『飲み友達』を探すマッチングアプリについて知りたい!

“女性との出会いを見つける場合には、出会い系サイトやマッチングアプリなどを使う方も多いでしょう。しかし、中々好みの異性と出会えなかったり、メッセージを送っても全然返事がもらえない、なんていう経験のある方もいるのではないでしょうか。 そんな場合はまず出会い方のハードルを下げて、飲み友達から始めてみるというのも1つの方法です。飲み友達の募集なら相手の女性の警戒心も軽減されますし、会うきっかけも作りやすいといえますのでおすすめです。まずは女性と出会ってみて、それからお互いの事などをアピールして行くという事も大事になってきます。”

どのような種類のアプリがあるか

“休暇が取れたので飲みに行きたいけれど友達とのスケジュール調整がうまくいかない。気にあるお店を発見したのはいいが、一緒にいける友だちがいない。飲食を楽しむ時間を過ごす相手方がいなくて困っている方も少なくないでしょう。こんなときにお勧めなのが「飲み友達」を探せるアプリを利用することです。このアプリの優れているところはいつでも時間を選ばず気軽にお酒や食事を楽しめる飲友を探せることにあります。なかには恋活や婚活の一歩前の段階の友だち関係の構築の為に利用する人もいるほどです。飲み友達を探せるアプリの特徴は食事やお酒など目的が明確で分かりやすいので敷居が低いというメリットがあります。恋活や婚活になると先には恋愛や結婚を視野に入れているので、そもそも食事の機会を設定するまでが一苦労です。これに引き換え飲み友達を探すなら、純粋に飲食を楽しむだけなので緊張はなく、和気藹々とした雰囲気を堪能することが出来るのです。それでは各社の特徴的な飲み友達をさがせるアプリの種類や特徴をご紹介しましょう。 まず合コンのセッティングを含めて会員登録もサイト利用も完全無料といったサイトもあります。2対2などのスタイルから1人でパーティーに参加するなど、とにかく合コンに気軽に参加できるスタイルになっています。このようなアプリでは恋活の色彩も濃厚です。 Facebook連動型アプリもあります。これは単に本人認証のためにFacebookを利用するわけではなく、リアルタイムで動画や写真をアップして、Niceをくれた人とマッチングすることが可能なものもあります。Facebookに連動させることで、今この瞬間に飲み友達を探せるのがメリットです。メールのやりとりは苦手だけれどお酒が入ったら大丈夫、といった人向きにお勧めです。 すれ違い検索機能を利用してカジュアルに飲み友達を、リアルタイムで見つけるタイプもあります。文字通り近くにいる人とメッセージのやりとりをショートカットして気軽に飲み友達を発見できるというものです。マイページでは一般的なマッチングアプリと同様に利用することが可能になっています。 飲み友達といっても事前審査が必要でハイソサエティな職業だけに限定したアプリも展開しています。審査を通過した人だけが飲み友達の対象になるので、ドタキャンなどのトラブルの心配もありません。 このように飲み友達を探すアプリにも特徴や違いがあるので、自分にあったアプリを利用することが大事です。”

目的が飲み友達だからハードルが低い

“恋愛系のマッチングアプリはなかなか出会うことができずに、使い物にならなかったりしますよね。 やはり、男女の関係となると簡単に成立するものではなく、出会えない確率のほうが高かったりします。 それに対して飲み友達は目的がはっきりしていて、お酒を飲むための友達ということでハードルが低く、出会える可能性が高いので楽しいです。 別に異性の飲み友達でなくても、同性でも良かったりしますから同性とでもあって気軽に飲むことができるのが、飲み友達を探すマッチングアプリの良いところだったりします。 普通のマッチングアプリでは同性愛者でもなければ、同性と絡むことはありませんが、飲み友達マッチングアプリであれば、これも特に不自然なことではなく一人で寂しく飲むなら、ワイワイ騒げる同性でもいればいいと思った時に便利です。 このような所で情報交換をすることができ、有意義な情報を教えてもらうことができたりしますから、男女どちらかに絞るというのではなく、男女構わずに出会ったほうが楽しく使えます。 そのように言っても、やはり飲むのであれば異性の方が良いですから、異性を重点的に狙うわけですが前述したように飲むことが目的なので、全く収穫なしということはあまりないです。 今日誰かと飲みたいけれどもすぐに会えるかと言えば確実ではありませんが、相手を選ばなければ会えないことはありません。 純粋に飲むことだけを考えているのであれば、ハードルの低さもあるせいか結構OKしてくれるものです。 飲んだ後のことを考えるのは誰しも同じことでしょうが、これはあまり期待しないほうが良いかも知れません。 失礼な話かもしれませんが相手のレベルがイマイチなことが多いのと、ルックスが良いとガードが固いので本当に飲むだけで終わりです。 それでも異性のいる店に行って飲むよりはずっと安いので、そのような店に行くよりはずっと良いと考えるなら使えます。 最後に覚えておきたいことが、タダ酒を飲むことを目的としている相手も少なくないので、その点は事前に確認しておきたいところです。 楽しく飲めれば酒代ぐらい出してもいいかなと思える相手も多いのですが、あからさまにタダ酒を飲むことが目的で、一緒に楽しもうという気のない相手に当たると最悪なので、これだけは注意が必要です。 この点にさえ気をつけていれば、飲み友達を探すマッチングアプリは酒飲みにとっては楽しい仲間を見つけることができる、便利なツールだと思います。”

