「脈なしかも?」に負けない!ラインで伝えるあなたの☆キモチ☆

ラインを活用して気になる人とやり取りをしているという場合も多いでしょう。そのときに不安になってくるのが相手が自分のことをどう思っているのかということです。脈ありの場合は判断する際にいくつかの基準があります。やり取りをしている中でサインを出している場合がありますので、しっかりと観察してみると良いです。一方で脈なしのときもあるので注意しましょう。相手に良い印象を与えるためには工夫しておきたいことがあります。喜んでもらえるようなラインをするように心がけましょう。メッセージを送る前にしっかりと内容を確認してから送信すると安心です。

あの人のキモチが知りたい……

“片思いをしている相手やちょっといいなと思っている相手と連絡先が交換できるととても嬉しいものです。さらに実際に連絡のやり取りをするようになれば、思わず舞い上がってしまうほど喜んでしまう人も多いと思います。しかし、初めは楽しくても「相手は自分のことをどう思っているのだろう」「楽しくないと思われていないかな」「また連絡しても大丈夫かな」なんて不安な気持ちも次第に出てきます。相手が気になるあまりネガティブな発想になってしまうこともありますが、脈ありか脈なしかの判断をする前に落ち込んでいてはもったいないです。一見脈なしに見えたけど可能性があったり、反対に脈ありに見えても脈なしだったなんてこともあります。そうならないためにはラインでやり取りをするときに、相手の返信内容や連絡頻度などから脈があるかどうか判断することがおすすめです。 脈ありか脈なしか知っておくことにはいくつかのメリットがあります。それは今後のアプローチの仕方を考えるきっかけになるというメリットです。せっかく連絡先を手に入れてやり取りするようになってもダラダラと中身のない話をしていては進展が望めません。それどころか次第に連絡が面倒だと思われてしまいフェードアウトしてしまう可能性もあります。そうならないためにも些細なやり取りからも脈があるかどうか判断することで、デートや電話に誘ってみて良いか探ったりすることが出来ます。脈ありであればこちらから誘うといった積極的な行動も良いですし、反対になしだと感じたら一旦引いてみるという方法も取れます。一度引いてみることで相手から「いつも来ていたのに最近連絡がこないな」と意識してもらうきっかけにもつながるなど、脈なしでもやれることはたくさんあるのです。 ラインでやり取りが行えるようになってから、その手軽さゆえに相手もやり取りを楽しんでくれているかどうかの判断も難しくなっています。そのためどのようなケースが脈ありかなしか事前にパターンを研究しておくことが非常に重要です。相手の気持ちを正しく理解すれば相手から嫌われてしまうような連絡の取り方を避けることが出来ますし、うまく利用すればこちらに興味を持ってもらうことも可能となります。気になる人とラインでやり取りをしているのであれば、まずは相手が自分に好意的であるかどうか判断してみると良いでしょう。そうすることで、これからのベストなアプローチ方法がわかります。”

誰もが気になる脈あり判定

“無料でコミュニケーションが取れるとして大人気、既に知らない人はいないほどになったラインアプリですが、出会い系サイトやアプリで仲良くなった人とも実際に会う段階までいけばこれを使ってコミュニケーションを取り出す人達が多いです。 ではそんなラインを使っての、脈あり判定はどんなものがあるでしょうか。 まずは男性が女性に送る脈ありラインのパターンです。一番判りやすいのは毎回質問文が送られてくる、という場合ですね。質問をすることで相手のことを更に深く知ることが出来ますし、返信がくる確率が上がるからです。逆に質問メールを送ったのに既読スルーされてしまうと、男性は脈なしと判断してその恋心がもっと盛り上がらないうちに諦めてしまうようです。また、いつもラインでの会話は自分が締めるというのも男性からすれば必死のアプローチですよ。気になる女性相手なら、自分からラインを終わらせることはまずない、と答える男性が多いので、明らかに会話終了という流れでもまだ返信してくるようならあなたに気があると思って良いでしょう。 そして次は女性から男性への脈ありサインです。女性の多くはとにかく相手を褒めるという方が多いです。趣味だけでなく生き方を褒めるとか、ネクタイやスーツなど身につけているものも褒める、ということですね。人間はいくつになっても褒められると気持ちよいものです。相手を褒めることでいい気分になって貰いたいし、自分のことに好意を持って欲しい、という感情がそうさせるのかもしれません。更にこれは男性側でもあったことですが、質問をたくさん送る、ということですね。やはり相手のことを知りたい気持ちや、このまま会話を続けたいという気持ちから、語尾に「?」がつくような文章を送るようにしている、という人が多いです。好きな相手から興味をもたれると嬉しいですが、そうでもない相手から色々聞かれると鬱陶しくなるのも人間です。もしも会話を続ける中で質問しても返信がない、それに対する答えがない、という場合は、その相手は脈なしと判断出来るでしょう。 ラインは便利なツールとして日本では大人気ですが、どんなツールを使っても基本的には人間も動物なのでストレートな態度を示す人が多いのですね。質問が多目、返信が早い、やたらと褒め言葉が入るようであれば、会話しているその相手はあなたに好意を持っていると思って良さそうです。自信にかえて、こちらからもアプローチをしていきましょう。”

脈あり判定、注目すべきはライン!

