モテたい男のためのモテる方法。

季節ごとのイベントを恋人と一緒にとお考えの方も大勢いらっしゃることでしょうが、恋人がおらず異性からモテることすらない筆者には夢のまた夢の話です。別に異性に興味ないからなどと周りには強がって言っているものの、本心は「モテたい」の一言に尽きます。そこで、今回はモテるために男として何を努力すればいいのかを独自に研究しまとめあげました。モテたいという願望がある方必見ですので、最後までお付き合いいただき参考にしてくださると幸いです。

男という生き物は、人間も動物もモテる努力をしています。

“日々の生活の中で、仕事と自宅との往復で一日が過ぎていって気がつくと週末は一人で過ごしている男性はかなりの数存在します。しかしその中で本当に、この先出会いもなくてずっと一人でも良いと答える人は、ほとんどいなくて、やはり彼女がいれば楽しいのかもと思いつつ過ごしているみたいです。でも特に行動に移さないで、じっとしていて突然彼女が降ってくるはずはなく、ただただ同じような毎日の繰り返しをして年を重ねている。そんな毎日にさよならしたいと思いませんか。 世間では、かっこいい男の人をイケメンと言ってもてはやし、最近では国宝級イケメンランキングたるものも存在していてどういう基準なのか理解に苦しみますが、とにかく今、イケメンだと何かと得をすることが多いです。 そういったイケメンを横目に最初から顔の創りが違うから無理だと言って、モテる努力もしないで愚痴ばかり言っていてもモテることからは程遠い生活です。 もし本気でモテたいと考えるのであれば、やはりそれなりの努力はしないといけないと思います。 しかも人間だけが唯一、異性からモテたいと考えているのではなく動物もモテるために日々努力をして、そのおかげで進化していたりします。 例えば、努力して綺麗になったので有名なのは鳥の孔雀です。綺麗な羽を広げているのはメスではなくオスなのです。そして綺麗な羽を広げながら、メスたちがよってくるのを待っているのです。動物のオスですらそうやって美しく進化していっているのに人間の男がただ待っているだけでは、一度しかない人生がもったいないです。動物のように、まずはお洒落から取り入れていく方法が一番手っ取り早い方法で、それをするためには今の流行のファッションを取り入れた服装をまずしてみることです。何となく雰囲気が変わるだけで、女性はそれまで何とも思っていなかった人でも気になったりし始めるかもしれません。ちょっと興味を持ってもらうだけでも進歩ではありますが、そこであまり必死にならないで余裕を持っている方が印象は良いです。そしていろんなファッションの勉強をするだけでも人間に幅が出て魅力的になるはずなので、髪型も服装にあった髪型になっていき持ち物もその時のトレンドなものを取り入れるだけで、意識の高い人だと女性からだけでなく同性からも一目置かれるようになります。そうなったら、もう勝ったも同然です。モテる努力は絶対に無駄にはならないはずです。”

お見合い制度はありません。自分で頑張るしかないのです。

モテたいのは女性だけではなく、男も同じです。それは人間の本能とも言える欲望だと言えますが、だからこそモテないと感じると悩みは尽きません。近年は少子化が大きな社会問題としてとらえられていますが、その大きな原因の一つに非婚化があるとされています。もちろん結婚願望が全く無いため結婚しないという選択をする人達は少なくありませんが、結婚願望があるのにも関わらず持てないが故に結婚することが出来ないという人達も数多く存在しています。そのため婚活という言葉が広く世間に知られるようになっていますが、婚活とまではいかなくてもモテたいのにモテないという男は星の数ほど存在していると言って良いでしょう。一昔前であれば親戚や近所に世話好きの人がいて、年頃になるとお見合い話を持ってきてくれていたりしていました。そのためモテない男性でも女性と交際や結婚することが出来るような環境があり、婚姻率も非常に高い数値を維持し続けることが可能でした。ですが残念ながら、現代ではそのようにお見合いを世話するような風潮が皆無と言っていいほど無くなっています。それこそ一昔前まではお見合い結婚が主流だったのと比較すると、現代では恋愛結婚が圧倒的多数を占めていることでも分かるでしょう。モテたいけれどモテない男には辛い世の中になっていると言え、モテたいならば自分で頑張るしかないと言えます。お見合い制度が崩壊した現代では、モテるために努力した男だけがモテると言っても過言ではありません。モテるために外見を磨く努力をしたり、会話に困らないよう幅広い知識を身に付ける努力をしたり、誰にでも優しく接する事が出来るよう心がけて生活したり、モテたい男には様々な努力が必要になってきます。自分を磨く努力をするだけではなく、女性との出会いの場に積極的に出掛けてみたり、知り合った女性にはこまめに連絡するなど、積極的なアプローチも欠かすことは出来ません。いずれにしても、モテるために頑張らなければ女性との出会いもままならない世の中になっているということを忘れないようにしましょう。近年はお見合い制度は無くなりましたが、インターネットなどが発達しているため男女の出会いをサポートしてくれるサイトやアプリは非常に豊富です。便利なものをたくさん使用してモテる努力をしても良いので、とにかく自分で女性との出会いのチャンスを掴み、その後の交際や結婚へと進むための努力を惜しまないようにしましょう。

