『京都』で出会いを求める時に押さえるべきポイントは?

“様々な観光名所があり、たくさんの人々で賑わうため、出会いを求める場所として最適に思われそうですが、デートスポットの多さだけで決めてしまうと後悔してしまうので注意が必要です。東京や大阪と比べても性質の異なる魅力を京都は持っているのです。 関東・関西だけでも違いはあるのに、隣の大阪とも違う雰囲気を出しています。テンションが高くノリのいい集まりは間違いなく大阪ですが、それに全く当てはまらなく、しっとりとした歴史を感じさせる上品な集まりが多いです。どちらがいいかは好みですが、京都で出会いを求めるなら押さえるポイントを理解しておきましょう。”

京都で出会いを求めるメリット。

“日本の数ある名所の中でなぜ京都で出会いを探そうとするのか、それは物事がはっきりしているからです。観光名所がたくさんあって行く場所に困らない。京美人という言葉があるようにお付き合いしたい人のイメージがつきやすいのです。 まず、観光名所がとにかく多いです。付き合い始めの頃はとにかく何をするわけでもなく、とにかく一生に居たい。そんな気持ちが強いので、大自然の中をまるで時間が止まったかのように過ごすことができる場所が多い京都にはたくさんの魅力があるのです。レジャースポットに行って二人ではしゃぎまわりたいという人ばかりではありません。自分も相手ものんびりとした開放感のる空間でゆっくりと時間を共有したい、という恋人たちには京都は間違いなくおすすめであり出会いを求める場所としても最適です。 次に、寺院を巡るのが好き・着物や織物が好きといった人であれば間違いなく京都には同じような人がいますので、共通の話題や趣味で一気に距離を縮めることができます。素の自分を出せることは、長く付き合うことにおいて非常に重要な要素となります。 また、先ほど述べたように京美人と言われる人も多いです。隣の大阪と比べても長い歴史があり、かつて都があったくらいですから品がありキツイ性格の方は多いです。それなのに人当たりはとても良く、穏やかに見られているのだから不思議ではありますが・・ただ、性格がはっきりしているので、そのような異性を好きな人が京都に出会いを求めるのは効率のいい探し方です。場所と理想の人がすでに描けているので、積極的に行動すればお付き合いできる異性に出会いのは、そう遠くないでしょう。 このように京都は、人々の理想にあっていることが多く、どんな出会いでどんな人とお付き合いしてデートをしていくのだろうという想像が比較的つきやすくなっています。大勢で楽しみたい人や仲良く盛り上がることが好きなら他府県の異性の方がいいかもしれません。しかし、京都には、周りにはない確立した魅力が人々や観光名所にあるのです。出会いを求めることに対してこれだけはっきりとした場所は他にはありません。 京都は、魅力溢れる街です。そこで過ごす人たちも魅力に溢れています。その場所で出会いを求めることは贅沢といっても過言ではないでしょう。せっかく京都で理想の異性を探すのです。自分磨きも忘れないで妥協しなければ、必ず素敵な異性が見つかることでしょう。”

よくある、京都出身者のイメージ。

“日本には、かつて地方の特色を豊かなり様々な特徴を持っている地方があります。現在はテレビやラジオそしてインターネットなどが発達していることから、地方によってそこまで大きな違いはないもののやはり伝統的には違いがあるといっても過言ではありません。ではいったいどのような違いがあるか問題になりますが、これは江戸時代ぐらいまでにつくられた文化が現在も残っている形で違いが生じています。特に特色があるのは京都になるでしょう。京都の場合には、平安時代からずっと都になっていたところですので歴史上の人物でも有名な人が多い傾向にあります。 それだけでなく、歴史的な建物が非常に多く洋風の文化は一切感じられません。洋風の文化といえば、江戸時代以降つまり明治時代から港が開港された横浜や神戸などにみられます。そのようなところは教会が多い傾向にありますが、京都の場合は寺社仏閣が発達したところで首都でキリスト教の教会などはほとんどありません。とはいえ、日本文化は昔から融合文化といわれており外国の良いところを吸収し日本風にアレンジするのが特徴です。そのため、全くキリスト教の教会がないかというとそのようなことはありません。 ただ京都の場合には、景観を非常に重要視していますのでお寺の近くなどにそのような建物を建築することができないわけです。このように考えると、やはり負のイメージが持たれても仕方がありません。そこの出身の人に関しても、和風のイメージがあるかもしれないです。ただ、京都といっても非常に広く京都市と福知山市ではずいぶんとその文化が異なります。それだけでなく、様々な特徴を持っている市町村があり一概にイメージはありませんがやはり人口の大半は中心部に住んでいることを考えれば和風の文化があるといえるでしょう。 出会いに関しては、特に京都らしさを出す必要はありませんが京都らしいイメージで合コンなどに行くと周りからの反応が良くなるに違いありません。ただ、どのような格好をしてもやはりその人が持っている雰囲気などもあります。例えば子供に服を着せるとわかりますが、人間にはもともと洋風が似合う人とは風土に合う人も存在しています。このうちどちらが似合うかは、周りの人に聞いてみると良いですが洋風が似合う人が無理して和服のような恰好をするとどこか釣り合いがとれず、自分の良さを引き出せないことになりますので注意が必要です。”

