告白は何回目のデートですればいいのか??

お付き合いしたいと思っている異性をお誘いして、一緒にどこかに行く機会が得られたらとてもうれしいものです。一緒に時間を過ごすこともできますし、できれば告白をしようと考えられる方もいらっしゃることでしょう。好意のあるお相手であれば、当然いつかはちゃんと恋人としてお付き合いを開始されたいと思われているはずです。とはいえ、タイミングはいつにすればよいのかといったことを、判断することはなかなか難しいものです。お相手との関係性にもよりますが、タイミングや方法、何回目にするかなどによって、告白が成功するかどうか結果にも関わってきます。では告白をしようと思った時、どのようなことを心がければよいのか、具体的に見ていきましょう。

告白は何回目のデートの時が多いのか

“《告白は2回目のデートの時が多い》 好きな人と付き合うためには相手にその気持ちを伝えなければなりませんが、実際には何回目に告白を行っている人が多いのでしょうか。告白というのはそんなに簡単に行えるものではなく、自分の気持ちの整理がついたりタイミングが良い時でないと行うことができません。ですから、はじめのデートの時に告白されるというケースはほとんどなく、2回目に告白されることが非常に多いです。そもそも、デートができる状況になっている相手というのは、それなりに友好が深まっていたりお互いに相手のことが気になったりしている場合が多く、相手に気持ちを伝えるまでにあまり時間がかからない傾向があります。しかしこれは出会い系サイトやマッチングアプリを利用していない場合であって、その人のことをあらかじめ友達の時から知っている場合に限ります。友達期間が長いという事は、相手のことをある程度知っているため告白までの時間を短縮できますが、出会い系サイトやマッチングアプリの場合は、実際に相手がどのような人であるかということを文章でしか知ることができないため、相手に思いを伝えるまでの期間が若干長くなる傾向にあります。 《出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った人はだいたい何回目》 このようなサイトで知り合った人に告白をする場合というのは非常にタイミングが難しく、相手が自分のことを気にいってくれていると感じるようになれば、その時が気持ちを伝えるタイミングといえます。ですが、そのタイミングは自分がサイト内を利用しているときにメッセージのやりとりをした内容などよって変わってくるので、注意しておく必要があります。デートに誘ってから告白までの期間を短縮したいのであれば、なるべくサイト内でのやりとりの際に相手に好感を与えることが大切になってきます。そうすれば、実際にデートに誘ったときに相手と接しやすくなり、より短い期間で良い感じの関係になることができます。逆に、あまりサイト内でメッセージのやりとりを行わずに実際に誘ったりすると、そこまで好意を持たれていないまま出ると開始するので、自分のことをよく思われるまでに時間がかかりデートの回数も多くなっていきます。つまり、しっかりとメッセージのやりとりをしておけば平均的に3回位で告白することができ、そうでない場合は10回位はかかってきます。”

告白される側の心理を考える

“相手に好意があり、自分の気持ちを伝えたいと考えていると、つい相手の気持ちについて思いが至らないこともあります。 相手のことが好きで、告白をするぞと意気込んでいる時は、相手にももしかすると今日告白をしてくるかもしれないという雰囲気は伝わるものです。 そもそも告白は2回目か3回目のデートでするのが良いと言われますが、相手のことが好きで最初のデートに来てくれたことが嬉しいと、1回目のデートで既に告白をしてしまうこともあるでしょう。 厳密に何回目のデートで気持ちを伝えるべきという決まりがあるわけではありません。 カップルの数だけ告白の方法があり、捉え方も様々ではありますが、初回のデートで気持ちを伝えてしまうと相手をびっくりさせる可能性があります。 1回目のデートでは、相手はデートを上手く断れずにただあなたを傷つけなくなくて気遣いからデートに来てくれただけかもしれません。相手の様子を観察して本当に楽しそうだと感じたのであれば、2回目のデートに誘うことも出来ますが、明らかに楽しそうにしていなければ脈はないかもしれません。 また、デートの最初の方に勢い余って告白をしてしまい、もし断られてしまえば、その後のデートは気まずいものになってしまいます。 特に相手が優しい人であれば、告白を断っても帰らずに1日付き合ってくれるかもしれませんが、好きではないということが明確になった後に一緒にいるのは気持ちを伝えてしまった方としては早くその場を逃げ出したいものです。 相手の側の心理を考えずに自分の気持ちばかりを押し付けてしまうと、必然的に独りよがりな告白になってしまいます。 ただ、相手に気持ちを伝えないと関係が進展することがないことも真実です。 ただずるずると相手が本当はどう思っているのか確認できずにいる状態はお互いにもどかしいものでしょう。 勇気を持って気持ちを伝えてくれた相手を好きではなかったとしても、好意を持ってくれたことは素直に誰でも嬉しいものです。 また、これまで好きだという気持ちを持っていなかったとしても、告白をされて初めて相手を意識し始めるというケースもあります。 1回目の告白では上手くいかなくても、相手が意識してみてくれるようになれば、次にまだ気持ちが変わっていないことを伝えたタイミングで相手も自分に好意を持ってくれているかもしれません。 すぐに返事がもらえないということもあるでしょう。相手の側も気持ちの整理をつける時間が必要な場合があります。その時は急かすようなことは絶対にせずに、相手からの返事を落ち着いて待ちましょう。”