結婚相談所や出会い系アプリなど、出会いの場はあります。

“モテたい男性はそれなりの努力が必要です。自然に出会いを探したいと思うよりも、自分から積極的に結婚相談所や出会い系アプリに登録するなどの行動が必要です。モテるためにはまず女性を知らなくてはいけません。自分を愛してくれる女性がいいと理想の女性をどれだけ描いても、想像どおりの女性はなかなか存在しないものです。女性にとってメリットある男性とはどんな男性か考えてみる必要性があります。モテる人はイケメンだけではありません。イケメンでなくてもモテる人は存在するのです。そのような男性になるためにも努力が必要です。まずは出会いを求めるところから始めましょう。結婚相談所や出会い系アプリの出会いを否定するような時代ではありません。ネットがこれだけ発展している時代です。ネット環境を活用してで知り合うのも自然なことなのです。モテる男性は女性を喜ばせるコツを知っています。女性をエスコートするのも自然に身についています。しかし彼らは最初からスマートなモテる行動ができたのでしょうか?それは違います。多くの出会いを通じて、いくつもの失敗を通じて女性の性質を学んでいるのです。なのでモテたいと思うのならまずは出会いを求め女性にあう必要があります。もし一回のデートで断られてしまった場合は、何故良くなかったのか反省すべき点を探しましょう。そしてどのような行動をするのが正しかったのか検証してみましょう。そうすることで次回合う女性とのデートで役に立つ事柄を見つけることができます。そう繰り返していくに、女性の性質がだんだんと理解できてきます。そして女性を上手く喜ばせ、自然にモテる男になってくるのです。 もし結婚を望むのであれば結婚相談所に足を運びましょう。結婚を考えている女性が集まっているので自然に結婚のゴールが近道となってきます。まだ結婚を深く考えたくないのであれば、恋活系の出会い系アプリに登録しましょう。恋を楽しみたい女性が集まっているので、即結婚の話しにはなりません。縁はどのような形でも良いのです。自然に出会うことばかり考えているとなかなか簡単には出会うことがありません。偶然を待つよりも、結婚相談所や出会い系アプリを活用することで、出会いはグッと増えるのです。躊躇する必要はありません。今の時代は多くの人が出会いを求め活用しています。モテたい男性は、出会いの第一歩として気になる結婚相談所やアプリを探してみると良いでしょう。”

身体を狙われる女性と違って、財産被害の危険性はあり。

男性はお金目当ての女性が寄ってくる危険性があるので、モテたいからと誰でもオープンな姿勢でいると被害者になってしまいます。財産が無くても好きになってくれる女性を選ぶのが幸せにつながります。お金目当ての女性は、いかにもお金が好きで近寄っているという分かりやすい雰囲気は作りません。「お金持ちのあなたが好きだけど、お金がなくても好きになっていた」とあくまでも中身を見て好きになったことを強調します。お金に興味のない人は財産について触れないので、このようなセリフが出た時点でお金が一番好きです。年収や仕事の質問が多いのも注意しなければなりません。ダイレクトに年収を聞かなくても、職種や勤務先を知れば大体の稼ぎは分かります。答えた内容によって明らかに喜んだり落ち込んだりと態度が変化したら数字でしか男性を見ていません。結婚まで考えるような真面目な女性は安定した将来のために年収や仕事に興味を持ちます。しかしお金目当ての女性と違って、彼女たちは趣味や休日の過ごし方など他にもたくさんのことを聞いてくれます。ステータスだけでなく人柄も知ろうとする姿勢があれば、財産狙いと決めつけずに交流を深めましょう。お金しか見ていない女性はデートで奢ってもらうのを当たり前だと考えています。会計前に支払いを気にしているフリはしますが、男性が待っても財布は出しません。彼女たちは賢いので会計はどうするのかと聞かれた男性は「奢るからいいよ」と答えるのを知っています。男性のプライドで割り勘にしようと言えないのを分かって、財布を触るフリをして奢るように促します。奢ってもらったことに感謝の言葉は述べますが、次のデートもその次もずっと同じ方法で奢らされます。お金に執着しない女性は「次はご馳走させてください」と自分で店を予約するなどお金を出す前提で話しますが、お金狙いの女性はお金をもらうことはあっても出すことはないので分かりやすいです。このような女性にプレゼントを渡しても好感度を上げることはできません。男性から物をもらうのは当たり前で、次はもっと高い物をおねだりする計画を立てています。少しずつお金を使わせて、利用価値が無くなったら捨てられます。お金があるうちはチヤホヤして恋人らしいこともしてくれますが、お金がないと一緒にいる理由がなく女性にのめり込んだ男性は借金をするケースもあります。土地などの資産があるとそれまで奪おうとするので注意しましょう。

