lineを利用して気になる人にアプローチしよう♪

“気になるあの人にアプローチしたいけど、どうしても始めの一歩が踏み出せなくて悩んでいませんか? 「嫌われたり拒否されたりしたらどうしよう」と考えて不安になってしまうんですよね。 緊張してしまって、気になるあの人の顔をまともに見れるかどうかも分からない状態なのでは。 気になる人にアプローチする方法は、何も面と向かってデートに誘うという方法だけではありません。 lineなら、顔を見て話すことなく、携帯電話上でメールのやり取りをするだけなので、気持ちを伝えやすいですし、相手の情報も聞き出しやすいです。 この記事では、lineを使ったアプローチ方法をご紹介します。成功させるにはいくつかポイントがあるのですが、できるだけ分かりやすくお伝えします。興味があったらぜひ読み進めてください。”

lineなら気軽に聞くことができます

気になる人にアプローチをするならlineを積極的に活用しましょう。メールアドレスや電話番号を聞くのはハードルの高さを感じますが、lineなら気軽に聞くことが出来ます。気になる人に気軽に聞くことが出来るlineですが、聞き方には十分に配慮しなければなりません。いきなり聞くと相手に不信感や疑念や不安や嫌悪感や不快感を与えてしまう可能性がありますので、自然にスムーズにスマートに聞くことが重要なポイントとなります。自然な流れでスムーズにスマートにlineを聞くためには、lineを交換しなければならないシチュエーションや理由をつくることが大切です。最も手っ取り早い方法は、会う約束をすることです。好きな食べ物の話や趣味や行ってみたい場所などの話の流れで自然に合う約束をしましょう。会う約束をしたら日程の調整や食事をするお店の決定や待ち合わせ場所などについての詳細なやりとりをしなければならないので、スマートにスムーズに自然にlineの交換をすることが出来ます。気軽に聞くことが出来るものだからこそ注意しなければならないこともたくさんあります。友達の紹介や友達が開いた飲み会や合コンや職場や学校などの日常生活の中で出会った人ならすぐに交換をしても問題ありませんが、婚活パーティーやお見合いパーティーや街コンや相席居酒屋や相席カフェや趣味コンや出会い系サイトやマッチングアプリなどで出会った人にいきなり自分がいつも利用しているlineのIDを教えるにはとても危険です。他のSNSやサービスのIDと紐付けしている人はさらに注意が必要です。アップしている写真や交友関係や家族や学校や職場や行動範囲や予定などの個人情報が一気にバレてしまいますし、何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。日常生活以外の出会いの場に集まる人の中にはプロフィールを偽っている人や自分を良く見せるために嘘をついている人や勧誘目的の人など怪しい人も紛れている可能性がありますので、怪しい人と安易に交換するのは避けましょう。そこでおすすめなのが、自分が普段使っているIDとは別のIDを用意しておくということです。新しいIDなら個人情報がバレる心配もありませんし、気軽に安全にlineの交換をすることが出来ます。気軽だからこそ生じる問題やリスクがあるということも正しく理解しておきましょう。正しく安全に便利にlineを活用して気になる人に効果的にアプローチしていきましょう。

デートに結びつけることができます

“気になる人がいるのなら、lineを利用してアプローチをすることが可能です。ここでのポイントになるのが、アプローチを行うだけではなくデートに結びつけるチャンスも存在しているという点です。実際にデートに結びつけるまでの道のりには、複数のパターンが存在しています。そのため気になる人とデートをするために、lineを利用してどのように距離を縮めていけばいいのか把握していきましょう。 付き合ってもいない異性と出かけるのには抵抗があるというのは、どのような方でも同じことです。そのためデートという言葉を使うのではなく、最初のきっかけとしてお願いというスタイルを選ぶのも1つの手です。例えば気になる女性が料理上手なら、料理が上手くなりたいから料理本選びに付き合ってほしいとお願いしてみましょう。相手の趣味に合わせたお願いをすることで、2人きりで出かけるチャンスを簡単に作ることにつながります。気になる方の趣味などがわからない場合でも、母親の誕生日プレゼントを買うのに女性目線の意見が欲しいという形で誘うことも可能です。 また買い物などに付き合ってもらった場合は、チャンスを1回で終わらせないというのがポイントの1つです。2人でお出かけした後は、後日この間のお礼のランチという形で誘ってみましょう。お出かけの際の印象が悪くなければ、お礼のランチもOKしてもらえる可能性が高くなります。実際に誘うときには、さりげない文章でお礼の気持ちを伝えるということが大切です。 ほかにもlineでデートに誘うための方法として、少しずつハードルを下げていくというやり方があります。いきなりお泊りデートを誘われても、抵抗があるのは多くの方に共通していることです。そこで最初は海外デート、次に国内のお泊りというように、少しずつハードルを下げていく形で誘っていきましょう。何度も断ることで悪いと相手が感じるようになったところで、ランチなど気軽に行けるデートに誘います。ハードルが下がったことで、相手とのデートを成立させやすくなります。 実際にlineで相手をデートに誘う場合でも、さまざまな形を選ぶことが可能です。デートの誘い方の適したスタイルというのは、相手との関係性やそれぞれの状況で違いがあります。そこで自分の状況を考慮したうえで、どのような形で誘っていくのが適しているのか考えていきましょう。成功率を高めるために、相手の趣味や得意なことに関する情報を事前に集めておくことも大切です。”

