あなたは当てはまる?非モテ男の特徴。

自分では努力しているのに、恋人・彼女が出来ないという悩みを抱えていませんか。現在は独身の男性が増えており、結婚適齢期をはるかに過ぎても、婚活中という人もいます。今まで彼女が出来た事がないという人や、異性からの反応がいまいちであるという男性をまとめて「非モテ男」と呼ぶ風潮も出て来ました。「自分は女性に優しく接しているし、非モテ男ではない」と思っている人は、一度何故彼女が出来ないのかを冷静に分析してみる必要があります。ここではモテない男性に共通する事項をまとめていますので、自分に当てはまる部分がないかをしっかり確認してみましょう。

外見に無頓着。身なりに気をつかえない。

非モテ男の特徴には様々なものがありますが、外見に無頓着で身なりに気を使えないというのもその一つです。
心当たりがあるという人の多いのではないでしょうか。
エチケット面に対する意識や美意識が低い男性や服装や髪型に清潔感がなくてダサい男性は総じて女性にモテません。
人の印象は出会った瞬間のほんの数秒で決まってしまいますので、外見に無頓着で身なりに気を使えない男性はその時点ですぐに烙印を押されてしまいます。
モテるためのきっかけやチャンスさえも掴むことが出来ませんので、一生非モテ男の道を歩まなければならなくなります。
非モテ男の人生を脱出するためには、まずは第一印象の良い外見にこだわる身なりに気を使える男性を目指す必要があります。
女性は不潔感があるダサくてだらしない男性が嫌いです。
不潔感を払拭するためには、エチケットに対する意識を高めて積極的なケアに努めることが大事です。
具体的にどのようなことに気をつけるべきかというと、
積極的なオーラルケアで虫歯や歯周病や口臭のない健康的で衛生的な口内環境に導く。
洗浄力が高いシャンプーで頭皮や髪の毛に付着した汚れをしっかりと落としてフケや臭いやベタつきのない健やかな頭皮環境に導く。
医療機関でレーザー脱毛の施術を受けたり、エステサロンでフラッシュ脱毛やフェイシャルエステや痩身エステの施術を受けたり、日頃から化粧品や美顔器などによるスキンケアを徹底的に行ったりサプリメントを摂取したりしてツルツルでスベスベな美しい肌に導く。
消臭成分が含まれるボディソープやエチケットサプリメント、制汗剤や消臭スプレー、香り付きの柔軟剤やボディフレグランスなどを活用して体臭対策に努める。
爪は少しでも伸びたらすぐに切る、などがそれにあたります。
服装も清潔感を意識することが大切です。
女性はトレンド感があってシンプルでセンスが良く爽やかでお洒落な服装が好きですので、雑誌やコーディネートアプリなどを参考にしてモテる洋服選びや着こなしを研究しましょう。
髪型にも清潔感やトレンド感が必要です。
女性はスッキリとした短髪の黒髪が好きですので、サロンのスタイリストと相談しながら自分の顔や頭の形や髪質にぴったり合ったスタイルを模索していきましょう。
外見にこだわって身なりに気を使えるようになれば、自分に自信が持てるようにもなって恋愛モードも自ずとオンの状態になります。
まずは外見を磨いて第一印象の良さを狙うということから始めましょう。

