再びハッピーをこの手に、幸せすぎる再婚をするために気を付けること。

結婚は人生を左右する大きな決断になりますが、人生80年と言われる長寿国の日本においては結婚生活の中で離婚を決意する人も少なくありません。
夫婦の3組に1組が離婚するとも言われている日本においては、長い人生を幸せに暮らすために再婚を考える人も増えているのです。

離婚はエネルギーが必要な決断になりますが、苦労や悲しみの結果に終わった夫婦生活も決してムダではありません。
失敗した結婚生活の経験が次の再婚を検討する際に、過去の経験が充分に活かされる判断要素として活きるからです。
長い人生を生きていくためにはお互いに支え合う存在が大きな力になります。
だからこそ再婚を前向きに捉えて、過去の経験もプラスに変えていく事が大切なのです。

再婚したからこそ幸せになれることも

どんなに理解し合える相手でも、結婚したら価値観のずれを感じることはあります。
また、付き合っている時には分からなかったことも、結婚したら見えてくることもあります。
そうなった時、考えるのが離婚ですが、その離婚がスムーズにいかなかったような人はもう二度と結婚なんかはしたくなく、結婚なんかこりごりだと感じてしまうこともあるでしょう。
けれど再婚したからこそ幸せになれたという人も少なくありません。
機会があればもう一度結婚したいという気持ちがある人であれば、再婚のために出会い系を使ってみても良いです。
相手が変われば以前の自分なら我慢していなければいけなかったことも我慢せずにいられたり、こんな結婚もあるのだと、新たな世界を知ることも出来るでしょう。
もちろん再婚によってうまくいかなくなってしまうことや、意外な出来事というのもあるわけですが、それを考えていたら前には進めません。
必ず再婚して見せる、という意欲がないのであれば、まずは登録だけして様子見でも良いでしょう。
色々な異性を見ていることで再婚への意欲が湧いてくるということもあります。
また、再婚したいというバツイチの相手を見れば、自分のような人も頑張っているのだと思うことができます。
自分だけがバツイチだと奥手にもなってしまいますが、他にもバツイチの人が再婚に向けて頑張っていれば、自分もやってみようとも思うでしょう。
また、最初の結婚は若い時の勢いだったという人もいます。
そうした人は前回の結婚でだめだったところを冷静に判断できていることもありますから、この失敗を次に持ちこさないようにして再婚に挑むと良いでしょう。
そして再婚も何度もだとさすがに引かれてしまうこともありますが、一度の離婚だけなら負い目に感じることもありません。
同じように再スタートしようとしている人は多いですから、自分も珍しくないのだと思いましょう。
さすがに独身の人の中で自分だけがバツイチということにもなれば自信もなくなりますが独身ではなくバツイチもOKの集まりや、再婚を求める人ばかりの集まりというのもあるので、
自分が参加しやすいものを選んでいきましょう。
特に子供がいる人であれば子供の成長を待って自分の結婚を考えるということもあるので、タイミングの良い時期を見計らって新しい出会いを求めていくようにしても良いでしょう。
タイミングを見計らえば子供にも気を使うようなことがなくておすすめです。

もう一度結婚したいなら積極的に動くべき

離婚をしたショックから立ち直れなかったり、結婚に夢を見ることが出来ずに再婚をあきらめるのは勿体ない事です。
誰でも再婚をする権利がありますし、むしろ前の結婚よりも幸せになることはそれほど難しい事ではありません。
結婚したいことが周囲から見てもあからさまになっていると、相手は引いてしまうかもしれませんが、1回目の結婚よりも2回目以降の方が幸せになれるのはよくあるケースです。

なぜなら、前回の結婚で失敗したところや反省点をなおすことが出来ますし、よりポジティブな気持ちになることができるからです。
もう一度結婚したいと少しでも思うなら、それは積極的に動く時期かもしれません。
動き方はひとそれぞれですが、多くの場合周囲が気にして紹介してくれたりするものです。

そういう話があるときには、積極的に出かけて行って自分の事をアピールするのが重要と言えます。
いつまでも離婚のショックに浸っていては時間がもったいないですし、目の前にあることをやるだけでそのまま人生を終えてしまっては詰まりません。

