【お悩み】これって脈なし?気になる女性からのline

女性から来たlineを見ることによって脈ありなのか脈なしなのかを判断することが可能です。脈なしの特徴として挙げられることはいくつかあります。それらのことを総合的に判断するようにしましょう。既読を無視された経験をした人も多いかもしれませんが、そういったときはしっかりと対応することが大切です。最初は脈なしだった場合でも、後から印象が良くなって恋愛対象として見てくれる場合もあります。ブロックされているかどうか心配になる場合もありますが、判別するための方法もあるので実践してみましょう。女性に喜んでもらえるようなlineをすることが重要です。

lineに対する女性の考え方

“lineに対する女性の考え方は、基本的に自分の都合の良いように使える連絡ツールです。lineが出来る前はメールでしたし、その前はポケベル、それ以前は電話でしたがだんだん連絡の手段も進化しましたので、女性も自分の都合の良い時にだけ連絡が取れるこのツールを便利に使うようになっています。 現に、電話は今でもあるのに女性の場合ほとんどの用事はlineで済ませるという人は少なくありません、というのも自分の都合の良い時に返信ができて、自分の都合が悪い時にかけてこられると迷惑だからです。これは男性だけでなく相手が女性であったとしてもこのような傾向の女性は多いですので、lineばかりで電話が無いから脈なしという事ではありません。 ですが、lineをしても一向に既読がつかなかったり既読はついても返事がもらえない場合には、脈なしと考えても良いかもしれないですし、向こうも駆け引きで連絡をするのを少し先延ばしにしているケースもありますが、あまりに連絡がない場合には脈がないと考えるのが自然です。 女性は恋愛に対して非常に現実的ですので、自分にとってメリットがあるようにやり取りを持っていきたがります。lineも都合の良いツールとして考えていますので、自分の好きな相手にはすぐに返信をしますが、連絡が無かったり既読がつかない場合には脈はないと考えてよいでしょう。 lineは、恋愛をするにおいて非常に重要なツールとなりつつあります。確かにメールよりも使い勝手が良いですし、会話の流れも見直しやすいです。又、スタンプや顔文字も送れますし動画も送受信できますので実際に会っているかのような親近感もわきます。 ですが、女性は自分の好みの人や仲の良い人とは頻繁にlineで連絡を取りたがりますが、そうでない人や苦手な人、避けたい相手などには連絡をしないのが一般的です。自分の都合で動かせるからlineは非常に女性にとって都合が良いツールですし、スマートフォンを利用している女性の多くは利用しているアプリと言えます。 こういう考え方をしているのは女性だけではありませんし、何となく返信したくない時はlineの場合、気が付かなかったという言い訳もできますので性別に関係なく便利です。嫌ならブロックをすればよいというのが恋愛でも一般的ですので、脈なしと感じられる条件が揃ったら、あまり長く執着せずに次に行った方が良いというケースもあります。”

完全に脈なしのline例

“完全に脈なしのline例はさまざまなタイプのものがありますが、まず一番大きいのがメッセージを送ってもなかなか既読にならなかったり、既読で無視をされるパターンです。呼んでも返さないということやメッセージが届いているのにも関わらず返信をしてこないというのは、もうその人に対しての興味がないということですから、完全に脈なしのline例であると考えても間違いではありません。 この他に完全に脈なしのline例としては向こうからメッセージを送ってこなくなるということです。毎日メッセージのやり取りをしていたのにも関わらず、急にメッセージの交換頻度が少ないとうことは、相手方に冷めてしまっているということでも有りますから、完全に脈なしのline例として典型的な例でもあるのです。基本的に女性というのは気持ちがその人にむいていないときにはその人自体への関心も薄れてしまうものです。心が離れてしまっている状態では、ラインを送信することすら面倒に感じてしまいますから、完全に脈なしのlineは主に相手方に興味がなくなり返信する気持ちがなくなった時に起こってきます。 またメッセージ内容によっても脈があるかどうかを判断できます。完全に脈なしのlineの場合には、短文で終わっていたり、できるだけ相手側から自分に興味をなくしてもらえるようにぶっきらぼうなメッセージ送信をすることが少なくありません。このような完全に脈なしのline例ではそれ以上関係を続けていったとしてももう修復が不可能になる場合がほとんどですから、こうなってしまった場合にはもう諦めてしまうというのがよいでしょう。完全に脈なしのline例では多くの例がありますが、その中でも本文が短かったり、興味を完全に失っている内容だと判断できた場合には、もうそれ以上はコミュニケーションを続けていても意味がありません。女性側は無駄にラインをするのは苦手ですから、完全に脈なしのline例をよく把握しておくことに決めましょう。例として一番大きいのがメッセージの交換頻度であったり、本文の短さや返してくるレスポンスがどうであるかです。脈がない場合には他の人にアプローチをしてしまうのが一番ですから、メッセージをこれ以上やり取りしてももう無駄だと感じたときには、完全に脈なしのlineの典型的なパターンですから、諦めてしまうということが一番ベストな選択肢になっていくことがあります。”