最初のデートで告白するメリットとデメリット

“恋人同士になるために必要な事の1つに告白という行為があります。告白によって今まで女友達だった関係から恋人の関係に変わります。告白をどのようなタイミングでするかによってその後の展開も変化します。あまりいないかもしれませんが、実は1回目に告白するメリットがあります。 初デートでの告白は早いという女性の意見が大多数ですが、最初から男性が告白をするという行為をする事によって好きな女性から異性として意識してもらう事ができます。恋愛が下手な人は好きな女性ができても、上手にアプローチする事ができずに友達関係から抜け出せない事があります。心底彼女の事が好きならば何回目のデートからというのは関係ありません。初デートから自分の想いを相手に伝えましょう。 初デートで告白をする事で結果はどうであれ、少なくとも自分の気持ちをしっかりと伝える事ができます。失敗してしまう事よりも気持ちを伝える事ができずに引きずってしまう事の方が良くありません。素直な気持ちをぶつけていきましょう。 1回目のデートから関係性が深まり、その後の展開が早くなります。例え告白が失敗に終わったとしても早いうちに気持ちを伝えておく事で女性の気持ちが変化して、この人なら彼氏としてアリかもと気持ちが変化する可能性があります。どちらか一方の気持ちがはっきりとしているというのは、無駄な駆け引きのようなものをしなくて済みます。 ここまでは、初デートでの告白のメリットについて説明してきましたが、デメリットもありますので確認してみてください。初デートで告白をすると、最悪の場合、体目的だと思われてしまう可能性があります。本当に好きな人にとっては悲しい話ではありますが、体目的で近づく男性の多くは、とりあえず付き合おうと言ってセックスだけするという手を常套手段として使う人がいるからです。これらの事実を頭に入れた上で行動しましょう。 初デートで恋人の関係性になったとしても、2人で過ごしている時間が少ないために彼女の事をあまり知りません。付き合いが始まった瞬間に実はメンタルヘルスだったなんて事もあります。地雷のある女性の可能性がある事も頭に入れておきましょう。 初デートで恋人の関係になりたい気持ちから、想いを伝える事は相手に色々な感情を抱かせてしまう可能性があります。両想いならば全く問題はないのですが、そうでない場合もあります。リスクとリターンを考慮して良いタイミングを意識しましょう。”

たくさんのデートをしてから告白するメリットとデメリット

たくさんデートしてから告白するメリットは、相手もその気でデートに来ていることが分かっているので言いやすい雰囲気が作られることです。何回もデートを重ねれば好意を寄せられていることは予想できます。それでもデートに来てくれるのは相手も嫌いではないからです。告白はしないものの、告白されたらいつでもOKと答える準備ができている可能性があります。何回目のデートで告白されるのを一般的と捉えるかは人に聞いたり調べたりすれば分かることで、たくさんデートすればするほどいつ言われるのだろうと期待しています。ロマンティックな場所で改まった空気感を出せば、やっとこの日が来たと喜ばれ告白が成功しやすいです。長期間にわたってお互いを知ろうとしたことは、誠実な人というイメージを植え付けます。しっかりお互いのことを理解した上で交際に発展させるというプロセスは、恋愛に奥手な人の信頼感も獲得できるほどです。決して体目当てやお金目当てには間違えられません。反対にデートをたくさんしてから告白すると、相手が待ってくれないデメリットに出くわします。これは好きな人が勢いで恋愛をしたい性格だった場合で、活動的なのであまり待たせすぎると他のところへ行ってしまいます。初デートでの告白に慣れており、何回もデートして言ってこないなら脈はなくてただの友達として食事や遊びに行っていると勘違いします。一度友達になってしまうと異性として再び意識してもらうのは難しいです。ガンガン恋愛を楽しむタイプが攻略したいと燃えている時に告げないと、デートすら断わられて他の異性に取られてしまいます。またサプライズを全く楽しめないのも覚えておきましょう。もうそろそろ来るかなと期待しているので、いざ告白しても驚きはなく相手は事前に用意していた返事を話します。カップルの始まりとなる告白をした日は2人にとって忘れられない日になります。記念日に当時のシチュエーションや気持ちを思い出して愛を深め合うカップルも多いです。しかし新鮮味のない予定調和の告白だと、あまり記憶に残りません。刺激的な恋愛をしたい人には物足りない可能性があります。じっくり時間をかけてOKを出しやすい雰囲気を作ることも大切ですが、長すぎるとドキドキや緊張感が無くなり恋から冷めてしまいます。デートの回数を重ねるにしても好きな人が恋愛に対しどのような考え方を持っているかで、タイミングを考えると良いでしょう。