京都での出会い。ここが敬遠される点。

古くからの伝統が息づく街である京都ですが、その出会いは一筋縄ではいかないことも多く敬遠されることもしばしばです。ではなぜ、京都での出会いが敬遠されるのでしょうか。その最も大きな理由のひとつが京都独特の人間性にあります。よく、京都の人の家に食事に呼ばれた際にあまり長居をしてしまうとお茶漬けが出てくるという話があります。これは知らない人にとっては気を遣ってくれているのかなという印象を受けますが、実は、「そろそろ夜も遅いのでこの辺りでお開きにして帰ってください。」という意味が込められています。さすがにそんなことはないだろうと思っていたのですが、実際に京都の人に尋ねて見ると「直接、帰ってくださいというよりもよっぽど気が利いているし、心配りができているでしょう。」とのことでした。つまり、このお茶漬けの下りに代表されるように京都の人たちは直接自分たちの感情を口にしないという特徴があります。例えば恋愛において見てみると、好きなことに対してよく「嫌いじゃない」という表現をします。そのため、慣れていない人にとっては逆に何か不満に思う部分があるのかと勘ぐってしまいたくなります。つまり、常に言葉の裏側にある本音のようなものを意識しておかなければならないという点が敬遠される理由のひとつです。また、実際に京都の人と出会って結婚するとなると、やはりその家のしきたりが気になります。というのも代々古くから続く名家でなく、普通のご家庭でも自分たちが京都の人たちであることに対するプライドが高いため、年中行事が多かったり、親戚同士での集まりなども頻繁に行われます。また、ご近所同士の付き合いも比較的、密なので特に最近の核家族で育ってきた若い人たちにとっては、このような人付き合いもネックになる可能性があるといってもよいでしょう。また、若い人を中心に見てみると京都は大学の数が多く学生の街と呼ばれています。しかも、地方出身者もかなり多いので、卒業後は地元に帰ったり他府県へ就職するといったパターンが少なくありません。つまり、学生の数に比例するように出会いが多い反面、そのうち遠距離恋愛となる可能性が高いということも出会いが敬遠される理由のひとつと言えるでしょう。ここまで、京都の出会いに対してネガティブな側面ばかりを述べてきましたが、もちろん良いところもたくさんありますし、魅力的な街なので積極的に出会いを探してみることをおすすめします。

京都という場所を武器にする。

“出会いを求めるときは、いろいろな要素を考慮する必要があります。地域の特徴も慎重に考えるべきポイントの一つです。同じ日本だからといって、他の場所と同じように考えていると、成功は遠のいてしまうかもしれません。特に京都で出会いを求めるのであれば、場所の特徴が与える影響を無視するのは良くないです。なぜなら、京都には他の地域と異なる点が多くあるからです。 そういう場所だと分かると、面倒に感じて近隣の県で活動したほうが良いと感じる人もいます。確かにそちらのほうが向いている人もいるでしょう。しかし反対に、京都という場所の特徴を把握できるのであれば、それを利用しない手はありありません。かなり強力な武器になりうるので、出会いのチャンスをたくさん得られる可能性があります。それに特徴を理解するといっても、あまり難しい話ではないので別に身構えなくても大丈夫です。 そもそも昔から日本で暮らしていれば、京都という場所の特徴はすでに把握している人が多いでしょう。特に意識することがないだけで、あらためて言われると知っていることばかりだと考えられます。歴史的な建築物が豊富であり、有名な神社や寺がたくさんあることがその代表です。もちろん、それを見に来る観光客がたくさんいることも該当します。近年になって、外国からの観光客も非常に多くなってきました。さらに、近畿のもう一つの大都市である大阪まですぐに行けることも忘れてはいけません。大阪だけでなく、奈良や滋賀ににも電車ですぐに行けます。 これらの特徴はどれも常識レベルのものなのです。この他にも京都独特の特徴は多くありますが、おそらく知っているものばかりでしょう。こういった内容をしっかりと意識しておくと、どのように立ち回れば出会いを得やすくなるのか分かるようになります。たとえば魅力的な異性を見付けたときに、その人がどんな目的で京都に来ているのか予想しやすいです。それによって効果的なアプローチを組み立てることも可能になります。大阪へのアクセスが容易なことを活かせば、誘った後の遊び方の幅が広がります。 もちろん上記は一例に過ぎず、特徴の活かし方のバリエーションは豊富です。それをマスターして十分な恩恵を得られるように、まずは京都という場所をどうすれば武器にできるのかをよく考えてみましょう。そうすれば他の地域では出会いに恵まれなかった人でも、驚くほど成功しやすくなることを期待できます。”

キャップ萌えを狙うには?