飲み友達づくりのメリットとデメリット

“飲み友達づくりをして思ったことが、メリットもデメリットもあるということです。 全体的に見ればメリットが多いのですが、デメリットの感じ方は人それぞれですから、人によっては飲み友達を作るデメリットのほうが大きくなることもあるかも知れません。 まず、自分が感じたメリットですが、全く見ず知らずの相手とお酒を飲むのは新鮮で面白いということです。 居酒屋とかで近くの席の人と話すのが抵抗ない人は、飲み友達を作って積極的に飲むのは楽しいと思います。 お酒が好きな友達ができるというのも嬉しいところで、周りに酒飲みがいないと尚更そのメリットは大きく感じられます。 周りの友達はお酒を飲まないわけではありませんが、飲まずにはいられないというタイプでもないので、積極的に飲みに行くということはありません。 それだけに飲みたい時に飲める友達がいなくて不便だったりするのですが、飲み友達ができると飲みたい時に楽しく飲めて嬉しいものがあります。 情報交換ができるというのも意外なメリットもあるので、人脈を広ければ面白い話が聞けたりするため、それが役に立ったりするためこのメリットは見逃せません。 異性と比較的簡単に出会えるのも嬉しいところで、出会いのチャンスがあるのも良いですね。 デメリットはお金がかかってしまうことが大きいです。 好きなだけあって誘われたらついつい足を運んでしまいますし、気が大きくなっておごってしまったりするのであっという間にお金がなくなってしまいます。 それでも酒飲みというのは、飲む機会があれば足を運んでしまうので自制がきかない人は金欠になるデメリットは大きいかも知れません。 たかることを目的に飲み友達を探している人もいるので、そのような相手に引っかかってしまうと最後の最後で嫌な思いをしてしまうということもあります。 一回限りですから大した金額ではないのですが、いい気分を台無しにされるのはちょっとつらいものがあります。 相手の酒癖がわからないので、酒乱で困ったということもあるのはデメリットのひとつですね。 騒ぐだけならまだしも暴れられると面倒なことになりますし、絡み酒の人もいてそのような相手に当たるとうんざりしてしまいます。 悪意を持ってたかる相手よりはマシかなと思える部分もありますし、普段仲のいい相手でも酒癖が悪いということがありますから、想定内ではありますが初めて会った相手で酒乱となると対処が難しいのでこれもデメリットになりうる部分だと感じています。”

会計は割り勘か誰が払うか

“飲み友達を探すアプリで出会った人と楽しいお酒の席をともにした後は、会計をする必要がありますがここで割り勘にするのか自分が払うのかによってはその場の雰囲気や男女比によっても異なります。たとえば初回の飲み会の場合は、お互い対等な関係ですし人数にもよりますが2人の場合は割り勘でも良いですし、男性が少し多めにはらうのも一般的でスマートな方法です。 いきなり男性が支払いをするとなると、次からもそれが当たり前になってしまうリスクがありますが1円単位まで割り勘にすると女性が嫌がるケースも少なくありません。毎回割り勘では男性側が頼りないイメージを持たれてしまうのが実情です。 とはいっても毎回全額を支払うのも男性側の負担になりますので、初回は女性が少し少なめに払うことをイメージしておくと良いでしょう。例えば女性は1000円少なく支払うなど便宜を図っておくと頼りがいがある人というイメージになりやすいです。 割り勘でももちろん良いですが、その場合2次会は少し多めに男性が払ったり、少額であれば出してあげると好印象です。飲み会で知り合った人は、まだ付き合っているわけでなければそれほど支払いにこだわる必要はありません。まさか女性の方でもおごってもらって当たり前とは思っていませんし、思っていて毎回おごらされるとしたらそのような関係は自然に消滅してしまいます。 お得な支払い方として、割り勘にした場合は幹事を受け持てばクレジットカードで支払いをして後から参加者に代金をもらい、カードのポイントをつけることが出来ます。これは2名の飲み会ではあまり得にはなりませんし、カードで払って半額を現金で支払ってもらうのも気まずいのでその場の雰囲気で決めると良いでしょう。 飲み友達を作れるアプリは、そのあと恋人に発展する関係になることもあります。その時になってからどちらが会計をするのかを考えることにして、とりあえずは恋人になるまでは割り勘にしておいた方がお互い気を使わなくてよいという考え方があるのも実情です。 おごるのが当たり前、おごられて当然という考え方はトラブルのもとですし、自分が食べた分や飲んだ分は基本的に自分で支払う自己責任のようなものがあれば、お互いにリスペクトをしながら楽しい会話が出来ます。支払いでトラブルになるようでは恋人になることは望めませんので、割り勘にして出し渋っているような扱いをうけたら縁が無かったというサインにもなります。”

