彼氏ができないのには理由がある!!

“人が異性と親しくなって恋人になりたい、特別な関係になって将来結婚したいと思う欲求は人として自然なことであり、幅広い年代の中で恋愛は永遠のテーマであるとも言われています。好きな人を見つけて恋人になる為には、異性と出逢う機会を増やしたり様々な努力をする必要があります。 彼氏ができないと嘆いていている人を見かける機会は少なくありませんが、彼氏ができない女性にはそれ相応の理由がある事がほとんどなのです。自分を変えて恋人が欲しいと願うのであれば彼氏ができないと嘆く前に、その理由をきちんと分析することが重要になるのです。”

出会いが多そうな場所に顔を出さない

“特に出不精の人に多い彼氏ができない理由なのですが、出会いが多そうな場所に顔を出さなければ、彼氏を作るのも難しいものとなってしまいます。 身の回りに気になる男性がいる、あるいは自分に興味を持ってくれている男性がいるという場合には、彼氏を作るのはそれほど難しいものではなかったりします。 日常生活の範囲で触れ合うことが多い気になる男性がいれば、人間は親しみを持ちやすく仲良くなりやすいためです。 ところが、彼氏ができないという女性はたいてい身の回りにそのような人がいないがために、彼氏ができないわけでそれならば新しい出会いを増やさなければ到底彼氏ができるものではありません。 ある日突然転校生がやってきて恋に落ちたといったような青春ラブストーリーのような展開は現実に起こるものではなく、大学生や社会人ともなれば新しい人がやってくることじたい珍しいことなので、更に可能性が低くなってしまいます。 社会人であれば、自分の恋愛対象となる年齢の相手が職場に入ってこないと行けませんから、尚更可能性としては低くなってしまうことでしょう。 日頃から色々な人と接する機会の多い仕事をしていればチャンスもありますが、常に同じ職場の面々と顔を合わせているというものであれば、彼氏ができないのは無理もありません。 日常生活を送っていて出会いがないのであれば、出会いが多そうな場所に顔を出さなければチャンスは巡ってくるはずもなく、ずっと彼氏ができないままとなってしまいます。 理屈としてわかっていたとしても、重い腰を上げるのは大変なものですし、出会いが多そうな場所に顔を出したからと言って彼氏ができるわけではないとなると、余計に面倒になってしまうのは仕方のないものです。 しかし、何もしなければ彼氏ができる可能性はそれこそゼロですから、少しでも可能性を高めるのであれば、いろいろな場所に足を運んで見るということが大切です。 出不精なので出かけるのが面倒、人見知りだから人の多い場所は苦手と出会いが多そうな場所に顔を出さない理由はいくらもあることでしょうが、有限の時間を無駄にしないためには少し行動を起こしてみることも必要なことになります。 いきなり出会いを求めるのではなくて、少しずつそのような場所に足を運ぶことになれていけば、いつしか素敵な相手とめぐりあうことができますから、彼氏ができないと悩んでいるのであれば徐々に慣らしていきましょう。 出会いの数がなければ、彼氏というのはなかなかできないものです。”

どうせ自分なんてと諦めている

“彼氏ができない理由は様々ですが、諦めてしまっているからできないという人は多いものです。 彼氏は自然とできるものではなく、作るものであり自分から積極的に動かなければできるものではありません。 しかし、自分に自信がない人は、自分を好きになってくれる人などいない、理想の彼氏ができるはずがないのだから、彼氏を作ることを諦めてチャンスを自ら手放してしまっているのです。 特に取り柄もなくてアピールできることがなければ、彼氏ができないと思ってしまうのも無理はないかも知れませんが、決めるのは自分ではなく相手が決めるものです。 積極的に行動をすれば自分では気づかなかった部分を好いてくれる人がいるかも知れませんし、気になる相手に興味を抱かせることもできるかも知れません。 諦めてしまって何もしなければ、彼氏ができるはずもありませんから、彼氏が欲しいのであれば諦めずに行動を起こすべきです。 ときには諦めなければならないこともあるかも知れませんし、無理なこともあります。 それでも彼氏を作ることに成功をした人たちというのは、諦めずに頑張ったからこそ素敵な彼氏と巡りあうことができたのです。 自己評価が高すぎるというのも高望みをしすぎて彼氏ができない理由の一つになってしまいますが、自己評価が低すぎて消極的になってしまうのはもっとよくありません。 自己評価が低いにしても、それに合わせて諦めずに行動さえしていればきっかけはいくらでもあるのに、そこで諦めてしまっては何にもなりません。 頑張っても彼氏ができないとなると気持ちも萎えてしまって、諦める気持ちが湧いてくるというのも無理はない話ですが、実際には諦めるには早い段階でギブアップしてしまう人は多いものです。 本当にできることを最大限に努力したけれども、それが実ることがなかったというケースはごく僅かなものです。 大抵の場合には自ら可能性を閉ざしてしまっているだけに過ぎませんから、自分なんてと諦めている人は一度考え方を改めるようにしましょう。 自分には自分が思っている以上の魅力があったりするものですから、諦めずに行動をすれば好きになってくれる男性は必ず見つかるものです。 諦めたらそこで試合は終了、何事も最後の最後まで結果はわからないものであり、それは恋愛にも同じことが言えます。 諦めるネガティブな考え自体が出会いを遠ざけている部分もありますから、彼氏が欲しいなら諦めずに前向きな気持で行動を起こすことが大切です。”

