができたり、話したりなどが出来るのですが、いざ意中の男性と話そうと思ったときには黙り込んでしまったり、恥ずかしがってなかなか話すことができない事があります。
この性格はやれない女にありがちなパターンですから、男性と付き合おうと思っているのならば克服するべき性格です。

なぜ克服しなければならないのかと言えば、好きな男性と上手く話せないということはそれより先の関係になることはもっともっと難しいことだからです。
まず最初に会話から始まっていき徐々に進んでいくのが恋愛関係ですが、その好きな男性と一言も会話をすることができないのであれば、男性側も自分に興味がないと思ったり、自分には魅力がないのかと思い、離れていってしまうのです。
こうならないためには、あまり意識せずに会話をすることが大事です。
好きな男性と言えども同じ人間であることにはかわりはなく、話しをしてくれない人よりは、話を良くしてくれる人に好意が向くのは性別に関係なくあたりまえの事です。
やれない女タイプの場合には、意識をしすぎるあまりに、好みのタイプの男性の前になると顔が真っ赤になってしまったり、何も話せなかったり挙動不審な行動をとってしまうのです。
挙動不審でコミュニケーション能力がない男性が持てない男と言われるように、やれない女に基本的にかけていることはコミュニケーション能力なのです。
相手に嫌われても関係ないという気持ちを持って接していけば、強気で接することができますので、やれない女タイプになることはなくなります。
自信に満ち溢れている女の人というのはそれだけでも魅力があり、コミュニケーション能力が女性というのは少なくともやれないタイプからは大きくかけ離れていることが多いのが現状です。
好きな男性だから特別に接し無くてはならないと言ったプレッシャーを感じてしまうことがマイナス要因となることは少なくありませんので、やれない女に当てはまることが多い方は、自分の性格を克服していくことにしましょう。
男性も会話を楽しめない異性とはなかなか仲良くなることはありませんので、おしゃべりな男性を好きになった方でも、無口な男性を好きになった方でも、最低限の会話ができなければ話になりません。
そのためにはやれない女タイプから変わるためにもコミュニケーションを大切にしていくことにしましょう。
人間というのはやはりどんな相手とでもコミュニケーションを持っていきたい動物なのです。
やれない女というのは人間的魅力にかけるということでもありますから、意識をしすぎるのではなく、この人でだめだったら他に男なんてたくさんいるという感覚で接していくことが大切です。

生まれつきまわりとうまくやれない付き合うことができない、恋愛に対して不器用な女性というのは存在しないです。
多くの場合は自分でも気が付かないうちに、好ましくない状況に陥ってしまっているだけなので、自分自身の努力しだいでそうした状況から抜け出る事ができます。
たとえ今はうまくいかないことがあったとしても自分自身を責めないで、できることから改善していく努力をしていくことが大切です。

小さなことからでもいいので1つずつ取り組んであなたが好ましい態度を身に着ける事ができれば、楽しくて実りのある恋愛が自然にできるようになります。

◆“やれない女”のタイプについての一考察◆
Rate this post