▼幸せをつかむ『再婚相手』との出会い

幸せになるはずで結婚を決めて生活を始めたもののお互いが全く違う考えを持ちながら、家族環境や生活水準なども違う人生を生きてきた2人が意見をすり合わせ相手を想うことはかなりの努力が必要だったのだと気づくのは離婚となってからが多いです。
確かに結婚は人生の賭だと言われたことが現実として感じられる日々となっていくのが辛い日々を過ごしながら自分自身の決断を後悔したものだったのです。
しかし時が過ぎてまるで怪我の傷が治るような感じとなって再婚という意識が芽生えてくるのも事実です。
そう思えるのは今後の生活に前向きになった事になり積極的に態度や行動につなげていきたいと思うようになります。

もう一度最愛の人と出会いたい

一度結婚はしたものの、なんらかの理由で相手と別れるしかなくなった場合は、いわゆるバツイチという状態になります。
以前は白い目で見られたかもしれませんが、現在ではバツイチ自体はそれほど珍しいものではなく、また大きくマイナス要因とは見られていません。
とは言え、再婚や恋愛において離婚歴があるというのはプラスではないことは確かです。
では一度離婚を経験したら、その後二度と結婚や恋愛はできないかというと、そのようなことはないでしょう。
実際結婚ができるというのは、男女共にそれなりに魅力がないとできないことです。
結婚が解消した後は、もう一度自分自身の幸せを求めて出会いを探すというのは、決して悪いことではないと言えます。
子供のいるいないに関わらず、最愛のパートナーがいるというのは人生に張り合いが出るものですし、老後のことを考えると一人のままというのは、決して良いことではないでしょう。
そのため離婚歴があるということを負い目に思わず、積極的に出会いを求めていくのがベストです。
現在ではバツイチ同士の出会いの場というのもありますし、熟年カップルが成立するようなお見合いの場もありますから、必ずしもハンディキャップを背負って婚活するということにはならないと言えます。
子供がいる場合にはある程度相手を選ぶときに慎重になる必要がありますが、自分一人であれば好みであり、安心してこの先ずっと付き合えるようなパートナーを探すのがおすすめです。
一人暮らしであると、なかなか生活費も割に合わないですし、二人や三人で暮らした方が経済的にも時間的にも余裕が生まれ、また寂しさも感じないというメリットがあります。
家族がいれば病気の時などにも支えてもらえますし、何かあった時に安心です。
離婚の原因などによっては少々敬遠される可能性はありますが、一人の人間として見てもらえるよう、素敵なパートナーを求めて活動していくということが必要になります。

失敗を経験に替えて挑む

一口に離婚といってもその原因は様々です。
浮気や不倫など異性問題が原因となることもありますし、借金を抱えてしまうなど金銭的な問題が原因になることもあります。
しかし、こういった大きな問題が起こったわけではなく、小さな出来事の積み重ねによって離婚に至るケースも少なくありません。
些細な事と思われた意見の違いが、夫婦の溝を修復不可能にまですることも少なくないのです。

例えば、家事や育児は女性に丸投げという男性は意外と多いものですが、妻がそれに対して不満を募らせていることは意外と多くあります。
最初は文句を言っていたものの、どうせ言っても分からないと諦めるようになり夫婦の関係はいつの間にか冷え切っていたということもあるようです。
特にお互いの実家との距離感や子育てについて価値観が、夫婦の軋轢を生み出す原因になることも少なくありません。

離婚を経験した後は、恋愛や再婚に後ろ向きになることも多くあります。
一度、失敗しているので慎重になってしまうからです。
ただし、失敗を経験することで自分を見つめ直し、自分が本当は何を求めているのかを気付けるようになることもあります。
結婚相手に対して求めすぎていたとか、こういったところが根本的に合わなかったということが分かります。

家事や育児を妻に任せっきりにしていた男性が、その経験を踏まえて新しいパートナーを探して理想の相手と出会えることもあります。
失敗を糧に自分が変わり、家事や育児にもできるだけ関わるようにすることもできます。
あるいはどうしても自分のスタンスは変えられないので、家事や育児を自分の領分として丸ごと引き受けてくれる女性を見つけるといった場合もあります。
人によって価値観は違うので、女性の中には家事や育児は自分が采配を振るいたいので夫に手を出して欲しくないという人もいます。
失敗を経験することで、相性の良いパートナーを選べるようになります。