それほど再婚の事を意識していなくても、いいなと思える人が出てくればきっと結婚をしたくなりますし、それはむしろ離婚をしたから訪れたチャンスです。
結婚に失敗をして終わりを告げたことは、新しく運命の人と出会うためのチャンスと考えれば、むしろ次からが本当の結婚かもしれませんので、積極的に動いて自分の幸せは自分でつかみましょう。

結婚したいと日常的に考えているわけではなくても、運命の相手があらわれたら結婚を意識して付き合わざるを得なくなりますし、それは相手も同じことです。
子どもがいる場合といない場合でもそのタイミングは異なりますが、そんなことは気にする必要はありません。

子どもがいる場合、子供の親である前に人間ですので、恋愛をする事由はあるのです。
子どもがいるから恋愛をしてはいけないという事はありませんので、運命的な出会いを感じたら、その波に身を任せてみるのがおすすめです。
素敵な出会いはそれほど多くないですし、チャンスを逃したら次はいつあらわれるかわかりません。

チャンスを生かすも無駄にするも自分次第です。
再婚をすることで、結婚をしてよかったと思える日が来たという意見を言っている人は沢山います。
人の痛みがわかるからこそ幸せになることが出来ますし、同じような傷を抱えている人は大勢いますので、まずは積極的に動いてみてはいかがでしょうか。

バツイチを強みに変えていく

最近は結婚をしてもうまく結婚生活が出来なければ我慢をせずに別れる方も増えているために、離婚という事がそれほど珍しい事ではなくなってきています。

離婚をする理由というのは人それぞれでいろんな事があったわけですが、一番の理由はその人とは結婚生活を継続する事が出来なかったという事であり、
自分が結婚生活に向いていないわけではありません。

だから離婚をしたからもう再婚なんてしないなんて思うことなく、今度こそ自分に合う相手をみつけて再婚をして幸せをつかむ事が大切です。

離婚をした方のほとんどが離婚経験をデメリットと考えていますが、そんな事はなく実は離婚経験をした事でいろんな経験をして結婚生活について学んだことも多かったわけですから、
その経験はこれからの人生にとって自分の強みになります。

だからこそバツイチを強みに変えて再婚をすれば絶対に次は幸せをつかむことが出来、離婚をした理由を考えて次の相手を選ぶとうまくいきます。

例えば相手の外見や良い所ばかり見ていて、結婚後に金銭的な価値観や生活をしていく上での許せない事がみつかってしまった方なら、次はその点を考慮して相手を選べば今度は間違う事はありません。

他にも家事をどちらか一方に任せっきりにしてしまったり、言ってはいけない言葉を口にした事で喧嘩になってしまったなど短い結婚生活であったとしても、
ここを気をつければ良かったなど後悔を持つ方が多くいますが、それを次は気をつけるようにする事で、新しい相手とは良い関係を持つことが出来ます。

実は再婚経験者と結婚をした方がうまくいったという方が多いのは、このような理由によるものなんです。

ただ実際問題、再婚となると弱気になる方も多くいますが、昔と違い再婚経験者でも結婚相手として気にならないという方がとても多くいます。

好きになった相手なら、離婚経験は気にならないという方が増えています。

バツイチになってしまったとしても、その人の魅力は変わる事はありません。

好きになった人がたまたまバツイチだったというだけの事です。

相手の両親が反対するのではないかと弱気になる方もいますが、前の結婚生活の経験を生かして気づかいをみせるなど誠心誠意話しをする事で、
バツイチというレッテルよりもその人の魅力を見てくれるようになるので心配する必要はありません。

一度結婚をした経験があるという事は、結婚生活のノウハウがわかるという事でそれは相手にとってもプラスに働きます。

ぜひ自信を持ってバツイチを強みに変えて再婚して幸せになる事をおすすめします。

離婚した経験から学ぼう

再婚をする時に気を付けたいのは、離婚した経験から様々なことを学んでいるかという事です。
再び幸せをつかむためには、努力を惜しんではいけません。
楽して幸せになれる道などありませんし、できるだけ幸せになるためには昨日までの自分の何がいけなかったのか、どうすれば幸せになれるのかを今一度検証して、
新しい幸せをつかむための材料にしましょう。

