告白するまでのデートの回数は関係ある?

出会いが見つかり、異性とデートに行けるようになった、ここまで来たら付き合うのは目前です。
ただ、告白のタイミングやデートの回数を間違うとせっかくのチャンスがなくなってしまいます。
いままでの努力がすべて消えてしまうこともあるのでしっかりと見極めていきましょう。

異性と二人きりでどこかに出かけることは、よほどの理由がない限りは相手は恋人になることにOKをしています。
最終判断をしているといっていいでしょう。
周りから見れば異性が二人で遊びに行こうとしているのだから、当然恋人に見えます。
それでもいいと思っているから二人でデートをしているのです。

デートに誘ってOKされたら

デートに誘ってOKしてもらったら、告白をしても良いサインと考えてよいでしょう。
確かに、回数を重ねたほうが相手の気持ちをはかりやすいですし、もしかししたら断わられてしまうことを考えると、2回目以降の方が空気を読むという意味では良い可能性もあります。

しかし、デートに誘ってOKを出してもらえたということは、脈があるという事ですしそう考えて差し支えはありません。
例えば、1回目のデートでOKを出してもらった場合、2回目以降は自分の恋人としてデートできる可能性もありますので、せっかくですから告白してみてはいかがでしょうか。

回数を重ねたからといって、その告白が成功する確率が上がるとは限りませんし、むしろ早いうちに告白してしまったほうが他の人に奪われる可能性もなくなるといったメリットもありますので、告白をする予定があるのなら、早くても問題はありません。

デートに誘っても、脈が無い場合はOKをしてもらうことはできませんし、来てくれるのであれば相手も好意を持ってくれている可能性は高いです。
そういう意味で、タイミングを見ながらデートの時に告白をしてみるのは必ずしも失敗するとは限りませんので、雰囲気次第ではする価値は十分あると言えるでしょう。

デートに誘うこと自体、とても勇気がいる事ですが告白となると更に勇気が必要です。
断られる可能性もあるのですか緊張する状況ですが、何度もデートをしてから断られるよりは傷が浅くて済みますし、断られた場合の事を考えてもデメリットばかりではありません。

又、初回のデートで気持ちを伝えたほうがそれ以降のやり取りもスムーズになる可能性があります。
疑心暗鬼になりながら毎回誘うよりは、すっきりと断られるかもしくは付き合ってもらえるかどちらかはっきりさせたほうが良いという考え方もありますので、告白をする予定という方は初回で気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

自分の気持ちを正直に伝えればこれと言ってタブーもありませんし、初回の方がむしろ緊張しないかもしれません。
何度もあっていると色々な詮索をしてしまいますし、振られた時のショックも大きくなる可能性があります。
だめでもともと、くらいの気持ちで告白をしたほうが受け入れてもらえた時の喜びもひとしおですので、相手の事を好きなら回数を気にせずにはっきりと伝えることがお勧めです。
そのかわり、雰囲気は重要ですので空気を読んで告白をしましょう。

1回目のデートで告白がありな場合

デートに誘ってきてもらえた場合、告白するまでに何回デートを重ねればよいのかは、ケースバイケースです。
相手の気持ちもありますので、場合によっては1回目ですんなりOKをもらえる可能性もありますので、回数にこだわりすぎなくても大乗と言えるでしょう。

なぜなら、デートにさそってきてもらえているだけでも十分に脈ありと考えられるからです。
最近の若い女性は特にそうですが、脈が無い場合はデートに誘ってもこないどころかラインの返事もくれないといった人が多くいるのが実情です。
無駄な時間をかけたくない、興味のない人の為に化粧をしたりお洒落をしたくないという女性が多いため、デートに誘ってきてもらえるのはかなり脈ありのサインと言えます。

告白がありな場合は、雰囲気がいい感じになった時です。
何となくたわいもない話をしていて、会話が途切れた時や目が合ったときなどは最適なのではないでしょうか。
実際、相手も告白してほしがっていたり、気合を入れてメイクやおしゃれを頑張っている様子は何となくわかるものです。

