一生ひとり…?女性に相手にされない・モテない人の特徴と改善策

異性にモテない人は、何かしらの原因がある場合が多いです。モテない原因をいくつか書いていくので、なかなか恋人ができないという場合は自分に当てはまらないか確認してください。少しずつ問題点を解決していけば異性に人気がでる可能性があるので、自分がどんな人間なのか把握する事が非常に重要です。

つい癖でモテない行動をやってしまうという場合は、直るまで気を付けながら異性と接する必要があります。長所と思える事でも実はモテない原因になっているかもしれないので、自分に悪いところは無いと考えている人もチェックしていただきたいです。

モテない男はだらしない

モテない人には共通の特徴があり、特に多いのはだらしないことです。
女性はだらしなさに対して敏感であり、嫌悪感を抱いてしまうことが多いです。
清潔感がまったくない、毎日着ている服が同じ、朝なのに体臭がひどいなどは嫌われる条件でしょう。
几帳面すぎるのも問題ありですが、だらしないのは嫌われると考えてよいです。
もちろん中にはだらしない男性を好きという女性がいますが、全体的に見ればかなりの少数派と言えます。
つまりだらしないと自負している男性は、それだけで恋愛のチャンスを激減させています。
モテない人は原因を自分で作り出していることが多いので、身近なところから改善していきましょう。
自分の生活スタイルを見直してみれば、改善するべき点が見えてくるはずです。

部屋はスッキリさせておくのが好ましく、モノがごちゃごちゃある状態は好ましくありません。
片付けられない人が話題になっていますが、そうした方はモノを溜め込みすぎる傾向があります。
溜まるほど処分が大変になるので、さらにモノが増えるという悪循環になるわけです。
大量に不用品が貯まってしまうと、不用品回収会社に依頼するにも高額な費用がかかります。
モノを溜め込まないためには定期的に処分する必要がありますが、何よりも必要以上に買い込まないことが大切です。
部屋はその人の性格をそのまま表すと言われているので、普段から綺麗にしておきましょう。
部屋を綺麗にすることで自然と本来の性格も綺麗好きになっていくはずです。
部屋がスッキリしていると彼女を呼びやすいですし、部屋が広くなるので有効活用しやすいです。

だらしない性格は1日で直すことは難しいですが、意識しておけば少しずつ改善していきます。
まずは簡単にできることから改善して、その状態を当たり前にしていきましょう。
ファッションや髪型はよくチェックされますので、毎日整えておくことが大切です。
体臭も女性はチェックしているので、自覚している方は対策が欠かせません。
毎日の入浴とデオドラントによる体臭ケア、そして下着は毎日変えるようにします。
初対面の相手には必ずと言っていいほど見た目からチェックされますので、常に清潔感を意識してください。
外見より中身が大切という方は少なくありませんが、これはある程度人間関係が構築された上での話です。
初対面でだらしないイメージを与えてしまうと、次につなげるのは非常に難しいです。
それほど初対面のイメージにこだわることは恋愛成就において大切と言えます。

モテない男は清潔感がない

女性は清潔感にこだわる傾向が強く、モテない男性は不潔であることが少なくありません。
女性は不潔を非常に嫌がりますので、生理的に受け付けないという状況になりがちです。
モテない人は清潔感を出してみる必要があり、まずはファッションにこだわりましょう。
衣服がよれていたりフケが付いたりしているのは問題ありですし、何日も着ていると体臭が染み付いてきます。
入浴は1日1回が好ましく、シャワーだけでなく湯船に浸かるようにしてください。
それにより汗や雑菌・体臭などを効率よく除去でき、清潔感のあるボディに変えられます。

毎日入浴しているのにニオイが消えないという方は、ボディではなく衣服に問題ありと考えられます。
特に下着は体臭が染み込みやすく、ロウソクや古本のようなニオイを発することがあるのです。
体臭の種類が以前と比べて変わったという方は、加齢臭が生じていると考えられます。
毎日入浴するのはもちろん、殺菌作用のある石鹸を使用したり、デオドラントで体臭対策をしたりしましょう。
朝一番で体臭があるとお風呂に入っていないと思われてしまうので、自分の体臭に気付くことがポイントになります。
モテない人は自分自身を客観的に見られないことが多いため、ここから改善していきましょう。