照れて男性と上手く話せない

恋愛から遠ざかっていたりして彼氏ができない理由の一つとして、男性とうまくお話ができないというものをよく聞きます。確かに緊張して喋れないようでは、なかなかコミュニケーションが取りづらいですし、相手からしても少し距離を感じてしまうものですから、恋愛関係どころか普通の人間関係を築くのも難しいということもあるでしょう。このように緊張してしまう場合、どうしたらそれを解消できるのかについてみていきます。まず何よりも、照れてしまうということは過剰に相手を意識しすぎているということでもあるのです。つまり相手が男性であること、あるいは自分の恋愛対象になるかもしれない、というのを意識しすぎているため、結果として失敗がないよう上手に振る舞わなければ、というプレッシャーでガチガチになってしまい、スマートに振る舞うことができないのです。そのため、まずはこういった思い込みを取り除くということが先決でしょう。男性だからといって全ての人間が恋愛対象になるわけではないですし、失敗なく振る舞える人間が魅力的に映るというわけでもありません。どちらかといえば、男性は少し緊張しがちで初々しい女性を好むものですので、必ずしも照れ屋であるというのはマイナスポイントではないのです。ただし照れていると言っても、分かりやすく顔を赤らめる人もいれば、表情を硬く暗くしてしまう人もいますので、特に後者の場合は問題と言えます。表情を硬くして無愛想に見られると、まるで自分を嫌っているのではないかと男性に思わせてしまいますので、これでは逆効果となるのです。そのためまずは緊張していてもいいから、笑顔を作るということだけを考えるようにするとよいでしょう。実際多少上がっていても、とにかくテンションを高めに保ち、笑顔でフレンドリーに接すると決して悪い印象を与えません。むしろ初々しくて楽しい子だという風に見てもらえることもありますので、緊張しないというよりはテンションを下げないということを意識すると、克服しやすいはずです。また、結局は慣れの問題でもありますので、あまり自分にとって恋愛対象とならない異性とおしゃべりして練習しておくというのも重要でしょう。相手にそのまま言うと傷つくかもしれませんので、何か他の理由をつけてあまり緊張しない異性と喋る機会を設けておくのがベストです。このようにして多少で良いので緊張してしまう癖を直せば、彼氏を作ることに一歩踏み出せます。

あけすけに喋りすぎる

彼氏ができないと悩んでいる女性の中には、特にルックスにも性格にも問題がないのになぜだろうと疑問に思うような人がいます。確かに見た目もさっぱりとしており不美人でもなく、また裏表のない性格であったりするのですが、実はそこに落とし穴が隠れているのです。確かに嘘をついたりする人間は女性として以前に、人としてあまり信用はされないでしょう。男性でも同じことであり、相手に誠実だというのは人間関係の基本になります。正直で素直というのも美徳のひとつですし、特に女性の場合、素直だということはモテる要素の一部ですから、決して悪いことではありません。ところが、言い換えれば何でも喋ってしまう人間というのもやはり厄介なものです。特に女性であれば、全てをあけすけに喋ってしまうというのはかなり問題になります。例えば男性は女性にある程度は幻想を持っているものですから、ムダ毛の処理の話などをあまりストレートに語られても、夢を壊されたと感じてしまうでしょう。それだけではなくメイクの話やあるいはそれ以外でも、話さない方がいいことというのはやはりあるわけです。その辺りの区別がつかずに、何でも思ったままに喋ってしまうと、慎みがなく下品な人だという風に思われてしまい、恋愛から遠ざかってしまうでしょう。その辺りが彼氏ができない理由ということになります。これを改善するというのはそう簡単なことではありませんが、先に述べたように男性が女性に持っている幻想を壊さない、というところだけを押さえておけば、あけすけに喋る癖というのはチャームポイントにもなりうるので、その辺りは理解しておいた方が得です。例えば美容に関することの裏話などは伏せておいた方が夢を壊さないため、これについて話すのを避けた方が良いことになります。逆にそれ以外のポイントについては、普通女性なら隠してしまうところを正直に喋るというのは、必ずしも印象が悪いわけではありませんので、どんどんと明るく喋っていくと良いでしょう。幻想を壊される可能性があるとは言いましたが、恋愛経験が豊富で女性のことをよく知っている年上の男性であれば、そういったあけすけさも笑って受け入れてくれる可能性がありますので、もしどうしてもその癖が治らない場合は年上の男性を狙うというのも選択肢のひとつです。自分自身のその性質をメリットと取るかデメリットと取るかで少々異なってきますが、いずれにせよ正直であるということはプラスにもなりますので、あまり気に病まず活かす方向に頭を使うほうがおすすめです。