“京都で出会いを求めている女性が婚活イベントなどに参加した際に感じる悩みの1つに、他県出身の人と今一つ仲良くなれないというものがあるそうです。 なぜか分からないけど婚活パーティに参加した時も微妙に距離感というか壁を感じる、自分だけかと思ったら周囲の人も同じような経験があると言っていた。 なぜ自分たちだけが?と悩んでしまうのも当然です。 しかし京都出身以外の人ならその理由は割と思い当たるのではないでしょうか? そう京都以外の地域に住む大多数の日本人は京都の女性に対して「厄介な女」というイメージを抱いているのです。 来客が来た際に茶漬けを出して早く帰れと暗に迫ってくる嫌味な人たち、それが日本人の固定観念としての京都人です。 実際にはそれは多分に誇張されたイメージであるというのはみんな分かっています。 血液型がA型だからといって誰もが真面目な訳がないのです。 大阪の人間だからといって全員がお節介でタコ焼きを食べている訳ではないし、九州の男性全員が男らしい訳ではありません。 しかし頭で理解していもこうしたイメージというのはなかなか消えないものです。 では京都の人間はそうしたネガティブなイメージによるハンデを抱えて、不利な状態で恋愛をしなければいけないのでしょうか? いいえそんなことはありません、確かに一度定着した県民性のイメージはそう簡単に消せませんがそれを弱点ではなく武器へと変化させることは可能です。 弱点を武器にする方法、それはギャップ萌えです。 生真面目な上司の趣味がお菓子作りだった、いつも強気に見える先輩が手を繋ぐと急に甘えてきた、こうしたいい意味でイメージを覆すギャップは、周囲の人に親近感を抱かせる格好の武器となります。 京都の県民イメージが嫌味な人間だというのなら、「嫌味な人間だと思ったら実はすごく面倒見がよくて優しかった」とギャップを使って一発逆転すればいいのです。 恋愛でギャップ萌えを狙うなら、できるだけ好印象を持ってもらいたい人と二人きりの時に仕掛けましょう。 自分だけがこの人の本当の姿を知っているというのは、ターゲットに優越感と親近感を同時に植え付けます。 ギャップ萌えを利用すれば弱点は逆に強力な武器として使えるようになります。 ただしギャップ萌えは「実はとてもいい人だった、かわいい人だった」と思わせるだけの下地があればこそ使える技です。 自分に好意を持って欲しい相手に炸裂させるためにも、普段から人間力の向上に励みましょう。”

相手をドキッとさせる、京都流アプローチ。

京都といえば非常に人気のある観光スポットとして知られていますが、同時に素敵な女性の多い場所としても世界的に有名です。そんな京都では多くの出会いが生まれるため、恋の町としても知られています。京都で出会いを求めるということにはいくつかのメリットがあり、まず国際食豊かな人種と知り合えるというのがあるでしょう。実際欧米をはじめとして、東南アジアやその他の国からも観光客が押し寄せるため、非常に色々な相手と出会えるのです。京都を訪れる人のほとんどは目的が観光ですので、観光名所を案内できるととても相手から見て魅力的に見えます。つまり観光案内ができるということが、京都において異性にモテるためのコツなのです。またそれだけではなく、この都市ならではのテクニックを用いて相手をドキッとさせるということもできるでしょう。京都といえば舞妓さんですから、女性であれば普段の服装と違って舞妓さんの格好をすることで、相手にギャップを与えることができ、その気持ちを動かすことができるのです。コスプレなどでもそうですが、服装を変えるだけでイメージがガラッと変わり、相手の心の中に非常に強い印象を残すことができます。舞妓さんは京都でならどこでも見られますし、全く不自然ではない服装ですので、予告なく相手と待ち合わせをする時にはこの服で行くというのも良いでしょう。またあまり露出のある服装ではないのですが、うなじなどをしっかりと見せることによって異性にアプローチすることも可能です。それだけではなく、京都には夕日の見える名所が多くありますので、そういうところに二人で出かけると良い雰囲気を作りやすいということが挙げられます。なるべく穴場スポットに行けば、夕方から夜にかけて二人っきりになれますし、綺麗な夕日を眺めながら近い距離にいればお互いを異性として意識することになりますので、相手をドキッとさせるようなシチュエーションには事欠きません。さらにもう一つ、京都というのは日中はとても混み合いますので、人混みの中にわざと入っていて手を繋いだり体を密着させたりというテクニックも使えます。肉体的に接触するというのは誰であってもドキドキすることですので、この性質を利用してなるべく相手の近くに行くことがとても大切になってきます。京都ならではのこのような特性を理解しておいて、相手を自分のものにするということが出会いのポイントとなるでしょう。

