「♪tinder(ティンダー)」の特徴とマッチ成立のコツを徹底解説します!

「出会いがない」「素敵な異性と知り合いたいんです」「恋人が欲しい」 勉強や仕事に打ち込んでいる間に、友人に恋人が出来たりすると焦ってしまうことありますよね。 でも、結婚相談所に相談したり、慌てて婚活パーティーに参加するのもなんだか違う気がする…。そんな方も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが、手軽に始められるマッチングアプリです。とはいえ、たくさんあるマッチングアプリの中からどれを選べばいいのか悩んでしまうでしょう。 これから「tinder」というアプリについて詳しくご紹介したいと思います。

マッチングアプリtinder(ティンダー)とは

“tinderはアメリカ初のマッチングアプリです。世界中で利用されているアプリで、会員数は3000万人以上となります。その中での日本人の割合は公表されていませんが、じわじわと人気が高まっています。特に会員が多いのは東京や大阪などの大都市です。男性と女性の会員の比率は6対4で、バランスの取れた構成となっています。外国人の会員が多いため、外国人の彼氏や彼女が欲しいという人にも支持されています。 使い方は非常にシンプルで、表示された相手の写真を見て気に入ったら右スワイプ(ライク)、嫌なら左にスワイプ(ノー)、とても良いと思う相手には青い星(スーパーライク)で評価していきます。自分が「ライク(いいね)」をつけた相手が「ライク」をつけてくれるとマッチングが成立で、お互いにメッセージがやり取りできるようになります。「スーパーライク」も同様で、相手が「ライク」もしくは「スーパーライク」をつけてくれればメッセージのやり取りが始められます。 このように、スワイプするだけで出会いのチャンスが得られるアプリなので20代のユーザーが多く、真剣な恋というよりは、手軽に遊べる異性の友達を探している人が多いようです。異性の友達を探すだけでなく、同性の友達を探すのにも利用されており、一緒にライブに行ったり、ランチに行くなど、色々な理由で利用する人がいます。真剣な出会いを求める人は、別のアプリにするのがおすすめです。 tinderが多くのマッチングアプリと違うところは、男性も女性も基本機能を無料で利用できることでしょう。一般的なマッチングアプリは、マッチング後にメッセージを送るには男性は有料会員になる必要があります。しかし、tinderは男性もマッチング後は無料でメッセージのやり取りができるので、無料で出会いに繋げることができるのです。そのため、お金を払ってまでマッチングアプリを使いたくないという男性にも人気があり、男性はイケメン会員が多いとの評判です。イケメン男性にとっては、かなり居心地の良いアプリと言えるでしょう。反面、フツメン以下の男性にとっては、イケメン男性会員の数が多く競争率も高いので、戦略を考えて利用すべきアプリと言えます。 tinderには、マッチング率を上げるための様々な機能が用意されているので、なかなかマッチしない人はそのような機能を使ってみるのも良いでしょう。有料となりますが、効果的に利用するとマッチング率は飛躍的に上昇します。”

tinderの基本的な機能とマッチ成立までの流れとは

tinderの基本的な使い方を理解しておかなければならないでしょう。マッチングアプリでありながらも、想いが通じ合わないければ連絡を取ることができないため、お互いの気持ちが一致しなければならないのです。しかし、誰が自分に好意を寄せているかわからないため、カップルが成立するのは容易なことではないです。位置情報を使った方法でやりとりをするので、自分が住んでいる地域の人とメッセージを交換することができるのですが、マッチングにうまくいかなければそのやりとりを楽しむことができないのです。tinderを使ったことがない人は、基本的なやり方を知っておかなければなりません。無料で楽しむことができるので基本操作を理解する必要があります。多くの対象者が自分のスマートフォンの画面に出てきますので、ライクかそうじゃないかを振り分けるようにするのです。ライクと言うのは自分が好意を寄せていると言う合図であり、相手とのメッセージのやりとりをする権利を得るための方法です。次に12時間で120人の相手までしか好意を表現することができず、それ以上行いたい場合は有料会員にならなければならないのです。120人も好きな人がいないと言うケースもありますが、あくまでもマッチングできる可能性を持っていると言うだけであり、対象相手が自分に同じくライクを返してくれなければ、ライクのつけたつけないにかかわらずメッセージのやり取りをすることができないのです。しかし、相手がライクをつけていることに気がつかないまま時を過ごしてしまうのは、もったいない話です。そのため、どうしても自分のことを知ってもらいたいと思った場合はスーパーライクを使うのです。このスーパーライクを使うことにより、自分がライクをつけていることを知ってもらえるので、そのことを理解した上で反応があるかどうかを問うことが可能です。自分にライクをつけてもらっているかどうかを知る事はできませんが、同時に相手が自分にスーパーライクをつけてくれれば、その人を知ることができるのです。逆に考えればスーパーライクをつけてくれた人にライクを返すだけで、マッチングが成立してメッセージのやりとりができるわけです。つまりは、受け身であれば100%相手とやり取りをすることができる立場にあるため、スーパーライクを多くもらうと、優位に運ぶことができると考えてよいでしょう。1日に1人しかつけることができないので大切に使う必要があります。