ちょっとは脈があるときのline例

“現代社会では、子供から大人まで幅広い年代の人々がlineを利用してメッセージの交換を行っています。気になっている女性と連絡先の交換をした後には、頻繁にメッセージをlineに送っている男性が多く見られます。その返信から彼女の自分に対する気持ちを推測することが可能です。少し脈がある場合には、しっかりと質問や話題に対して答えてくれることが多く見られます。そして、男性に対しても自ら積極的に質問をしてくる場合は、デートに発展する可能性が高いです。スタンプや絵文字などを使って明るい内容のメッセージを送ってくるなら、かなり好印象を持っている様子が見て取れます。男性側からlineを送って2人きりのデートに誘うなら、まずは事前に女性が脈ありかどうかをチェックしておくことが肝心です。 相手が自分に対して脈なしかどうかを確認する方法としては、lineのやり取りが全然続かないほど返信が遅いケースが挙げられます。相手に対して興味がない、できれば誘いを断りたいと考えている人は自然にメールを返すことが遅れがちとなるものです。また、言葉で返さずにスタンプだけを送ってくるなら、これ以上会話をやり取りする気持ちがないことを意味しています。女性からの返事が遅くてスタンプだけなら、上手くいく可能性は非常に低いといえるのです。 さらに、女性の返信を待たずに続けざまに何度もメッセージを送る男性はしつこい印象を持たれやすく、嫌われてしまうケースも増えています。その結果、一方的にブロックされて連絡手段を絶たれることも少なくありません。そのようなことにならないためには、相手の立場に立ってきめ細やかなフォローやじっくりと待つ姿勢が大切です。焦ることなく余裕を持って異性に向き合うことによって、優しく穏やかで素敵な人間としてアピールすることに成功できます。自分が女性にとってどの程度の位置付けにいるのかを常に冷静に把握して、客観的な行動をとるよう心がけることが何よりも重要です。 このように、素敵な異性と仲良くなって関係を深めたいなら、lineでのやり取りに余裕を持って対応することが求められます。長文のメールは避けて短く簡潔に送ることが、自らの好印象に繋がるのです。日々のちょっとした面白い話や相手を気遣う言葉を投げかけることで、次第にコミュニケーションを深めることも夢ではありません。脈があるときは、笑顔のスタンプや質問が届く傾向にあるため、わかりやすいです。”

好意をもってくれているときのline例

“女性からlineでメッセージが送られてきたものの、脈なしか好意があるのか判断できない方も多くいます。もしも好意があるメッセージで脈なしと判断してしまうと、2人の距離を縮めるのが難しくなります。効率的に2人の距離を縮めていくためにも、好意を持っているメッセージの特徴を把握しておくことが必要不可欠です。 例えば好意を持っている女性からのメッセージの特徴の1つに、返信の早さがあげられます。興味がない男性からの連絡に対して、すぐに反応するという方は少なくなっています。そこで返信が早いという場合には、自分に興味がある可能性があるのでデートに誘うなど積極的にアプローチをするのも1つの手です。 また自分からの誘いに積極的という場合は、好意がある証拠です。例えば今度食事に行こうと誘ったときにどのような反応かという点で、女性からの脈があるか判断することが可能です。実際に食事に行こうと誘って「今度行きましょう」と返信があったとしても、実際に女性が行く気があるとは限りません。今忙しいと適当に濁して、実際には行く気がないというケースも多く見られます。一方で「来月は時間に余裕があります」のような自分の予定を含めた返信の場合は、自分に好意を持っている可能性が高いです。 さらに悩みや怪我をしたなどのlineが送られてきた場合も、好意があるかもしれません。興味がない相手なら、自分の弱みとなるような悩みは相談しないものです。そのような悩みという自分の弱い部分を見せることで、相手との関係を縮めたいと考えている方も多くいます。一方で怪我や具合が悪いというlineも、弱っているときに好きな人に構ってほしいという気持ちの表現方法の1つの可能性があります。 ほかにもスタンプだけもしくは写真だけがlineに送られてくる場合も、好意を持っている証拠になります。女性は自分が好きな相手と時間や良いと思ったものを共有したいと考えています。そのためスタンプのみ、もしくは女性が可愛いと思った写真などが送られてきた場合は脈がある可能性が高いのです。 lineで女性から好意があると思われるメッセージが送られてきたとき、大切なのはその後の対応です。その後の対応を間違えると、2人の距離感が離れてしまう可能性もあります。例えば返信が比較的早い女性なら、自分もなるべくこまめに返信を送るようにしましょう。さらに写真などが送られてきたときにも、「可愛い」など何らかの反応をすることが大切です。”

スタンプだけ、顔文字なしは脈なし?

