タイミングと誠意が大事?別れ話の切り出し方

男女がお互いに好意を持ってひかれ合い、告白をして交際に発展していきます。
そこで「一生添い遂げる人」とお互いに決めることが出来れば自然と結婚に至るでしょう。
しかし、どちらか一方の恋愛感情が冷めてしまえば破局します。
「なるべく多くの交際を経て、人生経験を積んだ方が良い」という人もいれば、初めて付き合った人と結婚し、最期まで添い遂げる人もいますので、どちらが正しいという事はありません。
一人の異性を愛し続けるという後者のケースは比較的少数な傾向がある為、多くの人は多かれ少なかれ、恋愛の別れ話を経験している方が多いと思います。

1.事前にそれとなく予感させておくべき?

別れ話の切り出し方は難しいもので、切り出し方ひとつで綺麗に別れることができるか泥沼になってしまうかが変わってしまうものです。別れ話を切り出すときには、事前にそれとなく予感させておくべきか、あるいは突然切り出すか迷うところですが、どちらにも一長一短があり一概にどちらが良いとは言い切れません。相手に覚悟をさせておくという意味では予感をさせておいたほうが良いと言えますし、スパッと言い切って考える暇を与えさせずに別れてしまうという手もあります。どちらが良いのかはその時の状況や相手の性格にもよりますから、正解というのはないのです。ただし、それまで一緒にいた仲ですからある日突然バッサリというのもあんまりな話なので、事前に覚悟をさせておくためにも予感させておくのは悪いものではありません。そこで何かに気づいて考えを改め直して、互いに悪いところを直して歩み寄ることができれば別れることなく以前のいい関係に戻ることができますし、それができなければ猶予期間を与えたのに活かしきれなかったと伝えることができます。別れ話を切り出したときに相手がそれをすんなり受け入れてくれる状況であれば良いのですが、そうでなければ予感をさせておいたほうがスムーズに別れやすくなることも多いのです。大抵の場合にはやり直しを願って、悪い所があれば直すと言ってくるものですが、そこからもう一度関係を修復しようとするのは大変なものです。自分は気が離れているのに相手は必死にすがりついてきて、このような状況で上手く行くものではありません。予感をさせておけば、その間に自分の悪い部分を改め直すチャンスがあったはずなのに、それを活かしきれなかったという理由付けをすることができますから、考え直してほしいという申し入れを突っぱねやすくなります。それでも相手からすれば納得はできないことでしょうが、最終的には知らない間にでもチャンスをもらっていたのに活かし切ることができなかったと受け入れざるを得なくなるので、口実づくりにも役立ちます。別れ話を切り出して素直にそれを聞き入れてくれないことが予想できる相手には、ある提示事前にサインを発信して予感させておくのは効果的な方法になります。別れ話を切り出す側としても、タイムラグがあることによって猶予期間を与えているわけですから、このチャンスを物にできないのであれば、それでおしまいと強気に出ることができるので予感させるにはこのようなメリットがあることを理解しておくとどうすれば良いのか決めやすくなるのでしょう。

2.メールやSNSでは核心に触れないほうが無難

 