tinderのインストール・登録方法とは

“tinderのインストール方法は、iPhoneの場合はapp store、Androidの場合はGoogle playからそれぞれtinderのアプリをダウンロードします。ダウンロードが完了したらインストールし、tinderを起動して登録作業を開始しましょう。 tinderに登録するには、Faebookで登録する方法と電話番号で登録する方法の2種類があります。まずは、Facebookで登録する方法からご説明します。 Facebook経由でログインを選びタップすると、tinderがサインインのためにFacebookを使用しようとしていますと表示されるので、そのまま続けてFacebookにログインしましょう。すると、Facebookのページに飛び情報を共有するか表示されるので、共有するを選んで完了です。共有したくない情報は、チェックリストから外せばOKです。 電話番号で登録する方法は、何の情報もないままの登録なのでFacebook経由よりも少し作業が多くなります。まずは電話番号でログインするをタップし、電話番号を入力します。すると、SMSでログインコードが送られてくるので、登録画面に戻ってログインコードを入力しましょう。電話番号が無事に認証されると、新しいアカウントを作りましょうという画面になります。メールアドレスやパスワード、名前、生年月日などの基本情報を入力し、顔写真をアップロードします。名前は本名ではなくニックネームを入力しますが、突拍子もない名前を付けるのは禁物です。マッチングしたら、相手とはプロフィールに書いた名前で呼び合うことになるため、呼ぶのも呼ばれるのも恥ずかしいような名前は避けましょう。そして、アップロードする顔写真は非常に重要で、異性は写真を見て相手を選んでいるといっても過言ではありません。スマートフォトという機能を使い写真を3枚アップロードすれば、最も異性ウケの良い写真を選んでくれるので、自分で決められない人は使ってみる価値があります。Facebook経由で登録した場合、写真をアップロードしなければFacebookのプロフィール画像が使用されるので、身バレを防ぎたい人は違う写真に差し替える方が良いでしょう。 電話番号で登録した場合は、機種変更をした時にアカウントのデータを引き継ぐことはできません。電話番号を変える予定のある人は、Facebook経由で登録することをおすすめします。”

tinderの設定・プロフィール登録方法

“出会いを求めていくうえで、出会いのツールを使う事は今とても注目されています。日常的に出会いを求めていてもなかなか出会う事が出来ないと感じている男女は多いですし、男性の草食化や女性の社会進出も出会いが少ないと感じている方が増えている原因にもなっているでしょう。やはりそこで重要な事は自分から積極的に出会いを求めて行動を起こす事です。女性は肉食系男子が減っていますので、自分でも動き出すことが必要ですし、もちろんそのためには効率よく出会えるためのツールを使う事がオススメです。 まず一番気軽に始められて費用もあまりかからないとなると、マッチングアプリや婚活恋活サイトなどのネットを利用した方法があげられます。tinderもその一つですが、会員の中から自分の理想の条件を入力して探し出す事が出来ます。さらにその方のプロフィールを見て、この人と出会ってみたいと思ったらいいねなどのボタンをおしたり、メッセージを送る事が出来ます。恋愛経験が少なく自信が無い男女ですと、婚活パーティーや恋活パーティーなどのイベントに参加しても、なかなかうまく話す事が出来ず失敗に終わるというケースも多発しています。しかしデートをする前の段階でアプローチができますし、お互いメッセージのやり取りをしていく事が出来ればデートの時には、ある程度相手のことを知っている事になりますし、好意を持った状態で出会う事が出来るのでそこから先に進展しやすいというメリットもあるのです。 tinderの設定は簡単ですし、プロフィールの登録も流れに沿って行う事が出来るので大丈夫です。プロフィール作成は、それぞれの機能を使う上でもとても重要となりますし、それを見て相手は自分と会いたいかどうかを考えてくれる事になりますので手を抜くこと無く丁寧に作成をしましょう。 tinderではチャットもできますし、スマホを持っている方がほとんどという時代にマッチした使い方ができますので、利用された方の多くはその点をとても評価しています。マッチング率も高いですし、男女の割合も比較的同じぐらいのアプリなので男性も安心です。サクラの存在もほとんどおらず、24時間365日監視されているサイトでは、犯罪などが起こる可能性も低いです。 初めてマッチングアプリを利用する時には、何処から始めて良いのか沢山ある分迷ってしまうかもしれませんが、口コミ評判やランキングなどを参考にして選ぶと良いです。”