三高男でなくともモテる人はもてます。

“モテたい男性が落ち込んでいる時に愚痴ってしまう定番文句が「頑張ってモテるなら頑張るけど、実際には三高でないとダメなんだろ」というものです。 三高とは高身長、高学歴、高収入の三拍子揃った男性のことを意味する用語で、バブル時代の女性の間では「付き合うなら三高を狙え」が合言葉となっていました。 もちろん現在でもこの3つの要素は結婚相手として魅力なものなので、これらを兼ね備えた人は大人気です。 しかしだからといってこの3つの要素を持っていない人間が、女性に相手にされないという訳ではありません。 結婚情報サービスが行ったアンケート調査で、女性が魅力的に感じる男性についての回答を見ればそれが分かります。 まず10位ですが「下心を隠せる」となっています。 紳士的な振る舞いは学歴や身長に関係なく実践できることです。 9位は「魅力的な声をしている」です。 これまた学歴は関係ありません 8位は「美人だけを贔屓しない」です。 明日からでも実践できる内容ですね。 7位は「ルックスがいい」、6位は「服装のセンスが良い」です。 前者はともかく後者はファッション雑誌で勉強するなどの努力で磨けます。 5位は「威圧感がない」4位は「気配りができる」です。 やはり誰でも努力で改善可能な部分ですね。 3位は「礼儀正しい」、2位は「尊敬できる人間性を持っている」、1位は「清潔感がある」となっています。 10位から1位まで見てきましたが後天的な努力ではどうにかならない部分は3つだけ、三高の1つである身長の高さはランクインすらしていません。 男性が抱いている「三高でなければモテない」はこの点からも根拠がないことが分かります。 学歴や年収が入っていないなんて、このランキングは信用できないと思われるかもしれませんが、みなさんが考えているほどには最近の女性は男性の学歴や年収を気にしていません。 共働きが一般化したことでバブル時代ほど男性の経済力に依存する必要がなくなり、自分自身も仕事をしていることから家庭にはお金があることよりも、ストレスなく家での時間を過ごせるかといった部分が重要視されるようになっているのです。 仮に身長や学歴がそれほど優れていないとしても、上記のランキングの条件を半分も満たせば女性は必ず交際対象として見てくれます。 どうせ自分では無理だと諦めていては、残りの人生がずっとモテないままで終わってしまいます。 ネガティブ思考は捨てて自分を磨き、モテる男を目指しましょう。”

外見は服装や髪型である程度誤魔化せます。

モテたい男性が積極的に行うべきことや意識すべきことや心がけるべきことや注意すべきことはたくさんありますが、外見を良く見せるための努力をするというのもその一つです。外見は服装や髪型である程度誤魔化せますので、モテる魅力的で素敵な男性になるために外見を磨いていきましょう。服装についてですが、トレンド感を意識したコーディネートに身を包むのがおすすめです。女性が男性に求めるものとして、トレンド感やお洒落さや清潔感やセンスの良さや綺麗さや男性らしさやかっこよさや優しさや美意識の高さや知的さやクールさやシンプルさや可愛さや親近感や包容力や力強さやストイックさや安心感や誠実さや爽やかさなどがあります。これらの要素を積極的にコーディネートに取り入れることで手っ取り早く女性ウケするファッションを完成させることが出来ます。女性ウケする鉄板のスタイリングは、デニムや無地のシャツなどを上手に着こなすシンプルでクールで清潔感やトレンド感のあるカジュアル系です。シンプルであるからこそサイズ感や素材やデザインにはこだわる必要があります。高級なブランドで全身をコーディネートする必要はありません。自分のスタイルや雰囲気やキャラクターにぴったり合っているかどうかも重要なポイントとなります。肌の露出度が高く筋肉をアピールするような服装や個性的過ぎる奇抜で派手な自己主張の激しい服装は女性ウケしませんので注意が必要です。コーディネートアプリやファッション雑誌やSNSやショップやサロンの店員などの着こなしを参考にして研究して女性ウケ抜群のファッションコーディネートを完成させましょう。髪型についてですが、服装同様にトレンド感を意識することが大切です。髪型がお洒落だと服装もお洒落に見えますので、手抜きや妥協はNGです。自分の髪質や顔の形や頭の形やファッションにぴったり合った最適なスタイルを見つけましょう。自分で似合う髪型がわからない場合は、サロンのスタイリストに全てお任せするのがおすすめです。スタイリストはプロですので、最適な髪型を提案してくれます。スタイリングしやすい髪型にするということも重要なポイントとなります。カラーによっても雰囲気が大きく変わります。女性ウケを狙うならカラーは暗めにするのが無難です。女性からの支持率が高い人気のモデルやタレントや俳優の髪型を参考にするのも良い方法です。トレンド感のある女性ウケする外見に導いてモテる男性を目指しましょう。