使いこなそう、京都ならではの言い回し。

どの地域にも人間性に特徴があり、例えば北海道であればおおらかでのんびりした人間が多いですし東京などの大都市は合理的でスマートな人が多いとされています。京都でもそういった地域性はあり、上品で穏やかなイメージが多く持たれているでしょう。特に京の言葉に見られるようなしっとりとして、はんなりとした優しげな方言には、癒される人間も多いためそういった女性は人気があります。京都ならではの良さを出そうとすれば、やはり京言葉を使いこなすのが一番です。大阪弁を除けば方言を使っている人というのは、若者世代ではそれほど多くはありません。北陸や東北などであっても現在ではテレビやインターネットによる情報が多く入ってくるため、子供の頃から標準語を話す人間が多いのです。そのため年配者を除けば、しっかりと方言を話せる人間というのは意外に少なく、貴重だということが言えます。関西弁あるいは大阪弁に関しては、テレビなどでもよく聞くことがありますので、こちらは例外となっているのです。京都の言葉といえば、千年もの間日本の首都であったように、非常に雅で上品な響きが特徴的なものになります。しかしながら普段から京都弁を喋っていると、なかなかギャップを感じさせにくいので、いざという時にちょっと出すくらいが良いでしょう。このギャップというのは男女ともに非常に有効なもので、自分にだけ見せてくれた素顔というものに異性はドキッとするものなのです。例えば普段メガネの人がコンタクトにしてきたり、あるいは普段は厳しい人が優しい面を覗かせると、自分にだけ向けてくれているのだという印象を受けますので、とても異性に対して効果的なものになります。方言もその一種であり、京都弁をどこで使うかということがとてもアプローチにとって重要なことです。京都をアピールするのであれば、やはり観光名所などを案内しつつたまに京都弁を織り交ぜるなどが、有効でしょう。地元の人間であれば、豆知識や穴場スポットなども教えてあげられますし、二人っきりになれるような場所に連れて行くこともできます。不自然に京都弁を喋るというのはなかなか難しいところですので、京都の名所や名物などを紹介し続ける中でそういった流れになれば、自然に口にすることもできます。京都ならではの言い回しを上手に使いこなして異性の気持ちを掴むということは、不可能なわけではありませんので、メリハリを大切にして出会いのために使いこなしましょう。

京都で使用される、脈ありなサイン。

“ときに県民性などで「腹黒い」とか「本音を言わない」などと評される京都の人々。そんな彼女(彼氏)との出会いにおいて、「好き」というサインをどう読み解けば良いのでしょうか。 まず気をつけるべきは、京都人の言葉への考え方ですね。できるだけ、相手に気づいて感じてほしいというのが彼ら、彼女らの主張です。つまり、いわゆる空気を読んでください、ということですね。でも、これは京都の人だけでなく、日本人全体にも当てはまりそう。「イヤです」「お断りします」と面と向かっていうのって難しいですよね。そもそも日本人には本音と建て前があるのです。同じことが恋愛にも当てはまります。あまり「嫌いです」とは直接はいわれませんが、実は「大っ嫌いです」ということがあるわけです。言葉を間に受けられないとしたら何を信じればいいの?となるわけですが、大事になってくるのが「顔色」と「声音」でしょう。 京都人の恋愛において、何かを伝達したい時は顔色や声色が本当に言いたいこととアンマッチになっていることがあります。例えば、デートで食事の時に「美味しいです」などと言われた時にも真に受けてはいけません。その人の表情を見て、声のトーンを思い返してみましょう。ちょっと注意すれば、その声がホントに褒めている時とは違うことがあります。これがしばしば言っていることと思っていることと違って「腹黒い」などと言われることになっているのですが、あまり悪く考えないでください。京都人としては、しっかり「美味しくない」というサインを声のトーンとして出しているのです。 京都の人はしばしば婉曲的な、つまり遠回しに言いたいことをいう傾向がありますね。たとえば、やはり何かを食べた後に「食べ応えがある」とか、ちょっと遠回しな表現を使った時は、本心は別にあるのかもしれません。京都人はダイレクトな表現を避ける傾向があるので、要注意です。 ただ、コレって慣れてくると、わかりやすい人たちとも言えます。本当にいいたいことを直接的な表現ではいわない京都人は、実は自分たちが受ける要素もしっかり自覚しているクレバーさ(腹黒さ)もあるのです。「好き」とは直接言わないだけに、表情や仕草、声音にその本心が出てきます。シンプルに、さりげなくボディタッチしてくる。声が優しく、温かみが感じられる。笑顔でしゃべりかけてくれる。言葉でのコミュニケーションにフィルターがかかっている京都人だけに、表情、仕草、声音に込めたメッセージには嘘がなく、時に雄弁です。言葉の表面的に意味合いに捉われることなく、しっかり相手を見て、言外の意味もくみ取る。これって京都人との出会いだけでなく、恋愛や人付き合いの根本かもしれませんね。”

京都で出会いを探す際に注意するべき事柄。

“京都で出会いを探す際に注意するべきこととして、まず第一に挙げられることはその場を楽しむことを忘れないことです。出会いを探すことに必死になると、異性との出会いの場ではその候補がいないかどうかを探すことに夢中になる傾向があります。これではその場を楽しむことができません。例えば出会いの場のひとつして習い事を始めた時に、すてきな異性がいないかどうかが気になって習い事を楽しむことができてなければ、せっかく習い事を始めた意味がなくなってしまいます。このようなガツガツしている姿は異性から見るとひかれてしまいます。そのためいくら恋人が欲しいからといってもガツガツしすぎることなくその場を楽しむことを心がけます。 そして自分磨きをすることも大切です。出会いがないとただ嘆いているだけでは何も始まりません。出会いが欲しいのであれば、自分自身の価値を上げるために自分磨きを行いましょう。自分磨きをする際に気をつけたいこととしては、外見だけではなく内面も磨くことです。内面の美しさは外見にもにじみ出てくることから、内面の重要視することが大切です。 そして恋人が欲しいのであれば、やはり新しい場所に積極的にいくことを心がけます。特に年齢を重ねてくるとフットワークが重くなり、出かけることが億劫になってしまうこともあります。しかしフットワークが重いことは、自らチャンスを逃すことにもなります。本気で出会いが欲しいのであればフットワークは軽くして、新しい場所に行くことにチャレンジしましょう。基本的にだれかが誘ってくれた場合にはその誘いには断らないようにし、多少忙しくても体が疲れていたとしても、あまり気が乗らなかったとしてもどんどん参加するようにしましょう。一度断ってしまえばそれ以降二度と誘われなくなる可能性もあります。せっかく誘ってもらえたのであれば、チャンスがあると信じて参加してみましょう。 最後に同性の友達を大切にすることです。異性との出会いを求めすぎて、同性の友達をないがしろにしてしまうケースがあります。出会いを探すことももちろん大切ですが、同性の友達も大切にする必要があります。同性の友達がいなければ合コンに誘ってもらえることもなく、紹介してもらえることもないでしょう。同性の友達が出会いのきっかけになるケースも多いので、どんなに恋人探しに夢中になっているときでも、同性の友達は大切にするようにしましょう。またいつも以上に大切にする意識を持って接することが大切です。”