“lineの返信がスタンプだけだった、あるいは顔文字なしのメッセージだったなど、これらの返信の仕方に不安を感じる人もいるはずです。心理にはいくつかのパターンがあり、場合によっては脈なしと判断できることもあります。 スタンプだけだった場合の判断ですが、相手の心理としては、適当にあしらいたい気持ちを持っていることが考えられます。文字を打つのも面倒臭いという考えがあり、意図を明確にしないスタンプで無難に済ませようとしてくるのです。言わば手抜きの返信でもあるため、脈ありと判断するのは難しいかもしれません。 ただ、スタンプと言っても愛情を表現するようなデザインもありますので、その限りとも言えないでしょう。その時の話の流れやスタンプのデザインによっては、むしろ良い方向で受け取ることもできると言えます。内容次第で判断が分かれるため、状況に応じて見極めるほかないです。 続いて絵文字に関してですが、絵文字で装飾がされていないメッセージですと、殺風景に見えてしまうものですよね。まるで相手の気持ちも冷めているように見えてしまうものですが、脈なしと判断するのが妥当なのでしょうか? 絵文字なしの場合に考えられるのは、まずお互いの距離感がまだ近くないことです。親しい人にだけ絵文字を使うという人もいるため、殺風景だからといって必ずしも脈なしというわけでもありません。特にメッセージの内容が好意的な内容ならば、前向きに受け取っても差し支えはないと言えるでしょう。 相手の出方を見ているのも、絵文字なしのメッセージの理由のひとつ。絵文字に対しては誰でも好意的に見てくれるわけではなく、中には子供っぽくて苦手という人もいます。そうした人もいる中で、絵文字を使ってしまうと失礼になることもあるため、最初の内は文字だけでメッセージを送ってくることもあるのです。 脈なしの可能性が考えられるパターンとしては、短文で絵文字なしの場合が挙げられます。例えば「はい」、「分かりました」などのそっけない返信な上、絵文字なしですと、そこまで大切な相手に思われていない可能性があります。仮に大切な人に思われているのなら、そっけないメッセージを送ってしまうことで冷たい印象を与え不都合がありますので、それを避けるために装飾をする人もいるはずです。それをせずに平気で短文を送ってくるということは、別に冷たい印象を持たれても構わないという相手の気持ちの表れであり、即ち脈なしと判断することができるかもしれません。”

向こうから質問がないときは脈なし?

“好意を抱いている異性とlineをやりとりしていると心弾みます。そのlineのやりとりが毎日の生き甲斐となる場合もあります。それほどまでに気になってしまうlineですが、最初の頃は相手のことを互いに知りたいという気持ちが先行しますので、質問が多いやりとりとなります。では、相手から質問がなくなってくると脈なしということになるのでしょうか。 相手は自分が想像している以上に、自分のことをline上で洞察しています。文面を読んだだけで、ある程度の人柄は分かるのです。例えば、相手が質問してきたことに対してこちらが長文で丁寧に返信しますと、几帳面で丁寧な性格の持ち主であるという印象を相手が抱きます。他方、相手の質問に対して1行程度の短文で返信をしていますと、面倒くさがりな性格というように相手に捉えられてしまいます。返信の時間も相手はよく見ています。既読になってから返信までの時間が短い人は、几帳面という印象を相手に抱かれます。既読になってから返信までの時間が長い人は、マイペースもしくは面倒くさがりな人という印象を相手に抱かせてしまいます。自分が意図せぬ時に、相手に印象を植え付けてしまっている場合があるのです。 そのようにして、lineをやりとりしていくにつれ、相手はこちらのことが分かったような気分になってくるのです。こちらのことが分かったような気分になってきますと、徐々に質問形式でのやりとりは減っていきます。質問することが無くなってくるからです。それは、相手に好印象を抱かれたとしても、悪い印象を抱かれたとしても同様です。一定の期間が経過しますと、相手からは質問がこなくなります。ですから、質問がないから必ずしも脈なしという訳ではありません。十分に理解したから質問を終わらせ、より発展的な会話へと持ち込みたいという相手側の意図かもしれません。その逆もあり得ます。こちら側の性格を十分に理解できたから、自分とは合わないと相手側が思って、質問をやめるケースがあります。その場合は、lineのやりとり自体がそこで終了するケースが殆どです。ですから、質問がなくなって相手から返信がない場合は、脈なしの可能性は大きいと言えるでしょう。質問がなくても、会話形式でlineでのやりとりが継続しているなら、脈はある可能性があります。自分が相手の意図を見極めるにあたって、これまでの自分の送信内容をlineで確認しておくことが大切なのです。”

既読無視にはどう対応する?