優柔不断で女性に決定権を丸投げ。

少子高齢化が進み晩婚化が進んでおりますが、逆に考えると結婚できない、非モテ男が増えていることが理由の一つとも考えられております。
自分の考えなく何も自分で決められない職場にいてもだめなタイプの男性を指すのです。
非モテ男の境遇や育成過程をつぶさに見ていきましょう。
この人種は甘やかされて育ったマザコンタイプが多いのも特徴の一つです。
子供のころから決断は両親がして、学校や就職などの大事な決断を自分でしてこなかったので、恋愛など人間力が必要な局面において、考えを至らすことが出来ないのです。
例えば小学校の頃、女の子にいたずらをして先生に見つかり注意されたとします。
その場合は多くの人々は反省して、先生が忠告をして二度と同じ過ちをしないようにすると考えるものです。
非モテ男の場合は自分が悪いと考えられず、相手が悪い、先生が悪いと考え学習能力が育たない人種なのでしょう。
自己愛的な人格障害も見られるケースもあります。
他人を攻撃してもなんとも悪いとも思えない性格の持ち主と言われています。
これら人々は自分の傘に入ってくる人を称賛します。
それは他人を認めているのではなく自分というすごい人間を理解できた人だと、自分中心の考え方に染まっているものです。
このタイプが大人になると迷惑をかけかねない人物に成長することが多々あります。
恋愛においては、相手にしてほしいことを、お互いに考えて、その行動をとることが親密に近づく道なのですが、その思考回路が欠乏しているのです。
デートを誘うにも自分からは計画を立てられず、相手からの行動を待つばかりになってしまうのしょう。
優柔不断で女性に決定権を丸投げしていると人間力が落ちてしまい、何をしても楽しくなく人生が暗くなってしまいます。
この人種の問題解決は自分で気づくことが大事ですが、周りのフォローも重要と言われています。
具体的には話を聞いてあげることですが、本人がどうして非モテ男なのかということ理解する必要があります。
そのためには厳しいようですが、婚活などにおいて振られたり、お断りされる経験を多数することが大事なのです。
失敗は成功の元と言われているように、そこから得るものは多いのです。
少子化が進みこのままだと日本の国力も低迷する気配がありますが、非モテ男がそのことに気づき、自分を改善すれば生産性が向上し、恋愛市場も活発になり明るい未来が待っているというものです。
女性も厳しく男性に当たりましょう

自分のことばかりで相手の話を聞かない。

人間は他の人との繋がりを構築しながら、社会の中でお互いに支え合って生きていく生物です。
円滑な人間関係が社会の中で適応して生きていく事には必要不可欠なために、少しでも周囲の人から印象を良くして好かれたいと願うことは自然な気持ちでもあるのです。同性にも異性にも好かれる人は、人間的な魅力がたくさんあることが必要であり、一人ひとり好みは色々ありますが、異性にモテる男性にはもてる男性の理由が、非モテ男にはモテないなりの理由がそれぞれあります。
自分が女性からモテないと嘆いて愚痴を言う男子は、モテない理由を冷静に考えずに周囲のせいにしている人が少なくありません。
少しでも女性からモテる男子になりたいのであれば、なぜ自分が良い印象を持たれないかを俯瞰して冷静に分析することも必要になるのです。人間関係を構築していくためには、お互いを理解し合い思い遣る心が欠かせません。
非モテ男は自分の事ばかりで相手の話を聞かない傾向があります。
自分の事を知って欲しい、良く見せたいと考えて女性に自分の事をアピールする事は決して悪いことではありませんが、相手の気持ちを考えずに一方的に自分の事だけを話していても言葉のキャッチボールはできません。相手の女性が自分に興味を持って話を聞いてくれているケースは意外に少なく、退屈でも言い出せない場合も多々あります。
自分の事だけに終始した話をしたりアピールする非モテ男は自分の気持ちばかりを優先している事が多く、相手の状態や人を思い遣る気持ちが足りていない事がほとんどです。女性は自分の気持ちを知って欲しいという思いが強いために、ゆっくりと話を聞くことができる男性の方が人気が高い傾向にあります。
楽しく会話をする為には自分の事ばかりでは無く、相手を思い遣って気を遣い、楽しく言葉のキャッチボールができる配慮が欠かせないのです。
自分の事ばかりを話してしまう非モテ男は会話のキャッチボールができずに、一方的になってしまう傾向にあります。人に好かれる様にする為にはファーストインプレッションは非常に重要であり、人間関係を築いていく前にそのような自分の事ばかりの姿を見せてしまうと、それだけで女性が抱く印象は悪くなってしまう可能性が高いのです。
非モテ男から脱却するためには、自分の事ばかりで相手の話を聞かない性格を冷静に見直し、相手の気持ちや状況に配慮した思いやりを持てるゆとりと心の広さを持つことが大切になります。