告白の成功率を高めるためには相手の気持ちを見極めることが大事

“好きな人ができたなら、ぜひ告白をして自分の思いを伝えたいと思うものです。待っているだけでは実る恋愛も実らないかもしれません。消極的な人にとっては、自分の思いを伝えるのはとても難しいことです。正直な気持ちを言葉にするだけなのに、告白はどうしてこんなに難しいのかといつも思います。しかし、告白こそ全ての始まりなのだと信じて勇気を出しましょう。 告白を心に決めたなら当たって砕けてはいけません。必ず成功させたいものです。そのために必要なのが事前のリサーチです。果たして相手は自分のことをどう思っているのかを告白前にリサーチする方が良いでしょう。相手の気持ちをしっかり見極めることが最も大事なことです。もしリサーチなしで体当たりの告白をした場合、OKをもらえずに終わってしまう可能性が高くなるかもしれません。成功率を上げるためにも、自分に気があると確証を得てから行動する方が良いです。また、相手の気持ちを見極める必要がある理由は、なるべく成功率を上げるためだけではありません。告白は一歩間違えると自分の気持ちを相手に押し付けてしまうことになり兼ねません。それを回避するためにも、相手のちょっとした言動をよく観察してみましょう。 ただし、リサーチする上で注意してもらいたいことがあります。例えば好きな人に会った日は、家に帰ってから、今日の好きな人の様子を思い出してにんまりすると思いますが、その目線や動き、会話を細かく思い出すと、ある現象が襲ってきます。それは何の意味もない言動でも、「もしかすると、あれは自分を好きだからではないか」と思い込んでしまうことです。そう思うだけで幸せになれるので、おそらく頭の中が恋愛モード全開の時は冷静に判断することができなくなっています。もし、冷静な判断に自信がない場合は、共通の友人の助けを借りて相手の気持ちを見極めるのも一つの方法です。 既にデートに応じてくれている関係ということは、完全に拒否している訳ではないことが分かります。初めてのデートで思いを打ち明けられて嬉しい人ももちろんいます。直感で、「この人なら良いかもしれない」と感じる人もいるとのことです。しかし、ほとんどの人が何回目かのデートで告白されているようです。それは、デートを重ねるうちに相手の素性が分かるようになり、信頼できるようになってくるからです。もちろん、何回目かのデートで告白する方が成功率が高いことは言うまでもありません。”

相手が発する言葉に注目する

“告白は何回目のデートですれば良いのか、ということについて実際の統計や告白される側の心理、最初のデートとたくさんのデートそれぞれでの告白のメリットとデメリットの観点から学んできました。前項では告白の成功率を高めるためには相手の気持ちを見極めることが大事というタイトルで説明をしましたが、具体的に何に注目したら良いのか説明をしたいと思います。 相手の気持ちを見極めるためにまず注目すべきは、相手の発する言葉です。 相手がどんな性格かによって多少の違いはありますが、デートを了承してくれる時点で貴方への評価はそれほど低いものではありません。しかし、デートを了承してくれたからといって安心してはいけません。この時点では、まだ相手が自分の気持ちに応えてくれる確信がないからです。 そこでデート中に相手が発する言葉に注目します。かっこいい、や可愛いなど自分を褒めてくれるような発言をしていたら聞き逃さないようにしてください。 普段からいろんな人にそのような言葉を発しているような人であれば脈アリと判断するのは早いですが、普段はあまりそういうようなことを言わない人が発しているときは脈アリの可能性が高いです。 また、自分を気遣ってくれるような言葉を発した時も要チェックです。相手が気遣ってくれているというところがポイントなのです。 好意を寄せている相手には自分を出しすぎて嫌われたくない、楽しいと思って欲しいと考えます。まだ付き合っていないならなおさらです。相手のそのような感情が垣間見える言葉をきちんと受け止めてください。 ここで重要なのが、その発している言葉を普段も他の人にしているのかということです。 普段から他の人にも褒めたり、気遣ったり、優しかったりする人は自分もまたその他大勢の中の一人である可能性があります。 可もなく不可もなくといった感じで、せっかく勇気を出して誘ったデートも二人でお出かけに行くだけ、と考えているかもしれません。 相手が自分の気持ちに応えてくれるかというのを相手が発する言葉に注目して判断するならば、デートの時だけではなく普段の生活も気をつけて見ていかなければなりません。 このように、直接告白をしなくても相手の気持ちを言葉から推測することができるのです。 もしかしたら相手は言葉にするのがなかなか上手ではないかもしれない、わざと普段通りに接しようとしているのかもしれないと捉えることもできます。 言葉だけではわからないこともありますので、次の相手の仕草についてもしっかりと学んでいきましょう。”

