一人で行くと相席になることが多い居酒屋で出会いはあるのか?

“相席居酒屋は、合コンなどに参加するのと違って事前になんの準備もいらず、一人でフラリと入って気軽に一緒にお酒を飲む相手が探せるのが良いところです。 社交的でお酒の好きな人であれば、利用しやすいところです。 女性の場合、通常無料でお酒を飲むことができます。 支払う料金については、行くところによってさまざまですから事前に調べておいてください。 男性の場合はそれなりにお金がかかりますが、自分の好きなお酒を飲むことができ、お酒の種類も豊富です。 酒のつまみもそろっているところであれば、楽しめるのではないでしょうか。 ”

出会いを求めて一人で居酒屋へ行く女性もいる!?

“お酒を飲む時によく利用されるのは居酒屋ですが、行く際は誰と行くでしょうか。 男性でも一人で行く事は、それがしやすい立ち飲み屋などならあるでしょう。 しかし男性でも一人で居酒屋に行く事は少ないでしょうが、女性で出会いを希望して一人で居酒屋に行く事はあるのでしょうか。 一人焼肉と言う言葉あり、現在は浸透してきていますが、それは出会いではなく食事が目的です。 企業や雑誌が行っているアンケートでは、一人ご飯に興味を持っている女性は多いです。 しかし居酒屋は少ないと思いきや、半数以上の方が興味を持っているのです。 居酒屋は大人の席なので、かっこいい事やお酒を楽しんでいるというイメージがあり、実際には行っていない方も含めると80%以上の方は興味を持っています。 居酒屋に行く興味はあれども、それが出会い目的かと言えば少なくなります。 相席をして見知らぬ異性と出会うシチュエーションはありと考える女性は多いですが、実際にそれを目的にしている方は少数になります。 居酒屋に行く目的は一人で楽しみたいと言う方が大多数という結果になっています。 この結果は一般的な居酒屋であり、雰囲気の良い居酒屋では変わります。 バーなどでは一人で利用する女性は多く、出会いを目的にしている場合もあります。 一人飲みをしている女性のアンケートデータでは、声をかけてほしかったり出会いたいと思っている女性は10%未満という結果になっています。 一番多い20代でも7%程になるので、出会いを求めて来ている方はいないわけではありませんが、少ないのが現実です。 男性のイメージとは違う目的を持って利用されているので、声をかけても成功率は少ないでしょう。 二人で来ている場合の方が成功率は上がるデータが多く、一人で見知らぬ男性と飲むという事には逆に警戒心が働く結果になっています。 一人で行くと相席になる可能性は確かに高くなりますが、断る方の方が多いのが実情です。 以上の事から、出会いを求めて一人で居酒屋に行く女性はほとんどいない事になります。 反対に男性へのアンケートデータでも、女性と同じく目的はお酒や雰囲気を楽しむ事なので、異性から声をかけてほしいと思っている方は少ないです。 男性でも少ないのに女性が高い事はほぼありません。 こういう場で出会いたい場合は、相席屋に行く方が良いでしょう。 相席屋ではお酒を楽しみながら異性と必ず相席になれます。 目的は出会いなので成功率も違います。 ”