好みの人と出会うことができたら

“現代社会では、気軽にお酒を飲むことができる友達を求めている人が男女共に増加してきています。普段は仕事や家事が忙しいビジネスマンや主婦たちの中には、プライベートの時間を充実させたいと望んでいる人が多いのです。元々の友人たちと休みが合わないなどの理由で会えないことも社会人になると増えていきます。そのため、新しい飲み友達が欲しいと考えている人が多いのです。そのような男女の間で高い注目を浴びているのが、スマートフォンのマッチングアプリです。相手の年齢や住んでいる場所などを事前に入力して簡単に一括検索をすることができるシステムですので、初めて利用する人にとっても大変便利なサービスといえます。このマッチングアプリに登録している人は、男女の人数のバランスが良く、出会える飲み友達を幅広い世代の中から選ぶことが可能です。 事前に相手の顔や性格をメッセージのやり取りを通して把握することができますので、しっかりとチェックした上で友達になれる点が大きな特徴となっています。一緒にお酒を飲む際には、あまり無理をして気を使いたくないと望んでいる人は多いため、できるだけ自然体で会える相手が人気を集めているのです。心から信頼できる飲み友達を見つけるためには、安全性を確認しておくことが肝心といえます。特に女性は異性の友達と出会う時には十分に警戒して安全な相手かどうかを見極める必要があるのです。心配な人は、飲み会に友人を伴って参加すると安心です。お酒の趣味が自分と合う人と出会うことができれば、会話も弾んで大いに盛り上がることにつながります。 さらに、好みの相手を見つけることができたら、積極的に飲み会に誘ってより仲の良い関係を築くことに結びつくのです。趣味の話や仕事などについて気楽に会話ができる飲み友達を作ることによって、日頃の疲れやストレスなどを発散することができます。心身ともに癒されて、ゆったりとリラックスすることにつながるのです。お互いを励まし合う会話は、視野を広げてこれからも頑張ろうというモチベーションを高めてくれる効果も期待できます。 このように、素敵な相手とスムーズに出会えるスマートフォンのマッチングアプリは、理想的な飲み友達を得ることができると口コミで圧倒的な支持と満足度を誇っているのです。これからも、マッチングアプリの知名度は、ますます広い世代にまで浸透していくと見られており、非常に頼りになるサービスです。”

わかりやすいプロフィール作成

“出会いというと男女の関係ばかりだと思われがちですが、実際にはさまざまな形の出会いがあるものです。同性の友達を探している人も、もちろん出会いを求めているといえます。また、男女の関係になることは考えていなくても、気軽に遊べる異性の友達が欲しいという人も多いです。どのような形にするかは個人の自由なので、理想の相手を探していくことが大切です。ただし、自分が求めているものと相手が求めているものとが同じとは限らないため、相手との距離をしっかり考えなければなりません。単なる友達が欲しくて近づいたのに、相手は体目的だったというのでは大変なことになります。飲み友達を作りたいという目的で相手探しをするときは、その目的を明確に示すことが欠かせません。もちろん示していたとしても体目的の相手が近づいてくることはあるわけですが、一定の予防線にはなるのです。 もちろん飲み友達から発展する恋愛関係・男女の関係も少なくありません。そのため、途中から関係が変わることも意識して相手探しをすることは大切です。ただ、まずは自分が望んでいる関係を築かなければ話にならないので、どうすれば理想の飲み友達が見つかるかを考えていきます。この点については、恋人を探すときと大きな違いはありません。たとえば、プロフィールをきちんと作成し、他の人に注目してもらうことが大切です。恋人探しをする場合と比べるとプロフィールの作成は容易になるため、スムーズに準備できる人が多いといえます。プロフィールの中には、飲み友達を探すという目的をきちんと含めておくのが基本です。 体目的で近づいてくる相手がプロフィールを見た場合、書いてある内容を都合よく解釈し、なんとか体の関係に発展させようとしてアプローチしてくることがあります。相手が体目的だと分かった場合、毅然とした対応を取らなければ付け込まれてしまいます。押しが弱い女性の場合、相手が積極的にアプローチしてくると負けてしまう場合があるため要注意です。飲み友達を求めている以上、実際に会えばお酒を飲むことになるのが明らかです。お酒を飲んだ後でもきっぱり断れる自信がない場合、そもそも相手と会ってはいけません。プロフィールに体目的お断りのような文言を入れたとしても、体目的の相手は必ず無視します。近づいてくること自体は何も問題のない行為なので、簡単に相手を突き放すことはできません。自分の身は自分で守るしかないのです。”

途中で帰りたくなったら

“距離を縮めるために一緒に飲みに行くことは珍しくないと言われているため、定期的に交流することもあるかもしれません。 スムーズに楽しめるといいのですが、途中で帰ろうと思うこともあります。 飲み友達に伝えることができないこともあるので、説明の仕方を考えることは少なくないです。 もし、適切な方法が見つからないなら、自分なりにルールを考えるといいかもしれません。 事前に接し方を決めておくことで、その後の付き合いも円滑にできることが珍しくないです。 定期的にコミュニケーションを取りたいと考える人は多いため、飲みに誘われることもあります。 誘われるタイミングが適切だといいのですが、ときには途中で予定が入ることも少なくないです。 急なスケジュールの変更で途中で抜け出すなら、早めに伝えるといいかもしれません。 余裕を持って行動した方があとで慌てなくて済むため、飲みがスタートする前に話しておいた方がお互いに気持よく飲めることが多いです。 帰ろうと考えても言い出すタイミングがつかめず、予定よりもオーバーすることがあります。 移動時間を考えると早めに動かないといけないこともあるので、その後のスケジュールに影響がないように気をつけるといいかもしれません。 初対面の相手と楽しむときは相性が良いか判断できないことがあるため、事前に帰る時間を伝えるといいです。 抜け出す時間を言うときは予定よりも早くすると、スムーズに対応できることが多いと言われています。 一緒に過ごす時間を短くすることで、予想外のできごとにも対処しやすくなります。 飲んでいて楽しいと感じたら、少しずつ抜け出すタイミングを遅くするといいかもしれません。 ある程度交際が続くと相手側の反応も予想できるようになるので、良い雰囲気のままお開きにできるようにするといいです。 自分の意見を言えないとコミュニケーションが上手にできないこともあるため、今後のことも考慮して付き合うようにします。 途中で抜けることに理解がある人と飲み友達になれると、エンジョイできることは珍しくないです。 最近知り合った飲み友達と一緒に過ごす予定があるなら、帰る時間帯を話すといいかもしれません。 個人の考えを言いやすい人と交際した方が良い結果が生まれることが多いです。 プライベートを充実したものにするためにも、理解のあるパートナーを見つけるようにします。 価値観が似ている人と飲み友達になる方が、快適な時間を過ごせることが少なくないと言われています。”