“気になる異性、好きな異性が見つかったときは、自分がどう思われているのかを確認する必要があります。学生時代のように、気軽に告白をすることができる関係ならよいのですが、社会人になっていると簡単に告白することができない場合が多いです。社会人の場合、告白をして振られるという形が基本的に許されないといえます。告白をする段階は、既に互いの気持ちが固まっていて、実質的に付き合っているのと変わらない状態になっているものです。受け入れてもらえるのか振られるのかが不明な段階では、普通は告白をしません。そのため、関係を進展させることができるのかを判断しなければならないわけです。その判断方法はそれほど難しくありません。ラインを使ってやり取りをしてみて、少しずつ互いの気持ちを確認することになります。もちろん他の方法が思いつく人はその方法を使っても問題ないのですが、誰もが手軽に使える方法はラインだといえます。 言うまでもなく、脈ありかどうかを判断しなければならないのは、本人にとっては脈なしの可能性が高いと考えているからです。したがって、過度な期待をしないように判断を進めていくのが基本だといえます。脈ありかもしれないと思える状況になっても、一度で判断するのは禁物です。基本的には脈なしが前提となっているため、同じような状況が何度も繰り返されない限り安心することはできません。たとえば、自分から何かメッセージを送ったときに、予想以上に返事が早い場合があります。それを見て、自分からのメッセージだから早く返信してくれた、と考えてしまうのは早計です。もちろんその可能性もあるわけですが、たまたま手が空いていて返信できる状態になっていて、かつ返信しやすい内容だっただけ、という可能性の方が高いとも考えられます。他の人とのやり取りでも返信が早めの人の場合、早い返信に特別な意味はありません。 どのような表現を使っているかを見ることでも、ある程度は気持ちを判断することができます。好きな相手に対するメッセージには、特別な表現を使う人が多いです。文面自体は他の人に送るのと変わらないようなものでも、特別なマークを使ったりすることがあります。ラインで数回のやり取りをしたくらいでは、はっきりと脈あり・脈なしの判断をすることはできないものです。気になっている相手がいるときは、不自然にならないように話題を見つけ、何度もやり取りをするのが望ましいです。”

どうやって判断するべき?

“ラインは今やなくてはならない恋愛ツールです。 いつでもどこでも気軽に連絡を取ることが出来るので、ラインを通じて相手が自分に好意を持っているのか、そうではないのか判断する一つの指標としても使うことが出来ます。 まず、ラインを送っているのに既読がついてからいつまでも返事がないというのは脈なしです。 返事がないということは、自分から送られた内容に返事をする必要がないと考えているということになります。相手に好意を持っているのであれば、送られたラインを途切れさせたくないので、何かレスポンスがあるはずです。 それがないというのは、内容が答えるのに窮するような内容であったり、あまりにも頻繁にラインを送りすぎてしまうと面倒くさいと思われてしまいます。 また、相手発信のラインが全くこないというのも脈なしのサインの一つになります。 いつでもどこでも相手に話しかけることが出来るツールであるにも関わらず、全く利用して自分に話しかけてこないというのは、興味がないという意志表示の一つです。好意を持っているのであれば、何かきっかけを作ってメッセージを送ってくるものです。 また、スタンプが多いというのも脈なしの可能性が高いでしょう。 既読スルーをされたり、読んでいるのに既読がつかない設定にしているケースよりは相手がこちらに気を使ってくれてはいますが、相手がスタンプばかり送ってくるのでは、まず会話を続けることが出来ません。 スタンプのみだと会話の内容がちぐはぐになって自然とメッセージを送ることも控えてしまうようになるはずです。 学校のクラスメートや会社の同僚など、無視をしていると学校や職場で面倒なので返事を返してはいるけれども、脈なしで、相手はめんどうだと感じているかもしれません。 既読スルーしている相手に何度もメッセージを送り続けることは相手に迷惑をかけているかもしれません。そのようなときには自分からラインを送り続けるのではなく、自分磨きをして相手から連絡を取りたいと思わせるように仕向ける方が良いでしょう。 ラインの頻度が多すぎて相手がうっとおしいと感じているのであれば、一度距離をとってみるのも重要です。積極的にメッセージを送っても既読スルーされるのであれば、更に追いかけても効果は薄いと言えます。 もしくは、恋愛対象として自分が今見られていないということであれば、次へ進む勇気も必要になってくるでしょう。 実際に相手から恋愛対象ではないと直接言われなくても、ラインでは脈なしサインで相手の心象を判断出来ます。”

脈あり確実なラインはこれ!