髪がボサボサになっていたり、爪が伸びていたりするのもよくありません。
女性は男性よりも細かい部分に目が届きますから、不潔にしているとすぐに嫌われてしまいます。
無精ヒゲを生やしているのも問題があるので、毎日シェービングをして綺麗にしておきましょう。
ムダ毛処理は男性のエチケットであり、ヒゲを処理しても青くなって困っている方は医療脱毛をおすすめします。
毛根から処理できるので確実なる効果があり、シェービングが不要になることで肌がツルツルになります。
肌がボロボロになって困っている方は、シェービングが原因の可能性大です。

清潔感がない男性は基本的にだらしないため、非常にモテにくいと考えてよいです。
つまり自分から出会いを遠ざけているので、まずは身なりを綺麗にすることを徹底しましょう。
出会い系サイトやアプリを使用しているのにまったく出会いがない、メッセージのやり取りはうまくいくけど出会いに進展しないといった方は注意です。
清潔感を演出するだけで今より確実にモテるようになり、女性からのアプローチは増えるでしょう。
何より清潔を意識することで自分に自信を持てるようになり、恋活がスムーズに進むようになります。

モテない男は自慢ばかりする

モテない人は得てして自慢ばかりをするものです。

本人からすれば自分が凄いことをアピールしているのでしょうが、周りからすれば逆にその人の小ささを浮き彫りの形にしてしまうだけなのですが、本人はそれに気がついていません。

自慢が必ず悪いわけではなく、時には自分の成し遂げたことを相手に伝えるというのは悪いものですし、自分の誇れることなわけですから、適度であればアピールにもなることでしょう。

謙遜を交えながらこれだけは自慢できることだと話せば、聞く側からしても嫌味に感じませんし内容によっては凄いと感心してもらうことができるものです。

しかし、毎度毎度自分は凄いとばかりに自慢をしていたらうんざりしてしまいますし、それも大したことがない内容で得意げに語っていれば滑稽でしかありません。

誰しも自分のことを凄いと思ってもらいたいところはありますし、能力があるということを認めてもらいたいものですが、しょっちゅう自分で口にしていれば価値は下がっていく一方です。