割れ鍋に綴じ蓋、どんな人にも合う人はいるものです。

“例えば「出会いがない」「うまくマッチングできない」「実際に会っても一回限り」といったことが続けば、自分の何が悪いのかと考える方が多いでしょう。できればモテたい、けれど自分には特筆すべき良点がない、とネガティブな思考になってしまっていませんか?確かにあまり独り身の期間が長いとそうなってしまうのも仕方がないことではありますが、ネガティブな思考はご自身の魅力を曇らせてしまいがちです。 外見や趣味、性格に学歴や収入など女性にとって男性を見る点は多くありますが、そのどれもが一般的に男性を見る上で誰にでもはかりやすい目線でしかありません。分かりやすく言うと、どんな人にでもわかるテンプレートの物差しのようなものです。しかし、人間というものは決められた物差しだけでははかれないものです。そういったテンプレートの物差しでははかれないようなものを持つ男性を求めている女性も数多くいます。どんな人にも必ず合う人がいるのです。 まずはなぜモテないのかではなく、自分は何が特徴なのか、どんなことが得意なのかしっかりと自分を理解することから始めましょう。女性は将来のことを考えて高学歴な男性を好む傾向にはありますが、中には早くから働きに出て社会を学んでいる男性が好ましいと考えている人もいます。学歴はなくとも、真面目に働く男性の姿は魅力的なものです。将来家庭を持った時に、家族のために懸命に働いてくれるよき夫の姿は想像に難くありません。学歴がないことは必ずしもマイナスかというとそうでない人もいるのです。 また、自分にはない変わった趣味を持つ人に刺激を受けるという女性もいるでしょう。これは自分の中にはない、目新しい知識を持った有能な人という印象を与えることができます。ちょっと変わった趣味だったとしても、見る人によってはとても素敵なものに映ることもあるのです。隠すよりもオープンに話したほうが好感度が高くなることが多いです。後々にご自身の趣味について明かすタイミングを見計らう手間もありません。 自分には打ち込んでいる仕事もなければ、人に教えられるような趣味もない、といった方はそれでも構わないでしょう。先述しましたが、どんな人にも合う人はいるのです。何も特別なことのない普通の人を好んでお付き合いしたいという人もいます。何も悲観することはありません。それも立派な個性であり、アピールポイントになります。大切なのは自分がどんな人間なのかをしっかりと理解してアピールし、それに合う人を見つけることです。”

とにかく出会いの場を増やしましょう。

モテたい男はどのような行動をとると良いのでしょうか。とにかく数多くの人にアタックをすることだと言えます。ナンパの感覚で相手に接触をすることが重要であり、1人でも多くの人に接することにより可能性が高まるのは言うまでもありません。しかし自分から声をかけるのが嫌な人は、自分磨きに徹してみるのも1つの方法でしょう。どのように行えばいいかと言うと、ファッションセンスを磨いたり髪型を旬のものに変えたりなど自分磨きに徹することです。さらに趣味を極めるために、一生懸命取り組んでいる姿を見せたり、仕事に情熱を持っているなど何かしらのことにこだわりを持ちつつ突き進んでいるような人も魅力に移ります。将来の夢を持っており、それに近づくために努力をしている人もモテる要素はあるでしょう。つまりは相手がこちらに対して興味を持ってくれる事に加えて、応援したくなる何かがあれば良いのです。モテる解釈ですが、恋人の様に接する人が増えてもらいたいのか、多くの人にちやほやされたいだけなのかによって多少は変わってきますが、自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手な場合は、相手に気づいてもらえるようにするしか他ないのです。積極的に出会いの場に顔を出してみる事はもちろんことですが、婚活アプリや出会い系サイトアプリを並行して使うことも必要になってきます。とにかく可能性を高めると言う事は自分の出来る限りの事全て行うことになります。出会いはどのような形で訪れるかわかりませんので可能性を高めるように努力をしなければなりません。モテたい男と言っている段階ではモテていないことが露呈されてしまいますので、願望を実現させるためには、内面を磨くことから始めるようにしましょう。適度な筋肉質で頼りがいがある男性もモテる傾向にあります。世の中でモテている人はどういう人なのかを考慮し、実現できそうな人のファッションを参考にして真似をしてみるのも良いかもしれません。多くの人にモテたいと考えるのであれば、整形をすることも1つの方法かもしれません。見た目が良いかどうかはステータスになりますので、自信がない人は思い切った行動をとってみても良いでしょう。男の人は女性をハーレムのように多く侍らせたいと思うこともあるかもしれませんが、現実では二股やそれ以上のことを行いますとトラブルに発展することがありますので、理想の人を1人見つけるように明日がんばってください。

女性の思わせぶりな態度に騙されない。

女性は思わせぶりな態度で男性を翻弄するところがあり、浮かれず冷静に対処しましょう。惑わされてしまうと脈のない女性に時間をかけた挙句、告白しても玉砕して終わります。女性がやってしまう思わせぶりな態度はたくさんあり、容姿を褒めるのも半信半疑で聞きましょう。それほどカッコ良くない男性にもカッコ良いと言って気分を良くさせる女性はいます。彼女たちはおだてられてニヤついている男性の顔がおかしくてたまりません。ほんのイタズラ心が起こすことですが、信じてしまうと自分磨きが疎かになって容姿で失敗しやすくなります。「可愛い」も女性がよく使う言葉で、これにはほとんど意味がないため無視しましょう。相づち代わりに使われることが多く、顔は本当に可愛い物を見た時のようなキラキラした表情にはなっていません。あまり表情がないか、少し苦笑いをしています。ラインで「好きになりそう」というのも、別に告白したいわけではありません。そもそも「好きになりそう」なので、そのメッセージを送った時は男性のことを好きにはなっていないので浮かれないようにします。このメッセージを見るとあともう少しで好きになってくれるというニュアンスを受け取ってしまいますが、これも相づちや感嘆符のようなものでパッと頭に浮かんだから使った程度です。モテたい男性ならこのくらい言っておけば喜ぶだろうと、上から目線で送っている可能性もあります。ボディタッチをする女性も、好きだからとは限りません。女性の多くはボディタッチはモテるためのテクニックであり、好きな人に実践するものだと考えています。だからボディタッチされた男性はキュンとしますが、思わせぶりな態度を取ってチヤホヤされるためにボディタッチする女性もいます。このタイプの女性はどんな男性にも同じように親しげにボディタッチします。より多くの人からチヤホヤされるのが彼女の目的だからです。男友達の間でもボディタッチの多い女性として名前が挙がるので、好意的なボディタッチなのか裏があるのかを調べるのは難しくありません。思わせぶりな態度をとる女性は、自分のテクニックで何人の男性を惑わせるか試しています。数をこなしている人ほど自然に実践するので本当に好きなのかと迷ってしまいがちですが、こちらが好きのサインを見せると一気に冷たくなります。惚れられて目的は済んだので今後接する必要がなくなるからで、このような女性に騙されないことが大切です。

