シンママだって幸せになりた~い♪

シンママでも再婚して幸せになりたいと考えている人も多いでしょう。
子どもを一人で育てるということは非常に大変です。
シンママは相手を見つけることが難しいのではないかと考えてしまいがちですが、実際は理想とする相手と出会える場合もあります。
まだ子どもが小さいとき・中高生のとき・独立しているときなど自分がおかれている立場によって出会える場面やポイントなどが異なってくるので、事前にしっかりと確認して理解を深めておくことが大事です。
慎重になってじっくりと時間をかけて検討していくことで、理想の相手と巡りあうことができるでしょう。

ひとりで子どもを育てるのはやっぱり大変

自分で決めてシンママになったとしても、実際に一人で子供を育てていく事は大変です。
子供がある程度大きければまだいいのですが、小さい子供を育てながら家事に仕事にと時間を割いていては、とても自分の時間を作ることもできません。
そんなときに、新たな出会い、新たな恋人に期待を抱いてしまうのは致し方ない事でもあります。

具体的なケースであれば、子供の送り迎えや休日が挙げられます。
子供が保育園、幼稚園に通っているような小さい時期であれば、ちょっとした体調不良ですぐに仕事を休まなければいけなくなります。
こればかりは致し方ない事ではありますが、日中、フルで働いているシンママにとってはこの送り迎えの負担が大きな痛手であることは確かです。
また、仕事から帰ってきてからも、子供の食事を作って、掃除や洗濯をして、これを子供の相手をしながら進めていかなければいけません。
自分に充てる時間などほとんどないといっても過言ではないということです。
休日になれば、子供のストレスを発散させるために公園やショッピングモールなど、何かしらの遊び場に出かける必要も出てきます。
その移動にも体力や気力を使うことになりますし、子供が病気になれば誰よりも親身になって看病しなければいけない、シンママにかかる負担は相当なものとなっていきます。

やはり女性だけでは対処しきれない事態は子育てにつきものです。
周りの友人や家族の存在で幾分カバーすることが出来たとしても、男親の存在は決して軽いものではありません。
そんなときに、父親代わりになってくれるような男性の存在があればどうなるでしょうか?シンママの負担は幾分軽減されますし、子供にとっても頼りとなる存在が増えるわけですからメリットとなっていきます。
子供の遊び相手となってくれるような、優しい男性であれば、子供を交えたデートも十分に可能になってきます。
もちろん、シンママのストレス発散のためのデートというのも一つの手ですが、子供の存在を知った上での付き合いが出来る男性、これがベストです。

いきなり子供の父親になってくれる相手をさがしていくわけではありませんが、シンママであっても仕事と子育ての合間に息抜きをすることは大切です。
それによってストレスを発散することが出来ますし、子育てや仕事にもいい流れを作っていくことができる、まさにいいこと尽くしの方法です。

シンママでも新しい出会いが欲しい

働きながら子供を育てるということは物凄く大変なことです。
両親であったり周囲に自分を支えている人が居てくれたらなんとか乗り切れることは出来るかもしれませんが、もし本当に一人の力でとなるといくら行政の補助があるとしても金額はそれだけでは到底まかなうことは出来ません。
それにふと心のどこかで子供に父親がいてくれたらと考えるのではないでしょうか。

シンママだからといって新しい出会いを求めることに引け目を感じることなどありませんし、むしろ誰にも頼ることなく一人の力で子育てをしているということは立派なことだと胸を張って言えることだと思います。
そしてそのような自立していて責任感のある女性を求めている男性は必ずいる筈です。
当然参加するときには子供を預けないといけないこともありますが、バツイチ限定のパーティやシングルマザーOKの婚活パーティなどに参加してみるのも良いかもしれません。