異性と付き合っていてどうしても別れたいという場合、その別れ話の切り出し方にはとても注意が必要なものです。
相手ももう冷めているのであれば話は早いのですが、大抵の場合そうでないことが多いのです。
どういった切り出し方が最も穏便に話を終わらせられるのかについて考えてみます。
最初にメールや会話の端々などに、別れを匂わせておくというのは有効です。
いきなり言われるよりもショックが小さいですし、ある程度心の準備などを相手にさせておくという意味もあります。
とはいえメールやSNSのメッセージなどで、いきなり別れ話を切り出すということはやめておいた方が無難です。
SNSなどでは怒った相手が色々な事を拡散させてしまう可能性がありますし、話がこじれたときに文字だけのメッセージではなかなか相手を説得することも難しいことになります。
そのためなるべく会話で別れを切り出すというのが最も適切です。
しかし面と向かって言うのが辛いのであれば、チャットアプリや電話など音声で通話できるツールを使うというのも、一つの方法になります。
特に重要なのは少しずつ自分から気持ちをそらしていくということであり、相手が自分に夢中であれば別れ話はとてもこじれる可能性があるのです。
そのため少しずつ相手を突き放すような言葉を言ったり、他の異性の存在を匂わせるなどしておいて、相手のダメージを減らしておくとともに、愛情の数値を下げておくということが重要でしょう。
どのような切り出し方をしても相手を傷つけることには変わりはないのですが、なるべく相手の人格などは否定せず、自分が悪いということにしておけば、多くの場合は穏便に別れ話が終わります。
切り出し方ひとつでだいぶ相手の感じ方は違いますので、なるべく二人っきりで話すということは避けておいた方が良いのです。
相手も人の前であればそれほど怒ったり感情のバランスを崩すということはしにくいでしょうから、なるべく人目のあるパブリックな場所で別れ話を持ち出すということが重要になります。
密室の中で話してしまうと、怒った相手が何をしてくるか分かりませんので、こういったことには注意が必要です。
後々にこういったことで話を引きずってしまうと、現在ではネットストーカーなどに発展したりしますし、またトラブルがあると次の交際にも影響が出てきますので、なるべく綺麗に別れ話を終わらせるということが重要になります。
誠意をもって自分の気持ちを伝えることと謝罪するということがポイントになるのです。

3.会いたくない時は電話で伝えるのもあり?

愛して恋人や夫婦になっても、付き合っている間に気持ちがすれ違い別れを意識するようになる場合があります。
お互いに同じ気持ちを持っていれば問題は起こりませんが、片方が一緒にいたくないと思った時は、別れ話が切り出しにくくなるはずです。
特にパートナーが変わらない愛情を向けている、または執着心を持っていると厄介なことになりかねません。
最近増えているストーカーなどの問題は、別れ話のいざこざから始まってしまうケースが多いので注意が必要です。
さらに顔を見て切り出しにくい時は、別の方法を考えてみるのもいいかもしれません。

会いたくない時には電話で伝えるのも良く、メールよりは自分の言葉で別れを告げるので誠意を見せられます。
最近は告白をLINEやメールで行うことがあり、別れ話も同様にしても構わないと思っている方もいるはずです。
しかしこれはあまり良くなく、告白というのはプラスの印象があるので簡略的な方法でも失礼だと感じませんが、別れ話に関しては、それが一方的になる場合は自分が軽く見られていると不快に感じる人がいます。
必ずしもすべての人がマイナスに受け取るわけではないですが、円満に別れたい時には誠意を見せるのが重要です。
ここでいい加減な対応をすると、人によっては恨まれてしまう可能性も出てくるので、最低限の礼儀を守ることが大切になってきます。

さらに電話での別れが推奨されるのが相手に暴力癖がある時で、対面していて身の危険がある場合は会わないようにすることが必要です。
そういう相手だと別れ話に納得してくれないケースが多くなりますが、自分の口から別れ話を切り出したという事実が後々に重視されます。

愛し合っても時間の経過で気持ちが変わることはあり、付き合いが難しい時には別れるしかありません。
厄介なのが双方が納得しておらず、片方だけが別れを望んでいるケースです。
そのため顔を見たくない、会いたくないといった時には電話を使って別れ話を切り出すのがベストな方法になります。
メールやLINEでは軽すぎるので、最低限の誠意や礼儀を考えると電話は最適になるはずです。

別れ話を切り出さず自然消滅を狙う人がいますが、後々を考えるとしっかりと別れを告げておいた方が安心できます。
顔を見て話すのが無理なら電話がよく、一方的になるかもしれませんが意思を伝えることが重要です。
別れ話に電話は失礼ではないかとお悩みの人もいますが、顔を見て話すのが難しい時にはありになります。