tinderのプランと料金とは

“tinderは無料プランと有料プランがあり、無料プランの場合には基本的な機能は無料で利用できることになりますが、実際にマッチが発生し出会いの約束をする際に料金が発生するシステムとなっています。そのため他のマッチングアプリや出会い系サイトのようにメッセージを送るたびに課金されたり、掲示板やプロフィールを閲覧するたびに課金されるといったことがないので自由に利用できるというメリットがあります。ただし、有料プランと比べると自分のプロフィールを相手に優先的に表示させることができなかったり、自分に興味を持っている人をチェックすることができないなど様々な機能制限があるため、より出会いの確率が高くなるのは有料プランの方という評価があるのです。 有料プランは無料プランに比べ様々な機能を優先的に利用することが出来るようになっており、無料プランに比べより相手に対するアピールを強く行うことができるというメリットがあります。しかしその他に機能的な制限に関する違いがないため、実際には無料プランと機能的にあまり変わらないと評価されている面も少なくありません。 有料プランはtinderプラスで月額1100円、tinderゴールドで1700円となっており、プラスとゴールドでは相手が自分のことを気にいっているかどうかを確認することができるライク確認ができるかどうかの違いだけで、その他の違いはありません。相手に自分のプロフィールを強制的に表示させることができるブースト機能は両方に置いて利用可能であるため、有料会員であるメリットはこの2つの機能をどのように利用するかによって異なるものです。 tinderは世界の様々な国で利用されているマッチングアプリがあるため、非常に利用者が多く自分が相手にチェックされる確率は非常に低くなってしまうのがデメリットとなっています。また自分が相手のことに興味を持っていることを示すブースト機能は相手にとって非常に効果的な方法と考えられる面もありますが、表示された側がブースト機能の存在を知らないことも多く順番に表示されたプロフィールの1つだと誤解してしまうことも多いため実際はあまり効果がないとも言われています。そのため有料プランを利用し1100円を支払っても実際に出会いのチャンスを増やすことができないと感じ無料会員に戻ってしまう人も少なくありません。さらにtinderゴールドのライク確認は相手が自分に興味を持っていることを知ることができるものですが、実際に相手にライクをつける事は無制限にできるために必ずしも自分を優先的に好きだと考えていることは無い為、効果的に利用できるものではないと評価されており、有料プランのメリットを感じている人は少ない傾向にあるのです。”

tinderのメリットとデメリットとは

“フェイスブック系のマッチングアプリであるtinderは、全世界で人気が高まっていてユーザー数も増え続けている注目のアプリです。日本ではほかの出会い系アプリの方が優勢で、まだあまり知られていませんが、使ってみると面白さに気が付いてヘビーユーザーになってしまう人もいるので今後の成長が期待されています。 tinderのメリットは、自分が今いる場所の位置情報をベースにしてすぐ近くにいる相手と出会えるシステムです。居住地に関係なく現在位置で選ぶので、外出先や旅行先で運命の相手を探すことも可能です。人が大勢いる場所なら大量の「いいね!」を狙うこともできて、自分のプロフィールを一時的に優先表示させるブースト機能を使えばあっという間にデートの相手を探せます。料金は月額制ですが、ほかのマッチングアプリに比べると安い設定なのでわずか数百円程度の月額で多くの機能が使えます。世界中で利用されているアプリなので、海外旅行に行ったときに現地の人と出会える可能性があるのもメリットです。 tinderのデメリットは、女性も月額使用料が発生するので、一般的な出会い系アプリのように女性は完全無料という特権がないことです。自分を目立たせるためのブースト機能は課金制なので、1回400円程度の料金が発生します。大都市に住んでいる人なら周囲にユーザーがたくさんいて出会える可能性が高まりますが、地方都市や田舎に住んでいると周辺で使っている人が誰もいなくて一人ぼっちになってしまったり、せっかくダウンロードしたのに全く出会いがないという結果になることもあります。フェイスブックと連動しているので、うっかり設定を間違えるとフェイスブックの友達に出会い系を使っていることがばれる危険があるのも覚えておきましょう。 このようにtinderにはメリットもデメリットもありますが、使ってみて損はないアプリです。マッチする確率も比較的高いと言われていて、その場ですぐに出会えることや、今近くに誰がいるのかリアルで見られる緊張感や恋愛の駆け引きを楽しむこともできます。世界中にユーザーがいるので、海外出張や外国旅行、留学のときなどにもインストールしておくと思わぬ出会いがあるかもしれません。比較的安い料金で利用できて、1か月だけの契約でも使えるのでまずはお試しで遊んでみるのもおすすめです。tinderの特徴を良く理解して、素敵な異性とマッチできるように努力しましょう。”

tinderはどんな人に向いている?