友達以上に見られていない

“彼氏ができない理由として考えられるのは、友達以上に見られていない場合です。付き合いが長い場合はその可能性が高いと考えられます。いつもそばにいて、まるで恋人のようになんでも相談してくれ二人っきりになることも多い場合、実際に告白されることがなければ期待は持てません。ただ安心感があり、お母さん的存在になってしまっている可能性もあるのです。いつか告白してくれると待ち望んでいて、自分もすっかり恋人気取りだと思っていても、それは大きな空振りになる可能性が高くなります。恋人のように一緒にいて、ワイワイしている人は本当に男友達と同じような感覚と言えます。ワイワイするには楽しいし、冗談も言い合えるし、気兼ねしなくて楽しめる女性として位置づけられた場合はそれ以上の発展を望めません。妹のように可愛がってくれ、いつでも甘えられる存在の人も友達以上になりません。妹的可愛さ、小動物的可愛さがあるだけで、恋人となるのとは違い、また別の人を選びたいと思った場合は恋人への発展は難しいです。多くの相談をもちかけられて、良きアドバイザーとなっている姉御肌の人も恋愛ではなく友人で終わるタイプです。いつまでもただの年上のお姉さん的存在なだけで、友人以上の関係には考えられません。 本当に好きで恋人になりずっとそばにいて欲しいと望むのであれば、ある程度会った段階で告白します。告白して、自分のものとして束縛したいという気持ちが抑えられないのです。なので告白もなくただずっと仲良しだと、全く異性として見られていない可能性が大になります。友達以上に見られない場合、好きだというアピールが実際に自分からしたことがあるかも重要です。さりげなく間接的に好きだということを伝えないと全く気づかない場合も多々あります。間接的にアプローチしても気づかれないなら、脈が全くない可能性が高いです。もしその男性が好きで仕方ないなら、思い切って告白してしまいましょう。友人としてそばにはいられなくなるかもしれませんが、気持ちがスッキリして次の恋に移ることが大切です。いつまでも待っていても良い結果は出ません。友人として大切な女性として扱われていたことがわかれば残念かもしれませんが、もやもやと考えこむ時間もなくなり落ち着くことができます。悩むくらいなら行動に移したほうが結果的に近道となります。奥手で互いに告白をしていなかったというパターンもあるので、一度決着をつけることも必要です。お互いが前に進み、未来にも変化をもたらすためにも大きな決意をしても良いでしょう。”

彼氏に求める理想が高すぎる

“彼氏ができない理由として多いものが、彼氏に求める理想が高すぎるというものがあります。 誰もが理想の彼氏が欲しいものですし、それを望むのは悪いことではありません。 しかし、現実というものがありますから高望みをしていてはなかなか彼氏ができないものです。 逆の立場で考えてみればわかることですが、明らかに男性としての魅力が不足をしていて、人間的にも魅力を感じない相手から求められた時にそれに応えるかということです。 どこか、良いところがあればそれを認めて好きになることもあるかも知れませんが、それすらもなければ全く見向きもしない事でしょう。 ここまで自分は酷くないと考えることでしょうが、高望みをするということは結局これに近いことなのです。 不釣り合いなカップルというのは少なくありませんが、それは男女の数が多いから少なくないだけであって、全体数からみればごく僅かなものです。 大体は同じぐらいのレベルの相手と付き合うことになりますから、高望みをして上手くいくというケースは多くありません。 絶対的な評価だけで言えば、高望みをしたとしても運よく相手が自分だけを見てくれれば上手くいく可能性はあります。 ところが相対的な評価になってしまうと、レベルの高い相手の周りにはレベルの高いライバルが集まるわけですから、他のライバルとの勝負になってしまうと負けてしまうことになるのです。 理想を追い求めるのは決して悪いことではありませんし、そのために努力をするのであれば報われることもあります。 しかし、努力もしないで理想は高く素敵な彼氏が欲しいというのであれば、彼氏ができないことも致し方ないと言えるでしょう。 理想を追い求めるのであれば、それなりの努力をしなければならず、それもせずに理想だけが高いのであれば彼氏ができるものではありません。 彼氏にするのであれば理想の相手でなければ嫌だと思うこともありますが、そこはある程度の妥協をして現実的な目線で考えてみることも大切です。 意外に妥協をしても自分に釣り合った相手と一緒になってみれば、思いの外一緒にいるのが心地良いということもありますから、理想が高すぎるのであれば、少し贅沢を言っていないか自分を振り返ってみましょう。 理想の彼氏を求めるにしても追い求めるのではなく、上手く自分の理想の相手に出会うことができれば良し、そうでなければある程度妥協をして決めるのも良しと言う考えでいれば、彼氏も作りやすくなります。”