危険な目に遭遇しないための注意点

出会ったからと言って心を開いたとは言い切れません。そもそもインターネット上での相手しか知らないわけであり、どのようなことを考えて利用しているかは到底想像ができないからです。危険を冒してでも利用するわけですから何かしらの目的があるはずです。飲み友達が欲しいのであれば身近にいる人で良いはずです。あえてネット上の出会いに期待をした事を考えれば、警戒する必要があるのは容易に想像できます。相手の言っている言葉が本当かどうかを判断するのは難しいところですが、友達がいないとアピールする人には注意が必要です。その人自体に問題があり友達がいないこともあるし、そのような人と自分と友達になれるとは考えにくいです。多くの友達がいればインターネット上でわざわざ探す必要もないため、出会いがないことを前面にアピールしている人はオススメできません。飲み友達と言うフレーズであれば、オープンなイメージを持つため、相手が警戒をしなくなるための建前と考えた方が自然かもしれません。初対面の人に自分の素を出す事はとても危険なことです。個人情報の搾取のために出会うのが目的であったり、ネズミ講のようなマルチ商法を勧めるために会ってみたり、お酒の力を借りて判断力を鈍くさせることを目的としている場合もあり、二人で会うのは危険です。これは同性であっても異性であっても関係はありません。また相手の方が人数が多い場合も注意が必要です。飲み屋の店を指定してくる場合も気をつけたほうがいいです。宗教の勧誘に誘われる可能性があるからです。多くの人をそこで勧誘しているのであれば、お店ぐるみで宗教の勧誘に関わっている可能性があるからです。金銭の被害を被る事はもちろんのことですが、精神的なダメージを与えられることもあり、こちら側からお店を変えることを提案しても素直に応じてくれるようであれば安心できるでしょう。途中で身の危険を感じた場合は、スマートフォンなどで外部の人と連絡を取るようにすることも重要です。相手を目の前にしたら操作するのが難しいと思いますので、トイレに行くと席を立ったり、お店の人に注文しに行くと言う建前でスマートフォンを操作するなど、安全を確保する方法をあらかじめ決めておく必要があります。飲み友達と言う魔法の言葉で、相手を騙す輩がいるのは否定できません。しかし出会い系を利用したことで良い縁に巡り会うケースもあるので、これらを理解した上で楽しんでみたら良いでしょう。

会員は男性・女性どちらが多いか

“飲み友達を探すために使うマッチングアプリを選ぶ時に気をつけたいのが、マッチングアプリの安全性についてです。安全性の高さを判断するポイントとして、利用している会員の数がどうなっているかという点があります。 おすすめなのが女性会員が多いマッチングアプリです。もし、男性会員の方が数が多い場合でも、できるだけ女性会員の比率が多いところを選ぶようにすると良いでしょう。 女性会員が多いマッチングアプリが安全性が高い理由として、女性の場合は安全性を重要視して利用するケースが多いという点が挙げられます。女性の場合、ほとんどのマッチングアプリが無料で利用できるので、同じ無料なら少しでも安全に利用できるところを選ぶ傾向にあります。その結果、安全性が高いマッチングアプリに女性が多く集まるということになるのです。 安全性が高いマッチングアプリなら、マッチングアプリでできた飲み友達も安心して付き合える確率が高くなりますが、安全性に問題があるマッチングアプリは、サクラや業者が多い傾向にあります。サクラや業者は飲み友達募集を装って近づいて来て、お金を要求したりあやしげなビジネスに誘うといった迷惑行動を起こすので要注意です。ただし、安全性が高いマッチングアプリだからといって、サクラや業者がまったくいないわけではありません。安全性が高いからといって油断せずに、サクラや業者を見つけたり、サクラや業者を疑うようなメッセージを受け取った場合は、運営に通報したり、自分自身でブロックするなど、自ら対策をすることも大切と言えるでしょう。 また、男性と女性の会員数の比率が極端に異なる場合、競争率が高くなることが考えられます。気に入った飲み友達を見つけても、競争率が高いとメッセージを読んでもらえなかったり、返事をもらえない可能性が高くなります。飲み友達を探す場合は、異性の飲み友達を探したいという人も多いので、男性と女性の会員の比率は忘れずにチェックしておきたいポイントです。また、男性も女性も完全無料となっているマッチングアプリの中には、男性会員が多く集まるため、極端に男性会員が多くなる傾向にあります。 このように有料か無料かによっても男女の会員数は違ってきますが、どのマッチングアプリが飲み友達を見つけやすいかは、実際に使ってみないとわからない面があります。ほとんどのマッチングアプリが登録や飲み友達の検索は無料になっているので、まずは気軽に登録してみることをおすすめします。”