“出会い系サイトでは、ある程度仲良くなると男性に大きく負担がかかってしまいます。完全無料の場合は別ですが、無料とうたうサイトによってもどこまでが無料なのかが変わってくるからです。例えば、相手のプロフィールを見るところまでは無料だとしても、返事を出す段階ではお金を払わなければなりません。返事以外でも、最初にメールを出すことによりお金が発生することがほとんどになります。 このような状況の中で、ずっとポイントを使い続けながらメールを送って行くと男性のふところが圧迫されてしまうでしょう。もちろん、だからと言ってそこまで気を使う必要はないかもしれませんが女性としてはこの人は信頼できると思ったならばプライベートのラインなどに誘導して上げる必要があります。そうしないと、男性会員はずっとお金を払いながらメールを送ることになるでしょう。 ラインに移行した場合には、それなりに心を許せると判断した場合になりますが、あまりにもしつこく男性が誘ってくるような場合にはお断りした方がよいでしょう。その場合には確実に脈なしと考えた方がよいです。しかし、会話をして盛り上がりこの人ならば問題ないと感じるならばラインのIDを教えて仲良くなってみてもよいかもしれません。 では、そこから付き合うかどうかが決まってくるところになりますがいったいどのように判断したらよいのでしょうか。脈あり確実なラインとしては、やはり直接を誘ってこないけども遠回しに誘ってくるような場合です。例えば、スイーツの話しになったとします。この場合女性の方で、自分もそのようなお店に行ってみたいと考えていますと返事をした場合、これは誘っている合図と考えてよいでしょう。わざわざ興味ない人に対して、そのような内容の文書を送らないからです。ところが残念なことに、男性の場合には若干女性に比べると敏感でない人がおり遠回しに言っても気がつかないことがあります。女性としても自分から会いたいとまではなかなか言うことができない人も多いため、男性は常にアンテナを立ててどのような言葉を発したか考える必要があります。 このようにすることで、ようやく二人で出会うことができるようになるでしょう。そこでフィーリングが一致していれば、そのまま付き合うことも少なくありません。特に、男性の場合は自分から相手を誘った方がよいようなことも少なくないです。状況に応じて考えておかなければならないところになります。”

こんなやりとりも脈ありの可能性大

“気になる異性が見つかったとしても、どうやって関係を進展させればよいかが分からなくて悩んでしまう人は少なくありません。先のことを考えずにアプローチできるなら楽ですが、たいていは振られてしまったときに関係が壊れるのを恐れ、何もできない時間が長くなってしまうのです。勇気が持てるかどうかの問題だと言ってしまえばそれまでですが、周りの人に与える影響も大きいことを考えれば、簡単にアプローチするかを決めることはできません。断られる心配がないと確信できたときに、初めて告白しようという決意を固められるのが普通です。また、告白というのは相思相愛の2人が気持ちを確認するステップにすぎず、振られる可能性がある相手に告白する時点で非常識だと捉える人もいます。 しかし、気になっている相手がいるのなら、どうにかして関係を深めていきたいものです。そこで役に立つのが、日常のコミュニケーションで使っているラインだといえます。ラインによる連絡・やり取りであれば、恋愛を意識せずに続けていくことが可能です。いろいろな話題を提示し、相手がどのように応じるのかを見ていけば、互いに好きな気持ちを抱いているのか、自分は好きでも相手は何とも思っていないのかを見極めることができます。最初のうちは、じれったいと感じる時間もあるわけですが、相手の気持ちが分からないまま告白をして大変な思いをするよりはマシです。最初の段階では脈なしだと思っていたのに、地道にラインでのやり取りをしていくうちに距離が縮まり、脈ありに変わる可能性もあります。 相手がどう思っているのかを確認するためには、相手の使っている表現を見て気持ちを読み取るようにしなければなりません。基本的に、はっきりと恋愛に関連することだと分かるように話題を提示するのは禁物です。ラインのやり取りの中で恋愛のことを出してしまうのなら、堂々と告白をした方が好まれます。こちらから提示した話題・質問などに対して相手がどう応じるのかを見て、次にどうアプローチするべきなのかを考えることが不可欠です。また、一度のやり取りで脈あり・脈なしの判断をしてしまうのは避けなければなりません。そう簡単に判断できるくらいなら、わざわざラインで判断する必要はなく、もっと早い段階で次のステップに移れるはずです。何度もやり取りを繰り返し、これは脈ありかもしれない、脈なしだろう、と細かく判断していくことで話が進んでいきます。”

脈なしの場合のやりとりは?

“連絡ツールとして欠かすことができなくなったラインですが、気になる相手とやりとりをする時にはここから脈なしかどうかをある程度判断することもできます。 絶対ではありませんが、脈なしの傾向に当てはまっていたらショックを受けないためにも深追いはしない、あるいはアプローチの仕方を変えてみるなどする必要があります。 脈なしのやりとりは様々なものがありますが、あまりに素っ気ない返答は脈なしである可能性が高いと言えるでしょう。 それなりに長い返事を期待したいところなのに、短文や一言程度しか返ってこなかったり、スタンプひとつで終わってしまうのであれば相手は自分に興味がないと予想されます。 単純に性格によるものもありますから、ラインで文章を打つのは面倒なのでラインだと簡単な返事しか来ないという可能性はないわけではありませんが、それでも素っ気ない返答は脈がない傾向の一つに当てはまります。 ほとんど返事がスタンプで返ってくるのは、これはかなり厳しいと言わざるを得ません。 短文を打つことすら面倒だという意思の表れになりますから、無機質にスタンプしか返ってこないのであれば、早々に諦めたほうが無難だと言えるでしょう。 聞いたことに対する返事はあるけれども、早々に相手の方から打ち切られてしまうのも、相手は自分に対してあまり好意を抱いていない可能性が高くなります。 返事をしてくれるだけマシだと言えますが、丁寧な返事というのは赤の他人と見ていることに繋がり、いわば他人行儀な社交辞令と言えます。 そのようなやりとりを続けるのも相手は大変ですから、返事をしながらも打ち切る理由をつけて毎回切られているようであれば親密な関係になるのは難しい状況だと言えます。 ラインをすれば相手にしてくれるけど、相手からラインがくることもないのは微妙なところではあるものの、やや厳しいところです。 全く可能性がないわけではありませんが、現状では相手は自分に対して興味がない状態であることは想像できるので、何か別の策を考える必要がある状況です。 最後に既読スルーですが、これはかなり脈なしである可能性が高いものとなってしまいます。 ある程度良い感じの中で既読スルーをされてしまうのは大した理由がないことが多いので気にする必要はありませんが、そこまで行っていないのであれば、これは完全にあなたのことに興味がないというサインです。 一度や二度ならたまたまかも知れませんが、回数が多ければのぞみは薄いでしょう。”

