ハッピーメールでママ活は募集は可能?募集方法とリスクについて解説

ハッピーメール ママ活

「ハッピーメールなら、ママ活の相手が簡単に見つかりそう!」

そう思っている人は、多いのではないでしょうか?

しかし、 サイト内で堂々とママ活をしていると、強制退会させられるリスクがあります

今回は、ハッピーメールで上手にママ活をするコツとトラブルを避ける方法を解説します。

この記事を読んで分かること

  1. ハッピーメールでは、堂々とママ活はできない
  2. ハッピーメールで上手にママ活をするコツ
  3. ママ活にはリスクもあることをしっかりと理解しよう

 

 

\新規登録で120ptもらえる/
⇓ ハッピーメールを無料で登録する ⇓

ハッピーメール内では堂々とママ活募集はできない!

ハッピーメールは、ママ活やパパ活といった「金銭の受け渡しを目的とした行為」を禁止しているマッチングアプリです。

プロフィール、掲示板書き込み、メッセージのやりとりなどでママ活をしていると判断されると、アカウント凍結・サイトを強制退会されてしまう危険性があります。

「堂々とママ活の相手を探したい!」という人はハッピーメールを使わずに、TwitterやFacebookなどのSNSを使った方法がおすすめです。

しかし、ハッピーメールは国内最大級のマッチングサイトですから、「若い男性と割り切った関係を結びたい。」「年下の男性を応援したい。」という女性が多数利用しているのが現状。

そこで今回は、ハッピーメール内でペナルティを受けるリスクを避けながら、ママ活の相手を探すコツを紹介します。

ハッピーメールでママ活をするコツは?

ハッピーメールは業界健全化を目指しており、ママ活のような「金銭を援助してくれる女性を募集する行為」を禁止しています。

最近は、パパ活・ママ活が社会問題化していることもあり、取り締まりがさらに厳しくなっているようです。

掲示板やプロフィールで「ママ活募集中!」などとアピールすると、強制退会させられてしまうので注意してください。

しかし、運営側にバレないようママ活をして、お金に余裕のある女性と知り合うことは可能です

ここでは、ハッピーメールでママ活をしたい人のために、上手に相手を探すコツを紹介します。

年齢で絞る

ママ活できそうな女性へ手当たり次第にアプローチするのは、効率的ではありません。

まず、ターゲットにする女性の年齢を絞りましょう。

ハッピーメールでママ活の成功率がもっとも高いのは、スバリ30代の女性です。

この年代の女性は既婚・未婚に関わらず、時間やお金にある程度余裕のある人が多く、ちょっとした遊び気分で出会い系サイトを利用しています。

ホストクラブのように高額なお金を払い、プロに接客してもらうより、年下で普通の若い男性に癒やしを求めているのです。

また、30代を超えると徐々に劣化していく自分の見た目にコンプレックスを感じたり、周りからも若い頃のように大事に扱われなくなっていることに寂しさを感じています。

したがって、年下の男性とご飯を食べに行ったり、デートや買い物を楽しんだり、旅行に行って、同世代の女性に優越感を感じたいという願望があるのです。

ママ活したい男性はまず、30代の女性を狙うようにしましょう。

プロフィールを工夫する

ママ活を受け入れている女性には、共通の特徴があります。

それは、「夢に向かって頑張っている人を応援したい!助けてあげたい!」という母性を持っているということです。

人生に疲れていたり、頭が薄くなったり、みっともない体型になっていく同世代の男性にはない若さに魅力を感じています。

したがって、プロフィールを作るときには、夢に向かって頑張っている自分をアピールしてください。

「バイトしながら毎日ダラダラ過ごしてます。」「仕事がしんどくてやめたい。」など、ネガティブなことは書かないようにしましょう。

そしてもう1点、大事なことをアドバイスします。

プロフには、「年上の女性が好き!」というアピールを入れてください。

30代女性の多くは、自分の年齢にコンプレックスを持っており、「男の人は、若い女の子が好きなんでしょ。」と思っています。

そこで、「包容力のある大人の女性が好きです。」「年上で落ち着いた人がタイプです」など、年齢をセールスポイントに感じられるような文章を入れると、食いつきがよくなります。

職業で絞る

職業でママ活の相手を絞る方法も有効です。

ハッピーメールでは、プロフ検索で女性の職業を絞ることができます。

ママ活の成功率が高い職業を順番に紹介します。

不動産・医療関係者

いうまでもなく、高額所得者の多い職業です。

30代ならそれなりのキャリアを積んでいるでしょうから、経済的にも余裕があります。

仕事と恋愛を割り切って考えている人も多く、ママ活には欠かせない職業です。

専業主婦

最近は夫婦共働きの家庭が多いにも関わらず、専業主婦をしているということは、旦那さんの収入がそれなりに高いと予想できます。

30代の主婦は子育ても一段落しますし、逆に出産をあきらめた主婦は時間を持て余していることが多く、刺激を求めています。

「安定している今の生活をこわさない程度に、若い男の人と遊びたい。」と出会い系を利用している人妻は、ママ活の成功率が高いので積極的に狙っていきましょう。

風俗嬢(特にシングルマザー)

風俗嬢といえば、貢ぎ体質の女性が多い職業です。

その中でも、30代のシングルマザーで風俗の仕事をしている女性が狙い目です。

このタイプの女性は、ホストやヒモに貢いだ経験を持つ人が多く、男なしでは生きられないという特徴があります。

子供がいるので本気の恋愛は避ける傾向がありますから、ママ活のような割り切った関係にはピッタリなのです。

ハッピーメールでママ活をする際の注意点は?