その気持ちを察して告白をしないのは失礼ですし、何回目でも振られるのは同じですので勇気を出して告白してみましょう。
相手がフリーな場合は、高確率でOKを出してもらえる可能性があります。
なぜなら、何時間もデートの時間に割いてくれているからです。

デートと言っても、メイクやファッション、髪型などに気をつかうものですし全く興味のない相手にそこまでするのは面倒なものですので、チャンスを見計らって告白してみると良いでしょう。
逆に、あからさまにつまらなそうにしていたら、何か失態を犯したのかもしれませんので見送ったほうが良いケースもあります。

告白がありなのは、何となく雰囲気でわかりますのでそのチャンスが訪れたら思い切って行ってしまうのがおすすめです。
二回目以降のデートでも振られる場合は結果は同じですし、何度もあってから振られるよりは傷が浅いうちに振られた方がショックは少ないと言えます。

例えば相手が自分の事を褒めてくれたり、それとなく恋人がほしいというようなことをアピールしてきた場合はかなりの好感触です。
そういう時は積極的にどんどん押してロマンチックな雰囲気で告白してしまうのが良いでしょう。
考えさせてほしいとじらされても、それは悪い返事ではありません。
決して焦らずに相手からの良い返事を待つのがお勧めです。
初回のデートでも付き合ってもらうことはできます。

相手からの連絡頻度で気持ちをはかる

もし相手が自分に脈絡があるとなった場合は、連絡を返す頻度はとにかく多いと言えます。
それは自分に興味があるから。
興味をなければこまめに連絡を返す事はまず、無いでしょう。
もしかしたら社交辞令もあるかもしれませんが、そうなると長期戦ではなく短期戦と言えます。
一概に連絡と言っても電話やメール、今でいうLINEなどもあります。
電話だとなかなか緊張をしたり、言いたい事も上手く話せない場合もあります。
素直な気持ちで相手に伝えたい言葉があっても、照れてしまい思っても無い事を言って相手を不快にさせる事も。
後々デートをするとなった時にも当たり前ですが直接話すので、メールや間接的なやりとりよりも電話の方がヘマもしにくいでしょう。
メールやラインの場合は、恥ずかしい気持ちも書きやすくて気持ちも伝えやすいです。
しかもメール本文に注目をした際、自分にとって時間をかけてメールを打ってくれてるのかが分かりやすいです。
例えば絵文字をこまめに付けてくれたり、手の込んだメールだったり。
こうしてデートに誘う流れに持っていきます、でないと始まらないからです。
相手からの連絡頻度を見る行為は、この大事なデートを誘うスタートを切るための準備に過ぎないのです。
ではどれぐらいの回数のデートを経て、告白に持っていけるのでしょうか?例えば一回目のデートをする時、相手は自分の事に好意持ってない可能性が高いのでそこをどう打破するかを考えます。
そうなると回数を、ひたすら重ねていかなければなりません。
相手の性格を把握して、「きっとこうゆうのに惚れるんだろうなぁ」とか「こんな相手が好きなのか」など過去の恋愛を聞いて、分析します。
極論相手と付き合うだけなら良いですが、ずっとこの先も一緒にいたいと思う以上自分を出さなければなりません。
楽しい時間を過ごしたり、相手の笑顔を引き出す。
相手が日常生活の中で悩んでる際はそれこそ、連絡でも会ってでも力になる事。
相手のために、どれぐらい尽くせるか?それが相手に伝わった時に、自分は大事にされていると感じ気付くかもしれません。
またそんなデートの回数を重ねていく間に、自分にも自信が絶対出てくるはずなのです。
その時こそがまさに告白の良きタイミングになります。
告白も直接言えたら最高ですが、今は連絡でも告白をする事が主流となっています。
手段よりも如何に自分らしく気持ちを伝えられるのかが、最も重要では無いのでしょうか。