女性だって意外と単純なものです。

“女性の考えていることはさっぱりわからないと考えている男性は多いですよね。 時に男女は同じ人間でありながら、全く別の生き物に感じられこともあるものです。 しかし、モテたいと思うのであれば、意外に女性は単純で非常にわかりやすいものだと言うことを知ると良いでしょう。 褒められれば嬉しいものですし、怒られれば悲しくなり、優しくされればその人に好意を抱くものです。 コロコロと気が変わってさっきまで機嫌がいいと思ったら、急に不機嫌になったり、不機嫌だと思ったら急に機嫌が良くなったりするのでよくわからないとなってしまいがちですが、それは女性が気難しいからではなく単純だからです。 詳しく観察をしていれば機嫌が悪くなるには単純な理由があるものであり、同じく機嫌が良くなるにはちょっとしたことでよくなっていたりします。 男性から見れば、そんなことで機嫌が変わるのかと思うようなところで、すぐに変わってしまうだけに一体何がスイッチになるのかわからないとなってしまうのですが、実は理由は単純なところにあったりします。 ですから、女性のことを難しく考えずに単純に喜ぶと思うようなことをすれば喜んでくれて、逆に機嫌を損ねるようなことがあればすぐに損ねてしまうということを理解しましょう。 女性からすると男性は単純でわかりやすいと言われたりしますが、それは女性だって同じことでありどちらもちょっとしたことで気が変わったりするものです。 ただ、男女では同じことであっても感じ方受け取り方が違うので、相手のことがわからなくなると深く考えてしまっているだけのことですから、女性のことをちょっと勉強すれば女性との付き合い方・扱い方はすぐにマスターすることができます。 難しく考えるからわからなくなってしまうだけなので、一度理解ができないとうフィルターを外して女性のことを勉強して見るようにしましょう。 もちろん、そこには男女の駆け引きというのがありますから、一筋縄ではいかない部分に引っかかることもありますが、根底にあるのはそれほど複雑なものではないので、難しく考える必要はありません。 考えすぎてドツボにはまるのは、男女の関係だけでなくあらゆるところで起きていることですから、女性のことも一度シンプルに考えてみるということがモテるためには効果的なことになります。 全く違う生き物に感じられることもありますが、性別が違えど同じ人間である以上、男女に大きな違いはないのです。”

自分が楽しんでいたら、女性問題も意外とうまく行くもの。

“男がモテたいというのであれば、自分が楽しむという事を最優先するというのも一つの考え方です。自分が楽しんでいたら、女性問題も意外とうまく行く事もあるものです。というのは楽しんでいる人が魅力的に見えるのはいつの時代も変わりません。楽しそうにしている方は他の方も巻き込んで楽しくしてくれるという事を感じますし、頼もしくも感じる事もあるでしょう。女性からすると楽しんでいる男性ほど魅力的に見える事はないのです。楽しんでいるという事は将来に対してある意味では余裕がある事の証拠というように感じるのかもしれません。少なくとも難しい顔をして悩んでいる人と比較して圧倒的に魅力的に見える事は間違いないはず。 内実を知ればいろいろと女性からの評価は変るという事はよくある事ですが、自分の魅力をアピールをするという事において楽しそうにしているという事は大きな要素という事になるでしょう。女性の中にはこれを一番に考える方もいるかもしれません。 人の感情というのは極めて流動的で実は楽しそうにするというのは、そう簡単ではありません。世の中そう楽しい事ばかりではありませんから、実は難しい事の方が多いのが現実といって良いでしょう。ですが、そのような中でも楽しそうにしていられるというのは、これだけでも評価に値するといって良いかも知れません。この事は笑顔の巣的な人がモテるという事とも同じと考えて良いかも知れない。笑顔が出来るというのは心の余裕の表れでもありますから、これと同じような影響を与える事が出来るのが、自分が楽しむという事にはあります。自分だけが楽しむという事だと、周りは関係ないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、その人が楽しめない状態で人が寄ってくるはずは無いわけで、逆に自分が楽しんでいると、知らない間に人が寄って来ていたという事はいくらでもある。これはその人が楽しければ人が集まるという事の良い例で、何が楽しいのかという事で興味本位で探りに来る人や、自分も楽しみたいという事で、笑顔のおこぼれをもらうという事で来ている人など様々な人が集まってくる事になります。目的はそれぞれに違いますが、いずれにしても、楽しんでいると人が集まるという事はあり得る事なので、それで知らない間にモテるようになったりもするものです。女性はそうしたところは敏感で自分もそこで良い思いが出来そうだと感じれば、その人についてくるようになるのです。”