諦めるのはまだ早い!

“ラインを送っても脈なしなので、これはもうだめかなと諦めてしまっているそこの人、諦めるのはまだ早いかも知れません。 脈なしと言っても程度がありますから、完全に突き放されてしまったのでなければ、いくらでも挽回をすることはできます。 諦めて次に行くのも選択肢の一つではありますが、諦めきれない相手であればもう少し頑張ってみるという手もあります。 相手が自分に興味がないという程度であれば、興味をもたせることができれば、脈なしから脈ありにすることも決して不可能なことではありません。 悪い印象を持たれてしまったのを覆すのは少し難しいものがありますが、良くも悪くも関心がないという程度なら気を引くことは可能なのです。 まず、このような時には今までのやり取りを振り返ってみて、どこかに問題点がなかったか洗い出してみることがポイントになります。 頻度が多すぎて相手からしたら面倒だった、返答に困る内容だった、相手の興味のない話題を選んでしまったなど、自ら脈なしになってしまうようなラインを送っていたということは少なくありません。 脈なしからもう一度チャンスを掴むためには、そこから見直して少しずつ距離を縮めて行くようにしましょう。 例えば仕事のことで確認をしておきたいことなど、ラインを送る必然性のある話題でとりあえずやりとりをする関係を作っていきます。 そこから軽く雑談などを交えて、雑談をすることに慣らしていくのです。 相手の反応が悪ければ、あまり押しすぎず再度また何かいいきっかけを作るのを待ち、チャンスがあればまた同じことを繰り返します。 普段直接会うことがあるのであれば、ここでの対応も重要となり一定の距離感を保ちながら、相手が興味を持ってくれるのを待つようにしてみましょう。 多少なりとも関心を抱かせることができれば、それからは距離を縮めていくのはずっと楽になりますから、慌てずゆっくりと距離を縮めて行けばよいのです。 脈なしの相手の気持を動かすには、とにかく忍耐が必要で少しずつ少しずつ相手に悟られないように距離を詰めていくことが大事なことになります。 確かに厳しいものがあり上手くいく可能性はそれほど高くないかも知れませんが、諦めるには惜しい相手には試して見る価値は十分にあります。 焦っている様子や必死な態度を悟られてしまっては、全ては水の泡になってしまうので慎重に行動しましょう。 一度諦めかけた相手なら、駄目で元々なので慌てず自分に関心を持ってもらえるよう行動をしてみるのも悪いものではありません。”

ラインであの人のココロを掴みましょう

ラインは、今やほとんどの人が使っているコミュニケーションツールです。仕事の連絡や仕事を休む連絡がラインでくるなどが問題となったりするほど、特に若い人には身近なものとなっています。当然、恋人とも連絡を取り合うものラインであり、気になっている人や好きな人とも、同様です。よってラインのやり取りの中で、好きな人を喜ばせたり楽しませたりできればあなたの印象はかなりよくなることは確実です。ではどのようなメッセージを送れば、好きな人のココロをつかむことができるのでしょうか。まずは、事前に相手の好きなものや、興味のあることを知っておくとよいでしょう。そして、まずは簡潔なメッセージを送ります。できれば相手がイエス、ノーで答えやすいような質問をしてみてください。例えば「あの番組見た?」や「最近できたあのお店知ってる?」というようなものです。このような聞き方はクローズドクエッションと言い、聞かれた相手には答えやすい質問です。このようなメッセージに返信がなかったり、既読になってから1日以上反応がない場合は、脈なしの可能性が高いです。スタンプのみでの返信も、相手がこれ以上会話のやり取りを続ける意思がないことが多いので脈なしの可能性があります。しかしここであきらめてはいけません。例え返信がないからといって、焦って続けてメッセージを送ると嫌がれます。1日程度間をあけてから、自分が今日したことなどを簡潔に書いて送りましょう。それを、適度な間隔をあけながら何度か繰り返すことで、相手の人も自分が好意をもたれていることが分かり少し反応が違ってくるかもしれません。また最初のメッセージできちんと返信があったり、逆に質問を返してきてくれた場合は少なくとも嫌われてはいないことは分かります。そこからさらに印象をよくするには、今度はオープンクエッションをしてみてください。これはイエス、ノーでは答えられない質問です。「今日何食べた?」「好きな芸能人って誰?」などです。もちろん相手のことを聞くばかりではなく、自分のことも少しずつ話します。ちょうど、自分の情報量と、相手から聞き出す情報量が五分五分くらいになれば双方にとって心地の良いコミュニケーションになります。その後は、相手にとって負担がかからない頻度でメッセージを送りましょう。多すぎると重く感じますし、少なすぎても興味がなく思われてしまいます。ラインは気軽にメッセージを送れますのでその利点を生かして、好きな人のココロをがっちりとつかんでください。