4.場合によっては逆効果?手紙で伝える一方的な別れ

別れ話を切り出しづらくて一方的に手紙を送って終わらせるという方法がありますが、これは場合によっては逆効果になるので注意して置かなければなりません。直接会って話すとこじれそうだから、手紙を送って終わりにするというのは考え方としておかしなものではありませんが、別れ方としてはあまりいいものではありません。別れ話を切り出すと逆上して何をされるかわからないというときには、安全の確保のため手紙という方法もありですが、単純に切り出しにくい、話がこじれると面倒だと思っていると余計に面倒なことになってしまうことがあります。別れを告げられる側からしても、いろいろと言いたいことがあるわけですし、やり直しを迫るわけではないにしても最後に言っておきたいことというのはあるものです。それを相手に一切言わさずに自分だけ好きなことを言ってシャットアウトするようなやり方は、相手にモヤモヤを残してしまうことになります。それっきり相手が諦めてくれれば良いのですが、せめて最後に言いたいことを言っておきたい、あるいは直接会って説明をしてもらいたいとなると面倒なことになります。その後あって直接話してすんなり終わるにしても、結局手紙を出した意味がなくなり二度手間となってしまいますし、相手がストーカー化する恐れもあるので意外に危険な方法だったりします。自分の家を知られていれば、家に押しかけられて終わりですし家を知られていなくても職場を知られていたら同じことです。直接会って話をしないことによって、逆に相手に真意をはっきりと話してほしいと思うようになり、直接会うことを迫ってくることは珍しくありません。相手は自分の居場所を特定することができない、手紙を送ると同時に別の場所に移動をするから二度と会うことがないというのであれば、手紙で別れを告げてそれでおしまいということにもなるかもしれませんが、互いにいつでも会うことができる状況にいるのであれば、面倒になる可能性も高いということを覚えておきましょう。直接話しを切り出すと相手は逆上して何をしでかすかわからないから、安全に手紙で済ませるというのは悪くありません。そうでない場合には逆効果になる可能性も高いだけに、十分に注意する必要があります。今まで付き合っていた相手だけに、できれば最後ぐらいは手紙で一方的に別れを告げるのではなく、自分の気持だけでなくて相手の気持も聞いてあげたいところです。

5.二人っきりの室内や車の中での別れ話はNG!

別れ話を切り出すタイミングとして、やっては行けない行動は、まず室内で二人きりでいるシチュエーションでは切り出さない事。
別れ話は言われる側にとっても、伝える側にとっても非常に暗くネガティブな内容である事は間違いないでしょう。
また、別れ話を切り出された側の人が切り出した相手に対して、非常に依存や執着をしているような関係性の場合は特に注意が必要です。
しかし、別れ話は二人にとって非常にプライベートな事であり、周りの人たちにも察知されたくないものです。
その為、二人きりでいる時に切り出したいと思う気持ちはわかります。
しかし、二人はお互いを良く知った恋人同士であったわけなので、二人きりでいるとどうしても感情的になってしまう可能性があります。
二人きりの時に伝えてしまうと、周りの目がないので、相手がどんな行動に移るかわかりません。
例えば、大声で泣き喚いてしまったり、別れを切り出してきた相手に対して罵倒したり。
最悪の場合は、暴力や包丁などを持ち、事件になってしまうという問題にまで発展しかねません。
それだけ、人間にとって恋愛からくる痴情のもつれというものは計り知れないものなのです。
テレビのニュースなどでもそういった事件は多く取り上げられています。
そういった事を回避する為にも、室内での二人きりの話し合いはやめておいた方が良いでしょう。
いつも穏やかだった恋人が、別れ話を切り出したタイミングで人が変わって豹変してしまうという事は大いにあり得る話です。
それと同時に、車内で二人きりの時に別れ話を切り出すのもNGです。
先にお話した内容と同じですが、感情的になってしまって、もしハンドルなどをにぎられてしまったら大事故にもなりかねませんし、急に車から飛び出してしまい、けがや事故に繋がる可能性もあります。
車内は特に狭い空間なので逃げ場がありませんし、別れ話なのに車という至近距離で話をしてしまうと、相手がなんだかモヤモヤした気持ちになってしまい、別れ話がまとまらなくなってしまう可能性もあります。
そして、車内で別れ話をしてなんとか納得させようと思っても納得してくれず、車から全く降りてくれなくなってしまうという事も考えられます。
無理矢理にでも車から降ろそうとすれば、あなたが周りから良くない目で見られてしまう可能性もあります。
もちろん、伝え方やお互いの精神的成熟度によっては上記にあげたようなトラブルは発生しないかもしれませんが、とにかく二人でいるシチュエーションの時に別れ話を切り出すのはやめましょう。
冷静に話が出来ない可能性が高いです。

