50代でも『婚活』できる▼その方法は?

“50代の方の中にも結婚願望をお持ちの方は多いことでしょう。 一方で一般的な「婚活」をしてもなかなかその成果をあげることができるのではないというイメージからその一歩を踏み出すことなく諦めてしまっている方も多いかもしれません。 そのような方への情報提供を目的に50代の方であっても成果をあげやすい婚活方法を本記事では紹介しています。 焦点を絞った内容を紹介しているのでぜひ悩んでしまって活動の一歩を踏み出せていない方や身近にそのような方がいる方はもちろんのこと、 すでに活動中の方もぜひ参考にしていただけたらと思います。 ”

50代でも婚活ができる

“婚活をしたい50代の男性であれば、結婚をしたいけどどのようにしていいかわからないし、この歳で結婚するには手遅れかもしれないという思いをしたことがあるかもしれません。 誰しも傷つくことは嫌なので、この段階でやはり無理かもしれないということで婚活をするにも至らないケースがあります。 結論から言うと、50代でも婚活ができ婚活の方法をしっかりと選択することで難しくありません。 世間では50代の中で10人に2人が独身なのが現実です。 参考として40代の独身は10人に3人となっているので若干少なめになりますね。 できるだけ早い40代のうちに婚活をしておけば、良い結果が出ていた可能性が高くなります。 50代向けの婚活システムは年々増えて来ていて、婚活バスツアーやカラオケ演奏教室などもあります。 50代の婚活は他の世代と比べると、賑やかで楽しくできると言う結果も出ています。 逆に自分にエネルギーをくれる人・何かあった時に助け合える人・楽しい人生が過ごせるように趣味が共有できる人などがあります。 自分と相手に対しての幸せを優先して生きていることが功をなし、50代の婚活は明るく楽しいものとなっているのが現状です。 婚活をしていく上で大切なポイントは、結婚する目的を紙に書き出し明確にする・自分に相応の人を選ぶ・意思を強く持ち続ける・子供は物理的に諦めることです。 目的をはっきり明確にすることで、モチベーションも上がりますし、挫折した時も立ち直りやすいです。 今まで一度も子供を持ったことがない人は、人生の中で一度は子供を授かりたいと願う人もいますが、子供はできる限り視野に入れないようにします。 一般的な50代男性を例に出すと、子供を産むことができる20代・30代の相手が見つかる可能性は限りなく少ないです。 そこへ縛られてしまうと結局結婚ができないままで、苦しい時間を過ごすだけとなります。 ”

50代の婚活方法は?

“婚活に年齢は関係なく、何歳になっても活動することができます。 実際に50代で婚活している方は増えており、これは中高年で離婚するケースが増えているためです。 昔は離婚することは恥ずかしいと認識している方が大勢いましたが、現在はそうした時代ではなくなっています。 合わない相手とずっといるとストレスが溜まりますので、そうした場合は早めに離婚するのが得策と言えるでしょう。 やはり居心地のよい相手とずっと一緒にいるのが、人生を楽しくする上でのポイントと言えます。 とは言っても50代で婚活する場合、一般的な方法ではうまくいかないことが多いです。 男性にも女性にも言えることですが、年齢を重ねることで消極的になってしまうものです。 20代のころは積極的にアプローチができても、50代になると難しいという方は少なくありません。 自然な出会いを待っていても、向こうからやってくる確率は非常に低いと考えてよいでしょう。 マッチングという言葉もあるように、出会いというのは双方が求めないと成立しにくいのです。 日常的に出会いがなくて困っている方は、婚活サイトを利用するのがおすすめです。 再婚組が多く在籍する婚活サイトなら、50代でも大いにチャンスはあります。 相手に子供がいるのは避けたいという方は、子供なしを指定して探すことも可能です。 婚活パーティーやお見合いパーティーだと年齢層が低めですが、再婚サイトなら全体的に年代層が高いので安心して活動できます。 同じような年代層の方が在籍していることは安心感と自信につながるでしょう。 50代の婚活は焦らないことが何よりも大切なので、まずは友達探しから始めてみるとよいです。 最初から結婚ばかりを意識してしまうと、冷静に相手を判断することが難しくなります。 まずは相手がどのような人間なのか見極める必要があるので、同棲してみるのもよいかもしれません。 50代の婚活をされる方は、焦らないことが何よりの注意点となります。 ”

50代の婚活で注意する点は?