男性との間に壁を作ってしまっている

“彼氏ができない人の特徴として、男性との間に壁を作ってしまっていることが考えられます。理由としては女子校で女子ばかりでいることになれ、男性に対して面識が薄いまま育ってしまったということが多いです。男性を異性として捉え、別枠で考えすぎてしまい、何を話せばいいのかわからなくなってしまっているからです。女子だけでワイワイしていた方が楽な人も多いです。女子会は大好きで定期的にお酒を飲み、みんなで彼氏がいないとぼやくのが楽しみです。趣味に力を入れている人もこのパターンにはまりやすいです。趣味の時間命で、気づくと男性がいなくても大丈夫な自分が出来上がっていたというようなパターンです。気づくと周囲の人には恋人ができ、自分もそろそろ作らなくてはいけない、両親に早く結婚して欲しいと言われる回数が増えたものの、男性への面識が薄くどうすればわからないとい人に多くなります。 男性との間にどうしても壁が出来てしまう人は、まず慣れることから始めるのが大切です。恋人にならなくてもいいので、まずは友人としての異性を探してみましょう。友人を作ることで男女の壁がだんだん薄くなり、気づいた頃には普通に話せるようになります。必要以上に緊張せずに、友人なので気軽に話してみましょう。趣味の話題でも、女子会で飲んだ時に話でも、ドラマや映画の話でもいいのです。まずは会話に慣れることが大切です。 そうして男性との壁を自然に作らなく話せるようになった頃には、気になる男性も現れるかもしれません。そんな時は日頃の練習の成果を活かして、積極的に話し仲良くなりましょう。 壁を作っているとその雰囲気は男性にももちろん伝わるのです。もしかして嫌われているのかもと誤解を招く可能性も高いのでなるべく早めに男性との間に壁を作らない状態に持っていく必要があります。最初は男性が打ち解けようと一生懸命話をしていたとしても壁が厚すぎると、好きだと思われていても途中で疲れてしまい、諦められてしまいます。嫌われている雰囲気の人を振り向かせようと努力するには時間制限があります。なのでまずは自分から壁を作らない努力をし、一生懸命話してくれる男性がいればその人は壁を壊そうと頑張っていると考えても良いでしょう。彼氏ができないと嘆く前に自分の行動を考えてみましょう。どこかで男性が壁を感じて近づきにくくなっている可能性もあります。そんな時は自分でその壁を壊す必要性が出てきます。慣れればすぐに変わる点なので、まずは男性と気さくに話せるように頑張りましょう。”

仕事や学業に打ち込み過ぎている

“魅力的な女性でありながらなかなか彼氏ができないことに悩んでいる人は多いと言われています。そのような人の中にはいろんなことを全力で頑張っているのに彼氏ができないのは自分に魅力がないからではないかと思ってしまっていませんか。それゆえに「もう自分なんて」という気持ちでステキなパートナー探しを諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際に第三者からも魅力あふれる女性であってもなかなか運命の出会いを果たせていない人はたくさんいます。そのため、焦って妥協して不本意と思う相手を付き合うのはおすすめできません。しっかりと良く見極め本当に自分にぴったりな人が現れるまでは焦りすぎずに婚活や恋活を行うのが良いでしょう。仕事や学業、あるいは部活、そのほかの趣味であっても全力で何かをがんばっていればその姿をステキと思ってくれる人は必ずいます。また、さまざまな場に積極的に参加していれば理想と思える人と出会えるチャンスにも恵まれやすくなります。焦りすぎずでもしっかりと自分から積極的に行動するのが良いでしょう。 ただし、この際には一点だけ注意が必要です。そのようないわゆる「できる女子」こそ彼氏ができない状況に陥りがちな最大の理由に仕事や学業に打ち込みすぎているというものがあります。何かに熱中し頑張る姿を魅力的に感じる人は確かに多いことでしょう。しかしあまりにも熱中しすぎてしまうとそこに誰かが入り込む隙はなくなってしまいます。生きている中で使える時間は人類全員共通で1日24時間です。その中であまりにも仕事や学業、あるいは趣味に打ち込みすぎているとそれ以外のものが入る込む余地がなくなってしまいます。確かにそれらに打ち込みその道を究める人生も素晴らしいので必ずしもその生き方が悪いわけではありません。ただしその生き方を貫きすぎてしまうとなかなか良いパートナーと巡り合える機会を逃してしまうかもしれないのです。また、そのような目標を掲げた生き方をしていると一番自分が人生において重きを置いている仕事や学業を共有できるかけがえのない仲間としてのパートナーはできるかもしれませんが、そこに恋愛感情を抱くを隙を自分自身にも、そして相手の人にも持たせることができなくなってしまいがちです。そのため、そのようなタイプの人は生き方は変えずとも周囲に向ける目を変えてみると良いかもしれません。実はすぐ近くにすでに運命の相手がいるかもしれません。”

家庭的ではないことがバレてしまっている

男性は家で女性が待っていてくれると嬉しいものなので、家庭的ではないことは彼氏ができない理由になります。家庭的なところをアピールしても、無意識に理想の彼女や妻のイメージから外れていることをしている可能性はあります。例えばインスタント食品やファストフードをたくさん食べる女性は、家で自炊していないことばバレバレです。手軽に食べられて現代人のライフスタイルにとても合っていますが、栄養バランスを考えずに食事しているのも彼女にしたくないポイントになってしまいます。男性は彼女に美味しい手料理を作ってもらうことに熱い理想を描いており、味覚や料理の腕に不安がありそうな人は候補から外されます。料理ができない雰囲気を出す行動には、SNSに関係するものもあります。毎日のように女子会などで外食している写真をアップするのは男性にはウケが悪いです。友人と楽しくプロの料理を堪能するキラキラ女子よりも、自宅で家庭的な料理を作って食べる方が選ばれます。毎日外食するという金銭感覚も受け入れられません。料理を作らないことで彼氏ができないならば、自炊していることを上手くアピールできれば問題が解決します。美味しくできた手料理を皆におすそ分けしたり、食事に誘われても家で食べると断ったりしましょう。いつも行うと家庭的な女を演じる浅はかさが出るので、たまに実践するのがポイントです。男性は肉じゃがやハンバーグ、カレーといったベタな料理が好きなので、普段家で何を作っているのか聞かれたらこの辺の料理を挙げます。レストランで出るような手の込んだ料理よりも、母親を思い出すような一般的な家庭料理を練習しましょう。SNSも女子会の模様を報告するより、こだわりの皿にきれいに盛り付けた写真をアップすることで料理が趣味のように見られます。写真では味が分からないので、ランチョンマットを敷き美味しそうに見える皿の色や盛りつけ方をするのがコツです。またタバコを吸う女性は吸わない女性より家庭的ではないと判断されます。女性は将来妊娠し子供を育てていくものと考える男性は、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えるタバコを好みません。結婚を考えたい女性にはタバコを吸って欲しくないものです。喫煙しながら結婚願望があるアピールをしても説得力がありません。喫煙男性は喫煙女性でも付き合うだけなら構わないというスタンスの人が多いですが、非喫煙男性を彼氏にするならば禁煙に挑戦しましょう。