さりげなく返信してみよう

“今の時代、気にある人により手軽にアプローチできるツールがたくさんありますので、是非積極的に使っていきましょう。 少し前の時代までは電話しか手段がないものでした。携帯電話などが一般に普及する前は自宅に電話をかけなければならず、ちょっと気になる人とコンタクトを取りたいと思っても、自宅の外の家族に電話を取られてしまうとそれだけでプレッシャーを感じる上に、用件もないのに電話など出来ない時代でした。 それが今では1人1台スマートフォンが当たり前、その中でも便利なSNSを利用すれば気軽に気になる人にアプローチをすることが出来ます。 その中でも特にlineは便利なツールです。 まず普及率がずば抜けていますので、スマートフォンを利用している方の中でlineを利用していないという方を探す方が難しい時代です。特に学生の中では必須ツールになります。 急に話しかけられたり、電話されるのは引かれてしまう可能性があります。特に電話は相手が今忙しいのかどうか読めないので、勇気を振り絞って電話をしても取ってくれないというリスクがあります。 しかし、lineであれば相手が都合の良い時に見ることが出来るので、相手の邪魔をする心理的負担になるというリスクを下げることが出来ます。 気になる人からlineが来たときには、このチャンスを絶対に逃さないようにしましょう。 気になる人だからこそ、返信にどのような文面を打てばよいのか深く悩んでしまい、返すタイミングを逃してしまうこともありますので、まずは気楽に構えて返信をしてみましょう。 lineはテンポの良さが重要です。一度会話が途切れてしまうと、また再び同じ話題で会話のきっかけを作るのは不自然になってしまうので、気になる人へのレスポンスは早い方が良いでしょう。 文面を長々書くのもline向きではありません。 lineはメールではないので、あくまでもテンポと会話のようなキャッチボールが出来なければいけません。 相手も深い内容で返されると重いと感じてしまうこともあるので、深い内容は直接会ったときに伝える方が効果的です。 まずlineでは付き合う前の段階の気になる人とのキャッチボールを楽しむ感覚で、返信もさりげない一言を早いテンポで返信する方が会話が続きます。 会話が盛り上がってきたら、是非一緒に出掛けるように映画や趣味の話題を振ってみるとよいでしょう。 lineが楽しい相手でないと、まず相手の方は一緒にでかけてくれないので、お互いにlineのやりとりを楽しむのが大切です。”

自分からメールして自分から終わらせよう

気になる人を見つけたら、自分から積極的にアプローチをすることが重要です。魅力的な人は、他から見ても人気がありますから、自分の恋人にしたいと考えたときは自らが動くことが結果を左右するからです。気になる人に自分を知ってもらったり、アピールするためには連絡先を知る必要があります。相手が自分のことを知らないままであれば、会話することもできないので自分の良さを知ってもらうことができないからです。いきなり連絡先をきくと、嫌がられたり壁を作られることが考えられますから、一番気軽にやり取りができるlineのIDを交換してもらうようにしましょう。lineは頻繁にやりとりができるので、会話をしているような気持ちになることができますから、距離を縮めることに役立ちます。その他にもlineは文字だけでなく、画像や動画のやり取りが簡単にできますし、絵文字をおくることができます。文字よりも絵文字のほうがより感情的な表現をすることができる場合もあるので、活用することをおすすめします。そしてlineには送ったメッセージを相手が見たかどうかを判断できるように、未読と既読で表示されます。気になる人にメッセージをおくって、既読となってすぐに返事があったら、自分のことを気にかけている証拠になりますからさらにアピールするなど積極的な行動を後押しするきっかけになります。一方で既読がついているのに返事がないときは、自分のメッセージや画像のやり取りが負担になっているかもしれないと反省して、内容を確認することが大事です。lineには通話機能もついているので、メッセージのやり取りをして身近な存在になることができれば、もう1つ段階を進んで実際に話し合うという方法も持てます。lineで気になる人にメールをするときに気を付けたいことは、自分からメッセージをおくるということです。相手から待っているだけでは、気になる人がいても恋に落ちることもできませんから、自分から積極的にアプローチをすることで存在を知ってもらい良い部分に注目してもらうように心がけます。メッセージのやり取りができるようになったら、最後は自分からやり取りを終わらせるようにします。メッセージのやり取りをどこで辞めるのかを決断するのは難しいですが、相手を見送るような気持ちで最後まで見守るようにメッセージをおくることが大事です。文字ではなく絵文字を使って終わらせると、感情豊かな部分を強調できるでしょう。