相手の好意的な仕草を見逃さない

“《相手の仕草で告白できるタイミングがわかる》 好きな人に告白をするにはしっかりとしたタイミングで行わないと、相手に拒否されたり「もう少し経ってから」と言われることなどがあります。では実際に何回目に相手に告白をすれば良いのでしょうか。正確な回数というのは決まってなく、正直言って勘になるのでギャンブルのようなものです。例えば、相手に好意を伝えるという事は「競馬の馬券を当てる」ということに似ていて、どんなに確率が高くても失敗することがあるということです。馬券を買う際には、馬の調教やオッズなどを見て購入しますよね。しかし、その日の天候や馬の気分・展開などによっては馬券を的中することができない場合もあります。それと同じで、告白というのも、どんなに相手が好意を見せるような仕草をとっていても失敗する可能性があるのです。ですが、その成功の確率を高めることはでき、自分の努力次第でなんとかなるのが競馬との大きな違いです。つまり、努力と運が必要になってくるので、相手がそのような仕草を見せるような関係になるようにひたすら頑張ってください。 《相手が好意を持っている行動や仕草とは何か》 相手が好意を持っているような行動というのは比較的見極めるのが簡単で、それをしっかりと把握していれば告白を成功させることも可能になります。最もわかりやすい行動は、「メールや電話のやりとりが多い」ということです。気になる異性であれば相手と話したり連絡を取ったりしたいものですよね。ですから、おのずとメールや電話の回数が増えていき、普通の人では考えられない回数のやりとりをしている可能性があります。しかも、メールのやり取りの回数が多いという事は、あなたに対して好意を持っている可能性がかなり高くなります。そのため、そのような状態が続いている場合は、告白をしても良いタイミングだと言えます。 また、いっしょに遊んでいるときにボディタッチをしてきたり、髪を撫でたりしてもそれに対して拒否をしない場合はかなり好意があると言っても過言ではないです。人間というのは好きな人とは親密になりたいという感情があるので、ボディタッチができるというのはかなり告白を行う上での基準になります。ですから、この拒否をしないという仕草をしっかりと見極め、相手が自分に対してどう思っているのかを知ると告白を成功させることができます。”

視線の動きで好意の有無を判断する

“人間の視線の動きには、心理学が働いているといわれていますが、これは告白をする場合においてもやはり同様なことがいえるでしょう。告白をする場合には、なかなか緊張しますが相手の目線の動きを見れば相手の気持ちを見破ることが可能になります。まず一つとしては、彼女と付き合ったことがあるのは何回目なのと告白前の段階で聞くと、過去のことを思い出すことになりますので、通常は左上の方を向くことになるでしょう。左上の方を向いた場合には、どのような意味をしているかといえば過去のことを思い出しているといえるでしょう。過去のことを思い出しているときには、自然と左上に目線が行ってしまうものです。特に左上になにかが現れているわけではありませんが、心の動きが関係してるといえるでしょう。逆に、過去のことを聞いているにもかかわらず右上の方を向いているとすれば、過去のことは思い出しておらず何かうそを考えている可能性が高いです。なぜなら、左上を見るべきところ右側を見ているということは思い出したくない過去があるからです。つまり、でっちあげで話しを作ろうとしている可能性も考えられます。 次に、女性の目線としてよくありがちなのが上目づかいになります。これはどのような心理が表れているかといえば受動的なつまり受け身としての心理になりますので、自分に何かをしてほしいといったおねだりに近いものがあるでしょう。このような場合には、可能なだけかなえてあげると相手の好感度も増します。ただ、むやみに好感度が増すからといってかなえてしまっては逆に相手が図に乗ってしまう可能性があるかもしれません。いくらかわいい彼女だとしても、ほどほどにしておきましょう。 次に、横に目をそらす場合がよくありますが、これは対等な関係にいることを意味しています。対等な関係ですので、男女の関係としては特に差し障りがありません。ただ、男性が女性のことを服従させようと思っている場合には失敗の合図といえるかもしれません。 最後に、目線が下を向いている場合には、相手を見くだしていることを意味しています。自分より下の相手に対して、目線が下になることはよくあることですが、そのような状態になっている場合には、自分が下に見られている可能性がありますので何らかの改善をしなければいけません。その状態で告白がうまくいったとしても、うまく利用されてしまう可能性も否定できないところです。 このように、視線ひとつで人間の心理がわかるのは面白いことでしょう。”

告白前の計画や準備を怠らない

“何回目のデートで告白するかを決めたら、告白前の計画や準備を怠らないようにすることが大切です。突発的に気持ちを告げるのもロマンティックではありますが、成功率を高めるためにはきちんと計画しなければなりません。勢いで告白して成功させることができるのは、どちらからの告白でもおかしくないくらいにお互いを想い合っている場合のみであり、少しでも迷いがあるような状況では勢いに任せて言うのではなくて計画が大事です。 告白する直前の準備としては、相手の都合の良い日時を聞いておかなければなりません。急がしい時間帯やどうしても手が離せない用事がある時は避けなければなりませんので、事前の確認が必要です。また、せっかく時間を取ってもらったのに伝える方の準備不足で支離滅裂になってしまってはしらけてしまいますので、伝えたい内容をしっかりとまとめることも忘れないようにしましょう。急に伝えたいことがあるなどと言っても、その時に友人といたり仕事をしていたりと外せない状況なら成功率は大きく下がります。 計画をする時には、直接会って伝えるのか、それとも電話にするのかを考えておく必要があります。直接伝える時には、ムード作りにも力を入れると成功率をアップさせることができますので、こだわって演出するのがおすすめです。どのようなシチュエーションが良いのかはそれぞれ異なりますが、良い雰囲気が出やすいのは昼間よりも夕方や夜の薄暗い時であり、いつもよりも親密な空気の中で思いを伝えることができます。好きな人を目の前にしたら緊張してしまいますが、少し震えた声もその場の雰囲気を盛り上げる要素の一つになりますので、気にせずに思いを伝えましょう。 細かな部分まで自分の中でシミュレーションをしてみると、何が一番良い選択なのかが見えてきます。何も考えずに臨んでしまうと、上手く思いが伝わらずに納得のいかない結果が出ることもあります。既に告白する準備は済ませているのに、その時が近づいてきたら自信がなくなって伝えられそうにないという場合には友人に相談してみましょう。どちらのことも知っている友人なら、その時にピッタリの助言をしてくれるかもしれませんし、話すことで気持ちが落ち着いてくることもあります。 念入りに準備をして臨んだのであれば、現状の中ではベストな結果が出るはずです。準備不足でせっかくのチャンスを逃して後悔をすることがないように、しっかりと計画を立てましょう。”