“50代の婚活で注意する点は、自分のことばかり話してしまいがちになることです。 人生経験が豊かになるとついつい現在までの仕事や趣味のことばかり話してしまいがちですが、 アピールとしては大切ですが相手に頑なで一方的な人だという印象を与えてしまいます。 まずは相手の話を聞き共通の話題を探ることから始めるといいです。 また仕事に対して自信をもっている方に多く見られるのが、自分の成功談を自慢気にひけらかしたり周囲の人と比べたりするような発言です。 仕事に意欲的な姿は若々しくて魅力的なのですがあまり長くなると自慢話にとられたりしますので詳しく話すのは聞かれたときだけにした方がいいです。 またこれは男性に多いのですが、かなり年下の女性を好む傾向があるということです。 50代を過ぎた男性がなるべく若い女性がいい、子供が産める年齢の女性がいいというのはかなりの悪印象を与えますので、 相手の年齢を第一条件として考えている場合は再検討の必要があります。 恋愛の対象となる相手をさがすというよりもこれからの人生をともに歩んでくれる方を探すという視点が大切です。 婚活をしていくうえでメールやインターネットを活用することもとても大切です。 せっかくデートをすることになっても、行き先や食事場所が相手任せになってしまっては熱意がないと受け取られてしまいます。 相手に好みを聞いて調べて提案してみることも大切ですし、いくつか候補があって決められない場合は正直にどこがいいか相手に聞くのもよい方法です。 やりとりの回数が増えることで相手を知る機会が増えますし、一生懸命調べたことが伝わり好感をもってもらうことにもなります。 また、メールやSMSのやりとりを上手く利用することも大切です。 こういった連絡ツールは面倒に思えても使用することを拒否してしまうと相手に自分と連絡を取りたくないのだと思われてしまうので排除しないように努力することが大切です。 返事が遅れた際もメールは得意ではないので返事が遅くなりました、などと添えると好感度をあげることにもつながります。 50代を過ぎた方は恋愛からしばらく遠のいていた場合も多く、相手に自分をうまくアピールできない方も多くので、 せっかくの出会いの機会を逃してしまわないようにすることが大切です。 ”

50代で本当に出会えるのか?

“50代での婚活では、本当に出会いがあるのかと疑問に思っている方も少なくないでしょう。 50代にもなって今更いい人に出会えるわけがない、婚活の場で自分が相手にされるわけがないとあきらめていませんか。 実はまったくそんな心配はありません。 50代でも素敵な出会いをみつけている人はたくさんいるのです。 50代で婚活をする人は大きくふたつに分かれます。 まずはこれまで仕事などで忙しく、結婚を考えてこなかったが人生半分を過ぎて改めて結婚について考えた人です。 このような人は、かなりの勇気をもって婚活をおこなっているはずです。 結婚はしてこなかったかもしれませんが、独りで何でもできる生活力もあるでしょうし、ばりばり働いてきたという実績もあります。 とても素敵な魅力をもっているのです。 自分に自信をもって、自分の持っている武器をアピールしていけば、必ずよい出会いがあります。 同じような人生を歩んできた異性もいると思いますからそのような方と出会えるかもしれません。 二つ目は、離婚歴があり子どもが大きくなったので再婚を考えている人です。 子どもが手を離れてから改めて自分の人生について、幸せについて考え始めた人がほとんどだと思います。 そんな人は結婚生活で嫌な思いや苦しい思いをしてきた人もいます。 しかしもう一度結婚したい、人との出会いを求めたいと思っているのですから、ありのままの自分をみせれば、必ずいい出会いがあります。 子どものことや、前の結婚のことなども問題はあるかもしれません。 しかしそのような事情を全部含めて理解してくれる人はいます。 勇気を出して婚活をしてみましょう。 このように50代でも、婚活を始めるのに遅すぎることはなく色々な出会いの可能性が待っています。 ではどのような方法で婚活をすればよいのでしょうか。 次の章では50代におすすめの婚活について紹介していきたいと思います。 ”

50代の婚活にお勧めは?

“結婚相手を見つけたいと思っているのは若い世代ばかりではありません。 若い世代の方が結婚しやすいため、ある程度の年齢になると諦めてしまう人もいるわけですが、年齢が上がったら絶対に結婚できないわけではないので、諦めてしまうのは早計です。 たとえば、50代になってからの婚活も十分可能だといえます。 ただし、20代のように簡単に相手を見つけることはできないため、工夫をしながら婚活をすることが欠かせません。 やみくもに相手探しをしているのでは、いつまでも相手探しをするだけになってしまいます。 まずは、50代で婚活をするのに適した方法が何なのかを考えるようにします。 年齢によって相手探しの方法は変わってくるのです。 20代や30代であれば合コンで気軽な出会いを求めることができますが、50代になってから合コンに足しげく通うというわけにはいきません。 50代の場合、同年代で真剣に結婚を考えている人が登録している婚活サイトに登録するのが基本です。 婚活サイトは、若い世代の人が多く利用している出会い系サイト・マッチングアプリとは異なり、真剣な気持ちで結婚したい人が多く登録しています。 自分と年齢が近い相手を探すのが容易なので、スムーズに相手探しを進めることができるのです。 とはいえ、どのような媒体を利用していたとしても、50代で簡単に結婚できることは稀だといえます。 婚活サイトに登録した後、何ヶ月も相手が見つからず、寂しい気持ちが続いてしまうケースは意外と多いです。 なかなか結婚できないのが自分だけだと思ってしまうと、途中で挫折しそうになってしまいます。 他の50代の人も同じように苦労しているのだという現実を知って、諦めずに続けていくことが必要です。 婚活サイトに登録していれば、専門のアドバイザーなどからのアドバイスを受けることができます。 悩み・不安が出てきたら、すぐに相談することが望ましいです。 ”

50代の婚活には何が必要?