“lineでメッセージを送ったものの、なかなか既読が付かないということもありますよね。このありがちなシチュエーションに置かれた時の対応次第で、相手の心証を大きく変化させることもありますので注意したいところです。 まず、やってはいけない対応としては、さらに重ねてメッセージを送ってしまうこと。返信がこないと不安になったり気になったりしてしまうことで、どんどんメッセージを入れてしまう人もいますが、これは良い行動とは言えません。ひっきりなしに沢山のメッセージが入ってくると相手も怖くなってしまう上、益々返信をしにくくなることもあります。それに、メッセージを読めない何かしらの事情を無視して、自分本位にアクションを起こしてくる相手に、マナー違反すら感じてしまうことでしょう。 既読無視を指摘するのも厳禁。送信をした側としては既読が付かないことで、無視をされている気持ちになることもあるかもしれません。それゆえにストレートに、既読無視を指摘してしまう人もいるようですが、相手からすると、面倒な人という気持ちにさせてしまうこともあるのです。たとえ無視をされている気持ちになったとしても、その気持ちを吐露してぶつけてしまうのは良くありませんので控えた方が良いでしょう。 他の手段での連絡を試みるのも注意が必要。lineのビデオ通話をはじめ、ショートメールやSNSからのアプローチなどが挙げられますが、別の角度から仕掛けられてくると、相手は大変な恐怖を感じてしまうこともあるのです。逃げ場がなく追い詰められているような心理にもなりかねず、下手をすればストーカーのようにすら感じさせてしまうこともあるでしょう。万一、そのような恐怖心を抱かれたら今後の関係性は絶望的とも言えます。 このような注意点を踏まえつつ、どのように対応をしていけば良いのかを考える必要がありますが、基本的にはしばらく待ってみることが大切。相手にもその時の事情がありますので、まずはゆっくりとメッセージをチェックできるタイミングになるよう、待ってみるのがマナーです。 数日待ってみても返信がこない場合は、それとなく再度アプローチをしてみると良いでしょう。その際には返信がなかったことを責めるようなことはせず、何もなかったかのように連絡を入れてみるのがポイントです。 もしも再三の連絡を入れたにも拘わらず返信がない場合は、脈なしのサインかもしれません。そこからさらにアプローチをすると、関係がこじれてしまう恐れもあるため、諦めることなく無理に仕掛けてしまわないよう要注意です。”

脈なしでも逆転できる可能性はある

“片思いの相手とlineをしていて、これは脈が無いと確信することがあります。脈なしの人がいくら頑張ったところで振り向かせるのは難しいと考える人が多いのですが、実はきちんと計算しながら動けば難しいことはありません。まずは順序立てて考えることが重要であり、現在どのように思われているのかを客観的に判断する必要があります。また、自信がなさそうに行動すると魅力的に見えませんので、自分に自信を持つことも大切です。 脈なしであることが確定したら、逆転するために相手のことを徹底的に調べなければなりません。情報は多ければ多いほど良いので、たくさん集めるようにしましょう。集まった情報を元に相手のプロフィールを詳しく把握すると、どのような人が好きなのかも分かってきます。次に趣味があることが分かったら、その方面の勉強をしておくのも有効です。自分の趣味について深く理解してくれるような相手に対して悪い印象を持つことはありません。これまで付き合ってきた相手のことを調べたり、どのようなきっかけで付き合うことになったのかを調べるのもおすすめです。交際経歴が分かるとどのような人に惹かれるのかが分かりますし、きっかけ作りができるかもしれません。 ここまで調べると相手の好みが段々と分かってきますので、相手の好みに合わせて自分を変えていくようにします。服装やメイク、性格、見た目などあらゆる面で好みに近づけることが重要なのですが、lineでやり取りする際には特に性格や物の考え方などを伝えることができますので、上手く活用して理想に近いことをアピールしていきましょう。 恋愛傾向を調べると相手に何を求めているかを知ることができ、見た目なら見た目の雰囲気を近づけ、内面なら好みの性格になるようにふるまうことが求められます。以前に付き合っていた人が分かると具体的な対策を立てられますので、可能な限り探っていくことが大切です。性格の好みなどは、lineでの何気ないやり取りからでも聞き出すことができます。 気になる相手だと認識してもらうには、周りからの評判が高いと思わせることも重要であり、SNSなどを上手く活用して競争率が高いと感じさせるのが有効です。競争率が高いことが分かると急に気になり始めてしまう人もいますので、これは多くの人に使える手です。 脈なしだと分かっていても諦めきれないことがあります。しかし、きちんとした策を講じれば逆転することができます。”

もしもブロックされてしまったら・・・

気に入った人が見つかったらサイトを離れてlineを利用して連絡を取るというような人も多いです。ですがlineは無料で連絡が取れるというメリットがある分、トラブルも多いものです。気に入らない相手がいたら非表示にもできますし、もう連絡がくるのすら嫌だという状態にでもなればブロックすることもできるので、それで相手の本当の気持ちが分かるということもあるものです。非表示であれば自分の画面からは消えますが相手からの連絡通知はきちんと来るのでまだ脈ありであることも多いですが、ブロックされてしまえばもう一切既読にもなりませんし自分からの連絡は拒否しているということにもなりますから、脈なしと考えても良いでしょう。ですが何らかのトラブルで連絡が付かなくなってしまうという可能性もありますから、既読にならないから一概にブロックされたとも言えません。長期の海外旅行に出ているのかもしれませんし、スマホの機種を変えたり修理に出したりしていることで連絡が途絶えてしまったということもあるでしょう。ブロックされたのかどうかは自分の画面からは分からないことが多いので、既読にならない時は悩ましいものです。ですから1ケ月たっても既読にならなくて何の連絡も取れなければ、フラれたと理解しても良いと思われます。何らかの原因でlineへ連絡が出来なくなったとしても、出会ったサイト経由で連絡をすることはできますし、line外の方法でも連絡できることはあります。もし出会ったサイトからも連絡が付かないのであれば、嫌われてしまったと考えるのが自然です。こうした時は残念ですが無理にこだわらず、次に行くという事も大事です。出会って繋がった相手といつまでも仲良くできれば良いですが、そうした長期の関係になるのは難しいものです。1回や2回会ってそのまま会わなくなるケースというのも珍しくはないので、一度ブロックされたからといって諦めないようにもしましょう。ブロックというのはとても悲しいことでもありますが、若い人ほどそんなに大したことだと思っていないということもあります。ブロックされてしまったら次の人を見つければよいというポジティブな気持ちを持つようにもしましょう。ブロックされて立ち直れば、それだけメンタルが強くなったという事もできるので、自分にとっても良いことはあるでしょう。脈なしでもくじけることなく、めげずに諦めないことが大事でしょう。