tinderはどんな人に向いているかというと、まず都会に住んでいる人だといえるでしょう。tinderはグローバルに利用されていて世界中にユーザーがおり、全世界でのユーザー数はかなりの数になりますが、日本国内においては、まだそれほどユーザー数が多いというわけではありません。それでも都会なら、わりとユーザー数が多いのでマッチングできる可能性は高いといえます。しかし田舎の方に行くと大幅に利用者が少なくなる傾向があり、出会える可能性が低くなってしまいます。遠距離恋愛でもいいという方もいるかもしれませんが、そもそもtinderには相手ユーザーを検索する機能はなく、自分の近くにいる人の中から相手を探していくというようなシステムになっているので、遠くの相手を探すということはできません。上記のような理由で、tinderは都会に住んでいる人におすすめです。ただ、tinderは無料で利用できるということで現在人気上昇中のマッチングアプリですから、今後利用者が増えていく可能性も否定できないでしょう。外国人と仲良くなりたいという人にも、このアプリはおすすめです。先にも述べたように、同アプリは世界中に利用者がいるのが特徴ですから、外国人とマッチングすることも夢ではありません。特に海外旅行などに行った時に威力を発揮するでしょう。語学の壁はありますが、外国語が得意な人だったり、外国語の勉強をしたい人などにもおすすめです。面倒なことをせずに、手軽にマッチングしたい人にも向いているアプリでです。同アプリでは、条件検索などをして相手を探す必要はありません。近くにいる人が画面に表示されますから、それをどんどん仕分けていけばいいだけです。選別もスマートフォンの簡単な操作でサクサクやっていけるのでとても楽しいです。お金をかけずに出会いを実現したい人にもtinderは向いているでしょう。前に少し触れましたが、tinderは無料で使えるのが大きな魅力です。他のマッチングアプリでも無料会員で使うことはできますが、メッセージのやり取りは有料会員にならないとダメなケースが圧倒的に多いです。メッセージが無料会員ではできないということは、つまり無料では出会うことは不可能ということです。その点、tinderは無料でメッセージ機能も使うことができるので、タダで出会いをゲットすることもできてしまいます。経済的に余裕のない学生などに向いているアプリといえるかもしれません。

マッチが成立しない理由①-仕組みを理解していない

tinderでマッチングが成立しない理由は、一つはサイトのシステムを理解していないことが考えられます。閲覧を自由にすることができ、気に入った相手にメッセージを送るときに料金が発生するシステムをとっているサイトもありますが、tinderの場合はそうではありません。サムネイルやプロフィールを見た時点で、ライクかそうでないかを振り分けるようにするのです。無料で使う分には12時間で120人までというルールがあるので、自分が気に入った人から先着120人までは想いを伝えることができます。もちろん、その中に本当のタイプの人とどちらでもない人など、様々なタイプが含まれていると思いますが、本当に気になっている人のみライクを送っていると、その人が出会いに対して積極的でない場合はライクを返してもらえないので、一生誰ともメッセージのやりとりをすることができないのです。お互いが両想いになって、はじめてやりとりができるシステムですので、自分が一方的に想いを伝えても、相手から何も反応がなければ意味がないのです。逆に考えれば向こう側が自分に対してライクを送っている場合は、自分が送り返すだけでメッセージのやりとりをすることができます。しかし、誰がライクをつけているかを知る事はできないので、少しでも可能性を高めるためには1人でも多くの人にライクを返してあげなければならない事は容易に想像できます。どうしても相手に知ってもらいたいと思った場合はスーパーライクを使ってみましょう。これは無料の会員であれば1日に1人だけ使うことができます。そのため1番気に入ってる相手に通知を飛ばすことができる、スーパーライクを使い自分のことを査定してもらえば良いのです。相手が気づいた段階での自分のプロフィールやサムネイルで、どのようにするかを決めるので自信がある状態でスーパーライクを使うと良いでしょう。また、スーパーライクを使っても生理的に受け付けない人であれば、ブロックをされてしまう可能性があるので、サムネイルやプロフィールを改めて見直してから使わなければならないのです。スーパーライクを多く使いたい場合は、有料会員になる必要があります。有料会員になれば、5倍のスーパーライクを使うことができるようになるので、可能性が5倍上がると言っても良いでしょう。成立が難しい場合はお金を支払って多くの人にスーパーライクをつけてみてもいいかもしれません。

マッチが成立しない理由②-積極的にライクをつけていない

うまくいかないのはひょっとしたらライクを使いこなせていないからかもしれないのです。マッチングをしたい相手を絞り込むのはもちろんですが、12時間で120人へのライクをつけることができるので最大限利用した方が良いのです。なぜなら相手は、自分のつけたライクに気がつく事はないので、積極的につけなければ知ってもらうことすら出来ないからです。もしかしたら既にライクをつけられている可能性があるのに、こちらがアプローチをするのを渋ったためにメッセージのやりとりができない可能性があります。tinderでマッチングを成功させるためにはライクの有無が重要になってきます。片方がライクを使わなければ100%マッチングしないので、生理的に無理でない人全てにつける位の気持ちで使った方が良いです。それでも成立するかどうかわからない確率ですから、当然と言えます。出会い系の醍醐味と言えば、実際に相手と接触することではないでしょうか。もちろん出会いを求める事を考えていながらも、危険な可能性があるので会うことを拒みメッセージのやり取りだけで終わらせることも可能です。Facebookとの連携を行っているので自分の知り合いを公開してしまう可能性があるので注意をしなければならないです。まだ18歳未満の人は使用することができないようになってますので、迷惑防止条例にひっかかる人とお付き合いをする事はないので安心できます。ライクを使いこなすだけでは難しい場合は、スーパーライクを使うと良いです。無料の範囲では1日に1人しか使うことができませんが、有料会員になれば5倍使うことができるようになりますので、確率が上がる事は言うまでもありません。しかしそれでも足りない場合は、課金をすることによりスーパーライクを購入することができるので、多くの人に使いたい場合はお金を支払うことで有効に相手にアプローチをすることができるのです。tinderと言うアプリは世界中で利用している人がいるため、外国人の人とマッチングする可能性もあります。また海外に行っても利用することができるので現地で知り合いを作ることもできます。位置情報を取得して、身近にいる人を検索するシステムですので、スマートフォンの画面に出ている人は、自分の今いる位置からさほど離れていないところにいる人と考えてよいでしょう。マッチングを成立させなければ何も始まりません。ライクの使い方を工夫して成功するように考えなければならないのです。

