○恋愛アプリのひまチャットについて■

ひまチャットは、暇つぶしに誰かと気軽にチャットを行って絡むことができることを売りにしたアプリです。
キャッチフレーズは「出会わない系」となり、現在、暇で時間を持て余している人が同じように暇な方とやりとりできる点でも優れています。

やりとりをしやすい構成になっており、登録者数も100万人を突破した点もあり、浸透しているチャットアプリです。
リアルタイムで相手とやりとりを行うことができる点でも優れ、様々な機能もあります。

口下手でも安心のトーク盛り上げシステムが存在したり、挨拶のきっかけのどもボタン、話題が途切れたらランダム質問ボタンなども存在し、やりとりが続きやすい設計になっています。

ひまチャットを利用する前に知っておいた方が良い事

ひまチャットは文字通り暇な時間を利用して、見知らぬ相手と気軽にチャットを楽しみアプリです。
チャット相手を待つ暇な人が常に待機しているので、無料で気軽に暇潰しをすることが出来るのが特徴です。
繋がるまでの時間は平均5秒と待たせず、口下手な人でも会話を盛り上げる「トークも利上げシステム」を実装するなどチャットを気軽に楽しむための各種の機能の充実がはかられています。
その具体例の一つとして独自の「レベル」システムが採用されているのがポイントです。
個人のやり取りなどの経験数に応じて「仲良しレベル」が最高30までレベルアップする仕様になっており、レベル数が上がるに応じてチャット可能文字数や送信可能画像数などが増えるようになっています。
登録に際しても個人情報を一切取得しないなど、個人情報の扱いに敏感な方でも気軽に利用できる訳で酢。

しかしながらひまチャットを利用する上でくれぐれも注意するべきなのは、このアプリは「出会い系規制法」の対象外のアプリになるということです。
つまり各種の公開されているマッチングアプリのように、ゆくゆくはリアルの現場で出会いの場を持って、恋愛関係などに発展する趣旨で利用することが出来ないということです。
これはアプリ内でのローカルルールにも反映されていて、出会い目的でのチャットは禁止されています。
そのためチャットないでLINEIDを直接記載するような行為はアカウント停止の危険が高いということになります。

またひまチャットは公式上18歳未満の登録は禁止されていますが、年齢を公的書類のアップロードなどでチェックは一切しないシステムになっているので事実上の自己申告制になっています。
したがって何らかのきっかけで出会いの場をもったとして、相手方が18歳以上と年齢を詐称されていたりすると、その後の関係性の発展によっては各種規制法や条例違反などの刑事責任を追及される恐れも指摘されています。

また未成年と知りながら会いでもすれば、美人局の被害にあうことも想定されるところです。
「未成年と知りながらそのような関係を持つのはけしからん、ばらしたくなければ金をよこせ」、とくるわけです。
ひまチャットに特有の年齢層は泣く、色々な年代の人が入り乱れて、楽しくチャットを楽しむ程度には便利ですが、他方で利用を間違うとリスクも内在することは念頭に置いておくべきです。

ひまチャットの料金プラン

ひまチャットは基本的に無料で利用できるサービスです。
「ひま」という単語の後に「チャット」という言葉をつけただけのシンプルな名前であることもあり、よく似た名前や全く同じ名前のアプリが多数存在しています。
ひまチャットは基本的に無料のサービスなので、会員費などがかかったらそれは高い確率で偽物です。
偽物のアプリを落としてしまっても無料なら特にデメリットはありません。
その場合でも個人情報を入力してしまわないように注意です。

ひまチャットは基本的に無料ですが、360円払えば広告を非表示にできます。
広告を踏まないように気を付けるのはなかなか面倒なので、頻繁に利用する人は360円払って広告を非表示にすることがおすすめです。

また、ひまチャットは基本的には無料で利用ができますが、ポイントを購入することでできることが増えます。
一般的な出会い系アプリのように「メール1通2円」「写真閲覧5円」といったような料金体系になってはおらず、まとめて購入するほどお得になるような仕組みになっているのでここで解説しておきましょう。

最低購入単位は1,000ポイントで120円です。
最高購入単位は10万ポイントで4,800円となっています。
なんと10万ポイントをまとめて購入すると半額以下となるのでお得です。
その中間で5,000ポイント480円、1万2千ポイント960円などの料金テーブルもあります。
大量のポイントをまとめて購入するほどお得になるということは知っておいたほうがいいです。