離婚は悪い事ではありませんし、新しい幸福を手に入れる為のプロローグであり選択です。
そのあと自分自身で楽しい時間を過ごせるように人生を開拓していけば、そんなこともあったと懐かしく思える日が来ます。
ですが、過去は切り捨ててしまわずに経験として新しい生活に生かすのが今後の自分の為です。

再婚をするとなると、相手も過去の自分の相手の事を気にするかもしれませんし、バツイチというのは何となく本人に火があったという色眼鏡で世間からは見られがちです。
しかし、そんな色眼鏡におびえる必要はありませんしこれから新しく一生になる人と幸せになるためには、自分の過去の経験をむしろ生かすのが重要と言えます。

離婚は簡単な事ではありませんし、勿論相手だけが悪かったわけではないかもしれません。
結婚が上手くいかなくなるのは、片方だけが悪いわけでも、むしろ両方が悪いわけでもなくボタンの掛け違いと表現されるような、ちょっとしたすれ違いから起こるものです。

そうしたすれ違いで溝が埋まらなくなると、結婚生活はうまくいかなくなります、ですが、せっかくですのでうまくいかなかったことを包み隠さずに自分の経験として今後の生活に生かすことで、
すべては無駄ではなかったと思える日が来るのです。

離婚はつらい経験かも知れませんが、新しい恋をすればそんなことは忘れてしまいますし、経験だけは次に生かすことでこれからの人生を何倍も素敵にすることが可能になります。
辛い気持ちは新しい恋愛をすることで浄化されますし、失敗してしまった事や自分で抱えていた問題などは新しい生活に生かすことで無駄にはなりません。

離婚した経験は、新生活を送るのに決して無駄にはなりませんし、むしろ初婚の人よりも人の痛みがわかりますし新生活が上手くいくケースは多いです。
それは、離婚の経験が人へのやさしさや様々な周囲への配慮などを生んでいる彼で、人の痛みがわかるようになることが離婚の経験の最大のメリットと言えます。
経験から学ぶことが幸せをつかむ第一歩と言えるでしょう。

見た目だけに左右されるのは厳禁

付き合っている時には気づかなかったことが、結婚してから気になるようになったりして様々なことが原因で離婚する可能性は誰にでもあります。
離婚をすることは結婚するよりも負担が大きいことから、もう二度と結婚はしたくないと考える人もいます。
でも人間というのは一人で生きていくのは難しく、新しく好きな相手が見つかったら再婚したいと考えるのは当然です。
再婚しただけで幸せになれることも十分にありうることですが、その時は相手をしっかり見極めることが大事です。
離婚経験者は今度こそは添い遂げたいと考えるので、慎重になる人が多いです。
再婚するにおいて、気を付けておきたいのが見た目だけに左右されないようにするということが大事です。
確かに人間は初対面の人とすぐに心を通わせることができないので、外見で判断しがちです。
しかし見た目と中身は全く違うという人も少なくないですし、結婚というのは恋愛と違って一緒に生活をおくっていくことが重要になります。
外見が良くても芸能人やモデルではない限り、それによってお金を稼げることもありませんし、生活していく上でお得になることもありません。
外見よりも、その人の職業や年収が生活を成り立たせていく上で十分に条件を満たしているかを注目する必要があります。
そして職業や年齢よりも重要になるのが、性格や生活習慣です。
結婚をすると、同じ家で長時間一緒に過ごすことになるので、性格や生活習慣が合わない場合は大変です。
新婚の間は相手の嫌な部分も魅力的に見えますが、ある程度の時間が過ぎると恋愛によりマジックは消えてしまうのが一般的だといえます。
マジックが消えてしまうと、今まで気にならなかった相手の癖や考え方が嫌になってしまいます。
一度気になってしまうと、忘れようとしても目についてイライラしてしまい、それがきっかけで喧嘩になってしまうからです。
再婚をするときは今度こそは絶対に幸せになりたいという強い思いを持つ人が多いので、再婚前にしっかり準備をすることが必要になります。
再婚相手としてふさわしいのかということや、結婚生活が幸せになるような経済状況であるのかということを確認することが必要です。
再婚相手になる人とは、話しにくいこともはっきり言えるような関係にしておいたほうが、再婚後こんなつもりじゃなかったという後悔をすることがなくなります。
見た目に左右されるのではなく、経済的状況や性格が一致するかどうかを重視しましょう。