相手のテンションに合わせよう

lineでのやりとりをするにあたって、十分に気をつけなければならないことがあります。相手の感情を推し量るということです。人間のことですから、気持ちが高揚しているときもあれば沈んでいるときもあって当然でしょう。相手のテンションが下がっているときには、相手のその気持ちに合わせることが大切になってきます。気になる人のことだからというので、相手のテンションが低いことを心配するのは自然な流れですが、こんなときこそ心を静めなければなりません。もちろん、相手が盛り上がっているときはこちらも一緒にテンションをあげても問題はありませんが、気になる人の気持ちが下がっているときは、みずからの心も落ち着けることが大事になってきます。テンションというのは、お互いがいずれは本当の恋人になるに際して、フィーリングがぴったりと合うかどうかの判断基準にもなります。過度にテンションが高いと、男性も女性もその気持ちを合わせることが難しく、実際には恋人候補にはなりにくいというのが現実です。自分の胸が弾んでいるとの思いをあまりに前面に押し出し過ぎると露骨に感じられるものです。落ち着きをもって行動すれば、気になる相手からは一目置かれる可能性もあります。とりわけ女性の場合は、つまらなさそうな態度に終始するのはいただけませんが、自分に対して好感を持ってるかどうかと戸惑わせるぐらいの小悪魔演技も必要かもしれません。心の中が見透かされないほうが、相手がたは緊張感が続き、彼女のことがずっと頭にこびりついてしまうかもしれないのです。これは男性の独占欲を刺激することになります。もし彼女のことが好きであれば、必ず次の手を打ってくるはずです。このときに最初から彼女のテンションが上がっていたのでは、彼にすっかり惚れてしまっていることがストレートにわかってしまいます。彼にしてみれば、相手が自分のことを好きだとわかれば、自分で血眼になって彼女を手に入れたという達成感がありませんので、情熱も冷めてしまうというのが事実です。lineではよくあることですが、返事が来ないと焦りを感じて自分から行動に移ってしまうというのは、足元を見られるものなのです。積極的な女性ほどその傾向が強いというのは間違いではありません。本当に彼が彼女のことを好きであるならば、何らかのアクションを起こしてくれのるは火を見るよりも明らかです。とにかく我慢して待つことが大事になります。相手のテンションに合わせて冷静に行動することがポイントとなります。

基本的に短めの文章がおすすめです

気になる人にlineでアプローチする場合に長文はパスをお勧めします。気になる相手と接する場合には、自分の中を探って出来るだけ気持ちを伝えたいと思う物です。文面も丁寧であるようになど色々考える事でしょう。それは間違いでは無いです。ただ、それを最初から最後まで相手がしっかり読んでくれるかは別問題です。昨今、処理しなければならない情報が以前の比ではないのです。ネットや今使っているlineなどもそうですが、すぐに返事を求められる様な気分になる中で社会は回っています。若者の読書離れの話題を聞いた事があるかもしれませんが、その原因の一端にはこの情報過多と速さを求められる社会というものが間違いなくあります。そういった前提条件がある中で長文を送ったとしたら、相手には重荷になってしまう目算が高いのです。一部の例外で文章を読むのが大好きという人もいますが、基本短めの文章にした方が良いです。ついでに言えば何か特徴を出そうと思って、顔文字を大量に使うとか特徴的な語尾を付けるの等もそういう空気があるなら別ですがパスした方が良いです。その方が気分が和むじゃないかと思う事もあるかもしれませんが、知らない間に解読できない訳が分からないものになっていて、相手を疲れさせるだけになるという事もよくある話なので。技術の討論をしたいという様な時は長文でも良いです。一行か二行くらいでその辺りが分かるなど無いですので。徹底的に読み込んで解読して、自分の物にしたり相手に聞いてみるために考えをまとめないといけません。他にも変わり種として連続投稿漫画的なものをlineで載せて送ってきて、しかもそれが面白かったという話などもないではありません。ですが、その辺は変った話であって、一般人向けの話では無いのです。書きたいことは沢山あるかもしれないですが、一番重要なものについて一つくらいにして、後は時間をおいて二つ三つほどにして、他の部分は実際に会った時などにゆっくり話してみる様な事にした方が良いです。顔を見ながらだと話せない事もありますが、逆に顔を見て話せば文章でずっと書いていくの何倍も速い事もありますので。lineを使った交流と直接顔を合わせて話す事を必要に応じて使い分ける事をやっていくなら、超長文にならないでも相応のものは伝えられるかと。場合によったら動画を取って、そっちに言いたいことの本題は載せてlineの方はサブで行くという策もあるので。