確かにこのようなパーティに参加する男性にはなんらかの事情がある可能性があることは否定できませんが、最初からシンママだとわかっている状態で出会う方が後で打ち明けて話すことを考えると良いように感じられます。
なので、もし職場や知人の紹介などがない場合はこのようなパーティに参加して出会いの可能性を広げてみるのも良いです。
他にも、特に仕事と子育ての両立で時間的にも忙しくて中々時間が作れないというのであれば、今ならスマートフォンで出来る婚活アプリを利用してみるのも良いでしょう。
この婚活アプリの良いところは好きな時間に利用できるということで、まず会員登録をするのですが、この時にあらかじめ子供がいるということをプロフィールに載せて作成しておけば、その条件にあった相手を見つけてくれます。
もちろん自分が経験上ここだけは譲れないというところがあると思いますので、その点を必ず押さえておく必要はありますが、出会いの可能性は無限に広がります。
例えば同じようにシングルでバツイチの人の方が良いと考えるのであれば、その分野に長けているサイトを見つけて登録したり、もう日本人という枠にこだわらないでむしろ外国人と一緒になりたいと考えるのであれば、そのようなサイトを探すということも可能です。
一度失敗しているからこそ次に相手を選ぶときには色々な面で慎重になりたいものです。

シンママだからこそ慎重に再婚相手を選びたい

シンママだからと言って出会いを諦めたくないものです。
ただ、同時に芽生えるのが、慎重に相手を選びたいという気持ちでしょう。

再婚相手で失敗をしたくない理由、ひとつはやはり子供のことがあるからと言えます。
自分だけの問題なら好きにできるところ、子供がいるとなると事情は大きく異なってきます。
例えば再婚相手と子供との相性が良くないと、子供に辛い思いをさせてしまうことになりかねません。
ただでさえ、父親がおらず寂しい思いをさせてしまっている中、父親と感じてもらえない相手との再婚では、益々辛い気持にさせてしまうかもしれません。
子供にとっても自分にとっても良い結果にはなり得ませんので、相手選びで失敗をするのは是が非でも避けたいものです。

自分自身の問題も慎重にならざるを得ない理由のひとつです。
離婚によってシンママになった場合、また同じ結果を辿ることになるのは避けたいところでしょう。
離婚問題で嫌な思いをしたり疲れたりしてしまった中、同様の事態が巻き起こるとなると何かと大変です。
子供を巻き込む問題でもあるため、自分だけのトラブルで済むわけでもありません。

もしも再婚で失敗をしてしまった場合、その次の再婚を考えることも難しくなってしまう可能性があります。
今度こそ幸せな家庭を築きたいという想いで再婚をした中、それが失敗に終わってしまったとなると、次へのエネルギーを生み出すことができないかもしれません。
子供もどんどん大きくなっていきますので、多感な時期にでも差し掛かれば、再婚を考える状況にもなり得ないこともあります。
また、ズルズルと自分が歳を取ってしまえば、年齢的にも出会いのチャンスが少なくなってしまう心配も出てきます。
取り巻く環境が変化すると、再婚が難しくなる現実を否定できず、慎重に相手を選んで、次こそは成功したいという強い気持ちが芽生えるのも自然なことでしょう。

諸々のことを考えると、再婚をいかにして成功させるかが鍵になってきます。
たとえ出会いのチャンスが溢れていようとも、のんびりしているわけにはいかない問題でもあります。
シンママだからこそ、慎重な行動ですてきな出会いを見付け出したいものです。

ところで、巷のシンママはどのように相手を探しているのでしょうか。
次に、そもそもの出会いの探し方について迫ってみましょう。

シンママってどこで相手探しをしているの

シンママも自分の理想に合うような男性を探していますが、その出会いは様々です。

しかし子供がいても夫がいない状況となると、自由に飲み屋やクラブといった、通常羽を伸ばして遊ぶようなところへはなかなか時間を割いて行くことが困難になります。
それでも考え方を変えて見れば日常に点在しているもので、近所付き合いや子供の幼稚園や学校などなど、多種多様にありますが、中でも多く見られるものが、職場での出会いがきっかけで恋愛に発展するケースになります。

シンママはひとりで子供を育てながら家計も支えなければなりません。
そのためにパートや派遣スタッフとして、時間に融通の利くような労働条件で働き、賃金を稼ぐことが必要となります。

そのような経緯があって、職場で思ってもいなかった出会いに遭遇することがあります。

指導してくれるような男性上司とウマが合い、話しも弾めば、シンママはそれだけでも仕事の時間が活き活きとし、職場という環境も楽しく過ごすことができます。
それは労働に励む糧となり好循環を生み出します。