次の飲み会に誘う方法

次の飲み会に誘いたいと考えるのは自然なことでしょう。ではどのようにして声をかければいいかを考えなければいけません。初めに接触したときに、次があるかどうかと言うのはお互い考えるものです。趣味が合って話が盛り上がったり、地元のお店の話や、子供の頃の話などで話題が事欠かない場合は、次に会ってもいいかなという思いが起きても不思議では無いです。飲み友達は会社や仕事関係の人以外の場合の方が良く、私生活と別の空間を楽しみたいと思っている人がいるのが一般的です。万が一トラブルが起きたときには仕事をしにくくなるケースも考えられ、仕事とプライベートを別々に考えている人は多いのです。刺激を求めるためにアプリを利用したり、新しい出会いを求めている人が身近にいる人と接触をするのであれば、直接やり取りをすればいいだけの話ですので、全く違う世界の人と接触を試みていることを考えれば容易に想像できます。しかし、サムネイルやプロフィールで自分をよく見せる事は少なくないです。なぜなら接触をしなければ友達を作るどころか出会いすらないからです。実際に会う所まで、こぎつけても無理な自分を演出してしまえばいずれ価値観の違いや飲んでいても違和感があったりするため結果的に疎遠になってしまうからです。お互いの時間とお金を使い空間を共有するのですから、有意義に過ごせるようにしなければならないです。また出会い系を利用したりマッチングを利用する場合は注意をしなければならないこととして、犯罪やトラブルに発展する可能性があることを認識しておかなければいけません。そのため何か危険な目にあったときに連絡できる相手を確保したり、複数の人間と接触をするのが望ましいです。つまりは保護者のような人を最低1人でも確保しておくことが重要で、何かあったときにすぐに連絡がつくような人を身近に用意することも身を守る方法として考慮する必要があります。フィーリングが合えば必然的に話が盛り上がり次の飲み会にお互い参加したいと思えるようになるはずです。そのため、自分の中で次回のことを考えるのは自然な流れで、会いたいと思ってもらえる時間を過ごすことで問題を解決することができます。飲み会の時間だけですべてを終わらせるわけではないです。会っていない時間でメッセージのやりとりや会話を楽しむことも重要です。次回の開催が突然キャンセルされてしまうことがないように、日ごろのやりとりが継続できるかどうかが鍵を握っているのです。

一対一で会うかグループ参加か

“学生時代は、友達からどんどん繋がっていって知らない人ともいつの間にか飲みに行くなんて事もよくあり、新しい人間関係を作るのはそれほど難しい事ではありませんでした。 しかし社会人になり年齢がどんどん上がるにつれて仕事が忙しくなるなど日常生活に追われるようになり、新しい人と出会う機会は極端に少なくなってしまいます。 自分が飲みたい時に気兼ねなく誘う事が出来る飲み友達がいないと悩む方が多くいますが、そんな方に今、注目されているのが飲み友達を探すマッチングアプリです。 婚活アプリと違い、純粋に飲み友達を捜すためのアプリです。 そのため一対一で会う相手をみつける事も出来るし、グループで参加する相手をみつける事も出来ます。 飲み友達をアプリで気軽に探せるというのは、とても便利な機能ですが、初めての場合、特に女性は不安に思うのは当然です。 そんな時には、まずグループで会う相手をみつける事をおすすめします。 グループなら同性の人もいるので安心だし、みんなで合コンのノリで楽しく飲むことができます。 一緒に飲んだ同性の人と盛り上がり気が合ったのなら、その後その人と飲み友達になることも出来るし、異性とも出会いたいと思うのなら一緒にアプリを使って異性の飲み友達も含めて飲むことが可能です。 一対一で飲む場合、その人ともし気が合わなければ最悪の結果になってしまいます。 趣味や年齢などを考慮して、自分が一番良いと思った人と飲むことになったとしても、実際はどんな人が来るかはその時にならないとわかりません。 会った第一印象はすごく好感が持てたとしても、お酒を飲むと人間が豹変してしまうという方もいます。 もしもそんな方と出会ってしまったら大変な事になってしまい、特に女性の場合は身の危険を感じてしまう状況になってしまうこともあります。 グループなら飲みの席にそんな人が1人でもいたとしたら無視するなど、その場にいた人達と協力して危険を回避する事が出来ます。 純粋に飲み友達を捜すアプリであるわけですが、もしお互いに気が合ったり気になる異性がいたら付き合いたいという気持ちがある方もいます。 グループなら気に入った人がいなければ、ただ一緒に飲んで早めに解散という事も出来ますが、一対一だとなかなか解散する事も出来ず飲み会が辛いものになってしまう場合があります。 一対一で会うかグループ参加かというのは、その時の気分もありますが、少しでも不安があれば最初はグループで飲んでどんな人がくるのか試してみるというのも有りです。 ぜひ検討する事をおすすめします。”

