■再婚のススメ【幸せになりたい人必見】

バツイチだけど再婚をすることで幸せを掴みたいと望んでいる人も多いでしょう。
近年離婚する人が増えてきておりバツイチに対する見方も変化しつつあります。
一度結婚に失敗した人でも再婚しやすい環境となってきているため、人生の再出発をすることも可能です。
再婚をすることのメリットはたくさんありますので、適切に行動して自分の理想とする相手と出会うようにしましょう。
その際は子どもについてや親戚や身内との関わり方などにも目を向けることが大事です。
相手方の理解を得て良好な関係を築き上げることで、幸せになることができます。

バツイチの捉え方を変える

現代日本では恋愛結婚が当たり前になり、それが増えるにつれて離婚率も上昇してきています。
少し前であればバツ1と呼ばれた離婚経験者は申し訳なさそうにして当然といった風潮もありました。
結婚に失敗した人というレッテルが自動的にはられ、まるで人間としてもダメであるかのような風に思われていたのですね。

しかし最近ではバツ1だからどう、といったことはありません。
自分でも再婚をして自分なりの幸せを掴もうと考えるのであれば、過去のことにネガティブにこだわっているのは健全ではないでしょう。
離婚経験をポジティブに捉えるには、そもそもバツ1の捉え方を変える必要があります。

考えてみれば、恋愛結婚が増えたということは、結婚をゴールとして考え、2人の興奮が最高潮に高まったときが結婚した時なのです。
そこが最高潮であれば当然あとは下へと降りるだけですから、どんどん興奮や感動はさめ、いつの間にか「こんなはずではなかった」という日常になってしまう恐れがあるわけです。
しかしこれを1度リセットしたのが、バツ1の皆さんですよね。
自分は努力したけれど、うまくいかなかった、だからやめた、とただそれだけのことです。
そのまま無理していたら更に悲惨なことになったかもしれず、それを線引きして原点にかえれたわけです。
特にパートナーの不貞や暴力などが原因で別れた場合には、新しい人生を大人の時点でスタートできるという素晴らしい機会ですよね。

1度上手く行かなかった経験があるから、次に結婚する時には見方が変わっているでしょうし、さほど焦りもないので日常生活を一緒にすごす相手としてじっくり見ることも出来るでしょう。
ということは、紛れもないスタートを貰えるチャンスになります。

失敗は成功の母、それは勿論結婚に関してもいえることなのです。
1度失敗した分、他の人よりはうまくやれる可能性はあがっていますので、怖気づかずに再婚への道を進みましょう。

ここから再出発!そのために出来ること

バツイチだから結婚は難しいと考える必要はなく、現在は3組に1組は離婚している現実があります。
そもそも一度の結婚でベストマッチする相手に出会うことは難しいと言えるでしょう。
それでも昔は我慢して結婚生活を続けていたケースが多かったですが、我慢を続けるのは精神的によくありません。
合わない相手とは離婚をして、新しいパートナーを探すのが得策と言えるでしょう。

再婚して幸せになったという方は多く、その理由として相手を見極める目が養われていることがあります。
初婚のときは勢いで結婚してしまうことが多く、相手を選ぶときもスペック重視という方が目立ちます。
しかし実際に結婚生活を送るとなると、相性が大切であることを認識します。
離婚している方は再婚相手を探すときに、初婚のときより冷静に見極めることができるはずです。
ガツガツした雰囲気もなくなるなど、相手からの印象もよくなっていることが多々あります。

急いだり焦ったりしている状況は相手に伝わってしまい、引かれてしまうこともありえます。
バツイチの再出発のためには自分に自信を持つこと、そして婚活サイトを利用するなどの工夫が必要です。
再婚をして幸せになるためには、相手をスペックだけで判断しないことです。
スペックを重視するほど内面がおろそかになってしまうので、理想の相手と巡り会うことが難しくなります。
一緒にいて楽しいと思える相手、落ち着ける相手などが結婚生活において理想なのです。

幸せは自分ひとりで作るものではなく、相手がいて成り立つものです。
しかしその相手を見つけるのは自分次第ですから、相手探しは焦らずに時間をかけることが大切となります。
最初から結婚を意識する必要はなく、恋愛から始めてみるのもありでしょう。
恋愛を通してから結婚を意識するという流れのほうが自然ですし、うまくいく可能性は高いと言えます。
理想の相手と一緒になれるなら、再婚のメリットは非常に大きなものと言えるでしょう。