ハッピーメール 

最後に、ハッピーメールでママ活する際に、必ず知っておきたい注意点を紹介します。

強制退会のリスクを大幅に減らすことができるので、しっかりと守ってください。

掲示板機能は利用しない

ハッピーメールには掲示板機能があり、恋人やセフレ、メル友、趣味友を探すには便利ですが、ママ活にはおすすめできません

あなた以外にも、ハッピーメールでママ活をしている男性はたくさんいます。

そのライバルが、あなたの書き込みを見て通報する可能性がありますし、運営側に目をつけられると、あらぬ疑いをかけられて強制退会させられるリスクもあります。

ママ活を上手くぼかした言い方で書き込んでも、判断するのはあなたではなく、運営側です。

それよりも、プロフィール検索から狙いやすいそうな女性をじっくり探した方が、結局は近道になります。

やりとりの中でママ活というワードを使わない

ハッピーメールは、数年前に売春防止法違反幇助(ほうじょ)容疑で摘発されたことがあります。

これは、掲示板での援助交際を意味する書き込みを放置していた、ことによるものでした。

結果は不起訴でしたが、それ以来ハッピーメールでは、掲示板やプロフなどでの援交・パパ活・ママ活を匂わせる言葉を厳しく監視しています。

また、メールで会話する際も、ママ活という言葉は厳禁です。

もちろん事件性がない限り、ハッピーメールの運営側が、ユーザー間のメールのやりとりを勝手に見ることは100%ありません。

規約にも、はっきりと書かれています。

しかし、やりとりしていた女性があなたのメールを通報すると、内容をチェックされる恐れがあります。

そうなると、弁解のしようがありません。

やりとりの中で、直接ママ活という言葉は使わないようにしましょう。

ママ活を実践する際の注意点は?トラブルの対処方法を紹介

ハッピーメールでママ活の相手が見つかり、理想的な関係を作ってからも、油断は禁物です。

ここでは、ママ活を実践する際の注意点、万が一トラブルに巻き込まれたときの上手な対処方法を紹介します。

ママがストーカーになる

最初はお互いに割り切った関係でスタートしても、相手が本気であなたのことを好きになってしまう可能性があります。

人間は「お金を出せば出すほど、相手を自分の思い通りにしたい。」という願望が強くなりがち。

ママが、あなたの行動を細かく監視するようになってきたら、危ない兆候です

さらに、ストーカーまがいの行為をしてきて身の危険を感じたら、少しずつ距離を置いて離れていくようにしましょう。

ママの夫にバレる恐れがある

ママが人妻だった場合、旦那さんにバレないよう細心の注意を払う必要があります。

万が一バレてしまった時に、「もう二度と会わないし、連絡も取らない。」という約束で事が収まればいいのですが、それ以上のトラブルに発展すると面倒です。

もし、不倫裁判を起こされたら、あなたに慰謝料が請求される可能性だってあります。

対策としては、人妻との連絡手段はLINEのように他人にバレやすい方法を選ばず、ハッピーメール内のメールを使うのがおすすめです

Twitterの裏アカやFacebookなどでもいいのですが、パスワードが漏れて知り合いに見つかったり、ネット上に拡散されると取り返しのつかない事態になります。

やはり一番安全なのは、サイト内のメッセージ機能です。

メールのやりとりが1通50円程度ですから、それほど費用もかさみませんし、どうしてもお金を使いたくなければ、ママに言えばポイント代ぐらいは負担してもらえるでしょう。

辞めときを決めておく

ママ活が上手く行き、経済的に余裕のある生活を経験すると、普通に仕事をするのが馬鹿らしくなってくると思います。

大学生なら、「就職活動するよりも、こっちの方が楽でいい。」と思うかもしれません。

自分が一か月必死で働いて、やっと稼げるようなお金が簡単に手に入るわけですから。

しかし、そういう暮らしがいつまでも続く保証はありません

ママがあなたを援助してくれるのは、あなたの若さや夢に向かって頑張っている姿を見て、「力になってあげたい。」と思っているからです。

ハッピーメールでママ活募集している男性は、他にもたくさんいます。

相手の女性が急に関係を終わらせようとするかもしれませんし、他の男性のところへ行ってしまう可能性だってあります。

「ママ活は○歳まで。それまでに、資格を取ったり就職活動する。」という風に、目標や辞め時をきちんと考えておきましょう

ママ活はリスクを常に頭に入れて活動するべき!

ママ活には、自分の経済力では不可能なものを手に入れたり、ワンランク上の生活を送れるなど、たくさんの夢があります。

しかし、それと引き換えにこれまで説明したようなトラブルに巻き込まれたり、突然援助を打ち切られる、というリスクがあることを忘れてはいけません

  • お金を無駄遣いせずに貯金する
  • 専門学校に通ったり、資格を取得する
  • 複数のママをキープしておく
  • トラブルになったときの対応を考えておく
  • 関係がバレにくい連絡手段を使う

ママ活をする際は、最低限でもこれらのことを考えておきましょう。

まとめ

ハッピーメールではママ活を禁止していますが、多くの男性がママを募集していますし、それを希望する女性も多いのが現実です

年齢や職業を絞ったり、プロフィール検索を活用すれば、ママを見つけるのはそれほど難しいことではありません。

ママ活は、通常の恋愛と違って金銭などの支援を受ける、特別な関係です。

理想的なママを見つかってからも、面倒なトラブルに巻き込まれるリスクを少しでも回避できるよう、注意して行動するようにしてください。

\新規登録で120ptもらえる/
⇓ ハッピーメールを無料で登録する ⇓

ハッピーメールでママ活は募集は可能?募集方法とリスクについて解説
Rate this post