二次会へ気になる人を誘う方法

“彼氏や彼女、飲み友達を探したいときはあるでしょう。 会社や学校などの身近で見つけることができたら一番いいのですが、なかなか理想のお相手に出会えることは難しいものです。 一番てっとり早く理想のお相手を見つける方法は、出会い系サイトやアプリです。 最近ではインターネット環境が充実していますので、誰でも簡単に利用を始めることができます。 たくさんの出会い系サイトやアプリがありますので、いろいろ体験してみるのもいいでしょう。 飲み友達を探すマッチングアプリでは、飲むことが好きな方がたくさん登録されています。 マッチングアプリは、真剣に出会いを求めている方にぴったりな方法です。 無料ではなく有料になるため月額制の料金が必要であったり、Facebookのアカウントが必要になるなど本人確認をきちんと行なっていますので安心して利用することができます。 そのため、サクラや悪徳業者などの利用が少ないので、本気で出会いを求めている人に会うことができるのです。 飲み友達が見つかるマッチングアプリでは、今すぐに飲みに行くことができる方を見つけることができますので、男友達だけで飲みに行っている時に女の子を呼びたい場合などにとても便利なのです。 飲み友達を探すことができるという目的がありますので、気軽に参加しやすくメンバーが集まりやすいのが魅力的です。 お相手の年齢や職業なども選ぶことができますので、訳がわからない方が来てしまうということはありません。 毎日の生活の中ではなかなか出会うことがないような方とも知り合うことができますので楽しいでしょう。 人数も1対1から大人数まで選ぶことができますので、その日の気分に合わせて選ぶこともできます。 偶然マッチングアプリで知り合ったお相手と飲んでいくうちに意気投合していく場合もあります。 二次会へ気になる人を誘う方法は、気になる人に直接声をかけることが一番いいでしょう。 しかし、お相手がどのように思っているのかわからないので、なかなか踏み切れない場合もあるでしょう。 そんな時には連絡先を交換して、こっそりとお相手にメールを送るのもいいです。 誰でも誘ってもらえるというのは嬉しいものです。 お相手もまた一緒に飲みたいと思ってくれていたら、二次会に来てくれることでしょう。 楽しく飲んで恋愛に発展していくことができたら、とても嬉しいものです。 マッチングアプリを上手に利用して、理想のお相手を捕まえましょう。”

自分のキャラクターの良さを出そう

無事に飲み会に入ることが出来たら、キャラクターの良さを出す事も一つの方法です。ただ此処で誤解するとマズいのが、別にユーチューバーにでもなった様に変な真似や派手なリアクションをしろという意味では無いです。(※詳しくは後述します。)他にも古き悪き体育会のようにお酒を混ぜて、それを一瞬で飲み干してみせるなど後で潰れて周囲に迷惑をかけそうな事をするなども避けた方が良いでしょう。率直に言ってしまえば、普段の自分以上の事をする必要はあまりありません。飲み友達アプリの性質にもよりますが、アプリの段階でどういった趣旨の飲み会なのかはある程度推測できるかと思うのです。お酒の質を楽しみ、話すのが結構好きな社交的な人達が多い様子なら、自分もお酒の事を調べてみたり話しかけに行ってみるなどしてみたら良いです。飲み会に来た時点でお酒に興味が無いという事も無いかと思われますので、他人が話している事でも興味がある話題が出てくる可能性は高いです。その時はそのまま聞いてみれば良いし、他人に何か聞かれた時も、答えられる範囲の事は答えてみたら良いのではないでしょうか。勿論、失敗する事も無いとは言えません。全く興味も無いし、雰囲気にも噛み合えなかったという失望する様な事もあるでしょう。ですが、そういうのも経験ですので。飲みの関係ですから、酔いつぶれてしまう事だけは絶対に避けた方が良いです。防犯的な意味でも危ないしですし、そんなことにならないでも参加者に迷惑をかけてしまった場合には次から腫れもの扱いになってしまう事もあるものです。後は古典的なものですが、『無礼講で話して良いよ』と言われたので、誰彼構わずタメ口を聞いてみるのとかも論外です。例えば一部選抜方法などで実際に行われますが、お金を全てこっちが持つという触れ込みで飲み会を開き、その中でどういう動きをしているのかを観察するというものなどもあります。そこで間の抜けた行動なり、変な真似をしている人を弾いて、周りの様子を上手く見てフォローなどに走っている人を選抜するというものですが、この辺は別に何も意図が無い集まりなどの場合も同じですので。見ている人は見ていたりしますから、一定の落ち着きを持っておく事は絶対に忘れない方が良いです。率先して参加しないで静かに笑っている様な人などが、実はビックリするくらい面白い人だったなどという事もありますので、その辺の事なども考えるのでしたら一定の落ち着きは忘れない方が良いのです。少しばかり社交的になってみるくらいの事を考えていく事で、キャラクターを出していけば見てくれる人は見てくれているという事です。その辺を狙っては良いのではないでしょうか。

