※脱孤独!気軽に誘える飲み友達を募集したい

社会人になると仕事関係以外での出会いが少なくなります。しかし、仕事関係の人は「気軽に誘える飲み友達」とはいかなかったりします。また飲みに行ったとしても仕事の話しになることもあるので、気が休まらないこともあります。飲み友達を作る方法や恋愛に発展していくことについてご紹介していきます。飲み友達を募集することで、良いことばかりではありませんが、危ない関係にならないための注意点もお伝えしていきます。気軽に誘える相手がいれば、日頃のストレス発散にもつながりますし、上手くいけば新しい素敵な出会いにもつながります。大人だからこそできる友達の作り方です。

飲み友達のいない社会人の寂しさ

転職などで会社が変わると飲み会に参加ができずに孤立してしまったり、転職先の会社の中にはお酒を飲む人が少なく、たまにはみんなで飲みたいと思っていても、飲みに出掛けるチャンスがないケースも多いのではないでしょうか。飲み会というと、忘年会や新年会など特別なイベントだけで、気軽に飲みに行く人がいないと仕事をしていても楽しみがない、家と会社の往復では仕事も張りがないと感じている人も多いといえます。同じ会社の中で飲み友がいなくても、別の場所に気軽に飲みに出掛けることができる友達がいれば人生も楽しむことができますし、仕事も頑張れるという人も多いようです。お酒を飲むことはストレスの発散にもなるので、深酒はよろしくありませんが、適量のお酒ならストレス解消に最適です。しかし、ストレスを解消できる理由はお酒を飲むことではなく、一緒に飲みに行くことができる相手がいるからです。一人で飲みに行くのはあくまでもお酒を楽しみたいから、飲み友達と出掛けるのはストレスの発散になるなどの違いがあるわけです。
飲み友達は男性であれば女性、女性であれば男性が良いと考えている人も多いといえますが、飲み友達を募集する方法には出会い系を利用するやり方があります。出会い系と聞くと下心ある男性が利用するアプリなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、飲み友達募集で利用する男性や女性も少なくありません。社会人になっても一緒に飲み行ってくれる異性がいるか否かで希望も変わりますし、異性が相手であればもしかすると将来的に恋人同士に発展する可能性もあるなどの期待感もあるわけです。今すぐ恋人という関係でなくても、最初は友達、それも飲み友達からスタートし、意気投合することで恋に発展する可能性はゼロではありません。
出会系アプリを利用する時には、掲示板に飲み友達募集をしていることを書き込んでおきましょう。また、登録している女性会員のプロフィールをチェックして、お酒が好きな人にメッセージを送る方法もあります。メッセージのやり取りを数回行った時に、一緒に飲みに行きませんか、などのようなお誘いメッセージを送信してみましょう。飲みに行くだけであればと考える女性は多いため、飲み友達を見つけるのにも最適な方法ではないでしょうか。また、出会系アプリにチャット機能があれば、好きなお酒のことや、飲む量などについて質問してみるのもおすすめ、仲良くなれれば飲み友達を見つけるチャンスが広がっていきます。