京都で有効に働くアピールポイント。

“京都で出会いを求めるなら現地の人たちに有効に働くアピールポイントを用意しておくことで、ライバルたちに差をつけることができます。 しかし一体どんなアピールをすることで有効なのでしょうか? それを知るためには京都府民の県民性について知る必要かあります。 日本全国の県民性について紹介する「47の県民性」によれば京都府民の県民性には以下のようなものがあるそうです。 本音と建前を使い分けプライドが高い、流行には流されないが他人からの評価は気にするなど、他の地域に住む人に比べて恋愛に不向きな性格の人が多いと言われています。 茶漬を出して早く帰れと最速する人たちなのである意味当然といえば当然の評価です。 非社交的な性格の人間は優しくされると普段そうされた経験がないだけに、あっさりと恋に落ちるものですがこの古都に住む人たちはお世辞や下心を見抜くのにも敏感です。 中途半端な小細工は逆効果になる可能性が高いといえるでしょう。 男女ともに能力主義で仕事ができる人間を尊敬する傾向があり、逆に仕事ができない人間に対してはとても辛辣です。 もしも職場に好きな人がいるならまずは仕事で結果を出しましょう。 こうして考えていくとアピールのしようがないようにも思えてきます。 ここは発想を逆転してみましょう、特定の攻略法がないということは自分の好きなようにアピールをしてもいいのだと考えるのです。 実際結婚情報サービスなどが行ったアンケート調査でも、京都の人々は他県出身者が変に自分のところの流儀に合わせようとする人よりも、自然体で振る舞っている人の方が好みのようです。 ただし前述のように京都の人たちはプライドが高く、自分たちの街こそが日本の中心であり日本で一番いいところだという意識を持っています。 そのため自分の故郷の良さをアピールすると、自分たちの方がすごいと無駄に対抗意識を引き出してしまう可能性があります。 特に東京自慢は絶対にやめた方がよいでしょう。 また関東の人間が京都と大阪を一括りに関西、西日本とまとめて扱うのもイライラするそうです。 古来より日本の中心地だった古都の人々は一筋縄ではいかない性格で、アピールポイントを考えるだけでも一苦労です。 しかし排他的な分、一度身内と認めてもらえばとても親切にしてくれます。 自然体を意識してありのままの自分をアピールし、何とか京都の人々のハートを掴んでみて下さい。 もしもそれが成功したならば日本全国どこでも恋人を作ることができるはずです。”

古都、京都でうけるファッションとは。

“京都といえば和風のイメージがありますが、最近は外国人観観光客などが多く来ており様々な文化が混ざりきっている状態です。ですが、もともとの街並みが変化するわけでもなく、昔ながらの和風のイメージを残しているのがポイントになります。とはいえ、京都といっても日本の大都市のひとつですので特別にファッションに特徴があるわけではありません。あまり京都にいたことのない人は、町中を歩いていると舞妓さんが歩いており頻繁にすれ違うのではないかとイメージしている人もいるかもしれないです。 しかしながら、実際に着物を着た女性が京都を歩いている可能性はそれほど高くありません。もちろん、先斗町等のように舞妓さんがたくさんいるような場所に行けば着物を着た女性とすれ違う可能性があります。しかしながら、そのような可能性はほぼなく大阪や東京などと同じような恰好でよいでしょう。 ただし、夏場に関しては浴衣などをしていくことで大いに盛り上がる可能性があります。なぜなら、男性は浴衣が好きな人が多いからです。よく、男性がワンピースを着ている女性を好むといいますが、これはどことなく浴衣に似た印象が残っているからともいえます。もちろん出会う相手によってその個性はさまざまになりますので、必ずしもこの覚悟しなければうまくいかないといったこともありません。ただ問題になるのは、出会いをするにあたって奇をてらうような服装をしていくことです。 いわゆる、やり過ぎの格好に関してはあまり好まれない傾向があるでしょう。もちろん相手が同じような恰好をしてくればかなり高い確率でカップルが整理するかもしれません。やはり似た者同士で出会うことは日常的にあるからです。ですがそのようなことがなければ、なかなかうまくいかない可能性の方が高いです。 そこで最初は、普通の格好をしてくることそして普通のファッションでなじませることが重要になります。男性の場合でもやはり同じになりますので、万人受けするような格好で行くとよいでしょう。ただ、実際付き合い始めてから猫をかぶるような形で服装も変えなければならないが非常に難しいところです。やはり普段着通りの服装がいいわけですので最初に出会うときも思い切って普段が自分から来ている格好をしていったほうがよいともいえます。ただ、その中で一番一般的な格好をして出会いを求めていきましょう。これにより、良い結果が出たとなると、継続もしやすくなるのではないでしょうか。”