好印象を与えるテクニック

“恋愛の手段の一つとして、ラインを使うことが基本になっています。まだラインをダウンロードしていない場合には、これから使うかどうかわかりませんがすぐにダウンロードしておいた方がよいです。基本的な使い方に関してマスターしておけば、いざ初めて出会う人と仲良くなってラインに移行する場合でも安心して利用することが可能です。 ただ、基本的にプライベートの内容になりますのでいきなりであった人にラインのIDを交換しませんかなどと誘ってはいけません。たいていそのようなことをするのは男性側になりますが、男性としては多少焦っている部分もあります。なぜ焦っているかといえば、お金を払いながらメールをしているからです。もし無理に誘うようならば、相手は断ってきますがこの場合脈なしと判断するのは早計になるでしょう。それで何度も失敗したり相手から返事がなくなれば脈なしと考えてよいですが、そうでなければ次はじっくり攻めるようにするべきです。 このようにすることで、より魅力的な相手と出会うことができる可能性は少なくありません。逆に女性側の方からすぐに誘ってくるようならば、これは男性としてはうれしいようですが何らかの裏がある可能性がありますので注意しなければならないところです。金を貸して欲しいなどと言ってくる女性はたまにいますので注意しなければなりません。あるいは、ハニートラップのような形になることも少なくありません。特に、女性が美人の場合やスタイルがよい場合にはとくに注意をしておく必要があります。 後は、切り出すタイミングですがある程度メールのやりとりをした後にラインをしませんかと相手に問い掛けましょう。メールのやり取りが盛んになれば、相手としてもそろそろラインにした方がよいのではないかと感じるはずです。なぜなら、出会い系サイトの中で行ったメールのやりとりは、そこのスタッフが見ている可能性が高いからです。かつて、悪質な書くこみをしてそれが問題になり警察ざたになったことがあるからでしょう。そのようになると、出会い系サイトの方も人がいなくなってしまう可能性があり、可能な限り避けなければならないところになります。 ラインで連絡が取れるようになれば、相手と会うまでもう一歩になります。好印象を与えるためには、やはり自分のことを積極的に話すよりも相手の話しに合わせることをした方がよいです。その方がいても心を開いてくれますしこの人ならば付き合ってもよいと気持ちが変わる可能性が高いからです。”

気の利いたラインとは?

現在ではメールや電話よりもLINEのような無料通話アプリを使って、人間同士がコミュニケーションをすることが多くなっています。もちろん異性の間でもそれは同様であり、このLINEのようなツールをいかにうまく使いこなせるかでモテるかどうかが変わってくると言っても過言ではありません。出会いにおいても、マッチングアプリなどで知り合ったとしても最終的にはLINEでやり取りをするということが多いため、ここで上手くコミュニケーションをとり、相手の気持ちをしっかりと掴むということが出会い系をうまく使いこなすための条件といっても良いでしょう。送れる文字数にも限りがありますから、なるべく気の利いた一言で相手の心を動かすということが求められます。そうは言っても、気の利いた一言とはいったい何なのかという風に、迷ってしまう人も多いでしょう。確かに相手によっては使うべき言葉が限られてきたりしますし、言ってはいけない単語を喋ってしまうということもありえます。そのためそういった点には気をつけつつ、なるべく相手にとって返しやすい言葉を選ぶということが大切なのです。まず最もやってはいけないのは、自分の気持ちばかり押し付けるようなラインです。単純な感想であったり自分の気持ちであったりを素直に述べるというのは、一見いいことのように思えますが、相手からしたら返事をしにくかったりするものでしょう。それなのに返事をしなくてはいけないということで、非常にプレッシャーがかかります。そういった負担をかけ続けていれば、この人とおしゃべりしていても楽しくないと思われてしまいますので、自分本位なLINEは決してしないように注意が必要です。またそれだけではなく、だらだらと要点の見えない話し方もよくありません。女性側は共感を得るためにダラダラと自分のことを喋りがちですが、そこはある程度男性側が我慢して聞く必要があるでしょう。しかし男性側がそのようなことをしても、脈なしの女性は付き合ってくれないと思っておいた方が無難です。なるべく相手の気持ちに寄り添うような喋り方をして、女性の話を引き出すような問いかけなどが効果的ですので、話すというよりは聞きだすということにポイントを置いてLINEを送るのが適切となります。LINEもうまく使って相手の話を引き出せるようになれば、さらにそこから仲良くなりやすいですし、どんな女性とでもコミュニケーションをとるのは結局ラインになりますので、この使い方をしっかりと身につけておくことが重要です。

少しの工夫で印象アップ!