サバサバし過ぎていて異性として見られない

“サバサバし過ぎている性格だと、彼氏ができないことが多いので悩んでいる人は自分がそれに当てはまらないか振り返ってみましょう。 サバサバしていて裏表のないはっきりした性格は決して悪いものではありません。 優柔不断な女性よりも何でも、スパッと決めてしまう女性を好む男性は決して少なくないのです。 ところがそれにも限度というのがありますから、サバサバし過ぎていると自分の意見お構いなしに何でも一人で決めることができると思われ、近寄りがたい雰囲気になってしまいます。 サバサバした女性は好きだけれども、サバサバし過ぎていると決断力がありすぎて、自分が引っ張っていこうという気にもなれず、異性として見づらくなってしまうという男性の心理が働くのです。 サバサバした性格は武器にもなり得るものなのに、サバサバし過ぎたがために異性として見られないというのは非常に勿体無いものです。 それだけにこのような女性は、もう少し女性らしい一面をどこかで見せるようにすると彼氏が作りやすくなります。 本来であれば自分で全て決めてしまうようなことを、あえて男性に頼ってみたり、なにかに執着している素振りを見せることによって男性の気を引くことはいくらでも可能です。 サバサバし過ぎていて異性として見られなかった女性が、時に女性らしいところを見せれば効果は抜群ですから、ある意味このようなタイプの女性は、男性を引きつける大きな武器を持っていると言えます。 多くの男性から好まれるような性格ではありませんから、サバサバしていると言うだけで彼氏ができない理由の一つになってしまいがちではありますが、それだけであれば好みの問題であるだけに好いてくれる男性もいくらでもいるものです。 それが行き過ぎてマイナスになっている部分があるので、性格を完全に変えてしまうというのは難しいものですが、サバサバし過ぎない程度に自分の日頃の態度を振り返ってみることは彼氏を作る上でとても大切なことになります。 サバサバし過ぎている性格が理由で異性として見られないと思うと、それも仕方ないかとあっさり割り切ってしまったりするものですが、そこだけは少し考え直して多少女性らしいところも見せるところを意識してみましょう。 たったそれだけのことで、今まで異性として見られなかった相手の意外な一面を目にして惹かれてしまったという男性もでてきます。 ほんのちょっとしたことで出会いのチャンスというのは生まれてくるのです。”

彼氏が欲しい雰囲気が周りに伝わっている

“彼氏ができない理由の一つに彼氏が欲しい雰囲気が周りに伝わっている事が考えられます。これはネガティブな雰囲気に見える事があるので注意をしなければいけないという事です。誇張して言うと、彼氏が欲しい彼氏が欲しいというように言って回っているような状態になっているので、かえって彼氏を出来にくくしているという事です。 ある程度の隙を見せてあげるという事は大切なのですが、それが隙ではなくてネガティブ要素となってしまうところまでいくともう意味がありません。男性も出来ればよい女性と付き合いたいというように考えているわけですから、その選択が無意味なぐらいになってしまっては意味が無いという事です。 ネガティブなところがあるという事は大きな問題では無いのですが、そこから大きな欠陥のような事がイメージされるということになると、男性も近寄ってくる事はありません。分かりやすい例では女性芸人で女性を捨ててまで芸をしているような方はなかなかモテないという事があるのと同じです。別に仕事でそのような事をしているという事は分かりますが、既にもうネガティブなイメージが出来てしまうので、そこからプラスの良い事を想像することが出来ないという事になります。彼氏彼女になるというのはそれが楽しいからそうなるわけで、義務でも権利でも無いわけですから、その人と付き合って良いイメージを持つことが出来るという事が最低条件だと考えたほうが良いでしょう。 男性はそれほど選り好みをするという事はありませんが、楽しいイメージが出来ない人に対して積極的になるという事はありません。自分の遺伝子を残したいという本能もありますが、それ以上に楽しくない、一緒にはいたくないという事を考えるようになるからです。彼氏彼女になるという事はある程度の時間を共に過ごすという事ですから、その時に嬉しいと感じられることが無い気がする人にはそう簡単にアタックするという事は無いわけです。他に選択肢が無いという状態であれば、そのような事もあるかもしれませんが、他にいくらでも選択肢がある状態でわざわざネガティブな雰囲気を出している人に対してアプローチするような事はまずないのです。 ですから、彼氏が欲しいという雰囲気が良くないというよりは、その雰囲気が漏れて隠すことが出来ないぐらいの大きな事になっている事が、より悪いイメージを拡大させることになってしまうわけです。男性は極めて想像力が豊かだと考えた方がいいでしょう。”