返信しやすいようにしよう

気になる人へのlineは返しやすいメッセージを心がけましょう。長文だと読むのは大変で、自分も同じくらいの長さで返そうとするため面倒です。lineはリアルタイムの会話のように短いやり取りを続けられるのが魅力なので、長くて3行までにします。いくつも話したいことがあっても、小出しにすれば長文になるのを防げます。また相手から返信が来た時に、すぐに既読を付けるのはやめましょう。返信を待ち構えていた必死感が相手の心の余裕まで無くします。メッセージはすぐに読まないので、自分が返信するのも遅くなり相手は急かされている感じがしません。スマートフォンの画面に新着メッセージは表示されるため、既読を付けなくても内容を確認することはできます。マイペースに好きなタイミングで返せば良いため、lineするのがストレスになりにくいです。返信のしやすさには内容も関係しています。答えにくい話題ばかり振るのはダメです。ストレートに「今何してたの」と相手のプライベートを詮索するような質問は、束縛しそうな雰囲気が出て嫌われます。気になる人とlineしたくて忙しくないか知りたい時は、「仕事はもう終わりましたか」と深く考える必要のない言い方にします。仕事中は忙しいから返信できないことを前提に質問するのがポイントです。相手が仕事中ではなくヒマだったらすぐに返せます。lineのトーク画面は直近にした会話が残っているので、以前した会話の続きをする形式のメッセージも気軽に話に乗れます。一度その話で盛り上がっているため相手は反応しやすいです。「この前の続きですが」と始めると、なぜlineをしてきたのか明確な目的が示されて会話の方向性が決まります。ダラダラと他愛のない会話を楽しむのも良いですが、人によっては内容のない会話をして無駄な時間を過ごしていると嫌がることがあります。忙しい日々を送っている人は特にlineを暇つぶしのツールとは考えていないので、「何でもいいから話そう」というスタンスには返信しにくいです。プライベートな時間に余裕があり面倒見の良い人には「寂しい」「遊ぼう」など構ってあげたくなるようなメッセージでも問題ありません。深夜にいきなり送るのは失礼ですが、甘えるような可愛いメッセージは男女ともにキュンときます。頻繁に送って相手を困らせるのではなく、しばらく連絡できなかった時などに普段のギャップで送ると相手はすぐに返信したくなります。

時間をおくのも大切です

気になる人にlineを送信した場合、どうしてもその反応が気になってしまうものでしょう。自分の送信した言葉で何か誤解を与えていないか、あるいは相手がどう捉えたかなど、好きな相手であればあるほど細かいことがどうしても気になってしまうものです。しかしながら、あまり焦りすぎて返事を急かすようなことはやめておきましょう。特にlineの場合、相手が既読かどうかが分かってしまうだけに、既読になってからしばらく時間が経つとなぜ返事をくれないのかということがとても気になってしまうかもしれません。常識的な範囲であれば、返事というのはそれほどすぐに返ってくるわけではないので、あまり考え込まず、自分も他のことに集中しておくのが良いでしょう。相手には相手の生活リズムがありますし、何かに忙しかったり他に気を取られていたりということも、十分に考えられます。たとえ相手に多少の好意があったとしても、返事が遅れてしまうというのはそれほど珍しいことではないので、いちいちくよくよ考えていても仕方がありません。自分が気に病んでいるだけならまだ良いのですが、気にしすぎるあまり相手に返事を急かしてしまったりすれば、完全に逆効果です。せっかく相手が考えて返事をしてくれようとしているのに、それを無視して自分のペースを押し付けるということになりますから、非常に印象が悪くなってしまいます。こういったことが続けば、ある程度好意を持ってくれた相手でも呆れて、離れていってしまうでしょう。そういった事態を避けるためにも、自分自身に自信と落ち着きを身につけておくことがとても大切です。1日か2日返事が返ってこないぐらいはそれほど珍しいことではないので、どっしりと構えて自分は自分で役に立つ何かを行っていれば問題はありません。余裕のない態度というのはどうやっても相手に伝わってしまうものですし、そういう人間と関わるのは誰にとってもストレスです。相手のことが好きであるなら、自分の都合だけを考えず、また自分の感情をコントロールせずにぶつけるようなことは、非常に迷惑になってしまいます。恋愛経験が少ないとこのあたりのコントロールがなかなか難しいのですが、男女だけに言えることではなく、人間関係全てに通じることですので、自分本位ではなく相手のことを考えて行動するという姿勢を身につけましょう。これができていればlineで上手くコミュニケーションをとることもできます。

共通点を見つけると親近感がでます

“気になる人と親しくなるためには共通点を見つけるのが良く、相手について詳しく知ることが大切です。この時に役立つツールがlineで、直接話したりメールをするよりも気楽に話しかけることができます。会話のきっかけをはじめとして、親近感を出すためには情報が必要となりますが、根掘り葉掘り執拗に聞き出すと警戒されてしまう可能性が高いです。相手に対して不安や疑問を抱かせないように、必要な事柄を知るためには警戒心がなく気軽なツールを活用するのがおすすめになります。 気になるが知らない相手というのは話のきっかけに困ってしまいますし、話題によっては不快感を与えてしまう可能性も出てくるはずです。好意を抱いている場合、少しでも嫌われず好かれるようにするためには、お互いに満足感のある話題を選ぶことが必要になってきます。そして共通点があることで興味を引かれ、親しみを感じさせることができるので、まずは知っておきたい情報です。ただ親しみのない相手にプライベートを訪ねるのは難しく、この時に直接顔を合わせて話すよりも、lineを使うと警戒心を抱かせず聞くことができるようになります。 共通点にはさまざまなものがあり、出身地・学校・家族構成・趣味・好みなどで、知っておくと話題を広げやすいです。特に好意を抱いている時には、趣味や好みを知っておくとデートに誘いやすくなるので、調べておくと力になってくれます。関係性を深めていくためには親近感を持たせるのが最適で、好きなものについて話をすると人は相手に対して好印象を抱かせます。 調べても共通点が見つからない時には、あえて自分から作り出すのもいいかもしれません。相手に合わせて趣味をはじめると、教えてもらうというきっかけを作り出すことが可能です。探せば一つや二つは出てくるものですが、親しくない相手から聞き出すのは簡単ではなく、無理だと思った時には自分から作るのもおすすめの方法になります。 人と人の距離を近づけるためには会話が重要になり、その際には相手から警戒心や不安を取り除き、親しみをもってもらうことが大切です。共通点を知っておけば話題にすることができますし、きっかけとして拒否感がなく安心して言葉にすることができるようになります。そして共通点など情報を探すためにはlineなど手軽なツールを利用するのが良く、スマートフォンの所持率があがった現在では、lineの活用方法が恋愛を成功させるポイントです。”