“ラインを続けている中で、相手のレスポンスの速さや返答してくる内容によって自分に脈なしと思うこともあるかもしれません。 それでやけになって、ラインを送るのをやめたり、冷たいメッセージを送るのは自ら恋人になれる可能性を潰しているのでもったいないです。 可能性を潰すだけでなく、あなた自分の人間性を疑われるような行為をするのはご法度です。 気持ちが折れそうになっても感情的にならず、相手に好意をもってもらえるようなメッセージを送るようにしましょう。 それでは、どのようなメッセージを送れば、相手の心を少しでも引き寄せられるのでしょうか。 それはちょっとした工夫のみでも大丈夫です。 まだ、仲良くなりたての頃は長文を送るのは避け、相手の応答を待ちながらコミュニケーションを続けていくようにしましょう。 長い文章でメッセージをこちらが言いたいことは伝わるのですが、相手の反応が見えないままなので、会話が一方的になりがちです。 その一方的な圧に押されてうんざりしてしまい、あなたの印象を落とす可能性もあります。 長い文章を送ってくるというだけで、一方的で相手のことを思いやれない人、また心に余裕のない人という印象をもってしまう人もいますので注意しましょう。 会話とは、あくまで相手とのキャッチボールだということを忘れずに。 次に、ラインで相手に親近感を持ってもらうには、相手の文体に合わせてメッセージを送ることです。 例えば、絵文字を多用する人であれば、自分もメッセージを絵文字を含めてみたり、文末に””笑””と付ける人であれば、””w””ではなくて相手に合わせて””笑””と付けるとよいです。 このテクニックはミラーリングと呼ばれ、相手の動作や言い方に合わせることで、自分の似たようなタイプの人と思い親近感を抱かせることができます。 恋愛だけでなくとも、相手との距離感を近づけてコミュニケーションをとるには有効な方法となります。 その他、使えるテクニックとしては相手の距離が近づいてきたと思ったら、自分に関する近況報告を行っていくことです。 自分から自己開示をすることで、相手も開示して現在の状況など個人的なことを少しずつ話してくれるようになります。 相手の心を開くときは無理やりこじ開けようとするのではなく、自分の方も開いていきながら、徐々に一歩一歩進んでいくことです。 恋愛に対する温度の上がり方は人それぞれなので、普段よりも少し時間がかかっているなと思ったとしても焦ってはいけません。 変に急かしてしまうと、大抵の場合は逃げられてしまいます。”

普段の自分を振り返ってみましょう

ラインで脈なしだった場合、普段の自分を見る返ってみるのも良いでしょう。普段の自分はおとなしいのにラインでは凄くご機嫌であったり、明るい感じである時はどことなく無理をしてしまっているということもあります。自分では自然だと思っていても、そうした無理をしている時というのは文面から無理をしていることが分かってしまうということもあるので注意が必要です。暗い人よりも明るい人のほうが話しかけやすいですし好感度が高くなるというのは事実ですが、それでも不自然な感じになってしまえば不信感を感じられることもあります。ですからおとなしい人であればラインの文章はそのままおとなしい感じ、真面目な感じでも良いです。また、年齢が高いのに若いような感じであるということは実際に会った時に印象であれば良いですが、文面だけが若いというのは痛い感じにも思われてしまいます。若い感じをアピールするにしても文面であればそれがうまく伝わらないということもあるので、ただ単に若い人を真似るという行為は避けるようにもしましょう。顔文字も自分がうまく使えているという自信がないのであれば無理に使わないようにもしたほうが良いですし、そのままの自分の書き方にしておいても良いです。また、どうしても女性の気を引くような上手なラインが出来ないのであれば、友人などの力を借りても良いでしょう。ラインは人から添削されながらやるものでもないですが、あらかじめ送信する前に友人や知人にチェックしてもらうことで良くない点が見つかることもあります。また、自分らしさを出したいということであれば、友達に送るようなラインにしてみましょう。特に冗談や気の利く誉め言葉などはなくても、友人に送るのだと思えば多少気分的にも楽になりますし、文章も柔らかく屈託ない感じにもなります。そしてラインはあまり長々と書かないようにすることが大事です。テニスのやりとりのように短い間隔で軽快に返すのが良いですし、ノリも良くなります。長々とした会話になりそうであればいったん切って、また次のラインで伝えるようにしても良いでしょう。そして重要な、すぐに返信が必要なことでない限りは焦らないようにしましょう。相手にとっては忙しい時間で返信が遅れているだけかもしれませんし、返信を急ぐようなラインをすることでウザいと思われることもあるので、重要なことでないなら返信は気長に待つようにもすると良いでしょう。