京都ならではで起こる、よくある勘違い。

“実は京都の人ってよく勘違いされて変なイメージを持たれることが多いのです。京都出身っていうだけで周囲から誤解されていたなんてこともよくある話です。実際のところは意外とイメージとは違ったりするんですよね。そんな京都人の実態を知ることができるのも地域で出会いを求めることの楽しさのひとつです。 まず、京都の人は怖くないということです。京都の人って怖いイメージを持たれていることが本当に多いです。実際はそんな人はごく一部しかいません。というか、どこの地域でも怖いタイプの人は少なからずいるものです。これは少し優しくするだけで意外に思われたりするメリットにもなるんですが、怖いという勝手なイメージを持たれてしまっているために敬遠されて出会いのチャンスを失ったりするデメリットでもあるのです。プラスにもマイナスにもなる要素です。 他に勘違いされがちなことといえば、京都の人は古風なわけではないということ。この地域に住んでいる人がみんな歴史やお寺が好きなわけではないし、お茶や文学など古風な趣味を持っているわけでもないんです。着物だって特別なイベントでもない限り着ません。若者はアニメも見るし、マンガも読むし、音楽だっていろいろ聞きます。最近はロックフェスが開催されていたりもします。京都に住んでいるっていうだけで古風な人だと思われてしまいがちですが、年相応の普通な人が多いです。普通な趣味をしているだけで親近感を持ってもらえるなんていうことは出会いのチャンスとして活かせるかもしれません。 さらには、京都の人はプライドが高いわけじゃないということも挙げられます。京都の人はプライドが高くて、イジりにくいとか、恋愛に保守的なイメージなんていうイメージを持たれていることもあります。そういう人間だと期待されていた場合は、実態が軽薄な遊び人だったりしたら幻滅されてしまうかもしれません。実態と逆のイメージを持たれていた場合は、意外性をプラスに受け止めてもらえるようにしたいものです。 そんな風に、京都の人は、意外なイメージを持たれて勘違いされることがよくあります。勘違いされやすいということを逆手に取って、意外性をアピールしたり、ポジティブに活かしていくことを意識できたら一人前と言えるかもしれません。出会いにはプロフィールなど第一印象の影響が大きいものです。そういう部分にちょっと気を使ってみると出会いを楽しむポイントになるでしょう。”

実は京都では逆効果なこと。

“他の地域では良いことでも、京都で行うと逆効果になることもあるので注意しましょう。たとえば食事の支払いをするときは、スマートにクレジットカードを出すのが格好いいと考えていないでしょうか。京都で評判の良い飲食店のなかには昔ながらの個人経営の店舗が少なくありません。老舗と呼ばれて予約が絶えない店もあります。そのような店舗のなかには、まだクレジットカードに対応していないところもあるのです。味だけでなく運営の仕方においても、昔ながらのやり方にこだわっている店舗が珍しくないということです。 そのような店舗でクレジットカードを出すと、あまり京都に詳しくないと見なされてしまう恐れがあります。自分を見ている異性にスタイリッシュな印象を与えたかったのに、まったく逆の印象を与えかねません。また、料亭を予約したときに、時間より早く店舗に向かうのも逆効果になる恐れがあります。他の地域では早めに到着するのがマナーであるのが一般的です。ところが京都の料亭に関しては、少し遅れていくのが心遣いであると考えている人も多いのです。それを知らずにあまり早く訪れてしまうと、マナーをわきまえていない人物というレッテルを張られることがあります。異性にそのような目で見られると、出会いの対象から外されることになるでしょう。 本音と建て前をしっかりと使いわけるのも、京都ならではのマナーといえます。世間では本音で話したほうが好感を得られると考えられがちですが、京都ではそうとは限らないということです。表面的には上品な言動を取りつつも、本質を的確に伝えることが美徳とされています。したがって異性とコミュニケーションをとりたいなら、奥ゆかしくその美徳を守ってアプローチしなければなりません。他の地域では回りくどい表現は嫌われがちで、長く話しているうちに去られてしまうことも少なくありません。だからといって、京都で直球すぎる表現をすると、逆効果になりうることを覚えておきましょう。 また、和食のイメージを多く持たれる京都ですが、実はパンの消費量が多いことで有名です。食の好みが分からない相手と食事をする場合、とりあえず和食を選んでおけば大丈夫と考えている人は少なくありません。特に京都のことをよく知らない人は、和食のイメージを強く持っていてそのような選択をしがちです。しかし、相手が昔から京都に住んでいる人の場合は逆効果になるかもしれません。パンをメインとするメニューの方が喜んでもらえる可能性があります。”