ブロックされているか確かめる方法

“lineでブロックをされているのかを確認する方法としては、スタンプを送ってみるという事が出来ます。これをプレゼントしてみて、既に持っているのでプレゼントできませんという事になれば、ブロックされている可能性が高いという事になります。正し、本当に持っている場合にはこのようなメッセージが出てくる事になりますから、スタンプはまず持っていないと考えられる極めてレアなプレゼントするというようにすると良いかも知れません。 lineがブロックされるとこちらから送ったメッセージは全て相手には通知されませんので、送っていないものと同じ扱いになり、相手は気づくこともないのです。ですから既読マークがつくこともありませんから、いつまでたっても既読にならないという事はブロックされているという可能性が高いという事も言えるのかもしれません。 相手にlineがブロックされるという事になれば、これは完全に脈なしとなると考えて良いでしょう。ブロックというのは極めて強い情報交換を遮断する行為ですから、この行為をするという事は相手からの情報には触れたくもないという意志が感じられる事でもあります。人は一般的には敵を作らないという事を基本に考えるので、出来るだけブロックというような敵対するような行為はあまりしないものなのですが、それをするという事は、明確に相手に対して拒絶の意思を表明しているということになります。面と向かってこれを言うと喧嘩になってしまう事も考えられるぐらいの事ですが、ブロックはこっそりと黙ってすることが出来るので、それをしているだけに過ぎない。普通の関係性では少々腹が立つような事もあっても相手からの情報を全て遮断してしまうというこの行為はなかなかしません。この行為は昔でいうところの絶交ということになりますから、これで相手との関係性は無かったことにするというような宣言でもあるわけです。その人に向かってではなく、自分の周りにバリアを張るというような事ではあるのですが、ブロックをした人以外の人からの情報は受け入れるわけですから、これは極めて強固な意志を伴った行為だと考えて良いかも知れません。 ですから、ブロックをされるような事があれば、それはまず脈はありませんから、そのように自覚した方がいいでしょう。こちらから送っている情報が常に既読にならないという事であれば、かなりの確率でブロックされていると考えて良いかも知れませんから、そのような場合には諦めるという事を考えた方が良いかも知れません。”

こんなlineは女性が喜ぶ

気に入った女性とlineを交換し合う中になったとしても、そのやり取りがつまらなければブロックされてしまって脈なしにもなってしまうものです。ウザいと感じられるようになったら即ブロックしてしまうという人も多いので、長く付き合えるようになるにはlineでいかに喜ばせることができるかが重要になってくるともいえるものです。女性を喜ばせるlineとしては、面白さを感じさせることができるかどうかにかかっています。自分の自慢話を長々とlineでされても楽しいと思われることは少ないですし、興味のないことであればそのまま既読スルーされてしまうようなことも珍しくありません。ですから自慢したかったり面白いと感じることをしたいのであれば、写真と少しのコメントを送信してみるようにしましょう。その写真に興味がなければそれで終わってしまいますし、興味を持ってもらえれば返事がくるでしょう。自分が所有しているもので高級なもの、自慢できるものがあるのであれば写真と少ないコメントで見せるのがおすすめです。また、自分を励ましてくれるlineは相手が誰であろうと嬉しく感じるものです。仕事で忙しい時や、一人で過ごしていることが考えられる時間に体調を気遣うようなlineをすると喜ばれることがあるでしょう。そうした疲れているときなどは美しい景色やイルミネーションの写真などをlineで送ると喜ばれることもあります。こうした美しい景色などの写真は下心が見えないですし、単純に相手を喜ばせたいという気持ちがわかるのでおすすめです。もし好感を持ってくれる返信が来たら、その時に今度一緒に行こうなどの誘いをかけてみても良いでしょう。lineのタイミングによって次のデートの誘いがスムーズになるということもあります。ですが、喜ばせようとして身の丈にあっていないような内容を送信するのはやめましょう。セレブでないのに気を引きたいがためにセレブのふりをしたり、お金持ちのふりをしてしまうと後で嘘で嘘を固めなければいけなくもなるものです。後で自分自身の首を絞めないようにするためにも、喜ばせるためのウソはつかないようにもしましょう。また、大したことがないない内容でも女性は喜ぶことがあります。ストレートに好きだという気持ちを伝えたり、自分の思いを正直に伝える内容は喜んでもらえることも多いでしょう。良く見せるために無理をしないということも大事なことです。