本人としてはその気がないのかも知れませんが、自分ことばかり話していることが多いとなると注意が必要です。

相手は熱心に聞いてくれているようでも、付き合いだからあわせているだけで内心はどうでもいいと考えていることがほとんどです。

良い気になっているのは本人だけで、相手は凄いともなんとも思っていないことを理解しなければなりません。

また、自慢というのは基本的に過去の話になるわけですが、今の自分がその過去の自分に劣っていたら過去の栄光にすがる情けない男になってしまうだけです。

昔もすごくて今もすごいとなれば説得力もありますが、昔はすごかったらしいけれども今は全然となると、その自慢話にも眉唾ものになってしまいます。

仮にそれが事実だとしても、その片鱗がなければ自慢話するだけでなく大ホラ吹きとまで思われてしまい周りの評価は最悪なものです。

結局、自慢話ばかりするというのは自分をすごく見せようとして逆に安く見せているだけにほかなりません。

普段謙虚な人が、ごくたまにする自慢話だと意外性もあって面白く感じられ関心もさせられますが、いつも自分が凄いアピールはまたかとうんざりされてしまうだけです。

なにか成し遂げたことがあればそれを言いたくなるのは仕方のないことですが、言いすぎて嫌われてしまうようなことがあれば意味がありません。

モテないと嘆いている男性の中で、自慢話ばかりしているような人は気をつけましょう。

モテない男は余裕がない

モテない人には余裕がない場合があります。
彼女が欲しくて焦っているために余裕がない人は、デートの誘い方に焦りが出たりします。
何が何でも会いたいという感じがメールやLINEなどの文面に出てしまします。
女性は、デートの前に普段の何気ない会話をLINEやメールでしたいと考えています。
それが連絡のたびに予定を聞かれては、忙しく働いている女性からすると疲れてしまいます。
逆に、デートの誘いばかりではなく、普段のコミュニケーションを大切にしてくれる男性は誠実さを感じて好印象です。
また、精神的に余裕がない男性は女性にも優しくできません。
一緒にいても苛立ちや焦りを感じるので一緒にいても楽しくないからです。
逆に女性の方が、気を使って接してしまうので気疲れします。

余裕のない人の特徴に選択肢が少ないということがあります。
余裕がないと想定外のことが起こったときに、選択肢が少ないため他の解決策が思い浮かびません。
女性からすると、想定外のことが起きたときに対処できない男性は頼りなく感じます。
どんなにしっかりしている女性でも、頼りない男性に心が惹かれることは少ないです。

余裕がある男性は頼りがいあるように思われてモテます。
余裕のある男性になるためには、常に大らかな気持ちが大切です。
女性が遅刻してきたり、少々の失敗をしても笑って許してあげることが大切です。
想定外のことが起きた場合のために、選択肢を多く用意しておきます。
女性が遅刻してきて予定通りにいかないときは、別の代替案を用意しておくとスムーズにデートが進みます。
それを無理に予定を押し通そうとしてしまうと、デート自体を楽しめず気まずい雰囲気になります。
余裕があるように見せるためには頭の切り替えを早くします。
失敗に対していつまでもこだわってしまうため頼りなく感じます。

男性が勘違いしてしまいがちなのが、優しさと相手に合わせすぎるのは違います。
良かれと思って女性の言う通りに全てをしようとしますが、女性からしたら頼りないから考えているだけの場合があります。
適度に女性の意思を尊重してくれるのはいいですが、ためにはリードしてくれた方が頼りがいがあって好感が持てます。
それでも何も言わずに合わせてくれるうちはいいのですが、無理に合わせすぎてその不満を女性に感じさせてしまうことです。
余裕がない人は、女性に合わせているうちに無理している場合があります。
そして余裕がないために、無理が続くとそれを女性に気付かせてしまいます。

モテない男は真面目すぎる

真面目すぎるという理由でモテない人は納得が行かないかも知れませんが、これは紛れもない事実です。

真面目なのは結構ですし、不真面目よりもずっと良いに決まっています。

しかし、何事も度が過ぎるのは良くないもので真面目すぎるのは頭が固い男と取られてしまう部分もあります。

男なら飲む打つ買うは嗜みとされて時代もあり、多少遊ぶのは男として当たり前という感覚がありました。

さすがに現代の感覚で大酒飲みで博打はするは、女性を買っていては顰蹙者ではありますが、だからといって遊びは一切せずストイックになりすぎるのも何を楽しみに行きているのだろうかと思われてしまうものです。

お酒も飲まないタバコも吸わない、賭け事もしなければ女遊びもしない、これだけ見れば理想的な男性にも見えますが、その一方で何が楽しくて生きているのだろうかと思ってしまうものです。

単純にお酒が飲めずタバコは嫌いで、賭け事はお金がもったいないからあまりせず、女性には一途という素直な性格なら良いのですが、これらのことを悪いことだと考えて手を出していないのであれば、周りからすれば近寄りがたい存在となります。

自分は飲まない吸わない、賭け事もしないけれども嗜む程度には良いのではという柔軟性を持っていれば良いのですが、真面目過ぎる人たちは得てしてこれらのことを悪と考えています。

真面目なだけに真っ向から否定することはないでしょうが、あまり好ましくないものだと思っていることも事実であり、そのような人と付き合うのは少し窮屈に感じられてしまいますから、恋人にするにはどうかなと思われてしまうのです。