更に仕事以外のプライベートな時間にそんな男性と食事などをして交流を深めていけば、自然とその人が理想の男性となり、理想の出会いとなります。

こうして仕事以外の時間もまた、シンママにとって元気になれるものとなっていきます。
お互いに意思の疎通が出来ていれば近い将来、生活自体に変化が訪れる時がやって来ます。

同じ職場の人間ということもあり、その男性はシンママの状況を把握出来るので親密になってから、その境遇にショックを受けるということもありません。

このような条件が揃っている職場恋愛からの発展は形としても偶発的で、やましくなく実に潔い関係から交際できるので、信頼性も高くあります。
反対に男性の境遇やその本質さえも知ることができる環境なのでしっかりと相手を知ることも可能です。

一緒に仕事をしていればこれもまたお互いに、動きや声、その人間性が醸し出されます。
雰囲気やオーラは無意識にでも感じられます。
これもその人を知る重要なポイントとなります。

今後の安定を求める意味でも、女手ひとつでやって来たシンママの苦労を理解してくれる理想の相手となり、心身の負担も軽減してくれます。
そして何より、子供との時間を大切にできる未来が待っています。

シンママ専用の出会い系ってありますか

あまり数が多いわけではありませんが、実はシンママ専用の出会い系サービスや出会いアプリというのもあります。

基本的にシンママの場合は真面目な出会いを意識している人もいれば、ワンナイトだけの楽しみを期待している人もいます。
このため、自分にとって合うアプリやサービスを探すのが基本でしょう。

探してみましたが、基本的に「シンママのみ」としているアプリはほぼありません。
実は出会いイベントの中には「子持ち専用」とか「子供がイル人向け」というイベントもあります。
ですが、ネット上のアプリの場合はシンママのみに特化したサービスというのは見つかりません。

最近のアプリの傾向としては、基本的にどんな人でもOKとしているところが多いのです。
目的や出会いの種類を特化したアプリの場合でも「若い世代専用」とか「支えてくれるパパと若い女性のマッチング」なんていうのがありますが、それ以外のアプリやネットのサービスが大多数なのです。
また、サービスの方針上シンママ禁止としているところはほぼありませんから、基本的にサービスに登録したら「シンママです」としっかりアピールするようにしましょう。

一方、結婚相談所の場合はまた違います。
結婚相談所の場合はシンママだということを伝え、その上でこういう人と再婚したいということを伝えると、話がより進みやすいでしょう。
特に相手の男性には最初から「この人はシングルマザーでお子さんがいらっしゃいます」という事を伝えられるので、マッチング前に相手にも子供がいることが伝わるのです。
実は中には子供がいる人と結婚したいとい雨男性もいますから、そういう人も見つかるかもしれません。
特に結婚相談所に登録する時に事情は伝えてあるでしょうから、シングルだということで偏見を持ったり断られるような人とマッチングすることはほぼ無いのです。
実際に会ってお話しをするような段階であれば、その時点で相手に少し事情は伝わっているものです。

どちらにせよ、シンママ専用の出会い系というのは今の所存在しません。
ただ、シンママだということが出会いの場所でマイナスになるばかりでもなく、むしろそちらがいいとか気にしない、という男性も少なくないようです。

子供の大きさについても、実は婚活のやり方は変わってきます。

子どもがまだ小さいシンママの相手探しとは

色々な事情でシングルになってしまった女性にとって、やはり一人で子供を育てるというのはなかなか心細いものです。
確かに一人でいた方が気楽な部分もあり、身軽に動けるというメリットもあるのですが、それはあくまで子供がいないケースについて言えることでしょう。
自分が風邪をひいたりすれば子供の面倒を見る人がいなくなりますし、事情があって実家などに頼れない場合にはなおさらのことです。
そのため自分自身のためにも子供の為にも、素敵な出会いを見つけたいと考えるのはとても自然なことになります。
特に子供が小さいうちのシンママの出会いというのはいくつか気をつけるべき点がありますので、それについて考えていきましょう。
やはり子供が小さいうちというのは長時間家に置いていくというわけにもいかないので、誰か信頼できる人やベビーシッターなどを見つけて確保しておくという必要があります。
それだけではなく仲良くなった男性には早めにシンママであることを打ち明けておくというのがお勧めです。
特に結婚までを考える出会いの場合は子供が小さいうちの方が、相手の男性にもなつきやすく違和感がないため、スピーディーな展開が求められます。
物心つかないうちの子供であれば、本当の父親かどうかというのは判定できないため比較的に家庭に馴染みやすい、ということが言えるのです。
また相手の男性からしても小さいうちから見ている方が自分の子供のように可愛がれるという点がありますので、結婚を意識して動く場合には、なるべく子供が幼いうちの方が有利だと言えます。
注意点としてはあくまで相手の男性は他人であり、自分と同じように可愛がってくれる保証はどこにもないということを覚えておきましょう。
シンママに対する愛情がそのまま子供にも反映しますので、付き合っている間に相手の人間性を見極め子供を可愛がってくれるかどうかということを、よく観察しておくのがおすすめです。
特に相手との間に子供ができた場合などは、扱いに違いが出ないように両親共に注意が必要になります。
こういったことも子供が大きくなっていた方がよりトラブルの原因になりますから、子供が幼いうちに出会いを見つけて新しい家庭を作るというのは非常にお勧めの方法です。
どちらかといえば旅行などに行くよりも家の近辺で家庭的なデートをするのが望ましいと言えるでしょう。