喜ばれるlineの例

“lineは便利なコミュニケーションツールです。今やスマートフォン利用者のほとんどがlineを使ってコミュニケーションをとっています。最大の特徴としては、送ったメッセージを相手が読んだかどうかが分かることではないでしょうか。今までのメールでは、相手が読んだのかは返事が来るまで分かりませんでしたが、lineではすぐに分かります。相手が読んだかどうかでヤキモキすることはなくなりましたが、今度は相手が読んだのになぜ返事をくれないかでヤキモキすることが増えています。そして「既読」したのに返事をしない「既読スルー」と呼ばれる言葉が生まれ、使われるようになっています。 では女性に既読スルーされないような、そして喜んでもらえるようなメッセージとはどのようなものなのでしょうか。既読スルーされるということは脈なしの可能性が大きいですが、相手が思わず返事をしたくなるようなメッセージを送ることができれば、脈なしから少しは興味をもってもらえるようになる可能性もあります。まず女性は自分の話を聞いてもらいたいという気持ちが強いですから、あまり自分の話ばかりせずに、女性の話をうまく引き出しましょう。簡単な質問で「今日はいい天気だったけど、どこか出かけた?」「昨日のあのドラマ見た?」などイエス、ノーで返せるような質問をしてみましょう。できれば事前に会話したことなどを内容に盛り込めば、自分の言っていたことを覚えていてくれたことが分かり、さらに喜びは増すはずです。「今日、何食べた?」などの質問は、イエス、ノーでは返せないので、最初の質問としてはあまりおすすめできません。返すのが面倒だと感じたり、いきなり自分のことを知ろうとしていると警戒心をもたれてしまいます。そして最初のメッセージになかなか返事がなくても焦って続けておくったりせずに、少し待ちましょう。例えば昼に送ったら、夜までは待ちます。しつこくすると、女性は嫌がり、嫌われます。夜になってメッセージを送る場合には「今日、〇〇をしたよ、おやすみ」くらい簡潔にしてください。そして返事は特にいらないということを示すために「おやすみ」と言えば、返事を求めていないけど、あなたのことを気にかけていてメッセージを送りましたということが伝わります。どんな形にしろ、自分のことを気にかけてもらって嫌な気分になる人はいませんから、適度な距離を保ちながらも離れすぎないということが大切です。”

女性が嫌がるline

女性が嫌がるlineのメッセージ内容として様々で、嫌だなと思われているのにメッセージをし続けてしまうこともあります。その原因として脈なしのポイントがわかっていないことが挙げられます。脈なしだとわかれば、一般の人であればもうメッセージを送るのはやめようかなと考えるものです。脈なしの反応として挙げられるのが、質問を投げかけても返答だけという状態です。通常相手と少しでも会話をしたいなと思ったら、少し話題を広げるために質問返しをしてきます。あなたについては?という質問が帰ってこない場合は、残念ですがあまり興味がない証拠かもしれません。中にはそういう人もいますが、それなりに興味があれば間があてもそれなりの質問はしてくると思いますので、全く質問されないことに関してこのケースでは言われています。質問を投げかけないことについては、会話を続けたいという気持ちがさらさらないので、相手から反応がないということになります。次に会話の最後にスタンプを押してくるケースもあります。このスタンプの意味としてはこの会話は終わったよという合図となります。この場合スタンプを送り返すことでこの回の会話は終了してしまいます。会話の文章ごとにスタンプを入れてくる人は、もしかすると会話を早急に終わらせたい人かもしれません。あまり会話を伸ばしていくと嫌がられる原因となりますので、注意が必要ですね。返信がとても早い人が中にはいます。これは自分に脈ありだと思っている男性も少なくありません。自分に気があるので、いち早くレスポンスをしたいという気持ちの表れということですね。しかし、これには意外と違う部分もあり誰にでもレスポンスが早い女性もたくさん存在しています。あまり有頂天になることはおすすめされず、彼氏気取りにはならないように気をつけましょう。次に基本的に返事が素っ気ないというケースです。へー・そー・うんなどという短い返事で終わってしまう場合、残念ながら嫌がられている可能性があります。このような返事をしてフェードアウトを狙っていることもあります。このような女性は悪い人ではなく、嘘をつけない性格なのかもしれません。本音がその返事に織り込まれていますので、早めに察知してメッセージを控えた方が良さそうですね、最近では既読スルーだけではなく未読スルーも巷では流行っています。既読スルーはよくない印象を与えるので、最初からメッセージを読まずに放置するという対処法です。これには相手への気持ちに気遣いを感じますが余計に傷つくこともあります。従ってさらに傷つかないように早めに離れましょう。