無理をしない自分づくり

飲み友達を作る際には自分らしさを忘れないことが重要です。自分らしさを忘れてしまい、持てる理想像を作ろうとしてもうまくいかないことの方が多いからです。例えば、流行っている洋服を来たり有名人と同じ髪型をしたとしてもあなたに似合っていなければ意味がありません。また、異性受けをよくしたいからといって異性に媚を売るようなことは逆効果になってしまいます。たまに恋愛の指南本を読んでそのままテクニックを真似てしまう人がいます。もちろん恋愛指南本に載っているようなテクニックが有効になる局面もあるのですが、その人に合ったテクニックでなければ効果は期待できません。大切な事は、自分の良さを引き出すことなのです。無理をして良い理想像を作ってしまおうとすると、異性はひいてしまいます。初めて出会う人であっても違和感を感じて、あなたのことを好きになってはくれないでしょう。マッチングアプリなどを使う時にも自分らしさを忘れずに、無理に自分づくりをしないことが求められます。自分をよく見せようと内容を盛ってしまう人がいるのですが、たとえ出会うことができたとしても長続きはしないでしょう。むしろ自分の良さをプロフィールページなどに掲載して、どんどんアピールしていた方が異性にモテるようになります。少しでも無理をしようとすると、最終的には破綻をきたすことになるので覚えておいてください。お金持ちの方がモテるからといって高い部屋で住んでいる事を偽装している男性を想像してみましょう。あなたが女性の立場だったとして、嘘をついてまでお金持ちの生活を演出している人と付き合いたいと思うでしょうか。最初の第一印象はお金持ちということで良いのかもしれませんが、実際に会ってみるとお金持ちの雰囲気を持っておらず幻滅してしまうことになります。たとえ最初の印象が良くて出会えるようになったとしても、最終的に結果が出なければマッチングアプリを使う理由がなくなってしまいます。良い出会いを求めるのであれば、本来持っている自分の良さを見つけて、その良さを表現することの方が大切なのです。もしも今恋人探しがうまくいっていない人は、自分づくりを無理に行っていないのかを検証してみてください。少しでも自分の気持ちに嘘をつきながら演出しているようなのであれば、今すぐにでもやめてしまいましょう。それよりも自分の本音を表現するようにすれば、自然と笑顔になります。自然な表情こそ、飲み友達を多く作る秘訣なのです。

一次会が終わった時のアフターフォロー

無事に飲み会まで向かうことが出来て、一次会まで完遂したというなら次はアフターフォローの事です。気の合う飲み友達が出来たというなら後はそのまま話すなりしたら良いかと。飲み友達作りアプリの性質にもよりますが、それを使えば連絡が取り合える間だというなら、そこで別れるというのも問題はないでしょう。自分自身の都合としても、『此処で知り合って、また此処で会ってオフでも会えるなら良いかなあ』くらいに思ってるのでしたら、そのまま連絡先などを聞く必然性も特にないかと。この辺は特に注意した方が良い場面ですが、『飲み友達』の定義は人によって相当に違います。例えば『仕事の後に頻繁に会って飲みたいな』という定義の人もいれば、『現実とは違うオフ会で飲みたい』という事で日常とは少し距離を取った意味で飲み友達を考えている人もいるという事です。この辺の誤差は何処かで考慮しておいた方が良いです。この例の二人だとしたら、『じゃあ、連絡先を教えてくれ』と前者が後者に聞いた場合、なんだか後者は困ってしまう事になるかと思います。別に嫌いだとかそういう意味ではないのだけど、日常から距離を取れるからこその楽しい飲みだったわけです。頻繁に携帯などで連絡が取れるような間になってしまうと、『現実とは違うオフ会』ではなくて『現実と地続きである』という事になってしまいます。まあ、人は変わるものですのでそれはそれで慣れてしまえば別に気にならなくなるという事も無いでは無いですが、楽しさに水を差されてしまったみたいな気持ちになって消耗してしまうという様な事も起きてくるものです。ですのでアプリ上で一定の繋がりができる様でしたら、変に連絡先を聞こうなどとは思わない方が良いです。自分の方から教えるというのでも、こっちは防犯上の意味も含めて住所がわかるようなものや、プライベートなメルアドなどはパスした方が良いです。やるにしても結構オープンでやっているSNSなど、日常とは繋がっている様で、繋がっていないものを選ぶのをお勧めします。相手としても、例えば異性だったらそうですが、いきなり個人的なものを渡されたりしたら返事に困る、もしくは何か変な意味があるのでないかとか思ってしまう事もあるかと思いますので。その辺は自由意志で相手が選択しやすいものを出した方が、色んな意味で相手も自分も気楽でしょうという事です。これはネット関係全般に言える事ですが、日常生活に一定以上誰もが消耗しているという事を前提にしておけという事です。その辺の配慮があると戻ってくるものも意外に大きくなりますよ。