一人で行った時のメリット・デメリット

“出会いを求めて相席などになりやすい居酒屋に、一人で行くというのも確かに良い手段です。 お酒の入る場所では異性同士でも簡単に仲良くなりやすいですし、そもそも居酒屋やバーなどにくる男性や女性というのは少なからず出会いを求めていると考えて良いでしょう。 それだけではなく合コンなどと違って、自分のタイミングで退席したり声をかけたりということも可能なので、能動的に動ける人間にとってはとてもやりやすい出会いの場です。 とはいえ一人で居酒屋に行くことにはメリットとデメリット両方がありますので、この点について確認していきましょう。 まず最初に一人で行くということはなかなかグループで来ている相手に声をかけづらいということがあります。 よほどの話術を持っている人間でも、やはり異性を二人以上相手にして楽しませるというのはなかなか難しいものですし、相手のグループにしても牽制しあってなかなか本音を話さないかもしれないので、やはり一人で来ている相手にしか声をかけられないというのは難点です。 またあまりしゃべりが得意でない人間にとっては一人で行くというのは非常に心細いものですので、そういった場合には誰かと連れ立って言った方が良いでしょう。 二人以上で行けばダメだった場合にも切り替えが早く行えますが、一人で話しかけて断られた場合はなかなか切り替えが難しいものになります。 声かけに慣れていない人間にはややデメリットだと言えるでしょう。 もちろんデメリットだけではなく、メリットも数多く存在します。 何よりも一人で行くということは完全に自分のペースで動けるということです。 お酒を飲むのも飲まないのも自分のペースで行いますし、誰に声をかけるかということも二人以上でいれば意見が分かれる可能性がありますが、それについても心配はありません。 また一人で来ている相手には二人以上で声をかけると特にこちらが男性の場合警戒されてしまうこともありますので、この場合は利点になります。 男同士、女同士で動いているとどうしてもお互い牽制しあったりしてしまうものですが、一対一であればそういった心配はないため自分の素を出しながらおしゃべりすることもできるでしょう。 もしその場にあまり気に入った相手がいない場合はすぐに他の店に移動するということもできますので、時間やお金の無駄遣いがないというのも一人で動くことのメリットの一つです。 何より異性に話しかけることで度胸や話術が磨かれるというのが非常に大きいでしょう。 このように一人で居酒屋に行くというのも決して悪くない選択肢なのです。 ”

相席にならなくても居酒屋だと隣のテーブルとは近い!

“好きな人を見つけたいけれど、出会いがないというときは居酒屋に行くことをおすすめします。 いくつかの居酒屋では、相席を行うサービスを行っていますが、もしそのようなサービスがなくても大丈夫です。 居酒屋は高級レストランと違って、アットホームな雰囲気を出すことに重きを置いています。 レストランでは席が離れているので、隣に座っているお客さんの会話をきくことができないくらい、プライバシー性が保たれています。 しかし居酒屋ではお酒を飲むと、みんなで騒ぎたいという人が多いので、元々隣とのテーブルがそれほど広くなっていないという特徴があります。 もちろん別のお客さんともめることがないように、完全にくっついているわけではありませんが、距離は近いといえます。 そして居酒屋では男女の出会いを作るために、相席サービスを提供しているところも増えていて、それが人気になっています。 どこに座るのかは店側の采配によりますが、男女の組み合わせでセッティングしてくれるので、そこから出会いが生まれることが多いです。 そして一般的な居酒屋でも、夕食時は特に込み合っていますから、一人で来店すると相席でも良いですかと聞かれることがあります。 居酒屋を訪れる多くのお客さんは、一人で飲むことも楽しいですが、大勢と騒いで飲むことが好きな人が多いです。 そのため相席を申し出られると、ほとんどの人が了承するといえます。 相席をしたと気、最初は一人で飲んでいても、次第にお酒が入ってくると隣の人と話をしてみたくなったり、逆に話しかけてもらえることもあります。 お酒が入ることでガードが緩んで、知りあいでも知り合いではなくても、みんな仲間のような気持ちになって盛り上がることができるからです。 また相席にならなくても、居酒屋の席は離れていませんから、隣の席の人と自然と話ができるようになることもあります。 だから一人でお酒を飲むのは寂しいと感じたり、どこかに良い出会いがないだろうかと考えたときは、居酒屋を訪れるという方法があります。 お酒が入っているので、普段とは少し明るい性格になったり話上手になっている人も多いですが、実際に顔を合わせて話をすることによって本質を知ることができます。 居酒屋を訪れる多くの人はお酒好きな人が多いので、そこで相席をして知り合った人と仲良くなったら、酒好きという共通点が生まれるかもしれません。 同じものが好きな人は、他の部分でも合う要素が多いので、良いご縁になることが期待できます。 ”

まずは居酒屋へ一人で行ってみよう!