告白に適した場所をチェックする

“告白をするのであれば、場所の選び方にも気を使いましょう。成功の可能性を高めたいのなら、やはり相手が感動しやすい場所を選ぶのが得策といえます。そのため、どのような場所が告白に適しているのかをチェックしておくのが望ましいです。デートをしているときに、相手が気に入っている場所を確認しておくと参考になります。とはいえ、なかなか最適な場所を見付けるのは簡単ではありません。そのため、一般的に女性が喜びやすい場所も知っておくと良いでしょう。 たとえば、センスの良い空間を好む女性はたくさんいます。若者に人気のドラマに出てくるようなカフェやレストランなどはその最たるものです。そういったおしゃれな場所にいるだけで、自分のことをドラマの登場人物のように感じる人もいます。インターネットや雑誌などでトレンドをチェックして、丁度良さそうな店舗がないか確認すると良いです。大人らしいムードを大切にするのであれば、バーも適しています。薄暗い照明とお酒というアイテムがある場所であり、ロマンティックな雰囲気になりやすいです。 そのような非日常的な雰囲気の漂う場所に対して、日常的な場所の中にも告白に適しているところは少なくありません。たとえば、静かで緑がたくさんある公園なども該当します。自然体でいられるので、気取った言葉を使わずに素直な気持ちを伝えたいという人に向いています。同様に、ドライブしているときの車中も有効な場所の一つです。落ち着けるプライベート空間なので、気負わずに話せる人が多いでしょう。遊びに行った帰りや夜景を見た後であれば、気持ちが昂っていて告白しやすいムードになることも期待できます。 一方で適していない場所を把握しておくことも重要です。たとえばバーと同じくお酒を飲める場所であっても、うるさい居酒屋を選ぶのは良くありません。聞こえない場合もありますし、ロマンティックな雰囲気とは程遠いので、相手はあまり良い気はしないと考えられます。またカフェであっても、隣の客と席が近すぎるところは避けたほうが良いです。他の人にも告白を聞かれることになってしまいます。周囲に聞かれているのが恥ずかしくて、相手は席を外してしまうかもしれません。 このように、告白には適した場所とそうでない場所があるので十分に注意してください。何回目のデートで告白するのかを考えることも大切ですが、それと同時に場所についても抜かりなくチェックしておきましょう。”

告白が盛り上がるようなシチュエーションを作る

“好きな異性に告白をするときは誰もが緊張をするものです。 相手が自分のことを好きだと思っている感触があっても実際に言葉に出して気持ちを伝えるまで相手の本当の気持ちは分かりません。 自分の一方的な思い違いで、相手は自分のことを何とも思っていなかったらどうしようと不安で頭がいっぱいになってしまうものです。 しかし、これまで重ねてきたデートでの思い出は告白の後押しをしてくれるでしょう。 2人で行った場所や思い出を考えながら相手がどのような場所でどのように告白をしたら受け入れてくれるのかシチュエーションを考えてみることは告白を成功へと導きます。 まず、何回目のデートで告白をすべきかは、相手との距離感によります。 初回のデートでは相手のことを深くまで知ることが出来なかったと感じるものなので、やはり2回か3回目のデートで気持ちを伝える方が多いでしょう。 1回目のデートが楽しかったので、相手は2回目、3回目も一緒に出掛けてくれています。 それは間違いなく告白するのに自信に繋がる事実です。 相手が告白を待っている状態であれば、5回も6回もデートに行っているのに何も言わないというのであれば、ただの友達としての付き合いなのかと思い違いをしてしまう可能性も高まります。 もし相手がデートに誘った際に喜んできてくれるのであれば、自分の気持ちを良いシチュエーションで伝えてみても良いでしょう。 告白のシチュエーションはやはり、夜景が見える場所や、夕日がきれいな場所というのは定番です。 デートの最初から告白をしてしまうのは、後のデートの間がもたなくなってしまうかもしれません。 デートの最後に自分の気持ちを伝えるのだと意気込んでいると、それまでのデートの間ずっと上の空になってしまう可能性がありますが、落ち着いてタイミングを待ちましょう。 相手に気持ちを伝えるきっかけに、クリスマスや誕生日、イベントを利用するのもシチュエーション作りでは利用出来ます。 誕生日やクリスマスだとサプライズプレゼントも用意しやすいので、相手が喜ぶプレゼントと一緒に気持ちを伝えてみるのも素敵でしょう。 告白をするのは、出来れば直接自分の言葉で相手の目を見て伝える方が気持ちが伝わります。 男性の場合照れくさくてはっきりと自分の気持ちを言葉にすることが難しいと感じるかもしれませんが、自分の気持ちを誤魔化して言うと相手と付き合いたいとは誰も思わないでしょう。 ここは勇気の見せどころですので、相手の目を見て伝えてみましょう。”