再婚のメリットは沢山

一度結婚に終止符を打った方は恋愛に対して消極的になってしまうことがありますが、自分の幸せのために再婚を望むことは素晴らしいことです。
再婚だからこそ人間味の深みや結婚に対して夢や希望を持ちすぎず、大きな心で相手を包むことが出来るようになった経験として生かすことが出来るはずです。
離婚というものを失敗ととらえずに一つの経験としてとらえることが幸せをつかむきっかけになります。
再婚のメリットは多くあります。
子どもがいる場合には父親、母親が揃うことで精神的な安心感や経済的な安定などで子どもをより良い環境で育てることができます。
また再婚だからこそ、一度目の結婚の教訓として、相手に求めるだけでなく、相手を幸せにしてあげようという気持ちが強くなり、それによって相手からも愛されることにつながっていくのです。
再婚は落ち着いた結婚生活を送ることができます。
何気ない日々の幸せをかみしめる生活が待っているのです。
あなたが再婚であるということを理解したうえであなたや子どもを幸せにしたいと考えて相手は結婚するので、それまでの苦労や頑張りを包んでくれるような心の大きな人であるといえます。
お互いがお互いを思いやる関係が最初から成立している結婚なのです。
ですから心地よさや安心感のある家庭が作れるということです。
自分が幸せになるということは自分を愛してくれる子どもや親兄弟、友人も幸せを感じることになるので、みんなが幸せになれるということになります。
一人で生きていく強さを持ちながら生活していくことが、再婚によって肩の力が抜けるので自分らしく生きることができるようになるはずです。
幸せな生活は笑顔が多くなります。
笑顔がたくさんある生活はより更に幸せを呼び込むことになります。
自信を持って出会いを求める積極的な行動をすることで人生がより輝いていくのです。
再婚に向けて自分磨きをすることも魅力をアップさせていきます。

子供について考えること

再婚を考えるケースでは、子供をどうするかで迷うことがあります。
どちらかに子供がいる場合やどちらにも連れ子がいる場合などはその子供のケアをどうするかで結構苦慮します。
人によってはそれを理由に再婚を諦める人もいるほどですが、子供からすれば自分が原因で父親や母親の幸せを邪魔してしまうというのは耐えがたいものがあります。
もちろん子供のことも第一に考えないといけませんが、最終的には自らの幸せをどのようにしていくかを考えていくことになります。

さらに悩ましいのは2人との間の子供を作るべきかどうかです。
お互いに子供がいなければ何の問題もなく出産までこぎ着けられますが、お互いに実の子供がいる場合にもしかすると今後はかまってもらえないのではないかと思わせてしまう場合があります。
こうなると子供が出来た場合に実際にそのような場面になった時に前からいる子供はかなり不安な気持ちになるはずです。
これでは再婚で幸せになることは難しくなるので、そのあたりの注意が必要となります。

再婚をする際に幸せになりたいと思うことは必要ですが、子供の処遇というものは必ず問題になります。
愛情を注ぐことは当然にしても、愛する再婚相手との子供の方が可愛く見えるのは仕方ないことです。
この時に再婚相手との子供と差をつけることになってしまえば、いずれそのしっぺ返しを受けるかもしれません。
どんな状況だろうと自分たちの子供であると意識を合わせ、フラットな付き合いをしていくことが非常に重要です。

このように自分たちだけが絡んでいる場合には問題はないものの、子供などが絡めばかなり繊細なことになります。
そこに加え、親戚や身内への対応というものが重なるとさらに複雑化します。
子供よりも実は親戚などの方が根強い反対を仕掛け、場合によっては口もきかなくなることもあるので、そのあたりも慎重な対応や根回しが必要と言えます。

親戚や身内に対しての対応

一度結婚しておきながらもう一度結婚する、つまり再婚に対して後ろ向きな考えを持つ人は少なくありません。
確かに結婚式などで祝福してもらったのに、もう一度別の相手と式をあげたりして祝ってもらうのは申し訳ないというのも、一般的な考え方になります。
しかしながら自分自身が幸せになるために、他人に配慮しすぎてもいけませんしまた身内や親戚であれば幸せになってほしいと願っているものです。
そうした身内や親戚に対して再婚を考えている場合、どのように対応したら良いのでしょうか。
まず何よりも、なるべく再婚が決まったら早い段階で挨拶などをしておくのがおすすめです。
特に相手が初婚であれ再婚であれ、これは承知しておいてもらって、なるべくきちんとした挨拶やお披露目会を行っておきましょう。
そうすることで偏見の目も少なくなりますし、また堂々と再婚して新しい生活を始めることができます。
再婚の場合多くのケースで結婚式を挙げないという選択肢をとる人もいますが、お披露目という意味合いを込めればむしろ簡素で良いので、行っておいて身内や親戚を招待するのがおすすめです。
その場合はご祝儀などを必要としないリーズナブルな会員制の食事会など、あまりゴージャスにしないような注意が求められます。
自分の再婚相手がどのような人で、どんな趣味を持っているのか、仕事は何か等、身内であれば気になるものですから、むしろこちらからどんどんと情報を発信することで不安を払拭することができるのです。
後ろめたいと思ってこそこそするよりは、どんどんと自分たちで前に出て認めてもらう姿勢をとるということがとても大切になってきます。
反対する人がいてもそれはある程度仕方ないことですので、粘り強く認めてもらえるように接していく覚悟が必要になるのです。
再婚にはハードルがつきものですが、特に周囲というのはこれからも生活していく上で無関係ではないので、なるべく気遣いを怠らないようにしましょう。