“出会い系サイトなどを利用せず、身近な場所で出会うチャンスをつかみたいのであれば、まずは一人で居酒屋に行ってみましょう。 普段お酒は家で飲むという人や飲み会や友人たちと食事するとき以外は居酒屋を利用しないという人も多いかもしれません。 一人で利用したことがなければ、お店に入るまでに勇気が必要ですが、意外とおひとり様は多いので安心して良いと言えます。 一人で行く勇気がなかなか出ないという人は次のようなお店を選ぶと良いでしょう。 まずはカウンター席が設けられている居酒屋です。 なかにはカウンター席がなく、テーブルのみのお店もあります。 そういったお店に一人で行くと、混雑し始めたときに自分だけでテーブルを使って申し訳ないという気持ちになりやすいです。 カウンターの席であれば混雑していてもひとり分の席しか利用していないので、肩身が狭い思いをせずに済みます。 またカウンター席に座ることで、隣に座った女性と仲良くなれる可能性が生まれます。 出会いを求めることが少ない人にとって、気になる相手が座っているテーブルに相席することはかなりハードルが高いです。 自分から行動しなくても相席の可能性が生まれるカウンターが最もおすすめだと言えます。 次におすすめなのがテーブル同士の間に仕切りがない、開放的なつくりとなっている居酒屋です。 一人で来店した場合であっても、カウンター席が埋まっていればテーブルに通される可能性があります。 また店内が混雑していなかったとしても店員さんの計らいで広く利用出来るテーブルに案内される場合もあるのです。 そんなとき仕切りがあるテーブルでは相席が叶いません。 仕切りがなく隣と近いテーブルであれば、隣の席に気になる相手が座った時に話しかけるチャンスが生まれるのです。 ただし個室の居酒屋は選ばないようにしましょう。 個室の場合はもし席が埋まっていたとしても相席を頼まれることはないと言えます。 特に男性と女性を相席にして何かトラブルがあればお店の責任となってしまうので、お店から相席を頼まれることはほぼゼロと言って良いでしょう。 出会いを求めて居酒屋へ行くのであればカウンター席がある、もしくは個室ではない開放されたテーブル席がある居酒屋を選ぶ必要があるのです。 居酒屋に一人で行く勇気が出ないという人は、こういった点に気を付けてお店を探すと相席になったり話しかけるまでのハードルが下がります。 出会いが欲しいという人は一人で居酒屋にチャレンジしてみましょう。 ”

女性(または男性)の多い居酒屋を探す

“相席居酒屋で良い出会いを見つけていくために、ポイントとなってくるのがその店の特徴、サービス内容です。 一人で来店するというのであれば猶の事、雰囲気の良いお店でないと不安が募ってしまいます。 ある程度雰囲気の良いお店、一人でも気軽に来店できるお店であればその日だけでなく、別の日も何度かチャレンジすることも可能です。 店さがしの際にはまず、女性、または男性の多い居酒屋をさがしていくことが大切になっていきます。 異性の数が多ければ多いほど、出会いの数は多くなっていきますし、そこからデートや交際に発展する可能性もアップしていきます。 こうした店を利用したからといって絶対に恋人ができる、友達ができるというわけではありませんが、出会いの数は多いに越したことはありません。 同性が極端に多いお店であれば、一人で来店しても思うように出会いを作ることができませんし男性の場合にはお金の無駄になってしまう恐れもあります。 こうした相席居酒屋は男性が料金を支払って、女性が無料というケースが大半です。 女性であれば多少時間がかかっても意中の男性と出会うことが出来れば問題はありませんが、男性の場合は時間がかかればかかるほどお金もかかってくることになるので注意が必要です。 できるだけ異性の多い、人気のお店を事前に調べておくと、実際の来店時にもスムーズにことが進んでいきます。 お店の情報を事前にチェックしていくためにはまず、インターネット上の情報に目を通していくのがおすすめです。 各店舗の紹介ページは勿論ですが、ランキングや口コミサイトをチェックしていくと、前もってその店の内情をある程度把握していく事ができます。 相席居酒屋は実際にその店舗を利用してみないことにはその良し悪しを判断することはできません。 とは言え、何も知らない所から自分の好きなお店、一人でも利用しやすいお店をさがしていくためにはこうした客観的な意見を参考にしていくことが大切になっていきます。 良い意見が多いお店、評判のいいお店であれば初めての利用であっても安心できます。 逆に悪い意見が多いところ、評価の低いところは最初の段階で避けるのが無難です。 インターネット上の情報ばかりに流されてしまうのも時には危険ですが、初めてのお店に一人で来店する時にはこうした下調べは徹底しておきましょう。 たったこれだけの事でも、男性、もしくは女性のより多い相席居酒屋を探すことができますし、手っ取り早くデートの相手、交際相手を見つけていくことが可能です。 ”