告白の際のプレゼントも有効

“告白する際にプレゼントを渡すのも効果的な方法のひとつです。あるアンケート調査によれば、女性の約4分の3が告白の際のプレゼントを嬉しいと考えています。具体的な品物を贈ることで、言葉だけでは十分に伝えることができない気持ちを表せるのが、プレゼントの大きなメリットです。相手が喜ぶ品物であれば、なおさら強い好感を与えることができ、OKの返事をもらいやすくなるでしょう。あれこれ迷いながらプレゼントを選んでいる姿を想像して、「この人はこんなに真剣に想ってくれている」という印象を与えられれば大成功と言えます。とはいえプレゼントの中身や渡し方を間違えると、逆効果になってしまうこともあります。何回目のデートでどんなプレゼントをするかは悩ましいところです。 一方でプレゼントが嬉しくないという女性もいるので注意しなければなりません。あまり親しくもないのに高価な品物を贈られると、いかにも返事を迫られているようで、かえって引いてしまう人のほうが多いでしょう。モノで釣られるような感じが嫌だという人も少なくありません。好きな人からはどんな物を贈られても嬉しいけれど、好きでない人からは何をもらっても嬉しくないというのが女性の心理です。プレゼントをしようとするときは、まず相手に脈があるかどうかを慎重に見極めることが大切です。 ではプレゼントするのに適当な品物は何でしょうか。一般的に好感度が高いのはアクセサリーや花、スイーツなどと言われています。アクセサリーは必ずしも高価なものではなく、相手の好みに合ったものを贈ることがポイントです。いつも身につけているものなので、自分のことを思い出してもらえるという効果が期待できます。花は少し気障かもしれませんが、日常的に贈るものではないので、思い切って本気度をアピールするには好適です。逆にスイーツはややカジュアルな感じで、重すぎる告白が苦手だという方には向いているでしょう。 何をプレゼントするにしても、重要なのは相手の好みをしっかりと調べておくことです。金属アレルギーの人にアクセサリーを贈るような失敗は論外と言えます。好みに合わないプレゼントでも喜んでもらえる場合がないとは言えません。しかしプレゼントは相手のことをどれだけ理解しているかを示す指標になります。告白の際にプレゼントをするなら、ある程度デートを重ねて、互いのことをよく知り合ってからのほうが効果的かもしれません。”

相手の気持ちをつかむ告白の言葉

“相手の気持ちをつかむ告白の言葉というのは、より良い将来をイメージすることが出来るというものとすると分かり易く考える事が出来るでしょう。付き合ってくださいというのも良いのですが、それだと強制的なところがあって義務の方が優先される言葉という事になる可能性があります。この場合は付き合いたいという事を強く感じている人に対しては有効に機能する言葉になるかもしれませんが、迷っているというような場合にはうまく機能しない可能性もあります。 ですが万人に対して良いイメージを持ってもらいやすい言葉にするというのは、告白でも有効的に働くことになります。例えば一緒にいろんなところに行きましょう。というような誘いの感じにすると強制的なところが解除されて、自分も選択権を持っていて自分の意思で決めたという事をしやすい感じになります。ある意味では付き合いという事の義務感をぼやかしているという事になるので、この義務が良いと感じている人からすると物足りないという事になるのかもしれませんが、相手の心をつかみやすい言葉という事になるかもしれません。 つまり、万人に対して有効に働く告白の言葉というのは無くて、個々によって望まれる言葉は違うという事になるのですが、それはその人の考え方やその時の感情、状況によって変わるので、これに対応したものが望ましいという事になります。 そして、何回目のデートで告白をするのがいいのかという事については、これは良い雰囲気や状況を作る事が出来たと感じた時という事になるはずです。これは回数の問題では無くて、その場の雰囲気ですから、一回目でもこれ以上はないと思えるぐらいの状況があったのであれば、それでもいいかもしれません。ただ一回目というのはほとんどの人が様子見と考えていて、第一関門をクリアできるのかどうかの試験だと考える人が多いでしょうから、そもそもそのような雰囲気にならない事の方が多いと考えられます。少なくとも数回は試験を得てようやく本試験に入るという事になるぐらいだと考えられますから、その頃が候補という事にはなるのかもしれません。数十回というレベルになると今度は慣れてしまってそのような高まった雰囲気を作る事が出来ないという事にもなりかねない。家族になったかのような当たり前の雰囲気でドキドキする事もないという事になれば、これは魅力が無いというように感じられることもあるので、そこまで待つ必要はありません。”