世の中には真面目でもモテる人がいますが、そのような人は適度に理解力があり柔軟性があり、ユーモアを持ち合わせているものです。

単なる堅物ではなくメリハリを付けるのが上手いので、常日頃から頼れる存在でありそれでいて近寄りづらいところがないので、余計に人に好かれることになります。

それに対して真面目すぎる人というのは、長所がそのまま短所になってしまって堅物として見られてしまうことになります。

いくら相手が正しくても融通のきかない性格だと疲れてしまいますし、一緒にいて気が休まりません。

恋人は一緒にいて安らげる存在でなければ行けないはずなのに、真面目すぎる男だとそれがないために恋人として一緒にいたくないと思われてしまうのです。

何度も言うように真面目なことは良いことですが、真面目すぎるのはよくありませんから、その傾向にある人は少し肩の力を抜いているのが良いでしょう。

モテない男はプライドが高すぎる

モテない人は往々にして特徴があったりするものですが、モテない男にありがちなのがプライドが高すぎるということです。

プライドが高いということは決して悪いものではありませんし、卑屈になるよりはずっと良いものです。

これだという誇りがあるのは周りから見ても格好いいものですから、プライドが高いことが即ちモテないとなるわけではありません。

問題はプライドが高すぎるという点にあり、大した立派な人間でもないくせにプライドだけは高いと小さな男として見られてしまいます。

自分がどれだけ偉い人間なのか、ただ尊大に見られてしまうだけですから高すぎるプライドというのは、全く良いことがありません。

小さなことにこだわっている融通がきかなくて、協調性のない人間と見られてしまうので、このような男は女性からはもちろんのこと、男性からも好かれるようなものではないのです。

このような男にありがちなのは、プライドが高い割には自己研鑽もしないというところにあり、口ばかりで中身が伴っていないという部分もあります。

プライドも高いけれども向上心があるというのは、良い点も悪い点もあるので魅力を感じる人もでてきますが、努力もしないで口先だけだと周りからは呆れてしまいます。

単純に周りから好かれないと言うだけでなく、自己評価が高いので高望みをしすぎるためモテないという部分もあります。

本人には全く釣り合わないような女性を理想に挙げて、それでいて付き合ってやるという態度をとることが多いので、これではモテようもありません。

プライドが高いことと謙虚であることは相反するものではありませんが、不思議とプライドが高すぎる男は謙虚でないことが多いので、それも好かれない原因となっているのです。

このような特徴に当てはまっている男性は、自分に問題があると理解をすることができないので、なかなかモテることがありません。

高いプライドに見合った自分になろうとするだけの向上心があれば良いのですが、それもないとモテることはかなり難しいと言えるでしょう。

思い当たる節がある人が選ぶ道は二つで考え方を改め直してもう少し謙虚になるか、あるいは今のままの自分を貫き通して恋愛を諦めるしかありません。

自己評価が高いのは悪いことではないにしても、高すぎる自己評価は周りの不興を買ってしまうものですし鼻持ちならない人間だと思われるだけです。

モテるためには柔軟性を持ち、謙虚になることが大事です。

モテない男はお金に細かい

モテない人はお金に細かくて嫌われます。
それが男性なら尚更です。
モテない人はいくらしたの?が口癖で、常に値段を聞いてきます。
お店に入っても商品の値段のチェックは欠かせません。
頭の中に一円単位でいろいろなお店の商品の値段がデーターベースかされており、常に安いものを探し求めています。
ディスカウントストアが大好きで、デートスポットになることもあり、ついていく女性はげんなりします。
お金に細かく、常に一円単位で得したかどうかを考える割には、大きな額になるとよくわからなくなってしまい、高額商品を売りつけられていることもあります。

お金に細かいことはメリットでしょうか?確かに浪費家で借金をしてしまうようなタイプに比べればずっと良く、お金の管理能力に長けているので、安心していられることでしょう。
しかし細かすぎ、ケチなので女性にとってみれば夢がありません。
ケチな人と付き合えば高級レストランに1回いくよりも、安いチェーンのレストランに何度も足を運ぶことになります。
プレゼントは欲しいと思っていたものよりもワンランク下の商品になります。
期待をさせる割には、ある程度の値段に何もかも抑えられてしまい夢がありません。