会社以外で飲み友達を作りたい

多くの人々は学生を卒業して社会人になると、自分自身や家族の生活を成り立たせるために仕事に就きます。社会に出て会社で働くということは、それまでの学生の頃とは違った人間関係の中で日々を過ごすことになります。学生の頃は気の合う友達や仲間と過ごしていれば問題ありませんが、会社は同じ目的を持って仕事を共同で行っていく人々であり、相性が合わない人であっても一緒に仕事をする必要があるのです。 会社であれば先輩や上司、働き続けていれば部下や後輩もできます。取引先やクライアントなど様々な年代の人と接することが必要であり、責任のある中で緊張感を持って働いているために、ストレスを溜めながらもそれを口に出せない状況で時間を過ごすことも少なく無いのです。会社は日々の中で長い時間を過ごす場所であるために、共通の時間を過ごして仕事をする間に気の合う同僚や先輩、後輩などに巡り会う場合もあります。そのような仲間ができると仕事場でも顔を見ればほっとしたり安心できたりする喜びもありますが、会社の人間関係の中では話せないことや愚痴などもあるのです。 日々の仕事を一生懸命頑張るためには、プライベートと仕事の切り替えを行うことも大切であり、会社で溜まったストレスや疲れを発散できる場所や仲間を作ることが効果的な方法でもあります。お酒が好きな人であれば仕事の後に集まれる飲み友達を募集して、馴染みのバーやレストランなどで美味しいお酒を飲みながら会話をして、楽しい時間を過ごすことができます。会社のしがらみが無い共通の嗜好を持った飲み友達であれば、会社で築き上げなければいけない社会人としての責任や人間関係から離れて、リラックスした環境の中で気の合う友達とただ楽しい時間を過ごすことができるのです。 馴染みのバーなどで飲み友達を募集したりイベントに数多く参加したりしても、回数を重ねる度に集まる人の数は限られてきます。自然と回数を重ねる中で集まる人は嗜好や趣味、会話が合い気の合う仲間のみに淘汰されていくのです。仕事で疲れてストレスが溜まったとしても、馴染みのバーで飲み友達と会えることで会社とは違う充実したプライベートの空間が確保されており、大好きなお酒を嗜みながらしがらみから解放された仲間とゆったりとした楽しい時間を過ごすことができます。 会社以外で飲み友達を作ることはプライベートも仕事も充実できる一つの方法であり、自分好みの行きつけのバーなどを探すことは大人として充実したライフスタイルの確立にも繋がっていくのです。

お酒から発展する恋愛

日本では法律によって一定の年齢にならないと行ってはいけない行為が取り決められており、飲酒や喫煙もその一つになります。すなわちお酒を飲めるようになる年齢になることは、ある程度大人として社会や周囲から認められる年齢になったことの照明でもあり、その分自らの行動に責任が求められるようになるのです。 過度にお酒を摂取することは、身体にとってもあまり良い影響が無く、深酒することで理性のコントロールが効かなくなって失敗をおかしてしまう人もいます。しかしながら、適度な量を美味しく嗜むことができることがお酒の良さであり、美味しい料理とお酒を楽しめる飲食店などはオシャレなライフスタイルを送っている大人にも人気が高くなっているのです。 楽しくお酒を飲みたい人は飲み友達として自然に仲良くなることができたり、気軽に飲み合える友達を募集することで、新しい人間関係が形成されて友達が恋人や恋愛関係に発展することもあるのです。そもそもお酒を楽しむために集まる飲み友達は、共通の嗜好や趣味、ライフスタイルを持っていることが少なくありません。ワインや日本酒、ブランデーなどその種類によって集まるお店やバーの種類には違いができるため、お酒に関して嗜好が似ている場合がほとんどです。 仕事帰りなどにちょっとお店に寄って大好きな酒とおつまみを食べたいと考える人は、時間の使い方が似ていることも多く、自分の嗜好に多少のお金をかけて楽しみたいと考えるライフスタイルであるという共通点もあります。お酒を飲んでリラックスした状態でゆっくりコミュニケーションを取れる環境は、自分の気持ちや想いを素直に話す事ができやすい環境でもあり、お互いのことを知っていくために必要な遣り取りも自然に行えていることが多いのです。 飲み友達として集まるようになった関係であっても、お酒という共通の嗜好があるために、大人の自立した人々が集まりやすい傾向であることも挙げられます。それぞれ自立した生活の大人が集まる場所は、息抜きや自分の時間を大切にするためにその場所に来る人がほとんどです。だからこそ、自立した大人が楽しく過ごしている時間の中では、人間関係から恋人関係に発展する恋愛も少なくありません。 馴染みのバーで知り合ったなどという人との関係は会社などで知り合う人よりも希薄な関係に考えられがちですが、趣味嗜好が共通しており、自分の大切な場所で仲良くなった友達という点ではそれも大切な一つの縁であることに変わりは無いのです。