マッチが成立しない理由③-写真ウケが悪い

せっかくtinderに登録したのに、なかなかマッチングできないでいるという場合、いろいろな原因が考えられますが、一番よくあるパターンが、プロフィールに掲載している写真が良くないことです。出会い系アプリでマッチングするためには、とにかく写真は生命線といってもいいくらい重要になってきます。「人間は顔じゃない。中身で勝負だ」という考えの人も多いのですが、やはりルックスというのは第一印象に大きなインパクトを与えるのでおろそかにすることはできません。特にtinderは、相手を探す時にスマートフォンの画面操作ですごくお手軽に仕分けをしていける仕様になっています。ほとんどの人は顔だけまず見て、好みか好みじゃないかを即座に判断し、好みじゃない時はまるで掃いて捨てるような感覚でスルーされてしまうのです。そこで生き残るためには、やはり写真のクオリティをアップさせなければいけません。マッチング率が上がる写真のコツは、まず爽やかさを醸し出すことです。暗い雰囲気だと敬遠されてしまいますから、明るい写真になるように屋外で青空のもと撮影したような写真を使うのがおすすめです。また、ピンぼけ写真は絶対にNGです。そんな写真を掲載すると、ふざけているのかと思われて避けられてしまいかねません。また、ちゃんと身だしなみを整えた状態で撮影した写真を使うもの鉄則です。朝起きたばかりで、ボサボサの髪でむくんだような顔の状態で撮影してはいけません。ちゃんと髪をセットして、女性ならお化粧もして撮影したものを使いましょう。女性の場合は、少々お色気を醸し出すのもマッチング率を高めるのに有効です。胸元を強調してみたりするだけで、男性からの反応が良くなることもあります。ただし、あまり色気を出しすぎると、好き者かと思われて変な男性が大量に集まってくる可能性もあるので気をつけた方がいいでしょう。写真でマッチング率をアップさせるためには、多少ハッタリをかますというのもありです。例えば、フォトレタッチソフトでシミやそばかすを修正し消したりすれば、お肌が綺麗に見えるようになり、ウケがよくなるでしょう。ただし、あまりに修正しすぎるのは考えものです。実際に会うことになったときに、ハッタリをかまし過ぎていた場合、相手を落胆させることになりかねません。写真加工はほどほどにしておくことが大事なのです。ましてインターネットなどに落ちているイケメンや美女の写真を勝手に使うなどは論外です。

マッチが成立しない理由④-プロフィールの情報量が少ない

“tinderをずっと使っているのに、いつまで経ってもマッチできないときはプロフィールの情報が少なすぎることが考えられます。どんなに素敵な写真をアップロードしても、見た目だけでは勝負ができないこともあり、ルックスは気に入ったけれどプロフィールが曖昧なので「いいね!」をためらってしまうという人がたくさんいます。あまりプロフィール情報を入力しない人はサクラや業者だと勘違いされることも多く、最初から敬遠されてしまったり最悪の場合は違反報告を受けるような事態もあります。自分を真剣にアピールしたいなら、なるべくしっかりプロフィールを完成させて相手に知ってもらいましょう。 検索の基本となる性別や年齢、居住地などに加えて、ユーザーが欲しがっている情報は身長や体重、出身校や勤務先、年収などリアルなお見合いや合コンでも聞かれるようなことから、性格や趣味、得意な事、好きな料理やスポーツのこと、週末よく出かける場所、家族構成やペットの話など幅広いジャンルに及びます。全てを厳密に書き込む必要はありませんが、できるだけたくさん書いておいたほうが初めから相手に自分のことを理解してもらえます。共通点が多ければ多いほどマッチする確率も増えて、自分から「いいね!」をしたときにも反応がよくなります。情報量が少ないとやる気のない人だと思われてしまい、真面目な気持ちも疑われます。tinderのユーザーは気軽な気持ちで使っている人が目立ちますが、中には結婚願望があって真剣な交際を求める人もたくさんいるので、出会いを探すなら自分も真剣さをアピールすることが必要です。 プロフィールに入れておくべき最低限の情報は、嘘を書いたりしないできちんとありのままの自分をアピールするのがおすすめです。身長や年収をごまかしたり、実は勤めていない会社の名前や出身校ではない大学名を書いたりしても、マッチした後で実際に交際が始まったらいつかはばれてしまうため、後からトラブルになるのを避けるためにも正直に自己紹介をしましょう。嘘を書いてマッチが成立しても、ばれたときのショックが大きくて違反報告を受けるかもしれません。写真についても同様で、あまりにも激しく修正を加えたり、大昔の写真を使ったり、ネットで見つけた他人の写真を転用するなどの行為はトラブルを招くだけです。マッチが成立しなくて悩んでいるなら、プロフィールの情報量を見直して正直に自分を表現しましょう。”