「自分だったらどう感じる?」が決め手

“ラインは今や若年層の中でインストールをしていない人を探す方が難しいほど浸透しているアプリです。ラインがなければ仕事仲間や友達、家族とも連絡が取れず困ってしまうという方は少なくありません。 電話番号は知らないけれども、ラインで繋がっているという交友関係は珍しくないものです。 とても便利なラインですが、恋愛ツールとしてもとても重要な役割を果たします。 まず今の若い方は電話そのものに慣れていません。 電話をする機会が少なく、学業を終了して就職して初めて電話応対に接する方も少なくないものです。 普段から使い慣れていない電話では、恋愛ツールとしては今では不十分になっています。 普段から接しているラインの方が、身近で扱いやすいので恋愛ツールとして強みがあります。 ラインで相手にアプローチをする時に、脈ありか脈なしかを判断するのは大切です。 相手にその気がないのに一方的に自分がメッセージを送り続けるのは相手にとってはとても迷惑だと感じるでしょう。 まず、メッセージを送る前に「自分だったらどう感じる?」と一歩立ち止まって考えてみる姿勢が大切です。 恋愛はつい自分の気持ちを相手に押し付けてしまいがちになるので、客観的に自分のメッセージを読んでみることで気が付くこともあります。 送る時間帯も大切です。 相手が社会人であれば、日中の時間帯は忙しいでしょうし、夜も会議が長引いたり、資料の作成や残業で遅くまで仕事をしているかもしれません。 相手の生活リズムをよく把握していないのに、何通も立て続けにメッセージを送るのは相手にプレッシャーをかけてしまいますし、付き合う前であれば尚のこと、どういうつもりで送っているのか相手が訝るでしょう。 相手からのメッセージの返事がない場合は脈なしのサインですので、必要以上に追いかけるのは控えましょう。 また、すぐに返事がないからといって、相手を急かすようなメッセージも心象を悪くします。 もし自分が仕事でとても忙しいのに何故返事が来ないのかを責めるような内容のメッセージを受け取れば当然嫌な気分になるでしょう。 しばらく未読のままでも、今忙しいのかなと相手を察してあげる優しさがないと上手くいく関係も上手くいかなくなってしまいます。 ラインは自分にとってとても便利なツールなので、つい相手のことを忘れてメッセージを送ってしまいがちですが、スマホの向こうには相手がいることを思って使うように心がけましょう。”

相手を思ったラインは届く

“ラインを使用されており相手の方から返信などがいただけない場合や既読になっていることにも関わらずに何も連絡がないというケースでは脈なしと判断がされるものであります。 ただこうしたラインに於いて本当に相手の方を思ったラインというものは届くメッセージでもあるとされております。この理由に関しましてはラインなどには基本的に自分の気持ちなどや下心などこうなってほしい相手にもこうしてほしいああしてほしいと言った欲求などが過度に含まれているとされております。 よくこのような欲求のラインなどは下心などがとてもあることとして相手から嫌悪されると同時に相手の方は何度もこうしたラインのメッセージを貰う度にうんざりとしていることが決して少なくありません。中には身体だけの関係を何度も望んでの希望をメッセージとして送信してしまう方もおられるためで、上記のようなメッセージは当然ながらとても嫌われてしまいます。 一方で相手の方を思ったラインの場合には大変にウザイとされるメッセージなどの文章を送り付けることがないために相手からも好印象を持って貰えるとされております。なぜならば名作などの著書にもあるように、または映画などやドラマなどにもあるように心から相手のことを思った場合には駆け引きなどはなくしっかりと真心が籠っており下手な駆け引きなども不要であると感じられるほど相手のことを気遣っているものであるためです。 それでももしラインのメッセージが返ってこないと嘆かれている場合にはそれも相手とは縁がなかったと割り切ることも、過去の偉大なる文学者たちは述べております。 しかし相手を本当に心の底から思い考えて、まるで最も大切な人だと思った心のラインは届く傾向にあります。少し強引な場合にはこのようなケースなどはありますが、相手をとても運命の人だと思い何度も何度も思いを届けて欲しいという切望から送ったラインが実際に届き、相手の方と交際出来たという事例は確かにあります。 ただこれはとても難しいものであり、相手を思った気持ちがこれほどにまで自分には大切なのだ、あなたがいなければならないのだといった雰囲気の女性ならば言われてみたいと思った内容を上手にアレンジしたものであれば、届くという傾向は少しですが存在しております。 理由としましては相手の方を思った経緯に自分があなたを幸せにしてみせるという気持ちが強く込められておりその上で自分の気持ちに素直に率直に相手にぶつけてみたところ、良いお返事をメッセージで返してもらえたという経緯であります。”

トーク例1:仕事仲間編

“仕事仲間ということで、同じ仕事をしているためにラインもとてもスムーズに聞くことが出来ます。 例えば、自分がやっている仕事について分からないこと、アドバイスを貰いたい時だってきっと仕事をすればあるはずです。でも、上司とかには何だか聞きづらいということを理由にしてお話することが出来ます。どんな感じで話を始めれば良いかというと「急にごめんね!今、自分がしてる仕事で分からないことがあるんだけどちょっと相談してもいい?」というように話を始めればよっぽど嫌な人で無ければ必ず答えてくれるはずです。アドバイスとか、分からないことを教えてもらったらお礼を言うのは当たり前ですが、その後に「また分からないこととかあったら聞いてもいい?」というようなことを付け加えておくといいと思います。人は誰かに頼られるというのはそんなに嫌ではありません。むしろ、自分が役に立てるならと思うはずですので仮に相手が脈なしでも予防策にもなるでしょう。ここで、「頼りにしてます」などといった相手を尊敬するようなことも言えたら意識してしまうかもしれませんし、相手を讃えることにもなりいい気持ちになります。もう一つは、仕事と言えば何があると思いますかと聞かれたら飲み会と答える人が多いはずです。仕事というのはどこかでお疲れ様という意味も込めて、また、親睦を深めていくために飲み会を開催します。その時に飲み会などには誘いの期間がありますので、そのタイミングでラインをするといいと思います。「来週の飲み会だけど、どうする?」とかとても無難な形での文章でいいです。あまり、ここにこだわり過ぎてしまうとかえって向こう側が余計な詮索をしてくるかもしれないので留めておくことも大切なことです。そうしたら、行く行かないというような返事がかえってくるのでそれに合わせます。行く場合でも行かない場合でも相手の方に合わせておくといいです。「自分も行かないでこうかな」などです。もし、自分がどうしても行けなくて相手が行く場合には、「楽しんできてね。」と言ってあげることが相手に対しての優しさになりますので無理に繋がるのでは無くて案外さっぱりした返事で大丈夫です。あとで、どんな話があったかどうか聞くのもこれからに繋がります。 最後におさらいです。アドバイスなどを貰った時には頼りにしてることを言うことで相手を讃えることになる、そして、飲み会などで自分が行かなくて相手が行く場合には楽しんできてねと言ってあげることが大切です。”