お酒を飲みならが会話を楽しむ

大人になると成人した男女だからこそ楽しめるさまざまな方法があり、特にお酒が好きな人は飲む場所やお店の雰囲気、そのシチュエーションや一緒に食べる料理などさまざまな楽しみ方があります。お酒の味自体を堪能することはもちろんのこと、その場をどの様に誰と過ごすのかも大切であり、一緒に過ごす人や食事などさまざまな要素もお酒を楽しむ重要なポイントになるのです。
お酒を嗜む人は共通の趣味や嗜好を持っている人も多く、好きなお酒の種類を満喫できるバーやお店などで飲み友達を募集して美味しく一緒に楽しむケースも少なくありません。募集した際にはたくさん集まったとしても、飲み方や一緒に食べる食事の内容、会話や過ごし方の違いによって自然に淘汰されて気が合う人のみが残っていくものです。
お酒は飲み過ぎると身体にも大きな負担になってしまったり、酔っ払うことで大失態をおかしてしまったりというリスクもあります。だからこそ、大人として自分の許容範囲をきちんと把握した上で、一緒に飲んでいる人とともに楽しむことが大切でもあるのです。お酒を飲む魅力としては仕事などでストレスがある環境から解放されて、好きなお酒を飲んでリラックスできる時間を過ごせることにあります。お酒である程度気持ちが解放されれば、普段はなかなか言えない話や想いなども自然に会話することができる様になるのです。
バーなどで知り合った同性や異性の友達と自然に集まった状況の中でお酒を飲んでいれば、自然と会話がはじまりリラックスした気持ちで楽しいコミュニケーションが続くことも少なくありません。お酒を堪能することが好きという共通する嗜好もあるために、話も弾みやすくバーやお店の情報交換などからまた次に会う約束ができる場合もあります。美味しいお酒をゆっくりと堪能するという共通の楽しみ方がそこに存在しているために、ゆったりと自然にその時間を楽しく過ごすことができ、会話が弾むのです。
さらに行きつけのバーなどであれば、お客同士の会話がはじまらなくても、マスターやスタッフとの会話の中で相手のことを知るきっかけにもなります。行きつけの場所であれば飲み友達として募集したわけでは無くても、自然と顔なじみになる人も多く、マスターやスタッフとの会話の中で自然にその輪の中に入って新しい関係ができる瞬間もあるのです。
心身共にリラックスできる環境と時間であるお酒の場だからこそ、会社などの人間関係とは違って、自然な心地よい関係と会話を楽しめるのです。

お酒が結ぶ恋愛もある

お酒の効用の一つには、血行を良くして人の性格を明るくさせる作用があります。人見知りをしがちな性格でも、そうしたお酒の作用によって勇気をもって話しやすくしてくれる働きがあるため、お酒を飲むことにより会話が弾む可能性は少なからずあるといえるでしょう。また、正常な判断力を少しだけ麻痺させる作用もあり、それに伴って行動や言動が大胆になります。 お酒つながりで席をつくれば、気軽に飲み食いを楽しめる飲み友達ができる可能性は十分にあります。出会い系サイトでも、飲み友達を募集しているところが多く見られ、ある程度のお金を出せばおいしい料理とお酒とともに会話も楽しめるため、こうした場から恋愛に発展する例は少なからずあるとみて良いです。 お酒をもとに、恋が進展したかどうかに関してアンケートがあります。それによると、お酒の力で恋愛がうまくいったと感じている人は15%くらいです。それだけ見ると、あまりお酒だけに頼ることは難しいともいえるのですが、だからといって無視できるほど少ない数字というわけでもありません。少なからず、お酒に助けられた人はいると言うこともできます。 はいと答えた人にどのようにうまくいったのかを聞いたところ、酔った勢いで告白をしたときにそのままOKをもらえたという声が多く寄せられました。また、それは自分だけではなく相手の側から酔った勢いで告白してきたという人もいます。 ほかに多かった回答としては、勢いがついたという回答も多いです。会話の盛り上げにお酒を使ってうまく会話できたとしている人は少なからずみられます。また、大胆になれるという人もおり小さなことにこだわらず口説いたり、中にはホテルまでさそったりという豪胆な例もみられました。 もちろんお酒の力に頼らず真っ向勝負をしている人も男女問わずに多いのですが、お酒が恋愛事を発展させるのに何らかの力を備えていることについて間違いはないでしょう。 また、お酒の歴史そのものは突き詰めていくととても深いものも数多くありますので、そうした雑学などを身に着けておくことも異性を惹きつける一つのポイントとして有効です。 もちろんこうした飲み友達をつくるにあたっては、お酒が全く苦手な人や席にいるということ自体が怖く感じたり、苦痛に感じたりするという人も中にはいます。そうした人については無理にお酒を頼まずに、ノンアルコールでも楽しめるメニューにしたりして、軽めにお酒を頼むなどといったことを行うと怖がらせずに済み、関係が上手くいきやすくなります。