きちんとした身なりで行く

“相席になることが多い居酒屋では出会いを期待することも出来ます。 一人で行けば当然相席になる可能性は高いですから、その時にはきちんとした身なりで行くという事を考えましょう。 まずは身なりで人は判断するという事がありますし、初対面となれば、それしか判断材料はありませんから、まずは此処で大きくイメージが変わってくる事になります。 場合によっては此処で心のシャッターが降りてしまうという事もありますから、この身なりは大切なのです。 誰でも経験があると思われますが、ちゃんとした人なのかどうかの大部分はここで判断されるという事があります。 特に居酒屋のような所ではそれが顕著になると考えて良いでしょう。 出会いがあるのかどうかという事については、男女が出会う可能性があれば、そこは全て可能性のあるところということになりますから、その可能性の高さについて考えるのであれば、居酒屋は高いといって良いでしょう。 だからこそ身なりを整える必要もあるわけです。 お酒を飲むと人は理性が働きにくくなるという事がありますから、そうした事を考えても出会いの場としては可能性が高くなるわけですし、イメージとして居酒屋は楽しく過ごすことが出来るという事もありますから、ここから出会いが始まるのは当然よくあると考えて良いでしょう。 会話という極めて効率的な情報交換が出来るという事も大きな意味があって、これが出来る事によって親近感がわくようにもなります。 人はどうやって相手を知るのかというと、ほとんどが会話によって知る事になるでしょうから、それが出来る場所というのは極めて出会いの場として優れているという事になります。 話題もまず居酒屋では途切れる事は少ないでしょう。 何故なら食べ物という極めて話題性の多いものがあるので、これについて話しているだけでも十分に場を持たせることが出来ます。 それに加えて食べるという事をしているので、本能が満足感を覚えているという事があります。 人の感覚というのは極めて曖昧なモノで不正確だといわれていて、その満足感が何処から来ているのかという事をいとも簡単に勘違いすることが出来るのです。 よく男性が告白するのであれば、橋の上が良いというような事がいわれたりしますが、橋が揺れることで感じる不安感のような興奮を恋の興奮と勘違いするというような事が言われたりもしますが、居酒屋の場合は飲食による満足感を恋とも勘違いするとも言われているので、ここでの出会いは実はかなり有効的でもあります。 ”

一人での入店は時には断られることがある?