心地よい距離感でいられる人と一緒になろう

離婚経験者の失敗の原因は様々ですが、深すぎる愛情を理由とする過度の束縛や、反対に浮気や不倫に苦しめられた人は少なくありません。
自分の時間を作れずにストレスを溜めてしまい、上手くいかなくなるケースもあります。
このような人が再婚して幸せになるためには、自分の物差しだけで相手を選ぶのではなく、できる限り心地よい距離感を維持できる相手を選ぶことも重要です。

愛情の深さは幸福な結婚生活を送るためには重要ですが、深すぎる愛は不幸にもなりかねません。
特に相手が嫉妬深いケースでは人間関係に悪影響を及ぼすことがありますから、結婚前にある程度見極める必要があります。

例えば会社の人との付き合いや同窓会など、社会人であれば家族以外との付き合いを避けることはできませんが、嫉妬深いと逐一連絡するよう求めたり、
極端な場合は参加自体を制限する人もいます。
過去に浮気や不倫など、過ちを犯した経験があれば、小まめな連絡を要求されたとしても自業自得ですが、そのような過去が無いにも関わらず求められる場合は、
相手が嫉妬深い人間だと疑うべきです。

特に参加すること自体に異論を唱えるような場合は、嫉妬心のあまり相手の考えを尊重せずに自分の主張だけを通そうとする表れですから、結婚してからも付き合いのたびに大変な思いをしやすくなりますし、
お互いの距離感も近すぎるため上手くいきません。
それ以外についても問題が起きる可能性が高いと言えますから、考え直した方が賢明です。

自由な時間を作れるかどうかは、結婚前の判断の一つの指標となります。
結婚後は自分の時間よりは夫婦や家族のための時間が優先されますから、お互い自分の時間を犠牲にすることになりますが、どんなに愛し合っている夫婦でも一人で自由にできる時間がまったく無い状況が続くと、徐々にストレスが溜まっていきます。

お互い自由に使える時間を設けるとストレス解消になりますし、それが心地よい距離感を生むことにも繋がりますから、結婚生活も上手くいきやすくなります。
このため時間の使い方については、結婚前に良く話し合うべきです。

例えば趣味を持っている場合でも、相手を思いやり結婚を境に自ら制限してしまう人がいますが、完全にやめてしまうのは自分のライフスタイルを自ら否定することになり、
結婚生活に悪影響を及ぼすことがあります。
没頭し過ぎは良くありませんが、夫婦生活の妨げにならない程度であれば、結婚後も趣味を続けたほうがちょうどよい距離感を保つことが可能です。

夫婦の前に「個人」であることを理解し、お互いを尊重し合える相手を探しましょう。

過去の相手とは比べないように

最近は再婚する方が非常に増えており、夫婦の3組に1組は離婚をするという現実があります。
双方の行き違いや価値観の不一致などは離婚の原因としてよくありますが、簡単に言えば相手と合わなかったということです。
恋人時代のときは気づかなくても、実際に毎日生活をしてみると相手の欠点が見えてきたりします。
そうして結婚の現実を知った方は少なくありませんが、何年経っても仲が良い夫婦も多いです。
理想の相手を見つけるためには、結婚相談所を利用するのがおすすめです。
婚活サイトなどのサービスを提供しており、再婚したい方に特化したサイトもあります。