京都を題材にした鉄板の話題。

“京都は観光地として有名ですが、意外とご当地の鉄板の話題というのがあります。そのためそれを覚えておくだけで、出会い系サイトで話をするのに困らないかもしれないです。 中でもよく言われるのが、京都の人が「ついこの間」と言う時です。他府県の人間からすると、「ついこの間」と前置きすると、だいたい二、三日前のことになります。人によっては一週間前や一ヶ月前という場合も少なくありません。さすがに一年や十年前を「ついこの間」と表現する人は少数派ですし、そのような人がいたら「ずいぶん前の話だ」と感じることでしょう。ところが京都の人の時間の感覚は他府県の人とは少し違っているのです。京都の人が「ついこの間」と言うと、それは1467年に発生した「応仁の乱」のことを指しています。 それから鉄板の話題の一つに、同級生の実家もよく挙げられます。多くの家庭では両親ともに会社勤めといったケースが多いです。もちろん京都でもそのようなご家庭が多数なのでしょうが、「クラスに必ず一人か二人は、実家がお寺かもしくは神社」と話があります。事実かどうかは定かではないものの、少なくとも京都だからこそ成立するといっても大げさではないでしょう。 他にもお寺や神社つながりの話題として、街中でよくお坊さんに出会うということです。「登下校の途中でお坊さんの集団とすれ違った」や、中には「お坊さんが原付に乗って走り去って行った」といったものも鉄板の話題です。 関西以外の人からすると、京都なのか大阪の人なのか区別ができないなどと言われることがあるのです。そんな時は少し話をしてみると、京都の人かどうかがわかると言われています。理由は「あんな」から始まって、「多分な」で終わるからです。ちなみに「あんな」は関西弁で、他府県で言う「あのね」になります。そして「多分な」で締めくくるのは、話に責任を負いたくないからだと言われています。 方言の話題で言うと、よく語尾に「〜どすえ」とつける人がいます。舞妓さんや芸妓さんが使っているのをテレビか何かで聞いて、京都の人も言うのだと勘違いしているのでしょう。しかし実際に使用すると浮くのは間違いないですし、出会い系サイトで仲良くなった相手が京都出身なら嫌われてしまうかもしれないので注意したい話題です。それから「〜しました」は「されはった」や「しはった」になり、いわゆる敬語になるのですが、誰に対しても使われます。例えば「あの人は人を殺しはったそうです」と使います。”

京都で好感度を上げる効果的な方法。

“京都で出会いのチャンスをつかんだ後に問題になるのが、どのように2人の関係を縮めていけばいいのかという点です。知り合った異性と交際をスタートさせられたとしても、その後の行動次第で好感度が下がって破局してしまう可能性もあります。そこで京都で好感度をあげるために、効果的な方法について把握しておきましょう。 例えば京都で好感度をあげたいと考えているのであれば、その土地ならではの知識で勝負するのも1つの手です。実際に京都でデートをする場合、歴史的観光地を選ぶという機会があるかもしれません。デートで行った場所に関する豆知識を披露することで、相手に興味を持ってもらえる可能性が出てきます。その日のデートのために学んだ知識であっても、自分との関係を楽しむために調べたことが伝われば相手の好感度が上がる可能性もあります。 さらに出会った相手と良い関係を築くためには、どのような場所にデートで行くのかというのもポイントの1つです。例えばカフェに行きたいという場合でも、京都にはさまざまなお店の候補が存在しています。そして同じカフェでも、デートに適したお店とその日の2人の雰囲気には適さないお店があるのです。より良いデートにするためにも、2人に合ったカフェを選ぶことも必要です。そこで実際にデートを楽しむ前に、どのようなお店の候補があるのか調べてみましょう。事前にどのようなお店の選択肢があるのか把握しておくことで、2人の雰囲気を良くしてお互いの好感度アップのチャンスを作りやすくなります。 相手からの好感度があがるかどうかというのは、特別なことをする必要はありません。ちょっとしたことでも、相手からの好感度が大きく変わることもあります。例えば男性の場合であれば、自然なエスコートができるかもポイントの1つです。女性に車道側を歩かせない、大きな荷物があれば持ってあげるなどの行動だけでも女性からの印象をアップさせることにつながります。 ほかにも好感度に関わる要素は、デート以外でも普段のメールや電話などのやり取りによっても変わってきます。例えば好きな相手の場合には、頻繁にメールや電話などで連絡を取りたいと考える方もいるでしょう。しかし仕事で疲れている相手に1日に何度もメールをするようだと、しつこいと思われて好感度が下がるかもしれません。好きだからといって一方的に連絡をするのではなく、メールや電話などの頻度は相手のペースに合わせることも忘れないようにしましょう。”