過度に絵文字を使うのは注意

気になる人にlineを送る場合で結構やってしまう危険はあるのが絵文字の使い過ぎです。例えば顔文字はすごい勢いで広がりました。ネット以外でも見かけますし、それこそ縫いぐるみにまでなっていたりします。笑い話のようなものの中で文末やらに多少使ってあるなどでしたら、流してくれる人が大部分でしょう。ですが、中には絵文字の類を使われると馬鹿にされていると感じるような人も少なからずいます。真面目なやり取りをしている中で和ませようと思って顔文字を使ってしまったなどという人もいたりするのですが、場合によったらそれに相手が激怒してしまうという事もあるのは知っておいた方が良い部分です。他にも友人たちの間では絵文字と顔文字で大体意味が通じるので気にしないまま、他でもやってしまうという事などもありますが、知らない人がそれを見ても何が書いてあるのかサッパリわからないのです。悪くすると出会い系の誘いメールなど、いかがわしい印象を持たれてしまったり頭自体が悪いに違いないなどと切って捨てられてしまったという話などもあります。気になる人がどういう関係の人かによりますが、基本的にはしっかり作文をして、絵文字は思い出したときに少しずつ使ってみるという方向で考えた方が良いです。安全策を考えるなら、敬語を使う事で決めてしまうというのも一つの作戦です。何となくリアルで会っている時に顔文字や絵文字をたくさん使っている文章をどう思っているかを聞いてみるのも手です。勿論そこで「いいと思う」と言っていたからといって送っても良いという事にはなりませんが情報を仕入れるという意味ではそういう作戦もやっておいて損は無いかと。作文が苦手という人にしてみたら結構キツイ話になるかもしれません。これだけ一般に広がっているのにと言う事で変な気分になる事もあるかもしれませんが、結構トラブルを起こす場面なのです。別に利害関係も無いし、そこで失望されても失敗したなくらいの気持ちで済んでしまう相手というならば良いですが、気になるというのが恋愛的な意味などが入っているとしたら結構痛いものがあるかと。慣れの問題などもありますが、その辺で何か気になる事があるというなら少しずつ絵文字を無しで書く文章の練習をしてみる事です。その辺が出来る様になっておけば、他の部分でも得しますので。今が練習の時と思えばそんなに重い気分にならないでもやれるのではないかと思いますよ。

もっと知りたいと思われるようにしよう

“当然ですがlineでは、自分から情報を発信しないと何も伝えられません。そのため、気になる相手に対しては、積極的にたくさんの情報を送りたくなるものです。ところが、実はその行為が落とし穴になっていることがあります。それは物の売買に例えて考えてみると良くわかります。あまり売られていない物は希少価値があってニーズが高まりますが、余るほど大量に売られているものは飽きられるのが早いです。lineにも同様のことがいえるので注意しましょう。 つまり、あまり自分の情報を多く発信しすぎると、それだけで相手はお腹が一杯になってしまいます。その状態でさらに送り続けるのは押し売りのようなものです。迷惑行為と見なされて嫌悪感を持たれてしまうかもしれません。もちろんレスをする気も失せてしまうでしょう。そういった事態を避けるには、気になる人になることを意識しなければなりません。 さきほどの売買の例に当てはめると、希少価値によってニーズが高まる状態を保つということです。もっと知りたいと感じてもらえる状態を維持できるように工夫しましょう。そのためには発信する情報の量を調整する必要があります。たとえば、自己紹介として職業のことを書くときに、内容をジャンルだけに留めておくのも一つの方法です。メーカーや法律関係などと伝えれば、具体的に何をしているのか知りたくなるでしょう。そこで話を切り上げておけば、次回のやりとりへの有効な橋渡しとなります。 ここで重要になるのは、相手が自分に対してどれくらい興味を持っているのか推し量ることです。それを見誤ると、残りの情報が日の目を見ないまま終わってしまう恐れがあります。スポーツが趣味と答えても、相手が興味を持っていなければ、具体的な種目まで聞いてこないでしょう。この場合は、最初からサッカーや野球のように具体的に伝えたほうが、まだ話題の広がる可能性が高いです。 逆に相手が強い興味を持っているのに、情報を小出しにしすぎるのも禁物です。焦らしていることになり、嫌味な人物だと見なされかねません。相手のストレスが溜まらないように、さじ加減を工夫することが大切です。知りたいと強く感じたときに、タイミングよく伝えてもらえると人は心地よさを感じます。つまり極端に出し惜しみをするのではなく、供給過多にならないように意識することが肝心です。他にも知りたいと感じてもらえる余地を残すことで、相手にとって常に気になる人でいられるでしょう。”