お酒が絡む危ない関係

飲み友達を募集して、実際に飲み友達になれたとしても注意が必要です。やはりお酒が絡むと、お酒の作用やその場の雰囲気で楽しくなってしまい、ハメを外しやすくなってしまうことも事実です。最初の頃は気軽に楽しく飲める友達ができて舞い上がっている状態なのであまり深く考えないかもしれないですが、ある程度自分のお酒の許容量を知っていて、お酒に飲まれることなく、自制のできる人なら良いと思いますが、飲み過ぎて恋愛関係でもないのに、その場のノリで身体を許してしまったり、相手に絡んでしまったりなど暴力沙汰になることだって考えられます。 特に身体の関係を許した場合、せっかくその人と恋愛関係になりたいと思っていても身体だけの関係が続いてしまって、そこまでの関係で止まってしまい先に行けず抜け出せないなど苦しい思いをすることになります。これは男女共に言えることです。気持ちが通じる前に身体の関係を持ってしまうと、そこで満足してしまって前に進むのをやめてしまうことが多いです。飲み会で集まるたびにそういった関係だけの相手になってしまう可能性が非常に高いです。その場合、体の関係を持ったことに後悔をしてしまう人の方が圧倒的に多いです。また、あまり相手のことを深く知らない状態で飲み友達になり、身体の関係を持ってしまった。でも、相手は実は既婚者だったということも考えられます。自分は知らなかったとしても、配偶者の人がそれを信じてくれるとも限りません。知らず知らずのうちに不倫をしていたということも十分に起こりえます。最悪の場合は配偶者の人から慰謝料を請求されることだって考えられるのです。お酒が入ってしまうと、自制がきかなくなることが大いに予想されます。自分も良いと思ってそういった関係を続ける人も実際には存在しますが、決して良い方向には進みません。確かにお酒が入ってしまうと、普段は絶対しないようなボディタッチなどをしてしまうこともありますが、そこまでで押さえられるようになれると良いですね。暴力沙汰を起こした時も、慰謝料を請求される可能性がります。そうなってしまうと会社まで話がいってしまい、人生を棒に振ってしまうこともあるかもしれません。このように、お酒が絡んだ危ない関係になってしまうこともありますので、自分の飲めるお酒の許容量をしっかりと把握し、楽しい飲み友達だったり、恋愛の相手だったり、せっかく繋がった相手なのでトラブルに巻き込まれず楽しくお酒を飲みたいですね。