失敗例から学ぶ告白のコツ

“告白をしても残念ながら成功するとは限りません。少しでも成功する可能性を高めたいなら、失敗例を知っておくと良いでしょう。そうすれば、少なくとも自分が同じ過ちを犯すのは避けやすくなります。失敗するパターンとして多いのは、告白するタイミングを見誤ってしまうことです。告白するまで長すぎると、もう友人としてしか考えられないと言って断られることがあります。 そう聞くと、何回目のデートで告白すると良いのか気になる人が多いでしょう。ここで重要なのは回数よりも知り合ってからの期間です。たとえば1年以上経ってしまうと、あらためて恋人として意識するのは難しくなります。半年以上でもその傾向があるため、できれば3カ月程度を目途にして告白したほうが良いでしょう。大切なのは2人の距離感を正確に把握し、今さら恋人にはなれないという断り文句を言わさないことです。ただし、これと正反対の失敗も少なくありません。数週間など期間が短すぎると、よく知らないという理由でふられることもあるので注意しましょう。 他によくある失敗例として、メールやSNSで告白するパターンが挙げられます。普段は大事なこともそれらの手段で伝えているからといって、交際の申し込みまで同様に考えるのは良くありません。直接告げるのは照れくさいと感じるかもしれませんが、文章だけでは感情やニュアンスが伝わりきらない可能性が高いです。受け取った相手は、どれくらい自分のことを好きなのか判断しかねてしまいます。冗談と見なされることもあるため、口頭で伝えるように心がけてください。 お酒を飲んだ勢いで告白してふられる失敗も多く見受けられます。こちらも相手に本気であることが伝わりにくいことが原因です。恥ずかしいからといって、あいまいな言葉で告白して失敗するケースも同様です。どれも交際の受け入れを決断する後押しとして力不足といえます。これらの過ちから分かる告白のコツは、自分の気持ちを明確に伝える必要があるということです。つまり相手と誠実に向き合って、本心をストレートに伝えることが重要になります。 好きな理由をいろいろ表現したければ、率直に気持ちを伝えた後にするのが望ましいです。まわりくどい告白の仕方も失敗の例として珍しくないからです。サプライズは喜ばれることも多いですが、目立ちすぎて恥ずかしくなるような演出だと失敗してしまう場合もあります。常に相手の立場になって考えることが重要です。”

成功例から学ぶ告白のコツ

“告白は何回目ですると良いのかは特に決まっていません。ただし、良いイメージを持つことが出来る良い雰囲気の時にするのが良い事は間違いありませんから、その場の雰囲気を大切にすると良いでしょう。過去の例を学んでもその事はよくわかります。成功例から学ぶのであれば、人は幸福を感じている時には成功しやすいという事になります。 人が幸福を感じている場面は例えば食べている時などは本能が満たされている時という事になりますから、食事の後などは告白が成功しやすいという事になるでしょう。ですから、デートの食事の後に告白するというのは極めて有効的な方法と言えるでしょう。逆に空腹の時には上手くいかない可能性もあるので注意が必要という事になります。 人はある意味では極めて感情的なところがありますから、忙しい時には邪険に人を扱う事がありますし、逆に気分がいい時には万人に親切に出来るでしょう。これは感情が告白の成功に大きく関係するという事を意味していますから、本能から満足を感じていて、更には将来的に不安が無くなっている時が告白のタイミングという事になるでしょう。本能が快感を感じるという時は食事をしている時が一番多いと言えますし、将来的な不安が無くなる時ということに関しては、何回目かのデートで相手に対する信頼が出来た時という事になると考えられます。 つまり、何回目のデートなのかではなく信頼出来て将来を託せると感じられた時が重要になるという事です。これは一回目で信用されるという場合もあるかもしれませんが、最初はチェックをクリアするのかどうかという第一次試験のようなもので、やはり数回は試験を受けなければならないと考えた方がいいかもしれません。となれば2~3回目のデートの時と考えられます。何十回ということになると、これはデートに慣れてしまっていてもう信用というよりは、今度は気になるところが出始める回数になりますから、あまり数を重ねてしまうというのも効果が無くなってしまうと考えられます。新鮮さが無くなって期待感が無くなってしまうという事があるので数回ぐらいのところで食事の後などで雰囲気が良くなった時が告白のタイミングという事になるのでしょう。過去の成功例を見ても食事の後や夜景などの綺麗な景色を見ていて満足感を感じているという時の方が成功しやすいと言えるはずです。”