モテようという努力は仕事にも反映されます。

“モテようとする努力は恋愛だけでなく、仕事にも反映をされるのでモテたい男性は積極的にモテる努力をしてみましょう。 恋愛にかまけていれば仕事が疎かになってしまうと思うかも知れませんが、実はその逆で恋愛は気持ちを前向きにしてくれますから、それが仕事にも良い影響を与えることになるのです。 モテるためには積極性を持つ必要があり、積極性というのは特定の物だけでなくあらゆることに影響をしてきます。 恋愛に積極的であれば、仕事にも積極的になることができますからモテるための努力は仕事にも反映されるということです。 恋愛も仕事もどちらも人と人との関わりが重要となりますが、ここでもモテようとする努力が役に立ってきます。 女性に好かれるのも男性から評価をされるのもどちらも基本は同じことであり、人間的に魅力があるかどうかに関わってきます。 女性には好かれるけども男性からは嫌われる、あるいは女性には嫌われるけど男性ウケの良い人物というのはいないわけではありません。 しかし、モテている人を見ればわかるように、多くは人間的に魅力があり同じ男性から見ても魅力的で、女性から好かれるのもよく分かるという人ばかりです。 女性からモテようとして努力をすれば、人間的な魅力が備わることになりますから、ひいては同性からの評価も高まることになり、それは仕事でもいい影響を与えてくれるということになります。 いつもおどおどしていて気弱そうな人というのは、特に仕事ができないわけでなくても、仕事ができない人間だと評価されてしまいがちです。 あるいはこの人には仕事を任せられないのではと思われて、何かをする前から低い評価をされてしまうということもあります。 モテようと努力をすれば自分に自信がつくことになり、ふるまいもそれに伴って堂々としたものになります。 すると今度はその人自体は何も変わっていなくても、堂々とした雰囲気からこの人は仕事ができそうだ、仕事を任せることができると思ってもらうことができるのです。 同じ仕事をしていてもシャキッとしているだけで、いい仕事をするようになったと見られることもあり、モテようとする努力は恋愛だけでなく、仕事に反映されるのでして損はありません。 そして、仕事で自信がつけば今度は恋愛面の方でもいい影響を与えてくれることになり、相乗効果で自分を成長させて行くことができます。 モテようとすることはナンパなことに思うかも知れませんが、実は自分を磨くいいきっかけになるのです。”

信念は曲げず、でも変えられる部分は変えて行きましょう。

“モテたい男の人は信念は曲げずに、それでいて変えることができる部分は変えていくのが大事です。 優柔不断で自分というものを持っていない男性も好かれませんが、かと言って意固地すぎるというのも周りからすれば扱いにくいものです。 モテる男性は確たる信念がありこれだけは曲げられないという部分がありつつも変えたほうがいい部分が柔軟に変えていく姿勢を持っているから、頼りがいがありそれでいて柔軟性があるため周りの人から認められることになります。 モテない男はその逆で芯がないにもかかわらず、柔軟性がなく融通のきかない人間と思われることが多く、人間的な魅力に欠けていると判断されることが多いため、女性からはもちろんのこと同性からもあいつは駄目な人間だと思われてしまいがちです。 言葉にするのは簡単ですが、これはなかなか簡単なものではなく、誰にも譲ることができずそれでいて認められる信念を持つのは難しいものです。 変えなければならない部分を変えていくというのも大変なものですし、周りに流されて優柔不断に変えてしまうのではなく、変えたほうがいい部分を見つけて変化をしていくのは容易ではありません。 しかし、モテたいと思うのであれば確かな柱をもちつつも、より人間的に成長をするためには変えられる部分は変えていく姿勢を持たなければならないのです。 いきなり最初からすぐに上手く行くようなものでもないので、今日明日で変えることができないからと言ってそれで諦めることはありません。 時間がかかっても少しずつ変化をしていき、その上で信念と呼べるものをしっかり表に出すことができるようになれば良いのです。 確かな信念がありそれでいて柔軟性がある男性は、最初からそうだったわけではなく日々の努力によって成長をしてきたわけですから、それを真似することができないわけがないため、時間はかかってもゆっくり自分を磨いていくのが良いでしょう。 押し通す部分と曲げる部分のバランスは難しいものですが、それは経験を積むことによって段々とバランス感覚が取れてきます。 モテたいと考えるのであれば、このような部分から経験を積んでいき人間的に魅力のある男性になるのが一番の近道となります。 自分の考えを曲げる必要はありませんが、自分が間違っている、不足していると感じられる部分があるのであれば、それは少しずつ変えていけばいいだけの話なので、確かな自分を持ちつつ人間的に成長していきましょう。”