相手のペースを尊重する

適度なアルコールは気分を高揚させることができ、日頃のストレスや仕事での疲れを解消するのに役立ちます。 飲み友達は古くからの友人ということも多いですが、ライフスタイルの変化などで一緒に飲める機会が少なくなったという人もありますし、最近はお酒を好まず食事の席でもソフトドリンクやノンアルコール飲料を選ぶ人も増えています。そして、会社の仲間と一緒に飲むという人も多いですが、そうなると話題はつい仕事や職場のことになりがちなので、せっかくのお酒の席でも仕事のことが頭から離れないという悩みも出てきます。かといって、一人でお酒を飲むのはつまらないと感じている人もあるのではないでしょうか。できることなら、もっと楽しくお酒を楽しみたい、新しい飲み友達を探したいという場合は、出会い系サイトやアプリも活用してみましょう。こうしたサービスは恋活や婚活に使うものというイメージもありますが、異性だけではなく同性の友達や飲み仲間、趣味の合う人を見つけるために利用している人もあります。 飲み友達の募集は掲示板やメールで行われていることも多いので、近い場所で一緒に飲める相手を探してみてはいかがでしょうか。初対面の人と飲むとあまり盛り上がらないのではというイメージもありますが、プロフィールも見ることができますので、自分と同じ趣味や興味のある人を選んでおくと安心です。それから、どういったタイプのお店が好きなのか、どんな種類のお酒が好きなのかなども確認しておくとより安心です。 実際に会うことになりますので、良い印象を持ってもらえるよう身だしなみも整えていきましょう。 会話については、まずは共通の趣味の話からはじめてみると会話もスムーズですし、盛り上がりやすくなります。ある程度お酒が入ると楽しい気分となり、心も開きやすくなりますので初めての相手とでも楽しい席になることが期待できます。 一対一では抵抗があるという人は友人を連れていくという方法もあります。それから、お酒が好きとはいっても飲む量やペースには個人差があります。 とにかくたくさん飲みたい酒豪タイプの人もあれば、量はそれほどでなく、ゆっくりと料理や会話も楽しみたいという人もあります。そうした場合は無理にお酒を進めてしまうと相手には負担となってしまいますので、相手のペースを尊重してお酒を楽しんでいきましょう。 楽しいお酒の席にできれば、今後も飲み友達として良い関係を続けていくことができますし、お酒以外の友人や異性の場合であれば恋愛に発展できることも期待できます。

お酒から深まっていく関係

友だちが欲しいとか、何でも話せる親友が欲しいというのは、誰にも共通する望みですが、飲み友達というのはそれとは少し違ってきます。 飲み友達はあくまでお酒を一緒にいただく仲間というような関係だからです。お酒を楽しんだり、お酒に関する新しい発見を話したりするなど、お酒がらみの話が中心ということになります。もちろん、友達という以上はお互いの関心事項や他の趣味のことなどにも話題は行くでしょうが、その場合でも中心軸はお酒ということになります。 会社勤めの人であれば、会社以外のところで愚痴をこぼしたくなることもあるでしょうし、腹が立ったとき誰かに聞いてもらいたい、でもあまり身近な人ではない方が楽な気持ちで吐露できるということもあります。 このくらいになると、飲み友達でかなり親しくなってからの段階ということになり、お酒を飲みながら会話を楽しむという領域ですが、それが深まってということになります。人は誰でも、一つや二つ秘密めいたものを持っていますし、家族以外の人に聞いてもらいたいこともあるからです。だから、中には異性の飲み友達もでき、長いお付き合いをするというケースも稀とは言えません。その結果、互いが互いをお酒以上に好きになり、恋愛感情が芽生え、結婚するということだって考えられるわけです。 こうしたことを踏まえて考えると、飲み友達が欲しいなと思うこともありますが、その場合は、求めるよりも与えるという姿勢が大事になります。友達が欲しければ相手の友達になってあげることだとよく言われる通りなのです。 でも押し付けがましくすると元も子もなくします。さりげなく、お酒の話を少しずつ交わし合うというような具合がいいのです。 そして飲み友達の場合、気を付けなければならないこともいくつかあります。一つには、お酒を飲みたいというときには、癒しが欲しいとか、淋しいだとかといった気持ちがありますが、自分の世界に入りたいというところもあるのです。ですので、お互いに相手のペースというものを十分尊重することが何よりも肝心です。二つ目は飲みすぎないということです。前述したようにお酒から深まっていく関係というのも有りですが、一般的に飲み友達は、お酒を共通の素材にする友達ということですから、そのことをわきまえないと関係が破綻することも少なくありません。お酒の力を借りて本音を吐き、議論し合うというのも時にはいいとしても、その結果感情的なしこりが残ると、それ以降は飲み友達ではなくなってしまうからです。ある程度冷静な心があって、相手の気持ちなどを察してあげられる程度にとどめるというのが、長く付き合う場合の飲み友達の鉄則となります。 ぐでんぐでんに酔い、意気投合して親友になるというのは、飲みという冠を付けない友達との間でのことであり、飲み友達はお酒を通じて楽しむ仲間というのが本来の姿だからです。