“相席になることが多い居酒屋では、一人での入店でも断られることはまず無いでしょう。 だからこその相席でもありますから、そのような失礼な事はまずすることは日本では考えられません。 その場合はまず入口の扉にお一人様は入店できません、というようなお断りの文句があるはずです。 が、そのような事をするところはまずないはずです。 一人でも快く利用することが出来るようにするというのが、お店の腕の見せ所でもあり、そこから人気に火が付くというような事も考えられるわけですから、一人だからといって扱いを変えるというような事はまずしないと考えて良いでしょう。 一人だとなかなか入店できないという人もいますが、お店としては利用してくれるのであれば別に何人でも問題は無いわけで、少ない分には特に問題になる事は無いはずです。 お店の運営方針として、何人かの方が有難いというような事を考えている所はあったとしても、それはあくまで理想を考えればというだけの事であって、その理想道理にならないという事はアルバイトも含めて全ての人が理解していると考えて良いでしょう。 お客さんの人数によって入店出来たり、出来なかったりするというような事はまず無いのが今の状況となるはずです。 ただし、このような居酒屋は店主の考え方でいつでもやり方を変えることが出来るという事がありますから、いきなり考え方を変えてお一人様は駄目というような事を言い出すことがあるところが出てくる事になる可能性はありますが、それはサービスというものに対して考えが誤った方向に行っていますから、そのようなところがあれば逆に利用しないで良かったぐらいに考えていいはすです。 こうした場所を一人で利用するという事は今の時代では当然考えられることですし、一人の方が何かと自由に出来ていいという事で敢えてそうしているという人もいるでしょう。 どうしても一緒に来る人がいなくてというような事では無く、自らそうしている人も少なくは無いわけで、そうした人の利用を無くしてしまうという事にもなってしまいます。 お店の人気というのは、そうした個々のお客様に対するケアが如実に表れるということになりますから、二人だと大歓迎で一人は入店拒否というような事はまず考えられません。 また、入店が出来ても対応が悪くなるというような心配も無用で、どんなお客様であってもその時に出来る最高のサービスをするのは当たり前の事ですから、特に気にすることはありません。 ”

あちこちキョロキョロせずに落ち着いた大人の雰囲気を演出する

“居酒屋で一人で飲む場合、あちこちキョロキョロするのは禁物です。 子供っぽい印象を与え、居酒屋に慣れていない雰囲気が出てしまいます。 スマホを見ながら飲むのも良くありません。 一人の世界を満喫している雰囲気が大きくなってしまいます。 居酒屋では落ちついた大人の雰囲気を演出する必要があります。 そのためには、ゆったりとお酒と料理を楽しむことです。 料理を少しずつ味わいながら、お酒を少しずつ上品に飲みましょう。 少しため息をつくのもおすすめです。 落ち着いて考え事をしているように見せることも大切です。 そうすることで周囲の人に、何かあったのかな?何を考えているのかな?などと想像させることが大切なのです。 声をかけやすい雰囲気を作るためにも、スマホに夢中になってはいけません。 スマホを見るときは、ちらっと見る程度ですぐにやめましょう。 そうすることで待ち合わせの相手にすっぽかされた雰囲気を演出できます。 つまらなそうに、お酒を少しずつ飲むことも必要です。 何か話しかけたくなるような雰囲気を出すのです。 誰かと目が合えば軽くニコッとしても良いでしょう。 そうすることで隙を見せるのです。 相席してもいいですか?と話しかけるチャンスを作るのです。 物珍しそうに、キョロキョロし目が合う人を探すのは絶対にいけません。 おかしな人に思われるだけです。 大人としての行動をわきまえることが必要です。 誰かに話しかけられたくてしょうがないという雰囲気にならないように気をつけましょう。 大人っぽい雰囲気を出すためにも、時々髪をかきあげるのも良い作戦です。 料理の邪魔にならないように、軽く髪を耳にかけたりするだけでも色気のある仕草になります。 髪をさりげなくさわることはとても効果的です。 ふとした色気が出るので自然に触ると良いでしょう。 一人で居酒屋に入るときには、もう入る時からチェックされています。 見ていないようで人は見ているのです。 どのような人か、何故ひとりで入ってきたのか、お腹は空いているのかなどと見られていないようで、きちんとチェックされていることを知りましょう。 まずは服装から、そして注文するもの、食べ方からお酒の飲み方、分量まで気にしてチェックする人もいます。 そして話しかけてもいいタイプなのか、ただの誰かとの待ち合わせなのか、話しかけるチャンスはあるのかなど考え行動を見られています。 なので落ち着いた飲み方、食べ方をする必要があるのです。 寂しそうな雰囲気や疲れている雰囲気を出すことで、話しかけるきっかけを作ることになります。 わざとらしさが出てしまうとただの笑いものになるので気をつけましょう。 さりげなく相席になりたいような女性を演出するのです。 もちろん話しかけられたら即、相席をOKして下さい。 少しでも迷うようなら即他の人を探すことになります。 そして相席になった時はいろいろ話して仲良くなれるように言葉を選びましょう。 楽しい時間になるように心がけることが大切です。 ”