王道の質問をしてみよう

lineを行っていて気になる人を見つけたら、どのようにして距離を縮めるか悩んでいませんか?まずは簡単な質問でお互いのことを知っていくところからスタートしていきましょう。気になる人に対して、どこに住んでいるのか・どのような家族構成なのか・どんな趣味をもっているのかなど王道の質問を重ねてみても良いでしょう。また、率直にどのような人が好きなのかを聞いてみることも大事です。そうした簡単な質問をお互いに行うことで自分について概略的に知ってもらい興味を持ってもらうことが重要なポイントになります。何事もスタートが大事だと言われていますが、こういった出会いの場であってももちろんスタートは最も重要視したい部分です。相手に興味がある事を示すためにもまずは応えやすい王道の質問を重ね、距離を縮めてみましょう。気になる人がどのような人物なのかを知る事はどうして重要な事なのかというと、その人といつか結婚したいと考えた場合、本当にその人が自分とフィーリングがあっているかどうかを確かめる必要があるからです。結婚するというとはどういうこのなのでしょうか。結婚とは、それまで他人同士だった二人の人物たちが出会いをきっかけに今後の人生を一緒に生きていくということです。そこには、それまで自分たちを育ててくれた両親や、同じ境遇で生きてきた兄弟は存在せずあなたの事を真に理解してくれていた人々とは別の道を二人で歩いてくことになります。その道の途中には、結婚しようと思っていた時に想像したよりもずっと大変で苦労することの方が多くその分何気ないことが幸せだと思えるようになります。他人同士が僅か数か月から数年の付き合いですべてを知る事ができれば誰も苦労はしませんが、全てを知っていく事には当たり前ですが時間が必要です。そして、お互いのことを理解し受け入れようとする土壌が形成されていない限りは永遠に互いに対する理解を深めることはできません。夫婦になるならそういった関係性ではいつまでもその形を保つことはできないでしょう。ですから、気になる人を見つけてみてまず行うことは何気ない王道的な質問から相手の在り方を読み解くことです。自分が相手を気になっているという心にまずは疑いを持ち、相手の内面のどこが気になるのかということを知るところから相互理解しあえる関係の土壌が形成されていきます。面倒だと思わずに、積極的に相手が応えやすいであろう質問を行ってみましょう。

好きな芸能人を聞いてみよう

lineは気になる人にアプローチする手段として最適です。上手に利用して気になる人にどんどんアプローチして親密度を高めていきましょう。気になる人とスムーズにスマートに自然な流れでlineの交換をするためには、タイミングやシチュエーションがとても重要になります。出会っていきなり交換の打診をすると相手に疑念や不安感や不信感や不快感や嫌悪感を抱かれてしまいますので、会話の流れできちんとタイミングを見計らって交換するようにしましょう。お互いに好きなものの話などをしていく中で好きな食べ物の話に持っていき、その流れで食事に誘うのがおすすめです。食事の約束をしたらお互いの都合を確認したり具体的な日程や時間やお店や待ち合わせ場所などについてのやり取りが必要になるので、lineを交換せざるを得ないシチュエーションに持ち込むことが出来ます。lineを交換したら、まずは色々な質問をして相手のことを知る努力をしましょう。焦ってアプローチするのは良くありませんので、相手のことを知ってからゆっくりとアプローチしていくのがベストな方法です。相手がどんなものに興味があるのかや趣味や性格などを知ることによって効果的なアプローチを実現させることが出来ます。相手のタイプを知るためには、好きな芸能人を聞いてみるのがおすすめです。好きな芸能人を聞くことで得られるメリットとしては、好きな同性の芸能人を知ることで相手の好きなファッションの系統や目指している女性像などを知ることが出来る、好きな異性の芸能人を知ることでどんな人がタイプなのかがわかる、好きな芸能人を知ることで普段見ているテレビ番組や好きな映画やドラマや聴いている音楽のジャンルや読んでいる雑誌や本なども推測することが出来るなどがあります。相手の好きな芸能人のSNSをフォローしたり出演しているテレビ番組や映画やCMや載っている雑誌をチェックしたりすれば、情報を共有することが出来て会話のきっかけにもなります。その芸能人に興味を持ってくれたという事実に対して相手に喜んでもらえる可能性も高いです。相手が好きな異性の芸能人の髪型やファッションなどをさりげなく取り入れたりするのもおすすめです。好きな芸能人を聞くだけで相手の様々なことがわかってきます。好きな芸能人だけではなく、興味があるものをたくさん聞いて相手のことをどんどん知っていきましょう。それがより良いアプローチに繋がります。