女性はやはり、夢を見たいのです。
時には高級レストランへ行き、最高のプレゼントが用意されている日も必要となってきます。
そうした夢を打ち砕くようなお金の使い方をしていては、最初は上手くいっていた恋人同士でも、だんだん亀裂が生まれてきます。
恋人になっていない段階なら尚更お金の使い方はチェックされています。
レストランでも割り勘が当たり前の出会いでは、まず女性は振り向かないことでしょう。
仮に多めに支払ったとします。
そんな時でもやはりケチな印象はとれません。
百円単位のお金しか女性に使わせていないにしても、そんな小さな額をケチるのだと考えられてしまいます。
女性が今は払うと言う場合ならいいのです。
どちらが会計に関しての話題を切り出すかという雰囲気の時は、思い切って全額出しましょう。
そうすることで、自分のことを好きだから奢ってくれたと女性は考えるのです。
お金に細かい人は、もし女性が自分になびかなかった場合、そのレストランでの出費が損になると考えます。
そのような器の小ささでは女性はついて行きません。
大切なのはお金ではなく、関係性を重視するということです。
女子にモテたければ、ある程度の出費は投資だと思うことが大切です。

モテない男は優しすぎる

優しさ、というのは本来美徳です。
人間関係を創造、維持するにあたって優しさなしには当然物事は回りませんし、社会的に見ても相手に優しくすることはとてもいいことだ、と教えられ、真面目な方はそれを忠実に実行しています。
しかしながら、優しいだけではうまくいかない、ということを知っておかなければなりません。

さて、ここまで触れてきたモテない人の特徴、そのひとつに「優しすぎる」ということがあります。
優しすぎることがいけない、というのはどうにも受け入れがたい考え方というか、他人に優しくすることを否定するなんて考えたこともなかった、という方が多いと思われます。
世の中の多くの方が優しすぎることで困らないのは、優しすぎて困るというケース自体が大変なレアケースだからです。
しかし残念ながら、恋愛はそのレアケースの一つに入ってしまうのです。

と、言われて突然優しすぎがいけないと言われても何が何やら、という感じだと思います。
そこで段階を踏んで理解しましょう。
まずは恋愛から少し離れた例を挙げます。

例えば最も優しすぎが弊害になりやすいのは人間関係の中でも教育、教師や親が子供に接する場面にあります。
教師が親がスパルタ教育をするのはもちろんよくないことですが、だからといって優しくしすぎると子供はどうなるでしょうか?
大人の機微を感じ取れる程に社会性のある子供であればともかく、たいていの子供はつけあがったり自信過剰になり、大人に頼りっきりになってしまったり、あるいは自分はとても優秀であるから周りの大人の助力なんて必要ない、とつけあがってしまったりします。

この例、一般的な話のように思えますが、実は恋愛にも同じようなことが言えるのです。
先ほど、子供は頼りっきりになったりつけあがったりする、と言いましたがもうちょっと詳しく考えてみましょう。
頼りっきりになるタイプの子供、これは自己評価が比較的低い子供にありがちなケースです。
優れた周りの大人が優しくしてくれる、であるから周りの大人は他人に優しくできるような、自分よりよほど優れた人間である、という思考に至るのです。
一方で、つけあがるタイプの子供、これは逆に自己評価が高い子供に多いと言えます。
周りの大人が自分に優しくする。
これは自分が優れた人間に他ならないからであり、大人より余程優秀だ、と考えてしまうわけですね。

もちろん、大人になってここまで短絡的に自己評価をして対人関係を決める人間は少ないです。
しかしながら考えてみてください。
モテない人は恋愛対象を甘やかしすぎる傾向にないでしょうか?