マッチが成立しない理由⑤-プロフィールが平凡でつまらない

“tinderを利用しているものの、思うようにマッチが成立しないという方もいるでしょう。そのような原因の1つとして、プロフィールがあげられます。頻繁にtinderを利用していても、tinderは登録したときに適当に記入した状態のままというケースも多く見られます。適当に記入したものだと、平凡でつまらないプロフィールになっているかもしれません。平凡でつまらない内容の場合には、異性から興味を持ってもらえる可能性が低くなります。メッセージを送っても、プロフィールが原因で返信がもらえないこともあるので注意が必要です。 では平凡でつまらないものから魅力的なプロフィールにするためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか?そのためのポイントの1つに、どのような写真を選ぶのかという点があげられます。写真は顔がわかればいいと思っている方もいますが、真顔のものだとつまらないと思われるだけではなく怖い印象を与えてしまうかもしれません。異性に写真で興味を持ってもらえるようにするためにも、なるべく笑顔のものを選ぶようにしましょう。また背景がごちゃごちゃしているものだと、分かりにくくなってしまうので注意が必要です。 魅力的なプロフィールにするためのポイントの1つが、読む側が興味を惹かれるものにするという点です。例えば「誠実な人柄」と書くだけだとつまらない印象を与えやすくなります。一方で「人から誠実な人柄といわれる」というように書くだけで、説得力が増してプロフィールの印象も良くなります。一言だけの文章ではなく、エピソードや誰かに言われたなどの点を加えることを心がけましょう。 またプロフィールを書くならば、メリットだけでいいと考えている方も多くいます。ですが異性はその人を知りたいと思っているので、自分の欠点となる部分も書いておくのも1つの手です。欠点も書いておくことで真面目な性格という印象を与えるだけではなく、嘘をつけないということで信頼される可能性が高くなります。 ほかにもプロフィールで趣味などを書く場合には、ギャップを感じさせるような書き方をするのも魅力度をアップさせるためのコツです。例えば男性の方であれば、ギターやサーフィンなどの男らしさを感じさせるものではなく、パフェが好きというような可愛いところもあると思わせるのも1つの手です。ギャップを感じさせるようなエピソードがあると、異性に興味を持ってもらえてtinderでマッチできる可能性も高まります。”

マッチが成立しない理由⑥-長時間放置している

tinderの人気が上昇している理由とその特徴について考えると、マッチが成立するコツが分かります。マッチが成立しない理由の一つに長時間放置しているということが関係しています。tinderのような人の入れ替わりが激しいアプリでは、数日チェックしないと利用者が大きく変化しています。もしかしたら気になる相手がいたかもしれないのに、放置したせいでタイミングを逃していることがあります。出会いはタイミングが非常に大事で、恋人がいない寂しい時に上手く相手の懐に入れば普段は付き合えないような可愛い相手を落とすことが出来ます。狙い目な時期は新生活がはじまる春先、皆が行動的になってイベントも豊富な夏、クリスマスの前などです。この時期はいつもよりも恋人が欲しくなる季節なので、tinderは頻繁に確認したほうが良いです。学生の場合は通学の電車やバスの中で、社会人の場合は通勤や休憩時間を上手く利用して相手を探しましょう。tinderを利用する上で気をつけたほうが良いのは公務員です。公務員は税金をもらって生活をしているので、国民は他の職業よりも厳しい目で見ています。tinderのような不特定多数の人が利用しているアプリで何か失敗をしてしまうといたずらの電話やメールが届いたりして、職場に居づらい環境になってしまいます。今はSNSを利用してあっという間に見つけ出すことができます。自分の立場をよく考えて、モラルのある行動をとりましょう。あなたの周りにもtinderを利用している人はいると思いますが、見つけてもそっとしておいてあげましょう。これはマッチング系アプリを利用するときのマナーです。実際は異性に対して上手く会話すらできない人でも、tinderの中では別人のように明るく振舞っている人も多いので、見てみぬふりをしましょう。そのような人は現実社会では女性にあまり相手にされないので悲しい人です。学歴があればモテる、高収入ならばモテると思っている人は多いですが、そのような考えの人には同じような計算高い人しか近寄ってきません。結局同じような人種が付き合うので、長くは続かずに婚期は遅れがちです。ヤンキーは結婚が早く幸せそうなのは、余計なしがらみや無駄なことを考えないからです。ヤンキーは興味のあるものや仲の良い友達にしか興味がありません。世間的にどう思われているかというのは考えずに、シンプルに楽しいことを追求する才能もあります。