ひまチャットでは個人のやり取りにレベルが設定されており、レベルが上がるほど文字数制限・写真送信上限が解放されていきます。
最高で文字数制限40、写真送信上限・無制限にまで上げることができます。
最高レベルまで上げるのに必要なポイントは1,000なので、1人の人としかやり取りしない場合には1,000ポイントあれば十分ということになります。
逆に、たくさんの人とやり取りする場合にはポイントをたくさん持っていたほうが楽しめるでしょう。

注意すべきなのは、ひまチャットは出会い系アプリではないということです。
出会い目的で利用をするなど規約に反する行為をしたら最悪の場合強制退会となりポイントもすべて没収されてしまうので注意です。

ひまチャットの使い方

ひまチャットの使い方その1はまず挨拶の仕方です。
ひまチャットでは「ども!」というあいさつをする機能が存在します。
これは他のアプリと違っていきなりチャットを送っても、なかなか返信が返ってこないという使用者側の悩みを解決できます。
「ども!」という簡単なかつ軽い言葉なため、相手からの返信が帰ってくる可能性が高くなるのです。

そして使い方2つ目はたった10文字以内の文字数制限があるチャットを使いこなす事です。
一見10文字は少なすぎると思った方もいらっしゃると思いますが文字制限が10文字のため相手とのチャットがスラスラ続き、相手との距離が縮むまること間違いなしでしょう。

使い方3つ目は当たり前ですがチャットでの不適切な言葉や相手の嫌がる事をするつまり「SNSのIDの交換」、「性的な内容などの使用」、相手又は他人への暴言や誹謗中傷」などの行為はやめましょう。
もし守れなかった場合は退場つまりアプリの使用禁止になりますので注意してください。
細かな内容はひまチャットの「コミュニティガイドライン」をしっかり読んで熟知する事が大切です。

使い方4つ目は「ショップ」という有料機能を熟知しておくことです。
「ショップ」には「広告表示や過去履歴閲覧無制限機能」や「チャットでの使用できる文字の使用上限5文字アップ」などひまチャットを利用する人にとっては非常にお得な機能です。

使い方5つめは「仲良しレベル」です。
仲良しレベルとは個別チャットで交流を深めていくと仲良しレベルが上がり、仲良しレベルが上がることによって様々な機能が使えるようになっていきます。
例えば写真を送る機能だったり、長いメッセージを送る機能があります。
この仲良しレベルは30まで上げることが可能で段階によって送れる写真の枚数や、送れる文字の文字数なども変化していくため仲良くなった人とは30まで上げておくとよいでしょう。

そして使い方6つ目はひまチャットでは普通のチャット以外に他の利用者同士で複数のゲームをする事が出来ます。
ゲームは会話を弾ませたり他の利用者との仲が深まったり、本当の暇つぶしにも使えることができます。

上記の使い方を駆使して他の利用者とのコミュニケーションを上手くとりより多くの利用者との関係を築いていきましょう。

ひまチャットの登録方法

ひまチャットの登録は結構簡単に行えるのが多くの人に利用されるポイントです。
ひまチャット自体が出会い系アプリではなく、暇な状態を伝えてそれで話を聞く、話をするという関係がメインになっています。
本来の出会い系アプリでは必ず年齢が聞かれ、場合によっては身分証などを用いて証明することになりますが、この場合にはその必要がありません。
なので、年齢設定なども任意で行えるというのがひまチャットの大きな特徴です。
なので、年齢をごまかすことも十分に可能です。

また登録する際にはニックネームでの登録が必須になります。
実名を使う必要がなく、匿名でのコミュニケーションが可能になっています。
出会うことがメインではなく暇をつぶすことがメインになっており、実名でやり取りをする必要がないというのが大きいです。
もちろん実名で登録すること自体はなんら問題ではありませんが、ほとんどの人は匿名、ニックネームでの登録を行っている状況です。
そういう点では始めやすいアプリと言えます。

