外国人との出会いを夢見ている人へ

“日本人が嫌いな訳ではないけれど、ドラマや漫画などの華やかな外国人の印象が強くて外国人と出会って付き合いたいと考える人は少なくありません。 しかし、最近は外国人労働者なども増えていて、接する機会は増えているものの、付き合うに至るきっかけまではなかなか掴めないものです。 また、運よく外国人の方と知り合えても理想の方とは限りませんし、理想に近かったとしても相手から興味を持たれなければ交際することは出来ません。 ここでは、より多くの外国人と効率よく出会い交際にまで至る方法や、その際の注意点などについて言及したいと思います。 ”

外国人との交流で豊かな価値観を得るために

“外国人と出会いたいと考えている人にとって、単純に外国人に興味があるという人も少なくありません。 異性として魅力的であることはもちろんですが、それ以外にも日本にはない価値観を持っていることが多いのです。 例えば、日本では謙遜することが美学の一面がありますが、海外ではそれは通用しません。 自己アピールしないものは容赦なく切り捨てられてしまいますし、謙遜してしまうことは損をすることと同義なのです。 このように日本人では当たり前の価値観であっても、海外では全く通用しないものも多くあります。 外国人との交流は、日本で育った日本人にとってカルチャーショックを受けることばかりかもしれません。 食べ物一つでも違っているのです。 例えば、ブラックコーヒーを好むのは日本人だけだということをご存知でしょうか。 日本に滞在している外国人の多くが、ブラックコーヒーの存在に驚いたと言います。 わざわざ苦いものをどうして飲むのかという疑問を持っているのです。 このような些細なことから、恋愛観に至るまで、今まで自分にとって当たり前だと思っていたことが、交流することで幅広い価値観を持つことができます。 外国人との交流というのは、今まで考えたこともなかったようなことを考えさせてくれる切っ掛けでもあります。 日本にとって当たり前のものは海外では当たり前ではありません。 それまで何の疑問も抱かなかったことすらも、疑問に感じるようになるでしょう。 そして、それについて答えられない自分にも気づくはずです。 外国人と交流すれば、このような面でも価値観を変化させてくれます。 また、恋愛面においても今までとは違った経験ができるかもしれません。 日本では男性を立てるという慣習がありますが、海外ではレディーファーストで女性が優位になることが多いのです。 一度外国人と付き合った女性は、日本人とは付き合えないというぐらい女性にとって心地の良い関係を与えてくれます。 もちろんすべての国の人がレディーファーストではありませんが、今までとは違う扱いに戸惑うこともあるでしょう。 豊かな価値観を与えてくれることで、自分自身も豊かになります。 今までの概念を取り払って考えられるようになったり、行動することができるようになるかもしれません。 今までには考えつかなったことも考えられるようになるでしょう。 自分の価値観を変えたいという人や、色々な国の文化を知りたいという人は是非外国人と交流してみてください。 ”