マッチが成立しない理由⑦-周辺に利用者が居ない

“tinderでマッチが成立しない理由の中に、周辺に利用者がいないことがあります。tinderはスマートフォンなどで利用する場合その位置情報を把握しており、距離の遠い相手とでは基本的にマッチがしにくいようになっているのです。自分から地域等を特定し遠くの人のプロフィールなどを閲覧するように仕掛けない限りは、自分が登録し本拠地として生きた地域からおおむね160km程度の範囲が検索できる場所となっており、これ以上離れてしまうと自動的に検索をすることができません。そのため相手からチェックをされることもなければ自分から相手をチェックすることも少なくなってしまうのです。 tinderはお互いにライクをつけないとマッチが成立しない仕組みとなっているため、お互いに相手を見つけてライクをつけることがマッチの条件となります。ライクをつける相手を選ぶ際には通常自分の設定した位置に近い人を選ぶ傾向があり、またtinderもこれを熟知しているため近くの人から順番に表示するような仕組みとなっていることから遠くの人を検索することが非常に難しいのです。見つからない人にライクをつける事はもちろんできないため、その確率が非常に低くなるというのが実態です。 しかし、tinderは世界的に多くの利用者が利用しているものであるため、海外の人と出会うという人も少なくありません。このような場合には自分の位置情報を消去したり、実際とは違う位置情報に一時的に変更することでその地域の相手を見つけることが出来るようになっています。そのため利用者はあえて自分の位置情報をプロフィールから変化させ、自分が見つけたい相手が生活する地域を指定することでその地域の人を検索することができるようになるのです。tinderを利用する人の中には近くの人ではなく憧れの場所や行ってみたい場所等を自分の居場所として設定し、その周辺の人を見つけるようにしている利用者も比較的多いものです。 tinderでなかなか良い相手が見つからないといった場合には、近くに利用者がいないためにこれが表示されないという問題を抱えてしまっていることを意識しなければなりません。またその際には自分の居所を変更して相手のいそうなところを指定し近くの人を検索する方法もあるということを理解しておくと、非常に利用しやすいものとなります。 tinderは非常に利用しやすいマッチングアプリとなっており、様々な人が良い出会いをすることができるものですが、その地域性を効果的に利用していることから、その特徴を理解し上手に利用することが必要です。”

マッチ成立のコツ①-スーパーライク・ブーストを活用しよう

“tinderは位置情報を活用しているマッチングアプリですが、スーパーライクやブーストといったマッチ成立に役立つ機能があります。スーパーライクやブーストは、どのように活用すればいいのでしょうか。 tinderには、「いいね」の意味を持つライクとスーパーライクがあります。緑色のハートマークになっているのがライクで、青い星のマークになっているのがスーパーライクです。ライクもスーパーライクも気になる相手に付けるものですが、それぞれの機能の違いは、相手に対して通知機能があるかどうかになります。 ライクを気になる相手に付けても、相手にはライクされたことは通知されますがそれが誰だかは分かりません。ただし、自分が既にライクしていた場合には、マッチが成立します。それに対してスーパーライクには、相手への通知機能があります。スーパーライクの場合には、相手は自分のことを気に入ってくれたことが分かります。そのためマッチ率が非常に高くなるので、異性との出会いを求めている人には最適な機能になります。 それからブーストは、より効率的にマッチするための機能です。ブーストは有料会員しか利用することができません。有料会員になるには、月額料金の360円を支払う必要があります。有料会員といっても月額料金はさほど高くないので、利用しやすい金額といえるでしょう。 ブーストとは、同じ地域内にいるユーザーがtinderを開いている時に自分のプロフィールを一番上に表示できる機能になります。自分以外のユーザーには、ブーストを使用していることは分からないようになっています。ブーストを使用すると、自分のプロフィールを確実に目にしてもらいやすくなります。そのためマッチング率を上げるのに効果的です。実際に利用してみると、一気にマッチングできた人が増えたという人もいます。 ブーストは有料会員のみが利用できる機能ですが、無料でtinderを使用している人でも利用できることもあります。ブーストはその都度購入することができるからです。1回分だけ購入することもできますし、5回分や10回分などまとめ買いすることもできます。まとめ買いした方が1回あたりの金額は安くなります。 ただし、1回分のブーストの料金は月額料金と同じなので、その都度購入することを考えたら有料会員になった方が手っ取り早いかもしれません。何度も使いたいという人も有料会員になるのがおすすめです。”