お金に細かく、なんでも割り勘。

非モテ男にありがちなのがお金に非常に細かくて、何でも割り勘にしてしまうようなタイプです。
お金に細かいことは悪いものではありませんし、お金にいい加減でいつも散財しているよりはずっと立派です。
しかし、いい大人であればもう少しスマートに構えることも大事ですから、あまりに細かすぎると嫌われてしまう元です。確かに金銭トラブルが一番人間関係を悪くしやすい原因の一つですから、きっちりしたほうが良いのは事実なのですが、だからといって一円単位で割り勘をするぐらいの勢いだと細かすぎる人だと思われ良い印象を与えません。
女性におごれというわけではありませんが、少しはおごってあげようという気概も見せないと男性としての魅力は半減してしまうものです。
勘定は何も毎回毎回割り勘にする必要もなく、前回は出してもらったから今回は自分が出す、あるいはこの前は自分が出したから今度は出してもらうという持ちつ持たれつの関係でも問題はないものです。
大人であればむしろいちいち面倒な精算をするよりはこちらのほうがスマートですし、互いに友好関係も築きやすい方法です。
特に女性相手であればこのようなスマートさは欲しいところで、電卓を取り出してきっちり割り勘をするというのは少し格好がよくありません。
割り勘をするにしたって細かく計算をするのではなく、少し多めに大雑把に出して残りを出してもらうということをするだけでずっと印象はよくなるものです。お金にきっちりしたほうがいい場面というのは確かに存在しますし、そのような場では一円単位でしっかり計算をするところは大事です。
しかし、男女の仲や友人同士の間でたかだか数百円程度の小銭で細かく計算をしているのは、スマートではありませんし、よそよそしい印象を受けてしまうものです。
一円単位でしっかり計算をすることがトラブルを防ぐ最善の手段だと信念を持っているのであれば、それはその人の考え方によるものですし一理ありますから必ずしも悪いとは言えません。
事前に説明をして相手にも納得してもらえばそれは良いことでしょうが、特別そのような意識もなく単純に少しでも多く払うのは嫌だというケチな考えであれば、少し改め直したほうが良いかも知れません。
ほんの僅かな投資によって自分の評価を上げることができ、人間関係が円滑になるというのであれば安いものです。
お金に細かいことは悪いことではありませんが、行き過ぎればモテない原因になることは理解しておくべきです。

店員さんへの横暴な態度。

非モテ男にありがちなのが、お店に行って店員さんに横暴な態度を取る人です。
自分より弱い立場と見ると途端に強気になって、横暴に振る舞うのは女性から見たら最悪の男の特徴のひとつにあげられます。
相手が許されないような粗相をしたにもかかわらず、謝罪の一言もないのであれば、言うべきことは言わなければなりませんから、そのようなところではガツンと言うのも男性の頼りがいだと言えるでしょう。ところが、相手の些細なミスを重箱の隅をつつくように指摘して横暴な態度を取るというのは、人として最低なことです。
このような男の根底には店員は自分よりも格下であり、格下の人間は上の人間の言うことを聞くべきだと考えているところがあります。
より掘り下げて見てみると、自分より弱い立場にしか強気な態度をとることができない男は、日頃から自分が上から物を言われる立場で物を言う立場に立ったことがないために、店員という弱い相手を見つけて鬱憤ばらしをしているに過ぎません。
本人も日頃からパワハラの被害者になっているのであれば、それを誰かに八つ当たりしてしまおうと考える思考は理解できなくもないのですが、大抵このような非モテ男は自分が悪いから上から叱責されているだけで、それを改善しようとしないからいつもいつも上の人間から更に怒られていると言うだけなのです。
自分が悪いにもかかわらず改善をしようとしないで、店員に八つ当たりをするという横暴さが余計に女性から嫌われるところであり、本人の人間性がはっきり垣間見える部分であるため、店員に横暴な態度をとっただけで愛想をつかされてしまうことになります。基本的には能力のない自分を大きく見せるための虚勢やストレス発散で、店員に横暴な態度をとっていることが多いのですが、一人ではそうではないけれども女性の前では店員に横暴な態度をとるという男性もいます。
本人としては男らしいところを見せているつもりなのかも知れませんが、周りからすると抵抗のできないものをいじめているようにしか見えずに、逆に小さい男だという印象を与えてしまっているだけだったりします。誰にでも横暴な態度をとる男が嫌われるのは当然のことですが、それ以上に自分より弱い相手、勝てる相手にしか強気な態度を取らないというのは、一番嫌われるタイプですからお店に行った時に店員さんに当たりが強くなってしまっているという人は反省をして、態度を改めるようにしましょう。