オススメの告白の仕方

“告白するときって勇気が入りますよね。断られたらどうしよう、OKの返事がもらえそうな予感はするけどそれは正しいのか?などといろいろな憶測と共に心が揺らぎます。せっかく告白するならOKの返事が欲しいところです。タイミングや場所を間違えてしまっては、せっかくOKしようと思っていたのにやっぱりやめたという状況になる場合もあります。告白するタイミングや場所などはしっかりと選び、良い選択ができるように前もって考えておくと良いでしょう。 告白する場合はやはり直接会った時がベストと考えられます。LINEや電話で言う人もいますが、LINEで失敗してしまった場合、相手によっては他の人に見せてネタにされる危険性もあるのでやめたほうが無難です。電話もあまりお勧めできません。相手が何をしているかわからない状況ではあまり良い返事が期待できない場合もあり、場合によっては直接言って欲しかったというシチュエーションになってしまう可能性も高いです。では直接会った時に何回目くらいのデートが良いのでしょうか?一般的には3回目のデートで告白するケースが多いようです。特に相手が恋愛ではなくお見合いの場合3回目で気持ちをはっきりさせることで、お互いの時間を無駄に使わないという暗黙のルールもあります。しかし状況によっては5回目くらいでも良いでしょう。相手の脈があるかないかがはっきりとわからない場合はデートを重ねてお互いのムードを変えていく必要性もあります。 直接想いを伝えることで相手の表情もわかり、もしOKの返事がもらえればその後のデートの時間もより楽しくなります。告白する時間帯は、夕方~夜にかけてが良いでしょう。楽しいデートの終わりがけに告白することで、相手もまた次回会いたいと思えば快くOKの返事をしてもらえます。お互いのムードも大切です。夕暮れの少しさびしくなるような時間帯を狙えば人恋しさが出てくるのでそんなタイミングを見計らうのも良いでしょう。夜の食事の終わりがけに気持ちが盛り上がったところで告白するのもお勧めです。ムードが良くなるタイミングを見計らうことが必要です。 場所も二人きりになれるように配慮する必要性もあります。多くの人を目の前にしては恥ずかしくて、本当はOKだったのに冷やかされるのが嫌で断られる場合もあるのでやめましょう。なるべくムードの良いスポットを選ぶ必要があります。景色の良い所を選ぶと二人の想い出にも残るので夕暮れや夜景を見られる場所を探しておくことも大切です。”

告白をするときにしてはいけないこと

“告白をするときにしてはいけないこととしてまず第一に挙げられることは、相手の状況を理解せずに、自分のタイミングで告白をしてしまうことです。想いを伝える際に一番考えなければならないことは、相手が今どのような状況に置かれているかということです。もしかすると仕事が一番忙しい時期で仕事に追われ忙しくしていたり、学生であるならば試験前や試験の最中、部活での大きな大会などが控えている時など大きな出来事に直面している可能性もあります。このように今集中しなければならない出来事があるタイミングで告白をしたとしても、今はそんなことに相手をしている状況ではないと断られてしまうのが容易に想像できることでしょう。仮にOKしてもらえたとしても、自分のことは後回しになり、相手にしてもらえないことも想像できます。自分が告白したことで相手が集中できなくなってしまい、思うような実力が出せなければ申し訳ない気持ちにもなってしまいます。このような状況にならないためにも、相手が今どのような状況になっているのかを理解して、告白をしてもよいのかどうかを判断する必要があります。 そして最適なタイミングを見計らうことなく思い付きで告白してしまうこともやめた方がよいでしょう。出会ってすぐに好きになってしまった場合には、早く告白をして交際に持ち込みたいと思うかもしれませんが、すぐに告白をしてしまえば失敗してしまう可能性の方が高いでしょう。出会ったばかりの段階ではまだお互いに相手のことを把握している状況ではありません。そのような中でたとえ告白をしても、自分は真剣に考えていたとしても、軽い気持ちにとらえられてしまう可能性もあります。しかし慎重にタイミングを計り過ぎれば、今度はタイミングを完全に失ってしまうこともあるでしょう。どれくらいの期間がよいのかという判断の目安としては、1カ月を過ぎたあたりから3カ月以内の間であれば、ある程度の期間がたっているため、お互いのことを把握できる機会もそれなりにあるでしょう。何回目のデートの時がよいのかというと、多くの場合3回目から5回目のデートが目安だと言われています。このように最適なタイミングを逃すことなく、良いタイミングを見計らって想いを伝えるようにしましょう。 三つ目にやってはいけないこととして、服装や身だしなみをチェックすることなく告白してしまうことです。人間の多くの場合視覚から入ってきたもので感情が左右されやすいと言われています。そのため想いを伝える前にはしっかりと服装や身だしなみを気をつけておく必要があります。服装や身だしなみにしっかりと気を配っておくことにより、成功につながる可能性もあるでしょう。反対によれよれの服を着ていたり、汚らしい印象を与えてしまえば全く反対の効果を生み出すことになります。また気合いを入れ過ぎてしまうことにも十分に気をつけましょう。大事な場面だからといってメイクや服装を派手にしてしまえば、それは逆効果であることがわかります。このようなものを好む男性もいるかもしれませんが、決して万人受けするものではありません。将来的な面まで考えている人であれば、不安感を覚えるかもしれません。清潔感や品の良さを与えられるためにも、シンプルなデザインのものに少しのアクセントを取り入れることをお勧めします。”

告白をしたい、お付き合いをしたいと思われた時、どのような方法や考え方があるのかご参考となりましたでしょうか。実際に告白をされる場合には、どうしても自分のことばかりを考えてしまい浮足立ってしまうものです。ですが相手のことも思いやること、また自分に好意を持ってもらえるまで待つこと、準備を十分に考えておくことなどは大切なこととなります。好意を持っている相手とすぐにお付き合いしたいといった気持ちは当然あるかと思いますが、焦らず落ち着いて、タイミングを選んで行う事で成功する可能性が高くなると言えるでしょう。

告白は何回目のデートですればいいのか??
Rate this post