周囲からの情報で相手の気持ちをはかる

学生時代からの知り合いや職場の同僚、趣味の仲間など知り合いがいる場合には、何気なく相手の気持ちを探ることができる可能性があります。
付き合っている人はいるのか、好きな人はいるのかなどをダイレクトに聞くことは難しくても、何となく聞いたりすることができるかもしれません。
仲の良い友達なら気になっていることを話して、情報をもらったり、応援してくれたりこともあります。
周囲からの情報で相手の気持ちをある程度はかることができると、デートに誘うかどうかや告白をするかどうかなどを考えることができます。

周囲からの情報で相手の気持ちをはかろうと思っても情報が集まらない場合や本当の気持ちや状況が分からないことはよくあります。
相手もあまり探られると嫌な気持ちがするかもしれないので、誰にでも聞くのはやめて信頼できる人だけに聞いたり、思い切って直接相手をデートに誘って気持ちを確かめたりすることの方がよい場合があります。
気になる気持ちがあるのなら、いつかはデートに誘うことになるので、断れたくない気持ちなどがあるかもしれませんが思い切って直接本人と話をしてみる方が気持ちがすっきりするのではないでしょうか。

気になる相手を誘いながら、周囲の人に自分が相手のことを気になっていることを話してうまくいくこともあります。
周りが後押ししてくれて、付き合っちゃいなよなどと祝福ムードを盛り上げてくれる場合です。
自分で仕込むことは難しいのですが、仲の良い友達やのりのよい同僚などがいる場合には、うまくいく可能性もあります。
この場合でも、結局は自分で告白をすることになるので、タイミングを逃さずにしっかりと告白しましょう。

周囲の人からの情報で、付き合っている人や好きな人がいるなどの話を聞いた場合には、落ち込んでしまうことがありますが、思い切って告白をしてみるのも手です。
デートに誘ってきちんと状況を聞いてみたり、デートの回数を重ねることができる場合には、気持ちが自分の方に向いてきている可能性があります。
誠実な態度をとりながら、少しずつ距離を縮めていくことができるかもしれません。
浮気はしないように注意しながら、ライトなデートを重ねていくことで、徐々に気持ちが盛り上がり、お付き合いをする方向になる可能性もあります。
この場合には、周囲の人は良く思わないかもしれませんのでおしゃべりがすぎないように気を付けることが相手を守るために必要です。

仲良くなりすぎてはいけない?

デートで告白しようと考えていても、なかなか勇気がなくて先延ばしになっている人はいませんか?デートの回数を重ねていくうちに、自分の素直な気持ちを伝えにくくなったというケースがありますので、注意したいところです。
告白は普段とは違う真剣な雰囲気を作ることになりますので、打ち解けてしまってからでは恥ずかしさの方が増してしまうのです。
仲良くなるのはとても良いことなのですが、ポイントは仲良くなりすぎる前に告白すべきだと言うことです。
ちなみに、顔を知っている程度の知り合いや、同じグループにいて言葉を交わしたことがあるといった、到底「仲良し」とは言えない関係性もまた、告白しづらい状況です。
難しいですが微妙なタイミングを狙うことが大切です。
その目安として、「仲が良いけれど、仲良くなりすぎない関係」がベストなのです。

仲良くなりすぎてからの告白がおすすめできない理由はもう一つあります。
それは、「冗談だと取られる」「はぐらかされる」ことがあり、相手がNOの空気感を出しやすくなるからです。
真剣に気持ちを受け止めてもらえなくなる可能性が高くなりますし、何となく話題を変えられてごまかされる場合もあります。
一度友達として見られてしまうと、異性として見るのが難しくなることもあり、なかなか交際に発展しない結末もよくあることです。

仲は良いけれど、友達ではなく異性としても見てもらうには「ミステリアスな部分」を持つことです。
ミステリアスな面のある人は異性に興味を持たれやすい傾向にあるそうです。
どのような人かもっと知りたくなり、それが恋愛感情を生み出します。
一緒にいるうちに知らない面を垣間見て、ときめいてしまうこともあるでしょう。
しかし、デートの回数が増えていくに従って、「この人は大体こんな人なんだな」と相手に理解されるようになります。
信頼関係が築けるようになることは良いのですが、デートをする度に自分への興味が薄れていってしまうという場合もあります。