再婚相手を探している人は多いもの

離婚後はしばらく結婚なんて考えられないという人も多く、再婚という言葉さえも自分とは関係のないと思っている人も少なくありません。
ですがやはりひとりで生きていくというのは寂しさもありますし、経済的な問題もあるようです。
また今は確かに元気なのでひとりでも大丈夫といえますが、この先のことは全く分からないと不安にもなるかもしれません。
そうしたこともあって、実際には非常にたくさんの離婚経験者の人が再婚を望み、再婚相手を探しています。
若い人だけでなく中高年でも積極的に探している人は多いため、さまざまな婚活においても再婚にターゲットを絞っておこなうところもあります。
結婚相談所にしても婚活サイトやアプリにしても、あるいはそうした婚活パーティーなどでも再婚希望者でいっぱいで、もしこれまで再婚での婚活をおこなったことのない人は驚くかもしれません。
再婚ということは今どきは特別なことなどではなく、ごく普通に相手を探して結婚するといったことですので、もしこれまで結婚でうまくいかなかった経験のある人も、臆せず自信を持って相手探しをおこなうことが重要です。
これまで一度でも結婚でうまくいかなかった場合、この先たとえ結婚してもまた同じことをくりかえしてしまうのではないか、という不安を持つ人もいますが、もちろんうまくいかないこともあるでしょうが、決してそれがすべてではありません。
むしろ再婚のほうがお互いを思いやる気持ちを持つことができる、ということで上手くいく場合も多いです。
慎重に相手を探しますし自分がどういう相手ならよいのか理解している人が多いため、再婚相手探しの方がいい意味でターゲットも絞りやすくなります。
ですので、このご時世再婚相手を探している人は非常に多いということを十分認識し、その事実に背中を押してもらうつもりで、積極的にもう一度結婚を考えてみてもよいかもしれません。

再婚するメリットについて

再婚だからこそ得られるものもあります。
一度失敗したことで得られた気づきや反省点を次にいかすことで、より相手を思いやれるようになるはずで、自分のどこが悪かったのか、直すところはどこか、自分に必要なのはどんな人なのか、結婚になにを求めるのかなどを冷静に分析し、改善点を見つけて次の結婚生活にのぞむことができます。
現実の結婚生活を経験しているからこそできることで、前よりは客観的な視点で相手に心配りができるはずです。
精神的にも安心感を得ることができ楽になります。
悩み事があっても相談する人がいない、病気になったときそばで看病してくれる人がいないなど、一人で向き合ってきた問題を一緒に考えてくれる人がいるというのは心強いものです。
また経済的にも安定します。
共働きの場合は生活基盤としての収入が一人から二人になり余裕ができますし、世帯収入が上がれば銀行からの融資や生命保険の条件がよくなります。
炊事や洗濯など家事に費やしていた時間も、二人で分担しておこなうことができるため時間的な余裕ができ、いままで以上に趣味や仕事に集中できるはずです。
経済的な安定と時間や心にゆとりのある生活、これらは将来設計をしやすくしてくれ、一人の時よりも、さまざまな面でゆったりとした自分らしい生活がおくれるはずです。
ある程度年を重ねた方の再婚はこれ以外に、老後を1人で生きていくという漠然とした不安から解放されることがメリットとしてあげられます。
子供や孫がいても仕事を辞めてしまえば基本的には毎日1人で生活することになります。
なにをするにも自由ですが食事をするのも一人、散歩をするのも一人では漠然とした寂しさが募ります。
ともに生活する人がいれば、このような寂しさや不安は解消することができます。
お互いに健康管理ができる点も魅力です。
一人だと食事も運動も睡眠も、すべてが適当で曖昧になりがちですが、共に生活する人がいるだけで規則正しい生活を送ることができ、自然と健康管理につながります。

新しい出会いで生活に潤いを

一度結婚生活を経験していると、離婚した後の生活はなんだか潤いのないもののように感じてしまいます。
生活のための仕事に追われ、おしゃれや趣味に割く時間も作れなかったり、子供のいる場合は子育てのことも考えなければならず、ますます自分のことは後回しになってしまいます。

こんな状況が続いて、だんだんと枯れていってしまうのは女性としては悲しいものです。
もう一度生活に潤いをもたらすためにも、再婚相手を探すことを検討するのは自然の成り行きと言えるでしょう。
一度結婚で失敗したからと尻込みしてしまう人は多いかもしれませんが、まずは再婚するしないは別にして、恋愛できる相手を探すことから始めてみるのもいいでしょう。
恋する気持ちを持つことは誰に咎められることもなく、全ての人に与えられている当然の権利です。
恋をすることで気持ちがわくわくしたり、自分をもっと高めて魅力的になりたいと思ったりするようになるので、それだけで生活にも潤いが出てくるというものです。

新しい出会いで生活に潤いを与えるためには、まず自分自身がその気になる必要があります。
出会いのきっかけは意外とどこにでもあるのですが、自分がアンテナを張っていなかったり、身だしなみなどを気にしないようになっていくとなかなか気付けないということもあるのです。
例えば普段はノーメイクで行っているパート先にばっちりメイクをしていくことで、職場の人やお客さんから声をかけられるということもあるかもしれません。
そこから恋に発展すれば、より自分に磨きをかけて、ますますきれいになっていくのではないでしょうか。