あとはプロフィール欄で何か一言を設定するだけで登録は完了です。
プロフィール画像の設定を行う以外はほとんど何もしなくて始められます。
出会い系アプリにありがちな住んでいる場所の設定であったり、なぜ始めたかなどをわざわざ登録しなくて済むというのは非常に大きいです。
あくまでもひまチャットはチャットアプリになっており、それに徹している形です。
登録に関しても実際に個人情報を入力する必要はほとんどないと思ってよさそうです。

通常はここで出会ってどこかで落ち合うということができますが、それができないような形になっているのもポイントです。
SNSなどの登録なども基本的にはできないので、うまく工夫をしてアドレス交換を行うような仕組みになっています。
SNSボタンなどもないので、独立した環境の中でひまチャットを楽しむような感覚です。
ここでのやり取りに集中できるという点ではいいですが、慣れるのには時間がかかりそうです。

出会いが少ないエリアというのが出会い系アプリなどをやっていると多いですが、ひまチャットにおいては出会いにくいケースも当然あります。
やっていくとここで出会えそうだというのも当然わかるようになるので積極的に利用したいところです。

ひまチャットは出会いが少ないエリアもあります

ひまチャットは、暇潰しがコンセプトのサービスでグループチャットで多人数でわいわい話をしたり、1対1でグループではできない話ができるのをはじめ、他のユーザと対戦したり協力プレイができるミニゲームで楽しむことができます。

それらのコミュニケーションを通じて同じ趣味を楽しめる仲間と出会ったり、理想の相手を見つけてお付き合いするまでに至るケースもあります。

お付き合いをするための大きなポイントとなるのが普段居住していたり活動する場所の問題で、ユーザの希望によっては大きな影響を及ぼします。

居住エリアは文字通り、そのユーザが住んでいる都道府県などで実際に会って同じ趣味を楽しんだり、デートをするには重要です。

多くのユーザは遠距離恋愛は敬遠する傾向にあり、せっかく相性が良いことが分かっても頻繁に会うことが難しければ残念ながらお付き合いをお断りしてしまうケースがあります。

活動エリアはお仕事や学校、アルバイト、普段良く遊びに行く場所で、自宅から離れた場所であっても相手と近ければ問題ありません。

これらの事情を勘案し、公共交通機関を利用したり自動車やバイク、あるいは自転車などを利用すればお仕事の帰りにでも十分会いに行ける距離ならば、お付き合いが継続できると判断する方が増えています。

それを受けた多くのマッチングアプリでは、検索条件に居住エリアや活動エリアを付け加えるケースが相次ぎ、より親密なお付き合いができる理想の相手と出会える可能性を高めています。

その一方でひまチャットでは、手軽に暇潰しが行えるのがコンセプトのサービスで、残念ながら居住地や活動エリアで検索する機能は無く、該当する人物を見つけるにはプロフィールに記載されているケースを除きチャットでの会話の中から知る以外に方法はありません。

ひまチャットの利用ユーザの居住エリアのボリュームゾーンは人口比率と比例し、関東や関西に在住している方が大多数で、それ以外では出会いが少ないエリアがあるのも確かです。

そのため、近隣に居住している方と実際に会って同じ趣味を楽しむ仲間を見つけたり、本格的なお付き合いをしたい方は留意する必要があります。

その一方で、オフラインでの出会いにこだわらないならば、まだ見ぬエリアに居住し新たな価値観を広げてくれる相手と出会える世界が待っているのも事実です。

ひまチャットを利用している年代

ひまチャットは、暇なユーザがチャットを楽しむというのがコンセプトのサービスで、いわゆる出会い系のサービスとは一線を画しています。

本格的な出会い系のサービスの場合は公安委員会にインターネット異性紹介事業の届出が義務付けられているほか、厳格な年齢認証を実施し未成年の方が利用できないなど厳しい基準が設けられています。

一方のひまチャットは、それらの法律には該当しないことから届出や年齢認証の義務は無く未成年の方でも利用できるのが特徴です。

週末や行楽シーズンなど余暇の時間が比較的取れる日で、楽しいテレビ番組やラジオ番組の放送が終了するような深夜から朝方にかけての多くの方が眠れずに暇だと思う時間帯に最もユーザの活動が活発になり、混雑している場合にはシステム全体がやや重いと感じるほどで数え切れないメッセージのやりとりが行われます。