職場がどこなのか聞いてみよう

lineを利用してアプローチするときには、相手の職場の環境や仕事をしているかどうかを知る必要があります。そのためにもlineを使用して気になる人に職場の環境や何処で働いているのかを聞いてみると良いでしょう。ただし最近ではフリーランスや自営業の方が増えているので、特定の企業に所属しているとは限らないことがある点に注意しましょう。自営業やフリーランスだからといって必ずしも年収が低いわけではないので心得ておく必要があります。名前の知られている大企業の場合は転勤や人事異動によって環境が激変してしまうことがあります。そのためこれまで通りにlineで付き合いを行うことが難しくなってしまう点には注意が必要です。それだけでなく大企業に就職している人は基本的に給料が高いので、そのまま関係を維持するとなんらかの高級なプレゼントをもらうことができる点も良いでしょう。しかし最近ではお金目当てに近づいてくることを悟られてしまい関係を維持することが困難になってしまうケースも少なくはありません。その場合はなるべく自分も仕事を頑張っているというアピールをすることが重要です。お互いに頑張れる環境を作ることができれば気になる人も頑張って働き、自分を見捨てようとすることはしないようになるでしょう。中小企業に就職している場合は地元から転勤するリスクが少ないものの、給料は低めの傾向にあります。将来的に独立する可能性もあるのでその件についても相手を傷つけないように質問しておくことが重要です。中小企業に就職しているサラリーマンはいずれ独立する可能性がある場合は、その独立をする日がいつなのかを知っておくと良いでしょう。独立して一緒に働くことを考えているのであれば、自分も精一杯力を尽くして全力で応援していくことが重要です。良い関係を築くためには、何よりも共同で仕事を進めていくことが重要になります。相手が大企業や収入の高い公務員だとしてもその給料の高さを目当てに交際しようと考えるのではなく、自分が気になる人の力を与えていくことが重要です。しかし男性の場合はプライドやメンツがあるのでそれを潰してしまわないようになるべく困ったときだけに力添えをしてあげるようにしましょう。そうして職場をlineで質問した後には力を合わせて物事を解決していくように尽力していくのです。そうしていけば気になる人もいずれは自分に心を開くようになります。

告白を待っていることもあります

“口下手な人でもlineを活用すれば、気軽に相手の気持ちを聞くことができます。気になる人がいたとき、きっと恋人がいるだろうと決め付けることなく聞いてみるのがおすすめです。恋愛を成就させる人に共通するのは行動力と勇気があることです。やる前にあれこれと考える方は少なくありませんが、考えても物事は進展しません。例えば友達関係にある相手が告白を待っているケースもありえるので、自分が気になっているなら告白してみるのも手でしょう。フラれる可能性は誰しもありますが、それを恐れていても何も解決しないです。フラれる可能性はあるかもしれませんが、逆にOKを出される可能性もあります。最初からダメだと決め込んでいると、チャレンジ精神が失われてしまうので注意です。 気になる人がいるなら、まずは友達から始めてみるのがおすすめです。友達からスタートして恋人にステップアップするというケースは少なくありません。友達になった時点で気心が知れているでしょうし、相手のこともかなりわかっているはずです。相手のよいところ・悪いところを熟知した上で付き合いたいと思うのなら、相手のことを本当に好きだと考えてよいでしょう。もし相手が告白を待っていたと想定するなら、告白をしないのは絶対に損です。 いずれにしても友達として成立している以上は互いに行為があると考えられます。特に男女間の友達には言えることで、一方または双方に恋愛感情があるケースは多いです。考えているだけでは物事が進展することはないので、思い切って告白をしてみましょう。それで断られてしまっても、相手の気持ちがわかればスッキリするはずです。モヤモヤした気持ちがずっと続くほど辛いことはありませんから、思い切って告白することをおすすめします。実際に告白した人の体験談を聞いてみると、告白してよかったと答えています。もし断られるような関係であれば、早かれ遅かれ二人の関係は壊れていたはずです。 口下手で内気な人は恋人を見つけることが難しいので、少しずつ自分を変えていく努力をしてみましょう。性格をすぐに変えることは難しいですが、少しずつ変えることはできます。lineで気になる人がいたらメッセージを通じてやり取りし、そこから出会いにつなげていくとよいです。ラインとリアルのキャラにはギャップがある方が多いですが、そこは時間をかけて修正していくことができます。気になる人がいれば早めに告白しないと、別の誰かから告白されてしまう可能性があるので注意してください。”