飲み友達との関係を続ける

せっかく募集をして飲み友達を見つけることができたとしても、その関係性がすぐに終わってしまうのは寂しいですよね。関係を続けていくにはそれなりの意識を持って付き合っていくことも必要です。 ポイントはお互いに心地の良い関係性を維持すること。お互いにもっと関係性を深めていきたいという考えを持っているのならば良いのですが、あくまでも飲み友達でいたいという気持ちのこともあるはずです。それにも関わらず関係性に足を深く突っ込み過ぎてしまうと、時には面倒な存在になってしまうこともあります。その辺りのバランスが崩れることでせっかくの心地良さに破綻をきたすこともありますので、一線を越えないでいようという気持ちがあるのなら、ルールとして持っておくことも必要です。 相手が不快になるようなことをしないよう、注意を払うことも欠かせません。そもそも飲み友達を求めるのは、楽しい時間を過ごしたいという気持ちがあるからのはずです。お酒を一緒に飲み交わしながら、たわいのない話で盛り上がるなど、こういった何気ない時間を求めているからですが、それにもかかわらず不快な気持ちが芽生えてしまうような状況を作ってしまうのは好ましくありません。例えば相手を強く批判したり、悪口を言ったりなど、こういった行為を行ってしまうと、お互いが良い気分になれないものです。飲み友達という軽い付き合いをしている場合、嫌なことがあると、いともたやすく関係性が悪くなってしまうこともありますので、双方が注意を払う付き合い方も求められます。 相手に無理強いをしないことも大切。連絡先を交換し合うほどの仲ならば、誘いの連絡をすることもあるでしょう。ただ、時には相手の都合が悪いこともあるかと思われますが、そうした時にしつこくするようなことは控えるのが無難と言えます。身勝手に強引に誘われるような関係性になると、相手に煩わしく感じさせることにもなりかねません。飲み友達の関係性は、自分の飲みたい時に一緒に飲める相手がいた方が嬉しいというものであり、飲みたくない時などに無理矢理な態度を取られてしまうのも良い気分がしないものです。言わば都合の良い存在でもあるため、一線を越えた誘い方にはならないことも大切なのです。 しかしながら一方では、適度に誘う姿勢を持つのも関係性を上手く保つための秘訣とも言えます。お誘いの声が掛からないことで、希薄な関係性となって自然に友達関係が解消されてしまうこともあります。今後も付き合っていける関係であるためには、定期的に飲むといった心掛けも必要です。どれだけの時間を共有できているのかによって、お互いに必要な存在になれるかが左右される部分もあるため、関係性を続けていくためにも時折、誘い誘われていくことが大事です。だからといって前述したような、無理強いをするなどの行為は良くありません。誘い方のバランスを上手に取っていくことで、飲み友達という関係性も維持しやすくなるのではないでしょうか。

飲み友達を募集する方法をお伝えしてきましたがいかがでしたか。飲み友達から恋愛に発展させていくには、相手とより良い関係を築いていくことも大切です。素敵な出会いにつなげるためにもお伝えしたことを参考してください。友達から恋人になることの良さは、相手の性格などをよく知ってから付き合えます。どんな出会い方をしても相手のことを尊重することは大切です。お互いを尊重しあって素敵な関係になることで、恋人になってからも良い関係が続けられます。気軽に誘える相手というのは、友達でもそれだけ気の合った人ということです。

※脱孤独!気軽に誘える飲み友達を募集したい
Rate this post