グループチャットで複数の会員とわいわい楽しく会話できるだけではなく、両者が同意すれば1対1でチャットをすることも可能で気兼ねなく話ができます。

また、対戦したり協力プレイができるミニゲームも充実しており、まさにひまを持て余している方が楽しめるコンテンツが満載です。

そんなひまチャットの会員の中で最もボリュームゾーンとなっているのが24歳、つづいて23歳が多く、さらに25歳以上と22歳以下の方が同程度で、その次に17歳から18歳の方が多いというデータがあります。

このデータを分析するとひまチャットの会員は大学生が最も多く、若年層ではスマートフォンを持ち始めた時期であると考えることができ、19歳から21歳までの方が極端に少ないのも興味深いところです。

これだけを見ると大学生や未成年の方と出会えると思ってしまう方も少なくありませんが、ひまチャットはあくまでもチャットを楽しむことに主眼が置かれており、利用規約では本名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報はもちろんのこと、外部の各種ソーシャルネットワークサービスのIDも投稿することが禁止されています。

ひまチャットでは監視体制が取られており、万が一利用規約に違反することがあればアカウントの利用停止など厳しい処分が下されるケースもあります。

逆に言えば、どのような年代の方にとっても安心して利用できるシステムが整えられていると考えることができます。

ひまチャットを利用して本当に恋人が作れるの

ひまチャットを利用して本当に恋人が作れるのかというと可能性を否定する必要はないといえるでしょう。
男女の出会いは何処でもあるわけですから、何で恋愛感情が生まれるかは誰にも分かりません。
男女がいれば、そこには恋愛関係も出来るようになりますから、普通に利用していれば、これを出会いの場として利用する人も当然出てくるようになると考えられます。

逆に恋人が全くできないような出会いということになる方が不思議で、その方が人の常識とは異なる事だと考えた方が良いはずです。
ひまチャットを利用しているから魅力があるとか逆に無いとかいうように考えることは必要ありません。
それで人の価値観が変わるという事も無いので、魅力的に感じる人が出てくれば、それは当然恋愛の対象として見られるようになる事も人であれば当たり前のことになります。

ひまチャットはある意味では、恋人を作りやすいというように考えることも出来ます。
よくナンパをする人が今暇というように声をかけて、ナンパをしてそこから恋愛が始まるという事がありますが、その暇かどうかが既に分かっている状態で男女が出会う事もあるわけです。
それは、恋愛を前提にしているかどうかは関係ない事も多いでしょう。
男性と女性が出会ったのであれば、それは異性として認識をしているわけですから、その時点から既に可能性は広がっているということになります。
特に昨今では出会いの場が少なくなっていますから、こうしたところから出会いが広がるという事も考えられる事です。
むしろ、このような事の方が自然と考えた方が良いかも知れません。
無理矢理出会いの場を演出して強制的にカップルを作るという事をするのではなく、自然に時間があるときに会話をしていた人たちの中で気の合う人が出来て、そこから恋人になるという事の方が自然で理想的だといってもいいかもしれません。
無理をする必要が一切ありませんから、ここでは強制的に何かを求めたり、求められたりという事が極めて少ないという特徴があります。
そのため、自然にいつもの自分でいることが出来るので、日常的な雰囲気を感じ取るには最高のシステムというようにいえるのかもしれません。
気張って利用する必要がないという気楽さもありますから、自分を出しやすいという事も魅力と考えてもいいかもしれません。

ひまチャットと他の恋愛アプリも利用するべき

ひまチャットは、登録しなくても気軽に友だちを作ることが出来るアプリです。
暇な人とトークをするだけというシンプルなサプリですが、利用者がおおくすぐに出会うことが出来る点が支持されています。
ひまチャットだけでも十分に楽しむことが出来ますが、恋愛対象を探すとなると話は別になることもあります。

ひまチャットは、出会わない系と呼ばれることもあるほど出会い系アプリの中では恋愛対象を探すのに向いていないといわれています。
ただ暇な人とトークをするだけという特徴ですので、暇つぶしには良いですが真剣に恋人を探したいなら条件も気になりますし、他の恋愛アプリを併用するのがお勧めです。

暇な人とただチャットをしたいだけならひまチャットは最適なアプリですが、恋愛対象を見つけたいのであれば恋愛を得意とする他のアプリを併用したほうが効率は良くなります。
絶対にひまチャットでは恋人が出来ないという事ではないのですが、あくまでも確立が上がるという事ですので真剣に恋人を探したい人は恋愛アプリを併用すると良いでしょう。