こんな仕草は注意。文化の違いから来るトラブルを防ごう

“外国人との出会いを希望するならば、知らないうちに相手から誤解される仕草はしないようにしましょう。 例えば可愛さを狙って人差し指で頬を差すのは侮辱のサインです。 特にメキシコ人が相手だと頭がおかしいと馬鹿にするためにやっていると誤解されます。 頬をつねってみせるのも外国人相手には可愛くとも何ともありません。 イタリアでは魅力的な女性に出会った時や美味しい料理を食べた時にする仕草ですが、他の国では侮辱を意味します。 自分の顔を指差ししても、外国人には伝わらないことが多いです。 日本では自分の顔を指差せば自分のことを示していることが分かりますが、外国では自分を示す仕草では手を胸に置きます。 顔に指を差しても伝わらず鼻をかこうとしている間抜けな動作に見えます。 こちら側に来てほしい時においでと手招きします。 アメリカでは意味が正反対で手招きは「あっちへ行け」という意味になります。 おいでを正確に伝えるならば手のひらを上にして指をクイッと内側に向ける必要があります。 ただしオーストラリアでは意味は通じますが、無礼な仕草なので仕草ではなく言葉を使うのが無難です。 手のひらを相手にヒラヒラを向く仕草は、日本では「さようなら」として使われています。 遠くの人にすれば自分の居場所を教えるのに便利です。 韓国では同じ仕草を犬に対して行っているので、韓国人にさようならを言う時は手のひらは下に向けて上下に振ります。 運動不足で体が重たい人がやってしまいがちなのが、手をお尻に当てながら腕が曲がった状態で立つことです。 体を支えることができますが、インドネシア人が見ると怒っていると勘違いします。 無礼な仕草にはなりませんが、攻撃的な人だと認識されるので恋愛に発展しにくいです。 アメリカでは良い意味の親指を立てることも、イランでは最もタブーとされます。 これ以上ない侮辱で中東や南米でもあまり良くない意味で捉えられます。 人差し指と親指で作るOKサインも、アメリカ人に対してはそのままの意味で伝わります。 しかしブラジルでは男性に行うと肛門、女性に対しては女性器を意味し、下品に相手を侮辱したことになります。 フランスではゼロという意味なので、人に向かってするのは失礼です。 このようにタブーとされる仕草は国によって異なるので、最低でも侮辱を意味するものは頭に入れておきましょう。 言葉の壁を補助するために使った仕草が原因で、相手に悪い印象を与えることがあります。 ”

ここが変だよ、ジャパニーズイングリッシュ

“オリンピックを間近に控え、昨今の日本では国際意識が高まっています。 「外国人と仲良くなってみたい」「英語をしゃべる機会を作ってみたい」などと考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、実際に出会い交流する前にぜひ知っておいた方が良い事の一つに和製英語、ジャパニーズイングリッシュがあります。 通じない、勘違いされた、などという場合を少しでも防ぐためにもどんな言葉がジャパニーズイングリッシュなのか?正しく英語で伝えるには何と言ったらいいのか?ということを知っておきましょう。 その1「サラリーマン/オーエル」自己紹介をするときなど、職業の話をすることは多いですよね。 その際についつい使ってしまいがちな言葉がサラリーマン、オーエルという単語です。 実はこれ、どちらもジャパニーズイングリッシュなんです。 これらの単語を英語で表現するとan office workerとなりますが、英語圏では具体的な職業をいうのも比較的よくあります。 例えば銀行員であればa bank employee、会計士であればan accountantとなります。 その2「アルバイト/フリーター」職業の単語で気を付けておきたいのがアルバイトとフリーターです。 実はこの単語、英語ではなくドイツ語のarbeitという単語から来ているため、英語で話す際には使えません。 英語ではフルタイムではない仕事はpart-time jobフリーターはpart-time workerと呼びます。 日本ではパートというと主婦の方などが平日の決まった時間に働いている場合に使う言葉というイメージが強いですが、学生が土日に働く場合などもこの表現で大丈夫です。 その3「ノートパソコン」英語ではノートという言葉を単独で使うと書き留める、書き記すなどの意味になるのでnotebook PCという必要があります。 またLaptop computerという言い方の方が一般的です。 ちなみにLaptopとは膝の上という意味になります。 その4「ハーフ」日本では両親がそれぞれ違う国の方をハーフと呼びがちですが、海外では少し偏見的や差別的と思われることもあるようです。 half American and half Japaneseなど具体的に言ったり、mixed-race、dual heritageなどの表現を使うと失礼がありません。 人によっては差別的表現に敏感な方もいらっしゃるので是非気を付けておきたいポイントですね。 その5「ファイト」日本では励ます際などにファイトという言葉を使いますが、英語で応援したいときはGood luckやYou can do itなどと言いましょう。 また、今まさに頑張っている場合にはHang in thereやKeep it upなどの表現も使えます。 ”