時にはあきらめも肝心です。

“モテるためには粘り強く諦めない心が大事ですが、時にはあきらめも肝心です。 何でもすぐに諦めてしまうのは、チャンスが訪れる前にやめてしまうことになりますからいつまでたってもチャンスを掴むことができません。 かと言って過ぎ去ってしまったチャンスをいつまでも追いすがるようなことがあっても、今度は別のチャンスを逃してしまうことになります。 粘り強いのは良いのですが、それが悪あがきになってしまっているようではこれは考えものです。 モテたいと考える男性はこの辺のバランス感覚を身につける必要があり、ギリギリまで粘りながらも駄目だと思ったらスパッと身を引く見切りの良さがモテる男になるための秘訣なのです。 大抵の人はすぐに諦めてしまう傾向にありますから、悪あがきをするぐらいがちょうどいいのですが、それが行き過ぎるようになってくると今度は諦めることを覚える必要が出てきます。 すぐに諦めたり何もしないというのは、何も得られない代わりに何も失いませんが、あきらめが悪いというのは何かを失ってしまう恐れがあるので注意しなければなりません。 なにか行動をするのは見返りが期待できる代わりにリスクもあるもので、諦めが悪いとそのリスクだけを背負い込んでしまうことになりますから、程々のところで撤退をする冷静さを持つことも大事なのです。 人間は希望がそこにある限りそれに向かって努力をすることができるものですが、かすかな希望に追いすがるのは身の破滅に繋がります。 一番わかりやすいのがギャンブルで、勝てるかも知れないという希望が大きな負けにつながってしまいます。 会社経営も同様に先が見えているのに、あきらめが悪くジタバタすることで余計に負債を増やしてしまうことになります。 恋愛においても同様のことで、適度なところで諦めることができないと、しつこい相手だと思われてしまって人間的な評価を下げることになってしまいますし、見込みのない相手を追い求めることによってその間に掴むことができたはずのチャンスを逃してしまうことになるのです。 諦めるのはそれまでの努力を捨てることになってしまいますから、頑張ってきた人ほど諦めきれないものですが、頑張る人だからこそそれ以上傷口を広げないためにあきらめも肝心となります。 何事もバランスが大事ですから、すぐ諦めてしまう人はもっと頑張ったほうが良いということになりますし、諦めが悪い人は見切りをつける能力を身につける必要があるということです。”

がっつきすぎるより余裕を持って。

モテたいといつも思っている男性がモテるための方法の一つが、女性に対してがっつきすぎるのではなく、余裕を持って行動することです。モテたいという気持ちが強ければ強いほど、どうしても女性に対してガツガツとした態度を取ってしまいがちです。例えば気になる相手にしつこく連絡先を聞いたり、連絡先が分かったら毎日のようにデートしようとメールを送ったりといったようにです。そういった態度が情熱的で魅力的だと思ってもらえると良いのですが、鬱陶しいと思われて嫌われてしまう可能性も小さくないはずです。嫌われまではしなくても、そのように余裕のない態度を取ってしまうのだから、きっと今までモテて来なかったのだろうと女性から軽く見られてしまうことはよくあると思われます。そうではなく、例えば連絡先の交換やデートの誘いを断られても気にしないようなそぶりでいるなど、その女性一人だけに執着していないような態度を取れると、余裕のある魅力的な男性に見える場合が少なくありません。がっつかないということは、その女性に相手にされなかったとしても自分はすぐに別の相手を見つけることが出来るという、自分に対して自信を持っていることの表れだと言えます。余裕のある態度を上手く女性に見せられれば、自分はこれまで女性に不自由して来なかったし、これからもするはずがないモテる男性だということを暗に示すことが出来るのです。好意を抱いている女性に対して、あまり媚びたような態度を取るのも良くありません。好きな女性に振り向いてもらおうと、何でも言うことを聞こうとしたり、プレゼントを頻繁に贈るような男性は、自分にとって都合の良い相手だと侮られてしまう恐れがあるからです。そうではなく心に余裕を持って、好意を伝える時にも下から行くのではなく、少なくとも対等な立場で接するようにすることが求められます。また、女性に対してがっついてしまう男性にありがちなのが、自分を実際以上に大きく見せようとすることです。例えば自分の能力や過去の功績を声高に自慢したり、いかに自分がモテるかを吹聴したりといったようにです。しかし、そういった言動を取っていると嫌な性格の持ち主だとか、余裕のなさの表れだといったように、マイナスの印象を与えることになることの方が多いでしょう。本当に余裕のある男性は自分の口から自慢話をすることがないので、モテたいと思うならそういった言動は控えることが肝心です。