グルメや旅行の話で会話をひろげよう

“lineを利用して気になる人にアプローチする際に何を話していいのか分からない時には、グルメや旅行の話をして会話を広げるのがおすすめです。 これは恋愛だけではなくビジネスシーンでも定番で、グルメや旅行が嫌いだと言う方はごく稀なことから相手と打ち解けるためにしばしば用いられています。 人間は食べ物から栄養を摂取しなければ生きては行けませんが、それが美味しい食べ物であれば多くのケースで強い関心を持つのが誰にも共通している要素です。 商談を成立させるために顧客を会食に誘って話を持ちかけることをランチミーティングと呼ばれ、なかなか商談に応じてくれない相手に話を聞いてもらうための手法です。 具体的には美味しい食事を楽しみ気分が良くなったところで相手に話をすれば、それらに引きずられるように好印象を与えられるという心理に基づいており、高確率で商談が成立するという理論があります。 離れた場所でメッセージのやりとりを行うlineではその場で実際に食事をする訳には行きませんが、どんな食べ物が好きか、あるお店のあのメニューが美味しかったなどの話で盛り上がり、その食べ物を食べてみたいという感情が頂点に達した時に、それではそのお店に食べに行こうと誘えば、仮に脈があまり無かったとしても食事だけならと来てもらえる可能性も広がります。 一方、人が旅行に行く理由のひとつに非現実を楽しみたいという気持ちがあります。 多くの方はお仕事や学校、人間関係など何かしらの悩みを抱えており、現実逃避をしたいという思いが心のどこかに潜んでいます。 そんな時に現実から離れて綺麗な景色や美味しい空気のある場所へ行ってみたいという話には引き付けられます。 また、旅行も日帰りではなく宿泊も伴うものであれば数日にわたって同じ空間で過ごすことになるため、それだけ心を許した相手で無ければ一緒に行くことは考えられません。 従って、非現実を味わえる旅行の話で盛り上がった末に、一緒に行ってみたいと話してそれに応じる返答があった場合には、相当の信頼を得ていると言うバロメーターにもなります。 冒頭にあげたようにビジネスシーンでも用いられている確かなメソッドと言えるグルメや旅行の話は、食欲を満たしたり非現実を楽しみたい人間が持っている普遍的な本能に訴えるものであり、恋愛の世界においても多くの成功事例を残していることから気になる人にアプローチする際にはおすすめの会話です。”

片思いを進展させよう

“異性と知り合う方法として、出会い系のサイト・アプリが注目を集めています。昔のようなマイナスイメージを持つ人が減って、積極的に使う人が増えているのです。しかし、出会い系のサイト・アプリで知り合うことができるのは遠く離れたところにいる人が多く、身近な相手との交際を望んでいる人には向いていません。身近な異性との距離を縮めていきたいと考えている人は、直接やり取りをすることができるツールを活用する必要があります。ひと昔前は、電話番号やメールアドレスを交換しなければ連絡を取り合うことは困難でした。ところがインターネットが発達したことで、lineによってやり取りをすることが容易になっています。このチャンスを逃す手はありません。 気になっている相手がlineを使っているのなら、積極的に交換することが大切です。電話番号やメールアドレスと違い、lineなら交換するのが難しくないといえます。特に恋愛関係を意識せず、気軽に交換する人が多いのです。既に交換しているのに連絡する回数が少ないのは非常にもったいないわけですが、そもそも交換できていない人の場合は早く交換する必要があります。気になる人に対する片思いの気持ちを抱え続けているのは、長期間にわたると苦しいものです。lineであれば、気になる人に明確な告白をすることなしに連絡し合うことができます。少しずつ距離を縮め、最終的に告白できる日を待てばよいのです。 自分としては片思いだと感じていても、本当は相手も自分に気がある可能性も少なくありません。相手の気持ちを探るためにも、lineの交換は急務だといえます。連絡を取り合う関係になっていなければ、お互いの気持ちを確認することも難しいです。異性へのアプローチが得意な人なら短期間で告白するところまで進められますが、lineの交換さえできていないような控えめな人では時間がかかるのが普通です。あまりにも長く時間がかかってしまうと、最初の時点では気になる人がフリーだったとしても、いざ告白しようとする頃には交際相手ができてしまうかもしれません。恋愛はタイミングが重要になるものなので、気になる人ができた段階で積極的に動く必要があります。 単なる友達同士なら気軽にやり取りができても、気になる人になると何を話せばよいか分からなくなってしまう人も多いです。その場合、無理に話題を作ろうとするのは好ましくありません。誰もが気軽に話せるような内容を考え、軽い気持ちで会話をすることが大切です。直接会って話をしたり、電話でのやり取りをしたりするのは互いに負担が大きくなるので、lineでのやり取りがおすすめだといえます。気になる人に自分の思いを打ち明けるのは恥ずかしいものですが、普通の会話・やり取りをするだけなら意外と楽にできます。 気持ちを伝えることが大切であるとはいえ、一気に距離を縮めようとすると失敗しやすいため注意が必要です。lineでのやり取りを続ける中で、相手の気持ちを少しずつ見極めなければなりません。相手が自分に全く興味を持っていない場合、どうすれば振り向いてくれるかを考えます。明らかに片思いだと確信しているのに告白するのは無謀です。距離を縮めてから告白することが成功につながります。”

“lineを使って気になる人にアプローチする方法をご紹介しました。 lineは、恋愛話や向こうの日常生活、予定などを聞き出すときに使えるツールです。 アプローチを成功させるポイントとしては、「返信するときはさりげなく」「相手のテンションに合わせる」「メールは自分からして自分で締める」「伝えるなら短い文章で」「相手との共通点を見つけることを意識する」といったことをご紹介しました。 また、定番の質問についてもいくつか挙げてみたので、「何を聞いたらいいかわからない」というときも迷わず実践できます。 アプローチは、恋の成就の入り口。lineを使って、気になる人にアプローチがうまくいくことを祈っています。”

lineを利用して気になる人にアプローチしよう♪
Rate this post