デートの回数は実際のところあまり関係がないように思います。
相性が良ければすぐに意気投合しますし、どちらかがそれほど惹かれていない場合は、デートをいくら重ねたところで仲良くはならないからです。
自分と相手の雰囲気や空気感を敏感に察知して、「今なら言える!」というタイミングを狙ってみて下さい。
仲良くなりすぎてからでは、言えないまま他の誰かに取られてしまうかもしれませんので、あまり呑気に構えているのはおすすめできません。

1回目で告白が成功する確率

1回目のデートで告白が成功する確率はどのぐらいあるのでしょうか。
それぞれのカップルによって告白までのデートの回数は違うと思いますが、初めてのデートで告白するという人も結構いるようです。
大抵は3回目ぐらいまでに告白することが多くなっています。
中には10回近く回数を重ねてから、やっと好きだと言ってくれたという人もいます。

1回目のデートで告白する人は、直感やフィーリングを大切にする人です。
人は第一印象が全てというように、会った瞬間にその人となりが分かるということもあります。
その反対に、何年も付き合っているのにその人のことをちっとも分かっていなかったという経験談を語る人もいます。
直感やフィーリングは無意識に情報センサーが働いて、きちんとその人の事を見極めているから生じるのかもしれません。
一目ぼれで結婚したカップルの方が、離婚しにくいというデータもあります。

また、1回目のデートで告白する場合には、自分の気持ちも相手の気持ちも何となく分かっているという場合もあります。
長く友人関係だったのが、何かのきっかけで恋愛関係に発展するような場合などです。
友達として付き合ってきた間に、その人のことを十分に理解しているということもあるでしょう。
ずっと片思いだったけど、相手が恋人と別れたのをきっかけにデートに誘うといったこともあります。

1回目のデートで告白するデメリットは、軽いイメージを持たれてしまうことです。
人によっては、あまり真剣に考えずに告白しているという印象を与えてしまいます。

女性が男性に告白する場合には、自分の気持ちが一番盛り上がった時にすることが多くなっています。
ストレートに好きという気持ちを相手にぶつけることがほとんどです。
それに対して男性の場合には、多分受け入れてもらえるだろうなという下地があることが多くあります。
勝手に受け入れてもらえるだろうと勘違いしている場合もありますが、大抵は女性の言動などから自分に好意を持ってくれているか分かります。

それから男性はデートの回数に関係なく、女性の誕生日やクリスマスなどイベントの時に告白する人も多くいます。
イベントと重なることでロマンチックな演出もできますし、イベントの際のサプライズにもなります。
大切な日を一緒に過ごしてくれるわけですから、その時点で受け入れてもらえることは間違いありません。
お洒落な雰囲気のお店にも行きやすいですし、思い出にも残ります。