子どもが中高生のシンママの相手探しって

忙しいシンママにとっての相手探しは、オンラインで多くの人と知り合える出会い系のアプリなどが便利です。
しかし、中高生の子どもがいる場合は、シンママであることを隠したまま相手探しをするのかどうかで悩んでしまいます。
男女として出会って親密になってから打ち明けるのも一つの手ではありますが、チャンスが多くなる一方でせっかく親しくなった男性から振られてしまう恐れもあることを覚えておきましょう。

中高生の子どもは、もうママに頼らずとも自分の頭で立派に考えられる年齢です。
そのため、子どもの気持ちや考えとしっかり向き合うことも大切になります。
新しいパパができることは多感な思春期に色々な影響があるので、シンママとして自分なりの考えを持って真剣に話し合うことも求められるのです。
全てを子ども優先にする必要はありませんが、将来的に本人にとっては見知らぬ男性を家族として受け入れてもらうことを踏まえて対応する必要があります。

シンママの相手探しにおいて初対面で中高生の子どもがいることを言わなかった場合でも、付き合って1ヶ月ぐらい経った時点では必ず告げましょう。
再婚を真剣に考える際には、やはり相手となる男性の同意が必要不可欠です。
あまりに遅いタイミングで切り出すと再婚のチャンスを自ら潰してしまうので、まだ選択ができる段階で相手にきちんと考える時間を与えるのが大人の対応になります。

中高生の子どもがいる場合に気になるのが、今後の進路と学費です。
自分の子どもと顔合わせをさせて再婚までの具体的なスケジュールが決まるぐらいの段階での話となりますが、いざ再婚してからお金の件で揉めることを避けるために全員で話し合いましょう。
再婚してから話が違うとなったら取り返しがつかないので、要点を押さえた上で全体の方針を決めておくのがベターです。

子どもが中高生だと、シンママである自分の要望とぶつかる場面が増えます。
再婚をする男性にも自分の考えがあるので、相手の気持ちを尊重する姿勢を心がけることが重要です。
誰の希望を優先するのかで状況が変わりますが、それでもシンママが相手の話をよく聞いて受け止めてあげることで良い方向へ進めます。
子どもが独立すれば1人の女性として再出発できるから、良縁を探しながらもまずは中高生まで育った子どもの面倒をしっかり見るのも賢い判断です。

子どもが独立したから今度は自分の幸せを探したい

最後に、中には子供が独立したからこそ、自分の幸せ探しをしたいという人もいるでしょう。

実は子供が独立した後というのは、シンママにとっても次の幸せを探しやすい時期でもあります。
子供が小さい時ならではのマッチングの苦労もなく、子供の思春期ならではのデリケートさもない、とても自由な時期ですよね。

この頃の対象となるのは、やはりある程度年齢の高い人をターゲットにした恋愛と結婚です。
この場合は基本的にお互い老後を楽しもうとか、お互いお茶飲み友達や孤独感を癒やし合う相手になろうというくらいの相手です。
もちろん性的なパートナーを見つけることも出来ますが、それよりも相手とのフィーリングや老後に備えたカップル探し、老後の生活をより楽しく明るく快適に過ごせそうなパートナー探しをするのが基本です。
また、経済的に不安がある人が経済的な不安を解消してくれるために結婚相手を探す場合もあります。