おしゃれな和小物で一段階上をアピールしよう。

“京都で出会いを求めている人におすすめなのが、おしゃれな和小物でほんの少し上をアピールするという方法です。京都といえば、着物や和装に関するお店やレンタル着物のお店などもたくさんあります。どうせならその和装効果をもっとアピールするためにも、和小物を上手に使ってみようということです。 着物姿で相手にアピールをしてみてもいまいちだったという人もいますよね。そんなときにはおしゃれな和小物を取り入れることで、ほかとはほんの少しだけ違うという雰囲気を出すことで相手の目にとまることが出来るというのが第一段階です。まず相手に意識をしてもらうことで、自分の存在を知ってもらうことが大切です。そこから少しずつ理解を深めてもらうようにすると、話をするきっかけも出来ますし、出会いから連絡先の交換までスムーズに出来ることもあるのです。 たとえば、着物ならバッグやかんざしなどちょっとしたものでいいので、「少しだけ印象を変えるもの」を入れてみたり、色を取り入れてみる、柄をほんの少しだけ変えてみるなどいろいろな変化を取り入れてみるといいでしょう。簡単な方法が、和小物の中でも人気が高いかんざしを使ってヘアアレンジをしてみる方法です。また、バッグなどの小物を和柄に取り入れるという方法なら、洋服でもアピールすることが出来ます。 和小物は小さなものから少し目立つようなものまでさまざまです。身に着けるもの以外にも、持ち歩くだけのものなどもあるのでまずは取り入れやすいものから挑戦してみるといいでしょう。京都の雰囲気を存分に楽しむことが出来るよう、出会いの数が増えるように自分自身をほかよりも少しだけ変えてみるというのはとても良いことです。 京都では出会いが少ないと嘆いている人は、まず出来ることから取り入れるようにしましょう。おしゃれな和小物は京都ならあちこちで手に入れることが出来ます。自分に似合うものを探してみる、自分が気に入ったものをいつも持ち歩くようにするなど、自分を印象付けるにはどうしたらいいのかを考えてみるといいです。自分だけのアピールポイントとして、おしゃれな和小物を取り入れるようにすると、出会いを確実にものに出来るように自分でも無意識に行動出来る場合もあります。自分の好きなものや魅力的に見せてくれるものを見つけるだけで、出会いをしっかりと手に入れることが出来るだけではなく、積極的にアピールすることが出来るようになることもあるのです。”

以外と知らない、使える京言葉。

“京都で出会いを求めている人にとって、「京言葉」はとても魅力的に感じることでしょう。ですが、自分で話そうと思うとなかなか上手に話すことが出来ない、話そうとしても臆してしまってなかなか相手とコミュニケーションを取ることが出来ないという人もいます。京言葉は独特の発音などもあり、たとえば大阪とも少し言い方が違います。そのため、京言葉を勉強していても意味がわからないという人もいるようです。また関西の方言はなかなか難しいため、素人が話すと関西方面の方にしかられてしまう可能性があります。 ですが、以外と知らない使える京言葉もいろいろとあるということです。京言葉というと、華やかで上品、そして他県には難しい言い回しなどもあるといわれています。しかし、そんなことよりも、そのやんわりとした雰囲気が素敵だという人が多く、出会いの場でもその言葉遣いに惹かれたという人もいるといいます。自分でも使うことが出来る京言葉を知っておけば、コミュニケーションのひとつとして出会いにつなげることが出来るかもしれませんよね。 たとえば、「おおきに」という言葉です。これは「ありがとう」という京言葉ですが、やんわりとした発音がとても優しくて素敵ですよね。本来「おおきに」という言葉は「とても、大変」という意味合いがあるといいます。ですが、現在では感謝の気持ちを表す方言として使われるようになりました。京都で耳にすることが多い方言の一つだといえますが、自分でも話してみたいというときに、京都の人に発音を教えてもらうというのもいいのではないでしょうか。言葉を教えてもらうというのはコミュニケーションのひとつになりますよね。出会いを求めている人にはいい方法だといえるかもしれません。 もうひとつ、「かんにんな」という京言葉も使えます。うっかり失敗をしてしまったなど、親しい人との間で使われる京言葉なのですが、こちらもやんわりとした雰囲気で優しく感じるという人は多いようです。「ごめんね」という意味で使われる京言葉ですが、一般的にも広く知れているものなので口にしやすいのではないでしょうか。言われた方もしょうがない、という気持ちになるような、やんわりとした発音で京の言葉のなかでも使ってみたいと思えるものですよね。 京都で出会いの場を持ちたいというときには、その土地の言葉を少しでも理解したいという気持ちがあるのは、その土地の人には嬉しいことかもしれません。もちろん、下手に使うことが出来ない言葉もありますが「わかりたい」「理解したい」という気持ちを持ってくれるのは嬉しいものですよね。いろいろな土地の言葉がありますが、京都には京都の歴史と同じく、長い間に使われるようになった言葉があります。その言葉を大切にしている京都の人の気持ちを無視するようなことはしないように気をつけましょう。 出会いで大切なのは、相手の大切にしていることを自分も大切にすることです。言葉も同様で、相手が話している言葉を理解しようと思うことはとても大切なことなのです。相手に気に入られようと無理に取り入れるのではなく、相手が話している言葉を何も考えずに話すのはよくありません。知りたいと思うのならば、相手にそれを理由にコミュニケーションを取ってみるという方法で話をするきっかけを作ってみるといいでしょう。”

“京都という場所は、とても特徴があります。京美人・京男子と興味本位でお付き合いしたいと思ってはいけません。都があることからもわかるように長い歴史があり、土地柄・風情によって確立した自我を持っています。京都人同士ならすぐに溶け込んで親しくなりやすいですが、他府県出身者が出会いを求めようとするならば、文化などの背景を知る必要があります。 それだけ敷居が高く感じるので、やはり京都人は魅力的に映ります。本気でアプローチしたら熱意に負けてくれるかもしれませんが、長くお付き合いしたいと思っているなら事前準備はしっかりとしておきましょう。”

『京都』で出会いを求める時に押さえるべきポイントは?
Rate this post