色々な男性と親しくし過ぎる

彼氏ができないのにはそれなりの理由がありますが、色々な男性と親しくし過ぎているというのもその一つです。心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。色々な男性と親しくし過ぎていることで生じるデメリットとしては、恋愛経験が豊富で常に男性がいないと気が済まない遊んでいる女性であるというイメージを抱かれてしまう、常に周りに男性がいるので自分が付け入る隙がないという気持ちを抱かせて諦めさせてしまう、付き合ったとしても周りに男性が多いので浮気されてしまうのではないかという不安感や不信感や警戒心や疑念を抱かせてしまう、色々な男性と仲良くしているという情報が流れることで根拠のない噂を広められたり悪口を言われたり悪いイメージが抱かれたりするリスクがある、一緒にいる男性のルックスが良かったりスペックが高かったりすることで周りの男性が劣等感を抱いてしまう、普段から色々な男性と過ごしていることで男性に対する理想や期待値が高くなり過ぎているなどがあります。これらのデメリットが彼氏ができないという理由に繋がってしまうということをしっかりと理解しておきましょう。色々な男性と親しくすることは決して悪いことではありません。しかし、それが彼氏ができない一因になっているとすれば何か対策を講じる必要があります。積極的に行うべき具体的な対策方法についてですが、彼氏ができるまでは色々な男性と仲良くするのを止めてみる、男勝りな性格でサバサバしていて男女の友情は成立するという考えの持ち主であるということを積極的にアピールする、普段から親しくしている男性に自分のイメージを聞いてみて自分を客観視してみる、自分が日頃から色々な男性と親しくしている理由について考えてみる、周りの親しい男性一人一人を思い浮かべてみてその中に自分が気になっている人がいれば思い切ってその人にアプローチしてみるなどがあります。色々な男性と親しくし過ぎていることが彼氏ができない原因の全てではないかもしれませんので、それをカバーするために他のことを努力してみるという方法もおすすめです。外見を磨くためにスキンケアやダイエットやヘアケア、筋トレや有酸素運動を頑張ってみる、男性ウケするファッションや髪型に変えて万人受けを狙う、積極的に色々な人と会話をしてコミュニケーション能力をアップさせる、仕事を頑張ったり勉強をしてスキルアップをさせたりして内面を磨くなどの努力も積極的に行ってみましょう。

気の強さが出てしまっている

“彼氏ができない理由の一つには、気の強さが出てしまっているという事があるのかもしれません。別に気の強い人が嫌われるという事になっているわけではありませんが、気の強い女性は嫌われやすい傾向はあると考えた方が良いかもしれません。というのは、気の強いというのはそれだけで告白しても拒絶されるという事をイメージするという事になってしまうからです。男性は可能性があれば挑戦するという事はしますが可能性が感じられないとなれば、それに挑戦することはありません。何故なら効率が極めて悪くなってしまうからです。別にその人でなければならないというわけでは無い事は知っていますから、気の強い人にアタックしてボロボロにされるという事を選択する必要はありません。 女性からすると意気地なしというように感じるかもしれませんが、これは男性の本能の感じるところでもあるので、気が強いという事は拒絶される可能性が強いというように結びつけてしまうところがありますから、それでもう恋愛感情が無くなってしまうという事にもなるわけです。 この事は、優しくて気の利く人がモテるという事を考えればわかるでしょう。この気の強さが出てきてしまうと、如何に気が利く人でも怒ると怖いというイメージが出てくるようになり、そのような人は恋愛対象から外されるという事にもなってしまうわけです。勿論、気の強さが気にならないという人はいますから、そのような人は恋愛対象として考える事が出来るので、そのような人とは付き合いをすることも出来るですが、そのような男性は少ないですから、彼氏ができにくい状態になってしまうという事は否めません。 男性は本能のところで自分が強いという事を見せることで、自分の存在価値を認めてもらって、それで子孫を残すという事を本能で義務付けられていますから、それを気の強い女性が出てきて男性の立場を無くしてしまうような事をするということになれば、これはもう男性としてはたまらないという事になってしまいます。恋愛対象にならないのも当然でしょう。勿論、気の強い女性でも男性を立ててくれる人はいくらでもいて、理由が無い限りは別に男性をへこますようなことはしないという人がほとんどなのでしょうが、男性は極めてイメージで物事を考えてしまうものなので、少しでも自分の存在価値を否定するような事が考えられるような人には近づかないという事を選択するようになっているのです。”