“婚活をしている人は30代から40代・40代から50代と年々年齢層も上がって来ているのが現状です。 50代以上の女性が婚活をしているのも最近は珍しくなく、若々しい人も多い印象ですね。 50代の婚活のために準備するものは心意気です。 次に結婚相談所か婚活イベントかどちらにしようか悩む人も多いですね。 必要なものはそこまでないのですが、自分という素晴らしい商品を売り込むための準備を進めることが一番必要で、婚活を成功させるポイントでもあります。 自分を売り込むためには、どこが魅力であるかを知る必要があります。 これは紙に一つ一つピックアップしていくことでわかりやすくなります。 日本の文化としては謙遜することを美徳とする文化がありますが、謙遜しすぎる人は逆に人に嫌われやすいとも言えます。 特に50代の人は、謙遜してしまう文化の全盛期にいたためこういう傾向が強いです。 相手も同世代であればあまり関係ないと言えます。 例えば「綺麗ですね」と言われた場合、「そんなことないですよ」と言いがちですがここは「ありがとう」というべきです。 婚活市場では自分は商品として扱うべきで、自信の持てない商品は売るべきではないとさえ考える必要があります。 魅力は客観的に見ることが大切で、褒められても否定してしまうと相手は「そうなのか」とその通りの受け取り方をします。 これとは相反することで嫌がられるのは、「綺麗ですね」と褒められて「私綺麗ですよね。 そうなんですよ!」と進み過ぎてしまうのは空気が読めていません。 「ありがとうございます。 そちらも素敵ですね」と軽く受け流しができるくらいがちょうどバランスが取れています。 あまりこういったコミュニケーションに慣れていない人は、受け答えの練習をしておいても損はないかもしれません。 自分が好きなタイプについても、紙に箇条書きで記していきます。 漠然とかっこいい人といっても、紙に書き出すと意外とわかりやすいです。 ”

50代の婚活で結婚した人はいるの?

“最近は晩婚化が進んで来ており、50代で結婚していない人がいます。 結婚自体は本人の価値観の問題なので、してないことについては全く問題ありません。 問題があるのは50代の方が結婚をしたいと本気で思っている時に、実際に結婚をすることができるのかということが課題になります。 今までずっと独身でいたのだから、他人と暮らすのは正直面倒という考え方もあります。 また、一人の方が気楽に過ごせるというような考え方がある一方、残った人生を最高のパートナーと一緒に過ごしていきたい・経済的に一人では厳しいので、 誰か一緒に生活してほしいという人もいます。 歳をとるごとに死と向き合う機会がありますが、こういったことを想像した時に一人では心細いと思える人もいるようです。 現実的なことを言うと、年齢を重ねると年齢の数だけ結婚することは厳しくなります。 結婚や再婚を希望している婚活の年代が高齢になる程少なくなっていくからです。 今まで結婚をしたことがない50代で、恋愛に不慣れな人はお見合いでやっと異性と知り合えたのは良いけど、どう対応して良いのかわからないという壁にぶち当たります。 また、恋愛を重ねて来た50代は、相手への理想が飛び抜けて高いので理想の相手からは選ばれることがないという結末に終わります。 50代の婚活は実に厳しい状況ではありますが、全く結婚ができないということでもありません。 自分を見つめ直し、どのような売りがあるのかを研究します。 自分を客観的に見つめることは非常に大切で、それができないと独りよがりでナルシストになりがちです。 自分は相手に何ができるかという項目を書き出し、相手が自分と付き合ったり結婚すればこのようなメリットがあるということを伝えます。 若いうちは外見での勝負も問題なく可能ですが、それは昔に過ぎてしまった過去なので内面の素晴らしさプラス何ができるかを考えることがポイントです。 ”

“「50代」というなかなか婚活のイメージをもたれにくい世代の「婚活」事情に関するさまざまな情報を紹介してきた本記事でしたがいかがでしたでしょうか。 なお、本記事で紹介しているのはあくまである側面から見た婚活事情の話です。 当然当人の性格や運によってその成果は異なります。 あまり肩ひじを張らずまずは気軽に行動してみるのがやはり一番でしょう。 50代だからと言って遅いということはありません。 考えすぎず良い出会いを得ることでより豊かな人生を歩んでいただけたら何よりです。 その際の参考にぜひ本記事をご活用ください。 “

50代でも『婚活』できる▼その方法は?
Rate this post