デートをしなくても告白が成功する場合もある

デートの回数をたくさん重ねたとしても、告白が成功するとは限りませんし、逆にデートをしなくても告白がすぐに成功してしまうことがあるのです。
最近はSNSやメールで気軽にコミュニケーションをとることができますので、初めての出会いから早い段階で親密になることができます。
実際にデートで会っていなくても、相手の趣味を知ることが可能ですし、毎日コミュニケーションを取っているといつの間にか身近な存在になっていくのです。
相手が自分のことに興味があるかどうかは毎日のメールの返信度などでもわかりますので、そのタイミングで告白をするといくらデートをしていないという状況でも告白が成功することがあります。
その場合には、相手もこれからもっとよくして仲良くなりたいということですので心配するようなことはありません。
告白しても成功するかどうかは、多くの場合相手の反応でわかることが多いです。
反応が薄かったり、デートの約束をしようとしても忙しいという理由で流されてしまう場合にはあまり興味がないというケースが多いのですが、頻繁なメールにもしっかり反応してくれたり、向こうからも連絡が来るなどの場合には興味を持っているという証拠です。
その時には、あまりにしつこくするのではなく相手の反応をみながらさらに自分のことを好きになってもらえるようにアプローチをかけると成功します。
具体的には、チャットなどで告白するよりも電話で話すか、直接会った時にさらっと付き合うという告白をするとよいでしょう。
チャットでは、履歴が残ってしまいますし、相手の反応がすぐにわかりませんからリスクがあります。
顔や声でしっかりと反応が確かめられるツールで告白しましょう。
まだ出会って間もない時期であれば、お互い熱い気持ちのままスムーズに付き合いへとつなげることが十分に可能ですので、そのタイミングを逃さないようにしましょう。
ダラダラと自分の気持ちをオブラートに包みながら少しずつ伝えながらも、告白しないケースがよくありません。
相手も告白を待っているとすれば、そのような曖昧な態度はマイナスになってしまうこともあるのです。
デートを繰り返すことで、成功に近づけるとは限りませんので、早めに成功させたい方は、日々のコミュニケーションを大切にしていきましょう。
出会ったその日から相手との距離を近づける努力をすることが重要です。
相手の反応をみながら、適切に距離を縮めることが重要です。

デート中のポイントがある

告白を成功させてお付き合いできるようになるためには、デート中に押さえておかないといけないいくつかのポイントがあります。

一番重要な事は、相手に安心感を持ってもらう事です。

まだお互いがお互いを手探りの状態の時には、心を完全に開いてないままデートする事になります。

この人が自分のベストパートナーかどうかを見極めるためには、本当に信頼できる人なのか?っていうポイントが重要になります。

相手から信頼を得られた場合のみ、安心感を持って接せられるようになります。

そのためには、まずデート中に相手の話をきちんと聞いてあげる事です。

会話が続かなかったり、共通の話題を探り探りの状態が長引くと疲れてしまい、デートが億劫になります。

相手の話をきちんと聞いてあげて、相手の好みの話題や話すタイミングなどきちんと把握して、相手がストレスなく自然体で会話できるように努めてあげる事は、デートを成功させるための秘訣です。

そして、重要なマナーになります。

また、会話の中で、次回のデートに繋がるポイントを話す事も重要です。

例えば、2人でイタリアンレストランで食事をした場合、相手にイタリアン以外に好きな食事があるか聞いてみます。

「和食が好き」という答えが返ってきたら、自分のオススメの和食屋さんの話をしてあげて、今度のデートの時にはそこの和食屋さんに行ってみようと誘ってみます。

必然的に、また次回のデートがあるんだなっていう事を相手に示せるので、今回限りでなく、先の事もきちんと考えている心境が相手にも伝わります。

それも、相手の安心感に繋がり有効です。

相手に安心感を持ってもらうためには、自分達の事だけでなく、友達の話題も効果があります。

同性の友達がいるっていう事は、相手を安心させるだけの材料になりますし、更には今度自分の友達も含めて一緒に会わないかっていう提案は、相手の事をきちんと考えているよっていうアピールにも繋がります。

相手の友達を紹介してもらえるという事は、2人の今後の付き合い方のステージが1つ上がる事にもなるので、友達の話題はとても重要なポイントです。

そして、最も重要な事は、2人で会う時に背伸びをし過ぎないという事です。

きちんとお付き合いが始まるまでは、どうしても自分を良く見せようとして、格好つけてしまいがちですが、格好つけてしまう事が相手にバレると、逆にマイナスポイントに繋がってしまいます。

デートする場所も、食べる物も、お酒の飲み方なども、頑張り過ぎず、同性の友達と普段遊ぶ感覚で接する事が大事です。

そんな中で、自分の身の丈に合った範囲でオシャレなお店に行ってみたり、買い物してみたりすると、本来の自分の姿を最初から知ってもらえて、デートの回数を重ねても最初の印象とギャップが生じず、相手に安心感を持ってもらえます。