まわりの空気が読めていない。

周りの空気が読めていないのは、非モテ男と思われてしまっても仕方のない特徴であり、人から嫌われる大きな原因となります。
何でもかんでも周りにあわせていけばいいということはありませんし、空気を読んでばかりいては自分の意見を通すことができませんから、空気を読むことばかりが良いわけではありません。
しかし、空気を読んだほうが良いところで読めていないというのは問題があり、周囲の人間からするとトラブルの原因になりますし、ストレスが溜まるので一緒にいたくないと感じられてしまうものです。職場でイライラしている上司に対して余計な一言を言って火に油を注ぐ結果となったり、ミスをして落ち込んでいる人に対して更に追い打ちをかけるようなことをしてしまったり、このような人物は悪気なく余計なことをしたりするものです。
それがたとえ正論であったとしてもタイミングというのがありますから、それをしたことによって余計事態が悪くなると目に見えているにもかかわらず、余計なことをしてしまうのはモテないのも無理は無いと言えるでしょう。
更に厄介なのが正論である分だけ本人からすると悪いことをしていないと思っていて、周りが間違っていると考えるため一向に反省をしないという点にあります。
正論が常に最善の結果をもたらすとは限りませんし、正論によって事態がこじれることがあるのをみな知っているから空気を読んでいるのに、それを無視するような人物が周りにいると非常に迷惑なものです。あえて空気を読まずに自分の意見を押し通して改革を進めていくような男性であれば、結果が伴えば強引さはあれど評価をされる余地がありますが、空気が読めずに場を荒らすだけの男性はただ嫌われるだけです。場の空気が読めていないと、いつも人に指摘される人は周りから自分はどのように見られているのかということをよく考え直す必要があるかも知れません。
自分では正しいことを言って気持ちよくなっているのかも知れませんが、周りからすればただただ迷惑なだけで、何の役にも立っていないことがあります。
それでも自分が意見をしたいというのであれば、それを最後まで押し通して周囲を引っ張っていくだけの心構えがなければいけません。
それもなく言いたいことだけ言って場を荒らすだけ荒らして、自分は全く知らんぷりでは何を言っても嫌われるだけですから注意をしましょう。
まわりの空気が読めないのはモテないだけでなく、誰からも嫌われてしまう原因の一つになります。