再婚をして幸せをつかむためには、早めに行動したほうがよいのは間違いありません。
失敗しないためのコツは過去の相手と比較をしないことで、あまり比べていると新しい相手から嫌われることになります。
現実的な問題として初婚と比較し、再婚相手に求めるべき条件は下げていく必要があります。
結婚において基本となるのはスペックの一致であり、男女ともに年齢を重ねるほど成婚率は低くなるわけです。
つまり年齢を重ねた分だけ相手から選ばれにくくなるので、相手に求める条件は下げていく必要があります。
過去の相手と比べてばかりいると、過去の相手と同スペックかそれ以上の相手を探そうと思ってしまうものです。

結婚したいけど相手がいないという方は、相手に多くを求めている可能性があります。
結婚相談所を利用すればチャンスを得られますが、そのチャンスを逃してしまう方は少なくありません。
そうした方に見られる特徴は相手に高スペックを要求することで、自分自身で結婚へのハードルを高くしています。
特に男性が初婚の場合は、相手にも初婚を求める傾向があります。
バツイチの人の婚活ではバツイチ同士が再婚するケースが多いので、バツイチに特化したサービスを利用するのがおすすめです。

一度結婚で失敗経験がある方なら、それを再婚に活かして幸せを手に入れられるはずです。
離婚経験から学べることは多いので、失敗した原因を客観的に考えられるでしょう。
例えば相手を見た目だけで判断していると失敗するので、居心地がよい相手を選ぶのがおすすめです。
確かに容姿端麗な相手を選びたいのはみな同じですが、毎日生活をしていくためには価値観の一致が必須となります。
相手をスペックだけで判断していると大切な部分を見失ってしまうので、心の安定を満たしてくれる相手を探すようにするのがコツです。

子連れだからと言ってクヨクヨしない

子連れだからと恋愛を最初から諦めていたり、子供がいるからデートもできないと考えている人も多いのではないでしょうか。
子供がいることが原因で恋愛対象外とみなされてしまったり、再婚が決まったものの相手の親に反対されて破談になってしまったということもあります。
特に相手が初婚だと、その傾向が強いようです。

しかし、シングルマザーやシングルファーザーの中には、再婚して幸せな家庭を築いている人沢山います。
離婚を経験していたり、配偶者との死別を経験していたりすると、恋愛や結婚に対して憶病になってしまうこともあるでしょう。
離婚経験者の場合には一度結婚に失敗したということで、自分は結婚に向いていないと勝手に思い込んでいる場合もあります。

離婚に至るまでの理由は様々で、金銭的な問題や浮気などはっきりした理由があることも多いですが、何となく合わないと感じて別れるケースも少なくないのです。
このまま一生、合わない相手と結婚生活を続けるよりは、新しく自分の人生を歩みたいと考える人が多い証でもあります。
不仲のまま夫婦を続けるよりも、思い切って離婚する方がポジティブな考え方をしているとも言えるでしょう。

子供がいる場合には、特に離婚するのは大変です。
子供を育てるだけの経済力がないといけませんし、小さいうちは手がかかります。
病気になったら学校を休まなければいけないので、親も仕事を休まなければいけない事態も起こります。
子育てに理解のある職場であればいいですが、残念ながらそうではない職場もあります。

こういったことが原因で、子連れだとどうしても抱えている悩みが深くなってしまいます。
それによりマイナス思考に陥り、なかなかポジティブな考え方が出来なくなってしまう人もいます。
そんな負の連鎖から脱出するためには、子供から離れる時間を確保して自分の人生を楽しむことです。
恋愛も大いに楽しみましょう。

子供にとっても、ストレスフルでいつも疲れているお母さんより時々リフレッシュしながら生き生きしているお母さんを持つ方が幸せです。
子供は母親の機嫌を敏感に察します。
小さい頃ほど、母親の幸福度が子供の幸福度と密接につながっているとも言われています。
子供は身近にいる人をよく見ていますから、一番近くにいる母親が不幸せだと自分も不幸せに感じてしまいます。
つまり、母親が幸せにならなければ子供も幸せにはなれないのです。

子連れだからとクヨクヨしてばかりいると、子供にも良い影響を与えることはできません。
できるだけ活動的になって人生そのものを楽しむことが、子供にも良い影響を与えてくれます。
恋愛もその1つで、気になる人ができた時には積極的にアプローチしてみるのがおすすめです。
子供置いてデートはしたくないという時には、子供も一緒に出掛けられるところを選ぶといいかもしれません。
それを嫌がるパートナーだと、関係を長く続けることは難しいでしょう。
子育てに理解のある人を選ぶことが大切です。