意識の違いで外見も違ってくるものです。

“モテたいという男性は意識を変えるという事をすると良いでしょう。意識が変われば内面が変わるという事もありますが、外見まで変わるという事もあります。外見が変わるような事は実際には無いのですが、雰囲気か全く違うモノになりますから外見まで変わったかのような印象を受けるという事になるという事は間違いなくあります。 人は常に色眼鏡で相手を見ているという事がありますから、その人の事が分かると急に態度も見え方も変わるという事があるのです。例えば年収100万円というように聞くともっと頑張れというように思いますが、年収1億円というように聞くとこれは凄い人という事になって全く違う見え方になるという事があります。これは色眼鏡で人を見ている証拠と考えて良いでしょう。 意識が人に与える影響というのは極めて大きなものがあります。落ち込んでいる人と希望に満ちて頑張っている人とでは魅力が全く違うのは当然の事です。よくわかる例ではスポーツ選手はどんなスポーツをしている人も間違いなく魅力的に見えます。これは頑張っているという事もありますし、将来に対して希望を持っているという事があるからで、その姿勢に感動するということがあるからでもあります。スポーツ選手が魅力的に見えないというような事は殆どありません。確率的に外見だけで魅力的に見えるのかどうかであれば、スポーツ選手でもある確率に従って魅力的に見えない選手というのが出てくるはずですが、そのような人は一人としていません。これは外見まで意識の違いによって変わるという事になることを如実に証明しているという事にもなるでしょう。意識というものは極めて有効的に外見を変えてしまう事の証明という事になるでしょう。 スポーツ選手の場合は既に相手に勝ってきたという背景が見えるという事があるかもしれませんが、運動をしている人に対しても同じように魅力を感じるという事もあるはずです。これは運動をしているという事が魅力的に見えるという事を如実に表しています。意識によって人の行動は決まっていくわけですか、この事を理解しているので頑張っている人を見れば、その人に対して肯定的に見るという事を人はするようになっているという事なのかもしれません。意識が変われば全てが変わるという事を自分自身が自覚しているので、それを実行している人に対しても敬意を抱くし認める気持ちも出てくるという事になるのかもしれません。”

あきらめないで、モテる努力は続けてください。

“世の中にモテたいと考える男性は星の数ほど存在します。 というよりも異性から好かれたいと考えない人間を探す方が難しいでしょう。 しかしその中で実際にモテるための努力をしている人間はそれほど多くなく、成果が出なくても努力を続けている人間はごく僅かです。 それは無理のないことかもしれません、努力とは勉強でもスポーツでも何らかの目標を達成するために行うものです。 しかし恋愛は勉強やスポーツと違い、中間目標を設定しにくいという問題を抱えています。 たとえば英語が苦手な学生がいたとします、彼はいつもテストでは30点以下しか取れたことがありません。 しかし今度こそ平均点の80点を目指すぞと努力を重ね、次のテストでは50点を取ったのです。 この場合、彼は目標であった80点を取ることはできませんでしたが、赤点を回避する50点という結果を手にしています。 この後に彼がやっぱり頑張っても無理だったと考えるか、次こそは80点を取るぞと考えるかは分かりませんが、少なくとも彼は50点という以前までの自分よりも前進しているという手応えを得たことはたしかです。 でも恋愛というジャンルでは50点という点数は大抵の人にとって意味をなしません。 究極的には恋愛は付き合えるかの100点と付き合えないかの0点の二者択一だからです。 「少し前までよりもカッコ良くなったけど付き合うのは無理だね」と言われて「よし前進してるな」と考えるのは不可能ではありませんが極めて困難といえるでしょう。 しかしモテる人間になるためにはこの「無意味な50点」に意味を見出して前進し続けるしかないのです。 なぜならモテる男たちはあなたが落ち込んでいる瞬間にも成長を続けているからです。 恋愛はある意味において究極の格差社会といえます。 異性と付き合えなかった0点組の多くはその現実に絶望し、「もう自分に恋愛なんて無理だ」と異性へのアプローチ自体を避けるようになっていくのに対して、モテるための努力が交際という結果に結びついている100点組はまた同じように異性に愛されたい、より魅力的な異性と付き合いたいと考えて自分磨きに励むからです。 彼らはそれを苦痛には感じません、なぜならその先に交際という幸せが待っていることを既に知っているからです。 こうして恋愛はモテる人間とモテない人間の格差を無限に広げていきます。 こうした構造の中でモテない人間が何とかモテる人間になりたいと考えるのであれば、努力はしているけど結果に結びつかない期間を乗り越えて結果が出るまで前進し続けるしかありません。 それがどんなに険しく遠く、先の見えない絶望的な山道であったとしてもです。 結婚情報相談サービスが20代から30代の男女に行ったアンケートにおいて、異性のどういう部分に魅力を感じるかという問いの上位10項目のうち、ルックスなどの後天的な努力で改善するのが難しい項目は僅かに2つでした。 残りの8項目は全て「気配りができる」「よく笑う」といった後天的な努力によって獲得可能なものばかりだったのです。 モテる努力を続けることは決して無駄なことではありません。 先の見えない50点を続けた先には交際という100点の結果が待っています。 あきらめないで何とかその山の頂までたどり着いてみてください。”

モテる為に必要なのは外見だけではないということがお判り頂けたでしょうか?モテたいという願望を抱くことによって自身の身だしなみや髪型といった細かい部分にまで注意が行き届き、プライベートだけでなく仕事にも良い影響を与えることが可能です。そしてより多くの女性と知り合える機会を自分から見つけ出すのも重要になります。身近な場所だけでなく、時には出会い系アプリなどを駆使して様々なタイプの女性と付き合い意識を高めることが大切です。決して諦めず焦らずモテる努力をし続けることで、心にも余裕が出て大人の男の魅力があらわれます。

モテたい男のためのモテる方法。
Rate this post