6.冷静に話をするために選びたい人目がある場所

別れ話は切り出し側も切り出される側も冷静さを欠いてしまうことがあるので、それを考慮して話す場所にも注意をしたいところです。冷静さを欠いて周りが見えなくなってしまうから、二人きりで話すことができる場所がいいと思うかもしれませんが、その逆で人目がある場所のほうが冷静に話すことができたりします。別れ話をしているところは、普通は誰にも見られたくないものですから、二人きりでいられる場所を選びたくなるものですが、周りの目がないと思えば別れる別れたくないで揉めたときにエキサイトしてしまうことは間違いありません。周囲に人がいたとしても興奮してしまうものですが、その目がないとなればますます気分は高まることになりますから、冷静な話し合いをすることが難しくなってしまいます。そこで人目をある場所を選んでおけば、最低限の理性を保つことができるので興奮しすぎてしまうということを避けることができます。また、興奮しすぎて取っ組み合いになるようなことがあったとしても、周囲に人がいれば止めに入ってくれますから、最悪な事態を回避することができるという点でも、人目がある場所は安心感があります。注意が必要なのは、人目がある場所と別れ話をしやすい場所は別物ですから、人目があればどこでも良いというわけではないので、ある程度二人の空間が保たれる場所であることももちろん大切です。隣の客との距離が近くて別れ話が聞き耳をたてようと思っていなくても聞こえてしまうような場所では、いくらなんでも周囲が気になりすぎてしまいます。あまりにやかましい居酒屋のような場所も大事な話を聞き漏らしてしまうことになりかねませんから、人目があると言ってもこのような場所もあまりふさわしいとは言えないでしょう。適度に人目があって話しやすい場所となれば、昼のピークの時間を過ぎたファミリーレストランであったり、それほど混雑をしていない喫茶店といった場所があります。これらの場所は会話をするために利用をされることも多いだけに、他の利用客との間に適度な距離があり、それでいて人目がまったくないというわけではありませんから、冷静な会話をするのに適した場所と言えるでしょう。二人きりの場所で冷静に話し合うことができるのであれば、場所はどこでも構わないのですが実際にそれができることは多くないため、冷静な話をするためにはある程度は人目のあるところを選んで話すのが安全です。

7.余分な前置きなしでスマートに切り出すべき?