整理が下手で部屋が汚い

彼氏ができない理由の一つが、整理が下手で部屋が汚いことです。大勢の若いの男性を対象としたあるアンケートでは、部屋が汚い女性と付き合えるかどうかという質問に対しておよそ70%もの人がいいえと答えていました。そのことにもよく表れているように、整理が下手で部屋が汚い女性は男性から恋愛対象にしたくないと思われる恐れが大きいのです。そう思われてしまう大きな理由としてまず挙げられるのは、整理が下手で部屋が汚い女性は何に対してもだらしないというイメージがあることです。もちろん、自分にとって最もプライベートな場所で、基本的には人目に付くことがない部屋の中だけが汚くて、それ以外の部分はきちんとしている女性も中にはいるでしょう。しかし、例えば仕事場の机の上に物があふれていたり、外出時に使うカバンの中がぐちゃぐちゃで食べかけのお菓子が入っていたりといったように、整理が下手な人には自分の部屋以外の部分にもその欠点が分かりやすく表れることが多いため、そういったイメージを持たれるのも仕方がないものと思われます。だらしない女性と関わっているとそういった嫌な部分を目にすることが多くなるので、当初は好意を抱いていた男性でも心が離れてしまうことは珍しくありません。さらに、そのようにだらしない部分が周囲の人たちに目立ちやすい女性と付き合っていると、自分も恥ずかしい思いをする恐れが大きいことも、多くの男性が敬遠する理由です。また、最近の男性は几帳面で綺麗好きな人が多く、中には潔癖症であることを公言するような人までいます。そういった男性には清潔感のない女性のことを毛嫌いする人が少なくないので、好きになってくれる男性の幅が狭まってしまうということも彼氏ができない理由となります。そのような男性に部屋が汚いことが知られると、自分の着る洋服や下着をあまりきれいに洗濯しなかったり、何日もお風呂に入らなくても平気だったり、料理をする前に手をよく洗わなかったりといったように、不潔なイメージを持たれやすいのです。男性の中には交際する相手と将来結婚する可能性があると思って、家庭的であることを彼女の条件として求める人がいるとことも、整理が下手で部屋が汚いと彼氏が出来ない理由の一つです。結婚したらひとつ屋根の下で暮らすことになるので、女性の方が整理ができずに家の中を汚くしてしまうことを想像すると、一生大変な思いをさせられる心配が生じます。そう考えると、整理が下手で部屋が汚い女性には、結婚を意識して交際を始めるような誠実な男性と出会えても、彼氏にできないという残念な結果を招く恐れがあるのです。

ぶりっ子し過ぎて周りが引いている

“彼氏を作るために積極的に活動していても、なかなかパートナーが見つからない女性は珍しくないと言われています。 交流する機会を増やしてもぶりっ子のし過ぎで彼氏ができないことがあります。 もし、アプローチしても良い結果にならないなら、彼氏ができない理由を考えるといいかもしれません。 自分では魅力的に感じる行動でも、男性から見ると別の感想を抱くこともあるので気をつけた方がいいです。 スムーズに恋人を見つけるためにも彼氏ができない理由をチェックして、パートナーができやすいポイントをおさえるようにします。 さまざまな男性と接する機会があっても良い反応が返ってこないときは、相手へのアピール方法を見直すといいです。 人によって態度を変えると本人が知らない間に評判が広がることが多いので、できるだけ公平に接するようにした方がいいかもしれません。 感情表現が豊かな女性は魅力的に思われることもありますが、感情が安定していないと交際まで進展しないことがあります。 そのため、落ち着いている状態と感情を出す場面を意識するといいです。 似たような態度が続くとメリハリがなく男性側も慣れてしまうため、ギャップを作るようにした方がいいかもしれません。 真剣な表情が多いほど感情が表に出たときのギャップが大きくなるので、気になる男性にアピールできることが多いと言われています。 周りに男性が少ないと出会いが減ってしまい、魅力的な女性でも彼氏ができないことが珍しくないです。 普段から接する男性の数が少ないと感じているなら、いろいろな人と接することができる場所に参加するようにします。 出会いの数が豊富な方が結果を出せることが多いので、早く彼氏がほしい女性ほど活動場所を変えるといいです。 似たような場所で彼氏探しをしていると同じような行動が増え、周りにインパクトを与えられないことが珍しくありません。 効率的に恋人を作りたいなら初めて会ったときの印象を活かすことを考えます。 初対面のときは興味を持たれることが少なくないため、普段行動しないところにも積極的に顔を出すといいです。 新しい環境で彼氏を探していると出会いが増え、自然と結果が出ることがあります。 知り合った人から男性を紹介してもらえることもあるため、男性との出会いが少ない場所でも知り合いを増やすといいかもしれません。 ぶりっ子のし過ぎで彼氏ができない女性は、落ち着いた接し方を覚えて恋人を作ることを考えるといいです。”