マッチ成立のコツ②-自己PR・写真を改善してみよう

“tinderでマッチ成立をしたいのであれば、自己PRや写真を改善してみるようにしましょう。 相手のことを何も知らないtinder上での出会いを求めるのであれば、自己PRと写真は自分のことを相手に伝える最初の取っ掛かりとなります。 それがあまりにも簡素なものであったり、的はずれなものだったりしては興味を持たれませんし、写真写りが悪ければ実物が悪くなくてもその時点で候補から外れてしまうことになります。 自己PRは何を書けば良いのかさっぱりわからない、真面目に自分のことを書くのは恥ずかしい、面倒なので適当に書いてしまったという人も多いものですが、これはみすみすチャンスをふいにしていることになるので考えを改め直す必要があります。 例えば自分がthinderを利用する時に、自己PRが簡単な一言だけ、写真も暗くてよくわからない相手に対して、興味がそそられるのかということを考えれば、自分の自己PRや写真をみてマッチが成立するかどうかが見えてきます。 自分が自身の自己PRや写真を見た時に、この相手には全く興味をそそられることはないだろうなと思えば、相手から見れば尚更にいいねをしてもらうのは厳しいということがわかるでしょう。 そこで、自己PRや写真を改善することによって興味を持ってくれる人を増やすことができ、マッチ成立をすることができるのです。 tinderを利用している人は様々な人がいますから、すべての人に興味を持ってもらうのは不可能なことです。 しかし、このような人とマッチ成立をしたいというタイプがいたり、共通点がある人とマッチ成立をしたいと思うのであれば、ターゲットを絞って自己PR改善することはできます。 同じ共通点を持った人と結びつきやすくなる事自己PRにしておけば、特定の人とのマッチ成立が高くなりますし、成立した後に上手くいく可能性もあります。 写真にしても適当に撮るのではなく、明るさや顔の角度などを工夫することによって、写真写りを大きく変えることができますから、マッチ成立をしやすい写真を撮ることは決して難しいものではありません。 tinderを利用するときには、相手のことばかり気になって自分のことは疎かになってしまうケースは少なくないのですが、マッチ成立をするためには自分の足元から見直す必要があるので、誰からも相手にされないと思っているのであれば、自己PRや写真を改善するところから始めましょう。”

マッチ成立のコツ③-検索範囲・条件を広げてみよう

“直感的なマッチングができるtinderは、位置情報から相手を探せることも特徴のひとつです。いくら気が合う人に巡り会えたとしても、とても気楽に会える距離でなければ「じゃあ今週末にでも会いませんか?」とはなりませんよね。位置情報から相手を探せば、うまくいけば数時間以内に相手と直接コンタクトを取ることも可能なので、今すぐに、あるいは近くに住んでいる人と仲良くなりたい・会ってみたいと思う人にとってはベストなアプリだと言えるでしょう。 しかし、中にはなかなかマッチングがうまくいかない場合もあります。もちろん、本人のプロフィールがまっさらな状態だったり、使っている写真から何も判別する材料がないなど、基本的な使い方すらおさえていない場合もあるので、まずはそれらを充実させることが大前提となります。「それはしっかり設定しているのになぜ?」という方は、検索範囲や条件を設定し直すと、成立しやすくなるかもしれませんよ。 まずは年齢条件を見直してみましょう。当然のことながら、幅が広ければ広いほど、マッチングの成功率は上がります。よほどのこだわりがない限りは自分の好みの年齢層の上下に幅を持たせるところからスタートするのを検討してみてください。特に外国人を相手に想定している場合、お互いの年齢を言い当てるのはなかなか難しいはずです。あくまで一つの目安程度に考えておけば、こだわりもなくなります。 もうひとつが、範囲設定を調整することです。tinderはデフォルトの状態では、現在位置から25キロメートル圏内を範囲に設定しています。例えば都心でtinderを利用し始めた人は、この設定ではヒット数が多すぎて絞り込みができず、範囲を狭めた状態で利用していることが想定されます。しかし、都心から離れた郊外や、地方への出張先でtinderを使う場合に、都心用の設定では検索範囲が狭すぎてヒットしない可能性があります。状況や場所に応じて、細かく検索範囲を再設定することで、様々な場所でのマッチングの成功率が上がります。 さらに奥の手として、有料会員になるという方法があります。無料のままでも十分に使えるのがtinderの凄さでもありますが、位置情報に関しては、今まさに自分がいる位置しか設定できません。数時間後に空いた時間ができるから、その土地での出会いを探したいのに、今いる場所を基準にされたら意味がない、そんな場面もあるかもしれません。そんな時は有料会員の機能である、位置情報を設定できる機能を利用すれば解決できます。別の場所にいながらも、実際にtinderを使って出会いたい場所に範囲を広げて利用することができれば、時間を無駄にすることなく、出会うためにフル活用することができるでしょう。ただ、出張などで頻繁に移動する人や旅行が趣味の人でないとこの機能の恩恵はあまりありません。 tinderでマッチングの成功率を上げたいなら、可能な限り対象のエリアや年齢層を広げることです。絞り込みすぎたら対象の相手がいなくなるのは当たり前ですし、視野も狭くなってしまいます。もしかしたら、年齢層を一歳広げるだけで、範囲を5キロ広げるだけで、思いもよらない出会いが待っているかもしれません。試行錯誤しながら使ってみてください。”

“恋活を始めるのに最適な「tinder」の特徴やマッチを成立させるコツについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか? インストールから登録方法まで細かくお伝えしたので、気軽に始められることがお分かりいただけたと思います。 まずは仕組みをしっかり理解したうえで、写真やプロフィールを充実させて自分をアピールすることが大切です。積極的に利用すれば、きっと素敵なパートナーと出会うことが出来るのではないでしょうか。 あなたも、ご紹介したことを参考にして「tinder」を上手に使い出会いのチャンスを広げてみましょう。”

「♪tinder(ティンダー)」の特徴とマッチ成立のコツを徹底解説します!
Rate this post