嫌われてしまうlineの例

“嫌われがちなlineの使い方に、毎日のように送る挨拶が挙げられます。何気なく送ってしまう「おはよう」、「お疲れさま」などの挨拶は、一見すると距離を縮めるための良い手段に思うかもしれませんが、相手からすると、うっとうしく感じられていることもあるのです。特に脈なしの相手からこのような連絡がくると、迷惑にすら感じられてしまう恐れがあります。脈なしの状況の中でさらにマイナスの印象を植え付けてしまうと、今後の発展性は絶望的です。 状況報告のlineも嫌われがち。聞かれてもいないのに、「やっと仕事が終わった」、「今どこどこに着いた」など、状況をいちいち連絡してくる人もいますよね。しかもこういった連絡をしてくる人に限って、連続でどうでも良い内容を報告してくることもあるため、ますます不快になったという経験を持つ人もいるでしょう。送信をする側からすれば何かしらのリアクションを期待しているのかもしれませんが、その連絡を受ける側としては内心、イラッとしているというケースも少なくありません。何気なく連絡が取れるツールだからといって、無暗やたらに連絡を入れるのはタブーな面もあるため、使い方を誤らないように注意をしたいところです。 長文を送ってしまうのも印象が悪くなりやすいです。あまり短文を連続して送るのも良くないですが、だからといって長ったらしい文章を送るのも、気持ち悪がられやすい傾向があります。きちんとメッセージを書くことで気持ちが伝わりやすくなるという考えがあるのかもしれませんが、長々と書かれてしまうのも相手は戸惑います。特に脈なしの気持ちを持っている相手からすれば、そのような重たいメッセージが来ると恐怖すら感じさせてしまう恐れがあるのです。 間髪入れない返信も、嫌われてしまう可能性がある例のひとつ。相手からメッセージがきた場合、待たせることなくすぐに連絡をした方が、良い印象を勝ち取れそうな気持ちになるかもしれません。しかしながら即レスポンスを返してしまうと、相手からすると急かされている気持ちになったり、ずっとメッセージを待たれているような無言のプレッシャーを感じたりすることがあるのです。良かれと思っている行動が、実は相手から受け入れられない行動に感じられている可能性も否定できません。基本的には相手のペースに合わせるようにした方が負担になりにくいため、自分の気持ちを前面に出した行動はできるだけ控えることも必要と言えるでしょう。”

持っておくと便利なスタンプ

“lineの特徴は、スタンプで自分の気持ちを伝えることができるという点にあります。ウサギやネコ、顔などいろいろな可愛いスタンプは誰でも一つは所持しているでしょう。しかし、相手の反応がイマイチの時にどのようなスタンプを送ればいいのか迷った経験はありませんか。そのような脈なしの時に使える便利なスタンプをご紹介していきます。 女性が脈なしだと感じているのに、構ってもらおうとするスタンプを送り続ければ逆効果になりかねません。まずは基本的な挨拶だけのものを持っておきましょう。「おはよう」や「お疲れ様」などの挨拶のスタンプは、脈なしの女性であっても負担に感じることはありませんし、場合によっては相手も返してくれるでしょう。 脈なしの女性に対して一番送ってはいけないのが、「チラッ」の様子をうかがうようなものです。これは相手にイラつかれるのがオチですので、やめておきましょう。それから、ギャグを前面に出したものも引かれてしまいますので、注意が必要です。この手のスタンプは男同士であれば盛り上がることもできますが、女性はそのキャラクターを知らなかったり、そのギャグを知らない可能性もある為、「なにこれ?」と冷めた対応をされてしまいます。 使い勝手が良く、女性ウケが良いのはシンプルなものです。あまりにもイマドキ感があるものよりも、ベーシックなものを持っている方が好感度が高く、男らしさを感じさせます。ですが、あまりにもシンプル過ぎるものも良くありません。「じゃあどれがいいんだ」という声が聞こえてきそうですが、シンプルなのに女性の心を鷲掴みにするものを選ぶということです。おすすめは動物シリーズで、可愛いキャラクター動物たちは女性人気も高く、吹き出し部分に可愛いコメントが付いていることもあるでしょう。「お疲れ様です」「楽しみ」などシンプルな言葉に可愛いキャラクターは、男女問わず使い勝手が良いものです。 クリエイターのものなどには、個性豊かなものも多いのでチェックしてみてください。また、動くものなども主流になっていますので、動きの可愛らしいものもおすすめです。脈なしの女性でもつい反応してしまうなんてこともありますので、興味を引かせるようなものを見つけることが大切です。そして何より、相手に脈がないと分かっているのに、むやみにlineをしないことも大切です。程よい距離感と、相手に負担にならない回数を意識してください。スタンプだけではなく、一言添えることも忘れないようにしましょう。”

顔文字の使い方にも注意!