酒癖が悪く誰かれ構わず絡み出す

彼氏ができない理由に酒癖の悪さがあります。酔いが回ると周りの人に絡み出し、説教をしたりベタベタ身体的な接触を図ったりします。男性は女性は清楚でお淑やかという理想を抱いており、酒癖が悪いところを見ると幻滅です。彼女がこのような恥ずかしい姿を晒しているとは考えたくないので、見た目がタイプでも無理なタイプに分類します。酒癖は精神的に不安定な時に悪くなりやすいです。お酒は内側に秘めたものを開放的にする作用があり、ストレスやネガティブな感情で体が窮屈になっている時は悪い感情が爆発します。お酒を飲んで明るくなる人と違い負の感情に支配されるので、愚痴をこぼしたり人が嫌がっているのに自分のやりたいことを押し通します。ストレスや疲れが溜まっている日はあまり飲みすぎないようにします。甘くて飲みやすいカクテルはアルコール度数が高く、少し飲んだだけも酔っ払うので注意しましょう。また酒癖の悪さは遺伝することが最近分かってきました。家族や親族にお酒を飲ませると面倒くさくなる人がいる場合、自分もその人と同じ状態になっています。遺伝子レベルで改善することは難しいので、元々酒癖が悪くなりやすい人はお酒の向き合い方をもっと真剣に考えます。普段は楽しく飲めて人に迷惑をかけないのに、急に酒癖が悪くなったという場合は精神的なものが要因となっている可能性が高く病院で治療を受けましょう。カウンセリングを受け、自分を抑圧しているものを探ります。日常生活ではぐっと抑え込むことができてもお酒の力で緊張が解け酒癖の悪さとなって現れています。心に悪影響を与える要因を排除することは健全な精神のために不可欠なことなので、酒癖が治す以外の効果も期待できます。賑やかな飲み会では飲み物の減りが良くない人にお酒を勧めることがあります。お酒に飲まれたくないからと断るのが一番ですが、空気を悪くしてしまうことが不安です。周りの飲酒スペースが速い場合、ノンアルコールを注文して飲酒量を減らしましょう。ノンアルコールならば見た目はお酒なので、たくさん飲むように促されることはありません。途中からジュースに切り替えるより自然に注文できます。何回か飲んだことのあるメンツならば、お酒の強さがある程度分かります。お酒に弱い人を自分の周りに固めるとペースが上がるのを防げます。一度お酒で失敗すると飲み会で肩身の狭い立場となりますが、節度を持って飲めるようになったら名誉挽回できます。

常にジョークが通じない

“彼氏ができない理由にジョークが通じない、冗談を言っても通じないことが挙げられます。ジョークが大好きな人からすればコミュニケーションの1つとして用いているため、どんどん投げかけ、相手からのも受け止めようとします。ところが、ジョークが通じないとコミュニケーションが全く成立せず、場合によってはケンカになることも珍しくなく、気分を害して関係が冷えることも珍しくありません。ちょっとしたジョークすら通じない女性に対し、男性からすれば面倒な女と思います。女性からすれば、それなりの理由があるものの、多少は改善しておきたい部分です。 ジョークが通じない人はどこかマジメな人が多いです。ジョークを言うことそのものにプラスの感情を持ち合わせておらず、信用できないとか軽いなどと思ってしまいがちです。その一方でなぜそんなにもジョークが言えるものかとその発想に理解できない部分があるのも事実です。言われた言葉を額面通りに受け取ってしまう人もここに該当するなど、ストレートに受け取ってしまうのも特徴です。もし彼氏ができたとしても、彼氏の一言などに異様な反応を示し、揚げ足を取るようなことをよくしてしまって、怒らせてしまうことにもつながり、なんとかしないといけません。 マジメな人はまだいいものの、同じ通じないでもその意味すらわからない天然系ではかなり苦労します。天然系は存在そのもの、行動そのものがジョークのような部分があり、相手としては冗談を言っている場合ではないと思わされ、ある意味でジョークが通じないことを嘆く人も出てきます。よく気が立っている人も冗談は通じません。ジョークが通じるのは余裕の表れであり、それがないからこそ気が立ってしまうというわけです。マジメや天然、気が立っているなど様々な要素がジョークを受け付けない環境をもたらしていることがわかります。 もし冗談が理解できるように自分で努力をするのであれば、相手の顔をよく見ておく必要があります。SNSなどで誤解が多いのは言葉の意味だけで判断をしようとし、結果的に誤解を生じさせます。ところが、直接ジョークを聞く時は言っている側が笑いながら、微笑みながら言っているケースや明らかにそれはウソであるというのが相手もわかっていると判断して言っているケースです。例えば、こんないい結果が出るなんて槍でも降るのではないかという冗談がありますが、真剣な顔でそんなことを言う人はいません。それがジョークかを判断する際によく顔を見ることは大事です。 もちろん相手のそれをすべて受け止める必要がないのも事実です。もし言っている側が、この人はジョークが通じないからやめておこうと思ってくれればそもそもそんなことが障壁になりえないです。そのあたりを理解しない人とは付き合わないとあえて強気に出ることも必要です。今まで積み重ねてきたものがあって、それを壊すのは本当に大変です。それならば無理をしないという選択肢もあります。 男性の中でもジョークが通じない人はおり、そうした人とは波長が合うはずです。彼氏ができない最大の決め手になる可能性は少なく、むしろ同じような性質の人と付き合うことでマジメな恋愛につながるかもしれないので、そのあたりをうまく活用したいところです。”

“これまで見てきたように彼氏ができない女性にはそれ相応の理由がある事がほとんどであり、恋人を本気で見つけたいと考えるのであればそれらの理由を改善していくことが大切になります。自分自身の日々の行動や考え方、ライフスタイルや意識を変えていくことは、これまでの自分自身の価値観や考え方を変える事でもあり勇気が必要でもあります。 しかしながら勇気を持ってはじめの一歩を踏み出すことによって、自分自身を変えていくことは誰でも可能です。彼氏ができないと嘆いて日々を過ごしていくのではなく、自分自身の魅力を磨いていくための努力をする事が大切になります。”

彼氏ができないのには理由がある!!
Rate this post