相手方の理解、元夫婦の関係

再婚は相手があってこそのものです。
そのため、相手からバツイチへの理解をしっかりと得ることも大切と言えます。
バツイチのことは特に気にしないという人も中にはいますが、一方では、初婚ではないことが気になる、離婚をした本当の理由を知りたい、などの不安を感じてしまう人もいます。
しかしながらデリケートな問題でもあるため、積極的には感情を出さず、ひとり悶々とされてしまうこともあるのです。

再婚で幸せを得るには、相手のそうした不安を取り除いてあげることが欠かせません。
しこりが残っている状態では、どこか釈然としないままとなり、夫婦になったとしてもどこか引っ掛かったままになる恐れがあります。
ほころびがあることで、そこから関係性が悪くなることもままありますので、一点の曇りもない再婚にするためにも、バツイチへの理解を得られるように努力をしなければいけません。

元夫婦の関係性についてもはっきりさせておくことも大切です。
離婚をしているということは、夫婦関係ではなくなっているということですが、ただきっぱりと関係を絶っていることばかりではありません。
友達のように未だに連絡を取り合っていたり、子供と定期的に会っていたりするケースもあるでしょう。
あるいは、離婚をきっかけに揉めに揉めてトラブルの真っ最中ということもあるかもしれません。
再婚を希望する相手からすれば、元夫婦はどのような現状にあるのか気になるところとも言えます。
特にまだ仲良く連絡を取るなどしている場合、再婚相手としては面白く感じないはずです。
たとえ子供のためだろうと、元のパートナーと会うなどされると嫌がる人もいます。
元夫婦の関係をしっかりと清算するなり、再婚相手への理解を求めるなりできないと、これもまたほころびとなってしまう恐れがあるでしょう。

再婚はスムーズにいくことばかりではありませんが、一方では幸せエピソードもあるのです。
次に再婚をして良かったという事例について紹介をしていきます。

再婚の幸せエピソード

再婚をした方の幸せエピソードが多数寄せられています。
バツイチというのは、日常的なところでは出会いを求めていても探しづらいということがみなさんあるようです。
そこで多くの方は出会いのためのツールを使っている傾向が見られます。

具体的な方法は婚活サイトや再婚者のための専用サイト、また婚活パーティーや結婚相談所です。
それぞれメリットやデメリットも違いますし、どう言った出会いを求めるかによっても違います。
再婚者であれば、お互い再婚同士の方が良いという方は多く、婚活サイトでもそのほかのツールでも、条件を合わせて出会えるツールなので安心です。

再婚するにいたり、子供がいるというのは一番考えなければならないことかもしれません。
まず自分の子供が再婚することで良い影響があるのか悪い影響があるのかというのを見極めることです。
ある程度年齢がいっている大きいお子さんであれば問題はないかおしれません。
しかし幼児や思春期となれば子供自身が親の結婚で受ける影響もかなり大きくなります。
それにプラスして、相手が初婚の方ともなればさらに子供と相手との相性も考える必要があるでしょう。

それをクリアし無事再婚できた方の喜びのこえはとても素晴らしいです。
子供が片親ではなく、両親がいるという状態になって満足してくれているというのが一番のしあわせだったという声もあります。
結婚は自分だけのものではないですし、子供の存在は大きくなるでしょう。

初婚の時の相手が暴力やギャンブルで問題があって別れた場合、再婚には勇気も必要です。
しかし新たな出会いを求めていくことで、自分にとってもっと適した相手がきっといるはずです。
再婚したことで毎日が楽しくて充実しているという方もたくさんいますので、もし考えているのでしたら行動を起こしていきましょう。
出会いのツールは色々ありますので、自分に一番あった方法を探します。

バツイチであることに対してコンプレックスを抱いている人も少なくありません。
近年は離婚する人も増加しているため、バツイチであってもネガティブに捉えすぎないことが大事です。
まずは考え方を改めて前向きに行動していくことが大切です。
再婚することで得られるメリットは多いため、もう一度人生をやり直して幸せになりたいと思っている場合は再婚について真剣に検討してみましょう。
子どもがいる場合は相手にそのことをしっかりと説明して理解してもらうことが重要です。
親戚や身内とも上手く対応していくことで、周囲に祝福されながら結婚することができます。

■再婚のススメ【幸せになりたい人必見】
Rate this post