ひまチャットで暇つぶしをしている時間がもったいない、という意見もありますがひまチャットで良い雰囲気に持っていけることもありますし、それはタイミングや使い方次第とも言えます。
ひまチャットも一応恋愛アプリのカテゴリに入っていますので、勿論素敵な恋愛が出来る対象が見つかる可能性は高いです。

ですが、恋愛アプリでマッチング率が高いものは口コミを調べればわかりますし、そういうものをいくつか併用したほうが確率はぐんと高くなります。
出会いは結局はタイミングや確立によるところが大きいですので、素敵な異性と出会いたいのであればひまチャット以外のアプリを利用するのも一つの方法です。

両方を並行して使っていることで、両方で素敵な異性に出会える可能性もありますし、リアルな出会いとは全く異なるタイプと知り合えるチャンスです。
もちろん相手も出会いを求めて利用しているわけですので、それがリアルな出会いとの決定的な違いと言えるでしょう。
ひまチャットを使っていて良い関係になれそうな人があらわれない、と感じたらすぐに他の恋愛アプリも併用するのがお勧めです。
成功率が高いアプリを使えばすぐに恋人が見つかるケースも多くあります。

ひまチャットを利用してみた感想

ひまチャットはアプリをダウンロードすれば無料で活用することができる仕組みになっており、直ぐに様々な方に声をかけ続ければ繋がることが可能な点が好評です。
実際に利用する上では、出会い系サイトの様なメールでのやりとりを主体とする形態にならず、あくまでもリアルタイムでやりとりを行う流れになります。

つまり簡単にやりとりを始めることができるので、暇な時間を持て余している人は会話相手を即座に探すことができるので面白いとの意見も見られます。
ただひまチャットの規約に出会い目的のやりとりは禁止となっているため、実際のユーザの中にはあくまでも出会いをしないことを前提にやりとりをする方が多い点が特徴的です。

従ってひまチャットから現実的な出会いまでに繋がることは稀とすることが、総体的な意見としても多い傾向が見られます。
なお感想としては相手の年齢が明確にならないので、使いにくい点があります。

それは出会いを前提にしてシステムが組まれているわけではないて、入力項目である年齢は自己が自由に年齢を入力することができるからです。
つまり未成年者でも大人として入力をすることも可能で、大人だと思っていたら実は未成年者であったというケースが存在します。

未成年者と出会い、深い関係になってしまうと逮捕されてしまうリスクがあるため注意を要するアプリということもできます。
他にもチャットのやりとりで出会いの敷居も低くなるため、なかにはそれに付け込んで金銭を要求されるケースも存在します。

実際に恐喝事件も起きている事情もあり、注意を要するアプリであるかもしれません。
それ以外にもネットワークビジネスの誘いが存在する、変態が多い、急な利用停止やアカウントの凍結が見られるなど使いにくい点も存在します。

女性の場合はチャットガールの誘いが存在し、暇な方を紹介して紹介料を得る目的で利用される方もおります。
以上の様に健全でない利用をされる方も多く、中高生の利用も多かったりすることもあるため、実際に会うまでには至らないという感想も見られます。

またどもと声をかけ続けても、男性が女性に声をかける場合は全然、相手にして貰えないことも多いです。
やりとりを行うことができても、相手方と長時間やりとりを行えていたのに、いきなり応答がなくなるケースも見られます。

出会いに繋がる本格的なやりとりまで至り難いので、利用者で会うことができたとの報告が少ないです。

ひまチャットは「出会わない系」のチャットアプリですが、実際に活用していくことで出会いまでに繋げることは十分に可能です。
ただ比較的にリアルタイムで時間を持て余した方向けの時間潰しの利用を想定しているため、出会いまでのハードルは高くなります。

それでもチャットのやりとりは、話のタイミングやネタがチャット継続のカギを握るので、それを補完する機能が存在することは優れています。
実際に会話の気分転換でのチャットゲーム機能、仲良くなったら写真送信機能まで存在します。

その機能を利用することで多くの方と簡単に絡むことができ、さらに濃い関係を築ける場合もあります。

○恋愛アプリのひまチャットについて■
Rate this post