ある程度生きてきたので、結婚については様々な意見を持つ人が多いのも特徴でしょう。
しっかり籍を入れて後妻として守られた立場で暮らしたいという人もいれば、お互い面倒なものがあるので老後の恋を気楽に楽しみたい、という人もいます。
このため、需要によってはミスマッチも考えられますが、極端に離れていなければ結婚や老後をずっとふたりで快適に過ごすことまでを意識できる、息の長いカップルとして過ごすことができるでしょう。

この頃のパートナー探しとしては、ひとつ気をつけたいことがあります。
実は子供が親元を離れても、どのくらい交流があるかによっても子供の価値観は違ってきます。
子供が親元を離れてもまだ学生で学費負担がある場合は、その事をしっかり相手に伝える必要があります。
これは世帯の収入や経済状況に大きく影響してきますので、その点は注意してください。
一方、就職して独立していたり、既に親の扶養や養育のための手間や面倒、仕送りなどがなければ、その点は明確に相手に伝えましょう。

このくらいの頃になると、もう相手は20代がいいとか30代がいいというように若い子を狙うことは少なくなります。
ある程度人格が出来ている人であれば、相手に大きな子供がイルことを覚悟の上で結婚をし、その後に老後の幸せな生活を踏まえて出会いや結婚を意識してくれるでしょう。

シンママの相手探しで気をつけたいことって何

お子さんがまだ小さい場合、そしてまだ親の手助けが必要な成人前の場合にシンママの相手探しで気を付けたいことは、とにかく子どもを一番に考えて大切にしてくれる人であるかどうかです。
結婚生活や同棲生活を始めると、どうしても子ども中心の生活になります。
それは当たり前のことですが、例えば子育て経験のないお相手の場合には、そこを本当には理解できないことが多いのです。
子育て経験のある男性の場合でも、二人っきりの時間が思うようにとれないことや、自分の血のつながりのない子どもを育てることに違和感や不満を抱いてしまう人もいます。
そして子育てというのは、単に子どもを育てる時間だけでなくお金もかかるものなのです。
自分の稼いだお金も惜しみなく子どものために使えることができるかも重要です。
シンママはそこを慎重に見極めて、再婚相手を探す必要があります。
デートなど外で会うだけでは分からないことがたくさんあります。
できれば結婚前に同棲をしたりして自分と子どもの全てを理解してくれるかどうかをみておけば安心でしょう。

子どもがもう成人したシンママの場合はまた少し違った点で注意が必要です。
子どもが成人した後というのは、親の介護という問題がふりかかってきます。
と同時に同年代の方との再婚であればお相手の親の介護という問題も十分に考えられることです。
よってお相手の人には自分の親の介護について理解があるかをきちんと確認しましょう。
そしてご自身もお相手の人の親御さんの状況についてきちんと聞いておいてください。
兄弟がおり、介護する必要がない場合はあまり問題になりませんが、将来的に親と同居して面倒をみたいと思っている場合、あなたの生活も大きく変わることになります。
同居をしないまでも近くに住んだりすることもあります。
また定期的に金銭的な援助もしなくてはなりません。
自分はそこまでできるのかをしっかりと考えてから再婚に踏み切りましょう。
そしてお相手にも、自分の親にそこまでしてもいいという覚悟があるのかを確認してください。
実際、介護の問題は、その時が来るまでどうなるか分からないものですが、後々もめることがないように事前に話し合っておけば安全です。
いずれにしろ、自分の気持ちだけでなく、周囲の状況をしっかりと判断してから素敵なお相手をみつけてください。

様々な理由からシンママでも結婚相手を見つけて幸せになりたいと願っている人もいるでしょう。
子どもを女手一つで育てながら生活していくということは、とても大変ですし勇気がいることです。
シンママの場合は特にじっくりと相手を見極めて本当に自分と合った人を見つけることが重要です。
自分の子どもがまだ幼いときや中高生のとき、就職して独立しているときなどといった自分の状況によって相手の探し方が違ってきます。
まずはそれぞれの立場をしっかりと把握して、状況に合った方法で理想とする相手を探すことが大切です。
出会い系サイトに登録してみるのも良いです。

シンママだって幸せになりた~い♪
Rate this post