店員さんと仲良くなるとその振る舞いでいい人を演出できるかも

“もともと居酒屋に一人で行く機会が多い人は慣れているかもしれませんが、店員さんと仲良くなることはとても大切だと言えます。 店員さんと親しくなるメリットは話し相手になってくれるくらいだと思っている人は多いかもしれません。 しかし実際のところはその他にもメリットがあると言えます。 店員さんと仲良くなることで、その振る舞いを他のお客さんに見せることが出来ます。 たとえばカウンター席に気になるお客さんが座っている場合、店員さんに話しかける態度で自分の人柄をアピールすることが出来るのです。 居酒屋ですと酔っぱらって普段よりも気が大きくなってしまう人が多いです。 そのような人が多い中、お酒を飲みながらも店員さんには丁寧に話しかけている姿を見せれば、常識のある大人な男性だと思ってもらうことが出来ます。 気になる相手が大人しそうなタイプであればまじめさを見せたり、華やかなタイプであればノリの良さを見せるようにしたりと使い分けることで、より好感を持ってもらいやすくなるでしょう。 初めて行くお店で店員さんと仲良く話すことは難しいですから、出会いを求めるためのお店を何軒か絞って、それらのお店に重点的に通うと良いです。 そうすることで常連のようになれば店員さんとも仲良くなれるでしょう。 さらに店員さんと親しければ、相席の依頼をされる可能性が高くなります。 チェーン店では相席を頼まれるケースが少ないですが、個人営業の居酒屋であればテーブル席にひとりで座っているときに、他のお客さんがくると相席を頼まれるケースがあります。 そういった時には好みであるかないかに関係なく笑顔で受け入れるようにしましょう。 このお客さんなら相席をお願いすればオッケーしてくれると思ってもらえることが出来れば、今後好みの相手と相席できるチャンスを手にしやすくなるのです。 また、お店からではなく自分から相席をお願いすることもできるようになるかもしれません。 店主と親しくなり出会いを求めている話をしておけば、一人でくるお客さんや恋人を募集しているお客さんと同じ席に案内してくれたり、カウンター席の隣に案内してくれる可能性があります。 相席になった時にも店主と仲がいい姿を見せれば、人当たりの良い人だと思ってもらえたり交友関係をしっかり築くことが出来る人間だと思ってもらうことが可能です。 実際に世の中には居酒屋の店主がキューピッドとなって交際が始まったというカップルもいますので、期待してみても良いでしょう。 このように店員さんや店主と仲良くなることで恩恵を受けることが出来ます。 店員さんたちに対する振る舞いで、気になる相手のタイプに合わせて自分をアピールすることが可能です。 もし相席できなかった日でも一人さみしく飲むよりは店員さんとお話をしていた方が楽しいので、どっちにしても店員さんと仲良くなっておくことに越したことはありません。 一人で居酒屋に行き出会いを求めるのであれば、まずは店員さんと親しくなりましょう。 ”

“相席した異性が好みのタイプでない場合もありますが、恋人探しと固く考えずに、異性の友達または同性の友達を作るつもりで参加すると、気楽に楽しむことができるでしょう。 相席居酒屋なら普段出会いそうもない人と知り合うことができて、友達を増やせそうです。 好みのタイプをリクエストすれば、雰囲気の合っていそうな人を紹介してもらえる場合もあるようです。 その場に気の合う人がいなければ席を替わるか、また別の日に行けばいいだけのことです。 その場限りの人間関係ですから、多少話が合わなかったとしても笑顔で乗り切りましょう。 “

一人で行くと相席になることが多い居酒屋で出会いはあるのか?
Rate this post