言動が幼く、精神年齢が低い。

言動が幼く、精神年齢が低い人は確実に存在します。育った環境がその要因を占めていることでしょうが、直近で出会った女性がいたとすれば、その女性にはそのような生い立ちなどは知る由もありません。
育った環境で人格や人間性は皆異なり、だからこそ、個性と言うものが生まれるものです。
敬遠されるような言動と精神年齢のまま、この年まで生きてきていると周りから指摘されても、残念ながらそれは当然のことです。言動が幼いこととは、その人が礼儀や道徳、常識と言った人間の様々な根本を築く、特に社会生活では必要不可欠な土台が皆無であることを示し、その土台でもって日常を送ってしまうとなると、色んな場面でその幼さが無意識に出てしまいます。電車での過ごし方だけでも十分にそれが分かると言うのは、車内の地べたに座り込んだり、スマホで通話をしたりとまるで子供のように周りを考えないことを平気で行うからです。そしてそれが子供っぽいと言う自覚が無いと、大人であっても子供のような精神年齢の低い人間と思われてしまいます。
ものの見方や捉え方、考え方やどう思うか、そのようなことで精神年齢は問われるものです。そのような精神年齢の低い人が、女性とデートに行くとなれば子供じみたその人格は至るところであらわとなり、大半の女性はその残念な人間性にガッカリしてしまうでしょう。
そうなると結局は長続きしないことが多く、女性とまともに付き合うところにまでも辿り着けないでしょう。このような事態が続いてしまえば、その人は非モテ男と呼ばれてしまう可能性があります。これを直し、女性にモテたいのであれば、自分自身が変わることがとても大切です。
人格のような出来上がった内面の問題であると直すことは困難を要しますが、本人の強い意思があれば変わることは出来ます。女性と誠実に付き合いたい、非モテ男と呼ばれたくない、そう言った目標がありそれを諦めない覚悟があれば、非モテのその人はそこから既に変わり始めています。そう言った言動や精神年齢を意識して内面から変化することは、女性だけでなく、周りの色んな人や社会から受け入れて貰え、日常生活自体が劇的に変わるかもしれません。他人に迷惑を掛ける行為は止め、ちょっとした気遣いや心配りで他人を気持ち良くさせ、当たり前のマナーは守る、そんな些細でも、周りを考えることが出来る、客観的な人格でありたいものです。

気配り、気遣いゼロ。

非モテ男の特徴としてあげられるのが気配り、気遣いゼロの男です。これは女性からモテないだけでなく、同性からも好かれないタイプで人間的な魅力皆無と言えるでしょう。人間は一人では生きていくことができないわけですから、互いに助け合わなければなりません。そこには相手を不快にさせないように、気配りや気遣いをするものですが、非モテ男はそのようなことが一切できないのです。
人の立場に立って考えることができず、知らず知らずのうちに周りの人から不興を買っています。ある意味本人が気づいていない内に嫌われてしまうわけですから、不幸だとも思えますが、このようなタイプは人生の何処かで気の利かなさを指摘されているにもかかわらず、それが理解できていません。気配りや気遣いができない相手といるとストレスが溜まるだけですから、些細な気遣いができない男は基本モテないタイプだと言えるでしょう。
気配りや気遣いができなくても指摘をされればそれに気づくことができ、反省をするけれども次の別の機会でもまた同じことをしてしまうという人もいます。このようなタイプであれば、駄目な男だけれども素直で悪意がない分、愛されキャラになるということになりますが、それでも忙しい時などは人を苛つかせてしまったりするものです。
気配りや気遣いをしないというのであれば、わかっててしていることなので本人からしても気配りや気遣いをしないことによるメリットとデメリットを意識して行動をしているだけ上手く立ち回るものですが、できない人間はなぜ自分が悪く言われるのかと思って反省をすることがありません。周りから相当気を使ってもらって生きているにもかかわらず、自分はそれを返そうとしないわけですから、これで好かれようとするのは無理があります。自分も人に気を使わない代わりに人から気を使ってもらわなくても結構という生き方は個人の考え方ですから否定はできませんが、気を使ってもらうのは当然だけど自分は使わない、ではどうしようもありません。
非モテ男はとかくこのような自分勝手な考えになっていることが多いため、必然的にモテない男となっているわけです。常に相手の顔色ばかりをうかがっている男性というのも自信がなく見えてしまい、魅力的に見えないものですが、全く気配りや気遣いができないというのは問題外です。これは女性にモテるモテないの話ではなく、人間としてもっとも嫌われるタイプですから、思い当たる節があったり誰かに指摘をされたのであれば、直していく必要があります。人から嫌われようが自分の好きに生きていくという覚悟があるのであればまだしも、なぜ女性にモテないのかと思っているのであれば、自分の身を振り返って考えを改める必要があります。気配り、気遣いはモテるモテないの以前に人として大事なことですから、もう少し周りのことを気にかけて人に親切にしたり不愉快な目に合わせないようにする習慣を身につけましょう。