別れ話の切り出し方について多くの人が迷うことの一つに、余分な前置きなしでスマートに切り出すべきかどうかです。
理屈から考えると、別れるという結果に変わりはないわけですから、自分の決意を伝える前に余分なことをだらだらと話しても時間の無駄に過ぎません。
特に別れ話をしようとしていることを相手がすでに予感している場合や、言葉をかける前の表情でそのことに気づかれたような場合には、早く結論を提示することでお互いにとってつらい時間を短くすることができます。
そういった点から考えると、やはり余分な前置きなしでスマートに切り出す方が望ましいと言えるでしょう。
とは言え、心情的にはそう簡単に行かないものであることもまた確かです。
例え自分の中で別れたいという気持ちが固まっていたとしても、それまで付き合ってきた相手に別れ話をするのは、決して気持ちが良いものではないと思う人が多いからです。
また、別れようと思うきっかけとなったのが大きな喧嘩である場合や、相手に対しての我慢ならない怒りが積もり積もった結果である場合であったとしても、一度は好きになった相手だということで情が残っており、できるだけ傷つけたくないと思う人も少なくないはずです。
そのため、別れ話をしようと強く決心していたとしても、相手を目の前にするとなかなかそのことを口に出すことができず、どうでもいいような話から入ってしまうことがあるのです。
しかし、そのような別れ話の切り出し方では、上手く別れられなくなってしまう恐れがあることには注意が必要です。
例えば自分の別れたいという気持ちに相手が気付いていないような場合には、前置きの話の内容によっては相手を喜ばせたり、今後も当然交際が続いて行くかのように思わせてしまう可能性があります。
そのような状態になってしまっては、気が引けて別れ話をなかなか切り出しにくくなってしまうことがあるでしょう。
それでも心を鬼にして自分の思いを伝えた場合に、相手をより深く傷つけたり、激怒させてしまったりする恐れもあります。
そうなると会話がなかなか前に進まなくて、その時に別れることができずに結論を先送りにしなければならなくなる可能性も出て来ます。
そうならないようにするためには、相手と会ってすぐに別れたいという意思をはっきりと述べることで、余計な感情が生じる可能性を小さくする方が良いのです。
その方が相手の心に別れたいという自分の決心がダイレクトに伝わるので、もう何を言っても気持ちは変えられないのだと諦めてもらいやすくなることも期待できます。

8.長々とした言い訳は相手にも自分にも不利益

別れ話の切り出しの際に、ついつい長々とした言い訳をしてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、これはお相手にとってもあなた自身にとっても不利益に働くことが多いので避けた方が良いでしょう。
それではなぜ、長々とした言い訳は不利益なのか、反対に別れ話の際にはどうするのがベストなのか見ていきましょう。付き合った年数が長いほど、別れ話とは切り出しづらくなるものですよね。
それまでに別れたいという雰囲気を出すこともできず、突然に別れ話になった際に、言い訳をダラダラと並べてもあなたの誠意が伝わるわけがありません。
別れるという重大な決心をしたのであれば、それなりの理由があったはずです。
それを簡潔に潔くお相手に伝えることが、あなたが最後にできる誠意ある行動ではないでしょうか。
別れを切り出すのであれば、自分の欠点や至らなかった点を簡潔に挙げて素直に謝る方がベターです。
また、別れる理由を、お相手ではなく自分にあることを丁寧に伝えると別れ話がスムーズに進むことが多いようです。
ダラダラと言い訳をしているうちに、お相手の悪いところを指摘してしまい、別れ話がもつれてしまうこともあるので、とにかく簡潔に伝えることを心がけましょう。
最終的に別れることになったとしても、一度は将来を夢見て付き合い出した2人のはずです。
これまでの関係にお互いが感謝して、お別れできるのがベストですよね。
別れ話をする際には、そこまで大人になることはできないとしても、年月が経って振り返った時にお相手の存在に感謝できれば充分ではないでしょうか。
そのためにも、突然別れ話を切り出すのではなく、関係に疑問を持ち始めたことを事前に伝えておくことができるといいですね。
また、言い訳をするのではなく自分が悪者になる覚悟で別れ話を切り出しましょう。
別れたいけど相手には嫌われたくないというような、中途半端な気持ちで別れを告げると、お相手は復縁を期待してしまったり、別れ自体を受け入れにくくなってしまいます。
別れた後は連絡も一切断ち、お相手にとって別れて良かったと思えるような、悪者に徹してください。
例え別れ話の際には悪者と思われても、時間が経てば誠意を持った告白だったと感じてもらえるかもしれません。人と人との関係とは、時間と共に変わっていくものです。
あなたの気持ちがもうなくなってしまったことも、仕方のないことですし、お相手が別れたくないと思ったとしても、それも仕方のないことです。
しかしながら、気持ちがないままに恋愛関係を続けることは、やはり誠意のない行動とも言えますよね。
そのため、別れを切り出す際には、誠意を持って潔く簡潔に自分が至らないということだけを伝えましょう。
間違ってもほかに気になる異性ができてしまったとか、お相手のここが気に入らないなどの欠点や言い訳をダラダラすることは避けてください。
2人の関係にピリオドを打つ際には、自分が潔く悪者になって、中途半端な優しさでお相手の大切な気持ちや時間を奪うことのないようにしてくださいね。