パートナーがいるのはやはり安心感がある

愛しい人との恋愛を経て、多くの人に祝福される結婚式をあげて、幸せな生活を続けていても、どこかで歯車が狂うように二人の気持ちにズレを生じて、
やがて離婚という運命をたどることは少なくありません。
統計的には昔よりも最近の方が多くなっているということは、それだけ一人でも生活していけるという環境となっていることや世間体を気にしなくても良くなっているということがあるのでしょうが、
生涯の伴侶として選び一緒になった夫婦がそういう結末を迎えるというのは悲しいことには違いありません。

中にはもう二度と結婚したくないというように、懲りてしまう人もあるくらいです。
別れには様々な原因があるので、一概に決められないこともありますが、しばらくの年月が経過し、心の傷が萎えてきて、異性に興味が湧いてくるようであれば、
再婚ということを考えるのも、新しい人生という意味で良いのではないでしょうか。

しかし、再びハッピーをこの手にとか、今度こそ幸せで生涯の伴侶となる人との再婚をという場合には、気を付けなくてはならないことがいくつかあります。

まずは結婚生活が破綻した原因を見つめなおすことです。
思い出すのも鬱陶しいという人がいますが、失敗を直視することができない人は、再び失敗することが多いと言われます。
嫌だなという気持ちがあっても、二度同じ失敗はしないために、きちんと分析・把握することです。

そうすると、日ごろの言動とか、習慣、関心事項、短所など、相手との関係ではない、自分の問題点が分かってきます。
同時に、相手との関係でその問題点がどう影響したかもわかってくるはずです。

それらはいわばバツイチならではの経験を活かすということに繋がります。
特に相手との関係で、相手の話に関心を示したかとか、約束を忘れなかったかとか、謝るべき時に謝ったか、慰めるべきときにどうしたか、
なども心当たりが浮かんでくるはずです。

そして、再婚というときは、離婚の経験からすると、見た目に左右されるのは良くないとか、やはり心地よい距離感が必要だなというようなことも学んでいるはずなので、
それを活かすことです。

間違ってもやっていけないことは、過去の相手と比べてみることです。
自分がそうされたら、いやな気分になることはすぐ理解できるはずであり、それは相手も同じになります。

万が一、相手が子連れであったとしてもクヨクヨしないことも大事です。

要は再婚という場合、何が一番大事かといえば、その人と一緒にいられるという安心感であり、そのことは他の何物にも代えがたいことなのです。
「一緒にいるとホッとする」そんな気持ちを大事にすることがポイントなのです。

それがあれば、仕事に精が出ますし、他の人たちとの人間関係も良好になり、人生が充実してきます。

もちろん、再婚相手や家族との生活も自ずと楽しさや張り合いや出てきますから、再婚して良かったということになります。

中にはバツ二、バツサンというような人もいますが、謙虚な反省が少ないか、運が悪いということからの人が多いと言えるでしょう。
普通はバツイチで経験をきちんと生かして再婚した人は、ハッピーな生活を送る人の方が多いのです。

第二の人生とも言える再婚を決心するときには、過去の離婚経験を踏まえた上で次こそは幸せになれる夫婦になる事が一番大切です。
日本でも離婚経験のある男女は増えており、離婚経験がある人を将来の配偶者として考える事に抵抗がない人もたくさんいます。

過去の夫婦生活の中で離婚を決心した理由と経験をしっかりと踏まえることで、自分の新しい人生と結婚生活に何が必要か、どの様な相手を見つけるべきかを冷静にしっかりと考える事が大切になります。
辛い離婚であっても、過去の経験がこれから先の未来を明るく幸せなものにしていくエネルギーになります。
再婚を前向きに捉えて積極的に婚活している人はたくさんいるのです。

再びハッピーをこの手に、幸せすぎる再婚をするために気を付けること。
Rate this post