全て母親任せ。家事が全然できない。

非モテ男の特徴のひとつには、家事が全くできないというものがあります。
はるか昔ならともかく、今では男性も家庭の中で一定量の仕事をやるのが当たり前の時代です。
それにも関わらず、家の中のことは全て母親任せで自分では何もしない男性は、女性から敬遠されてしまう傾向があります。
女性の中には昔ながらの亭主関白が好きという人もいますが、そういった好みの人はほんのごくわずかで、ほとんどの人が男性にも家のことをして欲しいという気持ちを抱いています。
いま熟年離婚が話題になっていますが、それも家のことをしない男性に女性が愛想をつかせて離婚を切り出すというパターンが多いようです。
男性は仕事してお金を家に入れてさえいれば家庭の中で役割を果たしていると考えがちですが、それだけでは家庭生活を続けていることが難しくなります。
家の仕事は終わりのない仕事で、毎日を快適に過ごすためにはとても重要な意味をもつものです。
それに加えて今は女性も仕事を持つ人が多く、結婚をしてからも仕事を続ける女性が大半です。
男性と同じように仕事をしているにもかかわらず、女性だけが家事をするような関係では不満をもたれるのが当たり前でしょう。
非モテ男はそういったことに気付きもしないという人もいて、それは何故かというとそれまでの人生で母親が全てをしてくれるのが当たり前で、自分では何もしないような生活を送ってきたからです。
どういった家の仕事があるのかも知らずに、自分のことだけをしていればといいという価値観のままでは、女性に嫌われてしまいます。
家事はできるようになる以前に、どのようなものがあるのかを知る必要があります。
全て母親にやってもらっているという人は、どんな家の仕事があるのかさえ分からないことがあるので、将来家庭をもった時に相手の女性が家のことで不満を訴えても会話にならないという最悪の状況になってしまうことがあります。
それでは相手も頑張る気力をもつことができませんし、すぐに二人の関係は終わってしまうでしょう。
一緒に生活をしてみないと家事に関することがどの程度できるかはわかりにくいのですが、女性は家の仕事の大変さを理解している人が多いので、男性を見る時には家事ができるかどうかを考慮して選ぶ人が増えてきています。
また母親に全てをやってもらっていた人は、家事は女性がやって当たり前という価値観を持っていることがあり、女性が努力をして家事をしてもありがたみに気付くことができないという一面をもつ人もいます。
家のことをしても感謝もされないのであれば、それは女性側にも不満が積っても仕方ありません。
そういった関係性にならないようにということで、女性は男性にも家事ができる能力を求めています。
男性は家事のことを考えたことがないかもしれませんが、女性にとってはかなり重要なポイントで、中には女性以上に家事ができる男性が好きという人もいます。
最近人気のある俳優などを見ても、家事をする人が増えてきているということは、女性の好みを反映していると言えるでしょう。

「非モテ男」の特徴、当てはまる部分はありませんか。
当てはまっていても、心配する事はありません。
これからはその気づきを活用し、改めるだけなのです。
むしろ問題なのは、当てはまっていると気づきながらも、自分の方法は曲げたくないという頑固さです。
強い意志を持つ事は素晴らしい事ですが、時にそれは無茶な行動やアドバイスを聞き入れない頑固さとなって現れます。
女性にも柔軟に、素直な心で接したほうが「この人は優しい」「心を開いてくれている」と好印象を与える事が出来ます。
改善点が見つかったのであれば、さっそく実行に移してみる事が大切なのです。

あなたは当てはまる?非モテ男の特徴。
Rate this post