自己評価の低い人間であればあなたを頼ろうとしてくるかもしれません。
ですがそもそもそうした人間は積極的に人間関係を築かない傾向にあるのでモテない人の前に現れる機会も少ないでしょうし、仮に出会えたとして依存されっぱなしの関係が長続きする例は希です。

逆に自己評価の高い人間であればある程度出会える可能性も上がるでしょう。
しかしながら、そうした人間はプライドが高いので、あなたが相応の人間でなければ自分に必要ない相手だ、と切り捨てられるかヒモとして利用されるような不幸な結末を迎える可能性が高いのは明白であります。

自分の欠点を見つめなおして改善することが大切

女性に相手にされない・モテない人が一生一人のままにならないようにするためには、自分の欠点を見つめなおして、その部分を改善するように努力することが大切だと言えます。
ただモテないことを嘆いているだけでは何の問題も解決しませんし、運が悪かっただけとか相手の女性に男を見る目がなかったといったように、自分以外のせいにしたところで単なる自己満足にすぎません。
どうせ自分はモテない人として生きて行く運命で、何をしたところでモテる人になることは出来ないと諦めてしまっている人もいるかも知れませんが、そのままでは将来年をとった時に、若いうちにどうにかしておけばよかったと後悔してしまう恐れがあります。
モテないことが嫌だと感じるのは、モテたいという気持ちの裏返しだと考えられます。
なので、色々と理屈をつけていつまでも手をこまねいているのではなく、モテるための効果的な対策を試みようとすることが肝心なのです。
そのためにはまず、自分自身を客観的に見つめなおしてみて、女性に好かれないのは何か原因なのかを理解するところから始めるのが効果的です。
自分のどこが問題なのかがはっきりしないまま、ただ闇雲にモテようと色々なことに手を出したとしても、それらの努力が無駄に終わってしまう恐れは小さくないでしょう。
そうではなく、まず最初に自分の欠点をしっかりと理解しておけば、その改善を計るというピンポイントの努力をすれば男としての魅力が増すようになることが期待できるので、効率の良くて成功の可能性が高いやり方だと言えるのです。
とは言え、自分自身の欠点を探るという行為には、男としてのプライドが傷ついたり、自信を失ってもうモテなくても良いと思ったりする恐れがあるので、口で言うほど簡単ではない場合が少なくないでしょう。
しかし、それを達成することができればモテない人からの脱却への大きな一歩を踏み出すことになります。
そうして自分の欠点を見なおすことができた後は、その改善のための具体的な努力を行うというプロセスに入ります。
モテない原因になっている欠点は人それぞれで異なるので、それを改善するために行う努力にも様々なものが考えられます。
例えばだらしないことが欠点である人は、規則正しい生活を行うように心がけてみたり、女性との会話の中で自慢ばかりしてしまうような人は、普段の生活で誰と会話をする時でも絶対に自慢をしないように気を付けたりといったようにです。
ただ、そのように生活態度や行動に欠点がある場合なら改善する方法が見つけやすいのですが、性格にモテない原因がある場合は根本的に改善するのが難しいかも知れません。
特に真面目すぎたり優しすぎたりといったように、女性との恋愛においては欠点になってしまう場合があるけれど、人として見た場合には魅力にもなり得るような問題に関しては、改善の方向性を間違えると周囲からの評価を下げてしまいかねないという恐れがあります。
したがって、まずは性格そのものを改善するのではなく、それによって表に表れる行動などの問題をなくすことから始めるのが良いでしょう。

どれくらい自分にモテない原因があるか、把握できたでしょうか。
結構当てはまった場合は、一つずつ直していくよう注意しましょう。
性格を直すことが難しい場合は、まずは服装に気を付ける事をおすすめします。
清潔感のある服を着る事は誰でも簡単にできるので、今すぐ自分を変えたい人にピッタリです。
つい自慢話をしてしまう場合は喋らないようにすれば良いため、他の欠点と比較して改善しやすいと言えます。
真面目さや優しさが過剰になってしまう人はすぐに改善する事が難しいかもしれないので、焦らずゆっくり直すようにすると良いです。

一生ひとり…?女性に相手にされない・モテない人の特徴と改善策
Rate this post