上記のポイントは、少し意識するだけで達成できる項目ですし、友達付き合いの中でも重要なポイントとなります。

回数だけではない、タイミングも必要

一般的なアンケートなどで、告白までにかけるデートの回数は3回といったものや、出会ってから3カ月以内にするべきといったような記事を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、それは絶対的なものではなく、デートの回数だけではなくタイミングも重要なポイントであるということをしっかり覚えておきましょう。
驚くことに、そのタイミングによって告白の成功確率は大きく変わってくるのです。
それでは一体どのようなタイミングが告白に適しているものなのか、具体的に見ていきましょう。

まず最初に、反対に失敗してしまう告白のタイミングを学んでおきましょう。
それは、相手の女性のサインを一切に無視し、男性の気持ちが抑えられなくなり一方的に気持ちが高ぶって告白するものや、他の男性に取られそうになり焦って告白するパターンです。
女性は男性には常に余裕を持って、スマートにエスコートしてもらいたい生き物なのです。
余裕のない状態で、いっときの感情の高ぶりでする告白に、ときめく女性が少ないのは納得がいきますよね。
そのため、告白をするタイミングは女性のサインを読み取って余裕を持って堂々と行うのがベストなのです。
それではここで、そのような具体的な女性の行動を確認し、そのサインを見逃さないようにしましょう。
誰しも男女問わず好きな人には、自分の気持ちや感動などを伝えたくなってしまうものですよね。
あなたも綺麗な景色や名作映画を見た時に、気になるあの人にもこの感動を分けてあげたいなと思ったことはありませんか。
そのため、LINEや会話などで、些細な感動の共有やあなたに対する前向きな表現が多くなってきた場合、あなたに相当心を許していると考えていいでしょう。
また、あなたからのデートのお誘いなどを何度も受けてくれたり、あなたの恋愛事情に興味を持って話をしてくる場合なども、あなたを好意的に思っていると考えることができます。
そのようなサインを見逃さすことなくお相手に気持ちを伝えれば、良いお返事がもらえる可能性が高くなるはずですよ。

また、告白のタイミングは、その場所も多いに重要です。
これまで素敵な雰囲気で気持ちを告げられたため、付き合うことをその場で決めてしまったという女性は案外多いのではないでしょうか。
女性は、男性の意外なギャップと、宝石や夜景などのキラキラした光り物が大好物なのです。
そのため、普段大衆居酒屋などでデートすることが多いのであれば、その日ばかりはギャップをつくるためにも、夜景が見えるお洒落なレストランやイルミネーションの綺麗なテーマパークなどを選ぶようにしましょう。
いざ気持ちを伝える際は、二人だけのロマンチックな雰囲気を作るためにも、人混みなどは避けて個室や、人通りの少ないベンチなどにスマートにエスコートしてくださいね。
普段とは違うデートが、女性をドキドキさせるのは間違いないので、是非素敵なギャップの演出を実践してみてください。

女性は案外デートの回数や出会ってからの期間よりも、そのタイミングや雰囲気を重要視する方が多いのではないでしょうか。
ロマンチックな雰囲気で堂々と気持ちを伝えてもらえれば、この人となら安心して付き合ってからも素敵な思い出がたくさん作れそうだと思ってもらえるはずです。
大好きなあの人のサインを見逃さず、素敵な雰囲気作りをして後悔のない告白をしてくださいね。

これまでの流れにもよりますが、デートの回数と告白のタイミングはそんなに関係はありません。
お付き合いを始めるときは、感情で決めることが多いからです。
出会った最初のころは、相手のことを「好き」と想っていたらそれ以外何も見えなくなるくらい感情で突っ走ります。
お互い同じ気持ちを持っているのです。

相手にとって嫌なことをしない限りはその熱は簡単には冷めません。
デートを自然に過ごすことができたら告白までの回数は気にならなくなっています。
告白に関しては小細工は必要ありません。
自分の気持ちに素直であることが大切です。
その気持ちが何回目で確固たるものになるのか、それだけです。

告白するまでのデートの回数は関係ある?
Rate this post