“顔文字は、気になる女性とlineをするときに感情を表現する良い手段となってくれることも少なくありません。でも、顔文字はスタンプに比べると小さいですし表現が上手くできないこともありますので、注意が必要なこともあります。顔文字の使い方で迷ったら、あらわしたい感情を日本語で入れると、それに見合った顔文字が出てきますのでその中から選ぶようにすると大きくぶれることはありません。 顔文字の使い方次第では、相手から脈なしと思えるような返事が来たり、既読無視や最悪の場合未読になってしまうことも少なくありません。スタンプはある程度、相手から送られてくるものの傾向で自分が送るべきものを考えやすいですが、顔文字も同じことが言えます。 相手が送ってくる顔文字の傾向を分析すると、自分が送るべき顔文字が見えてきますので傾向を把握して対策を練りましょう。スタンプ同様、顔文字もその時の自分の気持ちを表すために重要となってきます。自分の気持ちはあまり表現しすぎても重たくなりますが、さりげなく挨拶の時に使うのは感じが良いものです。 例えば、向こうからスタンプしか送られなくなったら脈がないのか、という意見もありますが確かに毎回スタンプだけでは少し不安になりますし、こちらも何か一言付け加えると感じが良くなります。顔文字も同じで、相手が脈なしかもしれないけど一応はlineは続いている、というケースでも顔文字とともに必ずコメントを入れるようにすると印象も良くなります。 顔文字一つで相手が脈なしになる、とは言い切れませんが女性がどうしようか決めかねているときに無神経な内容のlineを送ってしまうと、せっかくの関係も台無しになってしまいかねません。相手の女性との間柄を順調に保つためには、顔文字やスタンプは使いすぎても良くありませんし、全く使わないのもそっけなくなってしまいます。 顔文字と入力すると、たくさんの感情をあらわすための物が出てきますので、使えそうなものを選んでおくと良いでしょう。そうすると、会話の途中でもすぐに使うことが出来ますし会話も弾みます。意外と色々な種類がありますのでスタンプよりも使い勝手が良いと感じることもあるかも知れません。 脈なしと思われる相手の女性のそぶりが明確になったら、あまりしつこくlineはせずに様子を見たほうが良いケースもあります。その時は、顔文字も控えめにしておいた方が無難といえるでしょう。”

気になる女性にはこんなlineをしよう

“自分が気になっている女性とlineを交換することができましたら、できるだけその女性に気に入られるような内容のやりとりを心掛けたいものです。気になっている女性に対して適切なlineとは、どのようなものなのでしょうか。 気になっている女性とlineでやりとりをするにあたって注意したいところは、自分が女性からのlineを既読にしてから、できるだけ早く返信するように心掛けることです。既読になっているのに返信がない状態だと、女性に脈なしという印象を抱かれてしまう可能性が大きいのです。そのようなネガティブな印象を女性に抱かせないためにも、どのような形でも既読にしてから返信までの時間は短くしておきたいところです。しかし、女性からいつ連絡がくるかは分かりません。自分が仕事などで忙しい場合もあるでしょう。そのような時は、スタンプでも良いので返信をするのです。もしくは、文字を入力する余裕があれば、あとで連絡する旨を伝えておきます。そうすることで、女性に対して几帳面で丁寧な人間という印象を与えることができ、女性は好印象を抱くこととなります。そして、忙しい時間が終わりましたら、必ずこちらからlineを入れることが大切です。そして、じっくりとやりとりをするのです。女性は聞いてほしい話などがあります。場合によっては、やりとりが長くなるケースもあるでしょう。ですから、十分に時間を確保できる時にこちらから連絡することが大切です。 普段の何気ない挨拶も大切です。そのやりとりが無くなってしまいますと、脈なしという状態になってしまいます。朝はおはようございますから始まり、夜はおやすみなさいで終わるのが理想的です。忙しくて日中にやりとりが出来なかった日であっても、その二つの挨拶だけは毎日欠かさず続けたいところです。そうすることで、礼儀正しい人という印象を相手の女性に抱かせることができます。礼儀正しさを悪く思う人はいません。礼儀を重んじる人の方が多いのです。ですから、相手から返信がなかったとしても、こちらからはおはようございますとおやすみなさいの挨拶だけはしっかりとしておくことが大切です。 女性は悩むことが多いです。仕事で悩んだり、プライベートで悩んだりと、悩みの種は多様です。その悩み相談をlineでのることで、女性はこちらに対して親近感を抱くようになり、心を開いてくれるようになります。女性の心を開くのは悩み相談を受ける時が絶好のチャンスであり、悩み相談の回数が増えるにつれて、こちらに心を開いていると捉えることができます。ですから、多少やりとりが長くなったとしても、女性が悩みを抱えている時は、積極的に話をlineで聞くようにすると効果的です。直接の声で相談をしたいと女性から申し出があれば、コールして電話感覚で話すことも可能です。声を聞きますと、互いにより大きな親近感を抱かせます。lineコールは切り札として置いておくと良いでしょう。 このように、気になる女性には、マメにlineのやりとりをすることが前提となります。忙しくて返信できずとも、朝と夜の挨拶は欠かさず行い、時間がある時は女性の話を聞くというスタンスが大切なのです。そうすることで、気になる女性と脈なしになるということはなくなるでしょう。”

lineを用いて気になる女性とやり取りをしている際に、脈があるかどうかが心配になることもあるでしょう。そういったときはやり取りの内容を見て脈ありなのか脈なしなのかを判断することが可能です。既読スルーをされて辛い思いをした人も多いかもしれませんが、そんなときでもしっかりと対応することが大切です。始めは脈なしでも会話を続けていくことによって心境が変化することもあります。ブロックをされている心配があるときは、いくつか確認するための方法があるので確かめてみると安心です。女性に楽しんでもらえるように工夫してlineを送ると効果的です。

【お悩み】これって脈なし?気になる女性からのline
Rate this post