再婚を前提にするしないは別として、新しい出会いを求め、そのための準備をしたり普段の心がけを変えることで、乾いていた生活にも潤いが出てくるようになります。
結果として再婚するということになればそれはとても喜ばしいことですが、その過程で得られるものも多いので、積極的に出会いを求めていくのもいいでしょう。

真剣な出会いを求める

再婚相手と出会いたいという時、もう失敗はしたくないと思うのは当然のことです。
だからといって、お試し感覚で色んな人と付き合っていくと、いつの間にか時間だけが過ぎてくだけです。
年齢を重ねると、再婚したいと思っても難しくなりまります。

ましてや、前の結婚でこどもをつくっているならば、その子供に付き合っては別れる姿を見せるのはあまりいいこととはいえません。
青春時代のように一緒にいるだけでいい、というのではなく再婚という目標があるならば、それを前提とした真剣な出会いを求めましょう。

そして、相手に気持ちを伝えるのが相手からであっても、自分からであってもそのことは最初にいうようにしてください。
自分は真剣に付き合っているつもりでも、相手がそうではなかったとなればその意見の違いが別れにつながるかもしれないからです。

最初から再婚することを前提にしておけば、いつまでも恋人としての付き合いをするのではなく、籍を入れるタイミングを見計らうことも出来ます。
問題は、その相手をどうやって探していくのかということです。

普段の生活で気になる人がいて、お互いに興味を持って関係を築けるのであればいうことはありません。
でも、そう上手くいかないときには、知り合いに紹介してもらったり、お見合いサービス、出会いアプリなどの力を借りるというのも一つの方法です。
そういった形での出会いであれば、プロフィールで再婚相手を探しているということが最初からわかっています。
つまり、わざわざ説明をしなくても付き合うとなれば、最初からゴールを目指すことができるのです。

自分のプロフィールが相手に伝わっているように、相手のプロフィールも知ることが出来ます。
既婚歴や職業、趣味など必要な情報を見た上で、再婚相手を選ぶことができるので、希望する条件とかけ離れているようであれば断ることもできます。
そういう意味で安心と信頼感を持つことが可能です。

安心感と信頼感を持って臨める

若いころは冷静に相手を判断することが難しく、勢いで婚活していた方が多いでしょう。
誰しも最初は婚活初心者ですから、うまくいかないことは多々あります。
実際に結婚してから相手の嫌なところに気づき始めることは多く、こんなはずではなかったという方は多いはずです。
再婚で失敗しないためには安心感と信頼感を抱ける相手を探すことがポイントとなるので、しばらくは付き合ってみることをおすすめします。

最初は友達を作るような気軽な気持ちで始めて、一緒にいて落ち着ける相手だと感じたら恋人になるのもありです。
結婚する相手に求める条件は、毎日一緒にいることが苦痛にならないかどうかです。
たまに会うのは問題がなくても、生活するのは無理という方はいるでしょう。
冷静に客観的に考えてみる必要があるので、勢いで前に進まないようにしてください。
大切なのは自分が本気になっていても、相手にその気があるかどうかです。
結婚というのは自分の意思だけで進むものではないので、相手の気持ちも確かめる必要があります。

双方の目的が一致したときに結婚は成立するものです。
再婚で失敗しないためには同棲生活を送ってみるのも一つの方法でしょう。
同棲することで相手の欠点がよく見えてきますが、欠点は少しでも多く知っておくべきです。
悪い部分だけを見るのはネガティブに感じるかもしれませんが、実際に結婚すると見えてくる部分なのです。
もちろん良い部分とも比較して、この人と一緒に生活できるのか見極めていく必要があります。

再婚に特化した婚活サイトを活用すれば、効率よく婚活することができます。
お互いに再婚が目的になっている以上、相性が一致すれば結婚への道のりは近いです。
再婚に特化したサイトは年齢層が高く、40代以上の会員が数多く在籍しています。
出会いを求めることは生活にうるおいをもたらしてくれるので、毎日を楽しく過ごすことができるはずです。

再婚ということで自分に引け目を感じたり、好きになる相手を自分から遠慮して諦めることなど全くないのです。
幸せになりたい、安定した生活をおくりたいと思い、自分と価値観のあった人を求めるのは自然なことになります。
しっかりと目を見開き感覚を研ぎ澄まして、自分にとっては当然となりますが、相手の方に対しても自分が必要だと思えるほどの人との出会いを真剣に望みながら、再婚を見据えていくことが幸せへの近道なのかも知れません。
他の人の思惑や視線などを気にせずに、これまでの経験を失敗だと捉えることなく、むしろ有意義な体験をしたのだというくらいの気持ちが大切だと思われます。

▼幸せをつかむ『再婚相手』との出会い
Rate this post