9.立つ鳥跡を濁さず!相手への思いやりを忘れずに

別れ話の切り出し方についてお悩みを抱える方は少なくありませんが、一番大切なことは相手のことをきちんと思いやって話を切り出すことが大切です。
自分の感情はもう相手にはないということを冷静かつ落ち着いて話すことが大切です。
まだ少し思いがあると言うことは絶対に言わないようにしながらも相手に失礼のないように話せば理解してくれますので、別れ話の切り出し方でお悩みの方はまずは、かんたんな話から進めていくようにしましょう。
別れ話というのはカップルでは必ずあることではありますが、その際にあまりにも酷い振り方をしてしまったり、相手のことを傷つけてしまい、トラウマになるレベルまで追い込んでしまうことが少なくないので、そのようなことをすると今まで付き合ってくれた相手に対しても失礼なこととなりますから、切り出しの際には立つ鳥跡を濁さずということを忘れないようにして、思いやりを持った伝え方をしましょう。
浮気が原因の場合にはきつく怒って別れてしまうという方法もありですが、そうではないケースの場合には、嫌な思いをさせるよりも円満に別れるということが大切です。
今まで付き合ってくれたことへの感謝をつたえながらも、もうこれ以上交際を続けていくつもりはないことをはっきりいいましょう。
もし相手が自分に対して未練がある場合には、交際する意思がありそうな素振りを見せると、交際を迫られることにも繋がっていきますので、そうならないためには切り出し方に工夫をする必要があるのです。
別れ話と言うとかなりナイーブな話にはなりますが、切り出すことができずに気持ちがないのにも関わらず交際を続けていくことは失礼なことにもなりますので、そうならないためには相手のことを思いやりながらも別れ話を切り出してしまうということが一番の選択肢になるのです。
男性の場合でも女性の場合でも別れるとなると面倒に感じることも少なくありませんが、交際してくれた相手に対して最後まで思いやりを持ってあげるということは、付き合ってくれたことへの最大限の恩返しにもなりますので、切り出し方でお悩みの場合には、相手への思いやりを絶対に忘れないようにしましょう。
きちんと丁寧に説明をして別れることで、素直に自分の言ったことを聞いてくれる可能性もありますので、誠実かつ冷静に話すということは鉄則にしながらもなるべく優しい口調で話しましょう。
感情的になって怒りを続けてきた場合にも毅然とした態度を取り、交際する意思がまったくないことをとにかく伝えることが重要です。
トラブルに発展するケースは感情のぶつかり合いになった結果大喧嘩になるパターンが多いですから、そうしたことを回避するためには、切り出し方は非常に冷静な方法で行うようにして、今まで続いていた交際を円滑に終了させることを大切にしましょう。
別れ話というのは男女関係ではよくありますが、どんなときでも思いやりが大切になってくることを忘れてはいけません。

10.まとめ

仕事の都合が合わなかったり、遠距離恋愛などの理由により、お互いに連絡をとる頻度が少なくなっていき、自然消滅してしまうというカタチもありますが、携帯電話やスマートフォンがこれだけ普及している中では非常に後味が悪く、後悔の原因となってしまう場合が多いです。
いざ別れ話を切り出した際に、相手の泣きじゃくる姿などを目の当たりにしてしまうと「可愛そう」と思ってしまう場合もあります。
この時、情に流されて別れをやめるのは、結果的に悪い方向に行ってしまうことが多いです。
結局、愛情がないのに付き合いを継続するわけですから、最終的に別れてしまったり、浮気に走る場合が多いのです。
出来るだけしっかりと別れを切り出して終わらせた方が、お互いの良い思い出になります。

タイミングと誠意が大事?別れ話の切り出し方
Rate this post