飲み友達アプリで恋人は見つかるか

“飲み友達アプリの目的はその名のとおり友達を見つけることですが、恋人を見つけるために利用している方もいます。そもそも出会って会話してみるまで相手のことは正確にはわかりません。実際に会ってみることによって、相手を好きになるケースはよくあります。ネットの印象とリアルの印象はかけ離れていることもあり、よい意味で裏切ってくれることは少なくないです。飲み友達を作ることは恋人作りよりハードルが低いのが特徴です。仕事帰りや週末に気軽に飲みに行ける友達がいることは人生の潤滑油となります。 ただ好みの人と出会えれば、そのまま恋愛に発展するケースは少なくありません。男女が出会えば一目惚れはありえますし、フィーリングがマッチすればデートの約束もありえます。ほとんどの方は友達作りを目的としていますが、あわよくば恋人を探したいと考えている方もいます。飲み友達アプリに登録する方は積極的なことが多く、話がトントン拍子で進みやすいです。大人数と会話するのが苦手という方は一対一で楽しめる方法をおすすめします。人数が少ないほどひとりとじっくりと会話できるので、密度の濃い時間を過ごすことが可能です。意気投合すれば二次会に誘うのもありですし、デートに行くという手もあります。 次も会ってくれる約束ができたなら、今後のチャンスは大きいと言えるでしょう。恋人が見つかるかどうかは運にかかっているので、可能性は大いにあります。ただし飲み友達アプリを活用している場合は、最初からガツガツ行くのはおすすめできません。あくまで友達作りを目的に活動し、意気投合した場合のみ恋愛を意識するとよいでしょう。最初から恋愛を前面に押し出して活動すると敬遠される可能性があるので注意です。 気になる人がいたら自分のキャラクターをしっかりとアピールし、良さを知ってもらいましょう。ただし無理をしても逆効果なので、あくまで自然体で接するのが基本です。次につなげる方の特徴はアフターフォローがしっかりしていることです。出会いの場を得ることができても、次につなげるのが苦手だとそれ以上の関係に進展しにくいと言えます。一つ言えることは普通の飲み会と比較してオープンな参加者が多いことです。お酒を飲むという性質から、大胆な関係を求めている参加者は少なからずいます。気になる人がいたら友達からスタートし、段階的に関係を深めていきましょう。焦ると相手に不安を与える可能性があるので、徐々に距離をつめていくのが得策です。”

普通の飲み会との違い

“お酒を飲む場合には、色々と楽しいことがありますが、出会いの場としてもふさわしい場所といえます。そもそも、お酒を飲むことがどのようなメリットになるかと言えば、やはり普段と違った自分を見せることができる点です。例えば、異性と一緒にお酒を飲む場合には、なかなか本来の自分を出すことができなかった人でも、アルコールが入ることにより覚醒してしまい、喋りが上手になったりすることもあります。それにより、よく目立つようになり相手から好まれる可能性も高まるでしょう。こうすることで、相手との出会いの第一歩を踏み出すことができ、良い結果が生まれやすくなります。ただし、お酒を飲むことによってネガティブに考えてしまったり突然泣いてしまうような心理不安定な人もいないわけではありません。このような人は、お酒を飲む出会いの場はあまりふさわしくありませんのでなるべく出席せずアルコールの入らないところで活躍するのが良いかもしれません。もちろんそれが飲み友達などであれば、特に問題はありませんがあまり周りを心配させるようなことをしないことです。 出会いがあった場合には、その後の対応が重要になります。お酒の時にあまりにもハイテンションになってしまった場合には、その後テンションが低くなると以前とは全く別の人に思われてしまう可能性があります。そうすると、マイナスのイメージが出来上がってしまいますので、可能な限りそれを避ける必要があります。ではどうしたら良いかと言えば、普段の自分を見せることです。普段の自分を見せることがマイナスになる場合には、普段から自分自身を鍛えておかなければなりません。どのように生きているかと言えば、大前提として相手がいるわけですのでまず相手を褒めることから始める必要があります。例えば、相手の趣味がどのようなものかを聞いた場合、自分と一致していなくてもとりあえず褒めるようにしましょう。なかなか良い趣味だねなどと言っておけば、相手としても得意げになるかもしれません。相手がその話をさらにしてきた場合には自分が褒めた効果が出ていると言っても過言ではないでしょう。ただし、褒めるときには1つ注意しなければなりません。どのようなことを注意しなければならないかと言えば、あまり派手に褒めすぎてしまうと今度は相手が馬鹿にされているのではないかと思われることです。褒める事は悪いことではありませんが、それにしても相手のことをよく考えて馬鹿にしていないような感じで褒めていくと良いです。 後は、お酒が入った後には必ず相手の話をよく聞くようにしましょう。基本的に、2人の会話は50%ずつが良いですが、相手に気に入られるためには自分の話を最小限に抑えることが大事になるわけです。自分の話をする時は2割位と意識しておけば相手の会話をする回数が多くなり、それなりに相手に良い印象をもたれる可能性も高くなります。実際に2割といっても話が好きな人はそれ以上に喋ってしまう可能性もありますのでやはり自分が生会話を少なくし相手の趣味などを聞くように心がけなければなりません。 ただ、最終的には出会いの場所がどこであろうとの相性や価値観などによって決まってきます。この点さえ忘れなければ恋愛がうまくいかなかったとしてもそれほど心配する必要はありません。”

“飲み友達のアプリでは、やはり通常の出会い系よりも女性と会える確率が高くなっているようです。合コンなどと違う点としては、女性が自分から飲み仲間を探す機会を求めているという部分ではないでしょうか。合コンの場合では人数合わせで仕方なく参加するケースや、友達付き合いで一緒に参加するだけの女性も多くいるでしょう。 アプリによって相手とマッチングする事は、普通の飲み会よりも出会いの質が高まります。自分に最適なアプリを選んで上手に活用する事で理想の女性と出会う事にも繋がって、恋人や結婚相手に発展する期待も出てきます。”

『飲み友達』を探すマッチングアプリについて知りたい!
Rate this post