トーク例2:プライベートな友達編

プライベートな友達を好きになってしまった場合、今の関係性を壊したくない・降られたら元の関係に戻れないかもしれない・告白を冗談と受け取られそうで言いにくい等、ネガティブな思考に陥りがちです。しかし、奇跡的に両想いだったケースを除くと、自分からアプローチをしなければ交際に進むことは疎か恋愛対象として見てくれない可能性があります。相手が脈なしだからと言って諦めるのはまだ早いです。誰にも取られたくないと思っているなら、自然なアプローチを繰り返し、少しずつ恋愛対象に近づきましょう。身近な存在だからこそ、急な積極性や褒め言葉は冗談と受け取られがちになり、いきなりアプローチされることで嬉しさよりも不信感などにも繋がります。急に積極性を見せられてしまうと、驚きや動揺から距離を取られる可能性もあり得るので気をつけましょう。どうしても相手に早くラインでキモチを伝えたいという方は、「好きです。付き合ってください。」のような短文ではなく、どのようなところが好きか・どうして好きになったかをしっかりと伝えることで、真剣に想っているというキモチが相手に伝わりやすいです。又、ラインはスタンプや絵文字などが沢山揃っていますが、告白に使用するのはお勧めできません。告白のラインにスタンプや絵文字が使われていると、真剣さや真面目さよりもキモチが軽く見られてしまったり、冗談に受け取られる可能性があります。逆に、普段スタンプや絵文字を多用している人が文章のみのラインを送った場合、相手は真面目な雰囲気を感じ誠実さを感じやすいので良いでしょう。少しずつアプローチをかけたいという方は、ラインの返事を早めに返すのを心掛ける・二人だけのお出かけに誘ってみる等から始めると良いです。ラインの返事が早くなることで、自分に興味を持ってくれている・自分からのラインを待っていたのかなと思わせることができます。しかし、メッセージが来て数秒後にすぐ返信するなどタイミングが早いのが頻繁に繰り返されると、せかされるようなキモチなったりイライラに繋がったりするので、気をつけましょう。二人でのお出かけをしたことがある人もない人も、毎月数回お出かけに誘うことで、「一緒にいて楽しいと感じてくれてるから誘ってくるのかな」・「もしかして好かれてるのかな」という風に思わせることができ、人によっては恋愛対象として意識しだす可能性があるでしょう。お出かけするスポットは、自分の好きなところよりかは相手の行きたいところや、やりたいことを優先することが大切です。相手のキモチを尊重することで、優しさや協調性を伝えることができ、相手も楽しみやすくまた一緒に遊びたいと思ってくれるでしょう。次に、メッセージのやり取りの中で、不自然さのないように褒めましょう。褒めすぎは「気持ち悪い」と思われる可能性があるので注意が必要です。褒めるポイントは、スタイル等の身体に関することは控え、中身を褒めるようにします。身体を褒められることに喜びを感じる方は沢山いらっしゃいますが、告白前に身体を褒めてしまうと中身よりも外見を見られていると思われがちです。その為、優しさ・思いやり・面白さ・頑張っているところを会話の中で自然に盛り込むことで、相手は「ちゃんと見てくれている」・「そんなところも気づいてくれてた」など好印象を抱いてくれるでしょう。その他にも、相手が自虐のメッセージを送ってきた際に「そんなところも好きだけどね」などのように、サラッと相手の悪い所も受け入れている・好いていると感じさせるような返信をすることで、好印象を与えることができます。これらの強すぎないアプローチを重ねていくことにより、相手のキモチを脈ありに変えましょう。

便利さが人気のラインを用いて気になっている人とメッセージのやり取りをしたいという人もいます。その際に心配になることが、相手は自分のことをどのように見ているのかということです。脈ありだというときは相手が何かしらのサインを送っている場合があります。判断することができる特徴がありますので、確認してみると良いでしょう。反対に、脈なしの場合もあります。その際にはいくつか特徴がありますので、意識しながらやり取りをしていくことが大切です。相手にとって気になる存在になるためには気をつけておきたいこともあるので、しっかりと把握して実践すると効果的です。

「脈なしかも?」に負けない!ラインで伝えるあなたの☆キモチ☆
Rate this post