外国人との交流で一番大切なこと

“コミュニケーションというと、すぐに言葉をイメージする人が多いです。 しかし、実際には言葉だけでコミュニケーションが成立するわけではありません。 仕草や声のトーンなどさまざまな要素を使うことで、相手とわかりあえるのです。 それは外国人とのコミュニケーションも例外ではありません。 外国語さえ話せれば分かり合えるというのは甘い見通しといえます。 外国語以外の要素のほうが重要な割合を占めているケースも見受けられます。 たとえば、つたない日本語しか話せない外国人タレントが人気者になった事例は多くあります。 つまり、言葉が不自由というのは致命的なマイナスにはなりません。 それ以外の要素によって好感を与えらえることも多いのです。 これは外国人との交流において重要なポイントになります。 その中でも欠かせないのは、交流を望む強い気持ちです。 仕草や声のトーンなどは、気持ちによって無意識のうちに大きく変化します。 外国人に憧れて単純に出会いを求めている人の場合は、表面的なやりとりに終始してしまいがちです。 一方でしっかりと交流したいと考えている人は、深いレベルでの相互理解を可能にする努力をします。 無意識であることも多いですが、全身を使って必死に分かり合おうとするのです。 それを目の当たりにした外国人は嫌な気持ちにはなりません。 自分との交流を大切にしてくれていると感じて、心を開いてくれやすくなるでしょう。 そうなるとこちらも緊張がほぐれていき、より大胆にいろいろな表現ができます。 外国人を相手にするのは、日本人と接するより難しいのは確かです。 しかし警戒しすぎて自らハードルを高くするのは得策とはいえません。 もともと言葉が通じにくいのに、萎縮するとますます意思の疎通がしにくくなります。 外国人に交流したいと感じさせる最低限の条件は、自分も同等以上の気持ちを持っているということです。 言葉を間違えることなど恐れる必要はありません。 あくまでもツールの一つに過ぎないことを理解しておきましょう。 ただし、決して外国語が不要と言っているわけではありません。 交流を望む強い気持ちがあり、なおかつ流暢な外国語を話せるのがベストなのは言うまでもないでしょう。 つまり、努力して外国語を学ぶことも、分かりあうための誠実な取り組みです。 その他にも、自分の頑張り次第で交流に広がりや深みを出せます。 あくまでも気持ちが大事ですが、それを際立たせるための頑張りも欠かさないようにしましょう。 ”

こうすれば上手く行く。経験者が語る外国人との交流テクポイント

“外国人との出会いを目指していても、日本人風の考え方で行動していると意見が合わなくてすれ違ってしまったり、アプローチの仕方が全く異なるため恋愛のサインを逃してしまい、うまくいかないことがよくあります。 日本人は基本的に控えめでおとなしい性格なので、日本人の中では積極的に見える人でも外国人から見るとすごく控えめだと思われています。 交流をするときも、「迷惑になるのがいやだから」「あつかましい人だと思われたくない」「相手が先にいたから自分は後ろに行かなければいけない」など慎ましやかな考えだと他の人に先を越されてしまったり、やる気のない人だと思われることもあります。 海外留学の経験があったり外資系で働いているような、外国人と交流する機会が多い経験者の意見を聞くと、交流のポイントはとにかく積極的に前に出て出会いを探すことです。 日本ではあまり見かけませんが、外国ではレストランやバーに座っていて、店内で気になる相手を見つけたらウインクをして好意を持っている合図をし、近くに行ってすぐ話しかけたり連絡先を交換するのも普通に行われています。 見ず知らずの他人にいきなり声をかけることは日本人の考え方だと迷惑行為ですが、外国では当たり前なので気になる異性にその場で話しかけても問題はありません。 相手のほうから声をかけられたときも、日本人はびっくりして逃げてしまったりすぐに会話を終わらせてしまいがちですが、それでは交流につながらないので向こうが好意を持って接してきたら、自分も出会いを探すような気持ちで会話を続けてみるのがおすすめです。 もし気が合わなかったり嫌がらせのようなことをされたらその場で会話を終了すればいいので、まずは試してみるように心がけましょう。 外国人はイベントに出かけたり、アウトドアやスポーツも好きでアクティブに行動します。 デートのお誘いや友達としての交流も、家に引きこもってメールの交換をするだけではなく積極的に外に出て散歩やジョギングをしたり、神社仏閣巡りをしたり、食べ歩きやスポーツ観戦など何でもよいので外出する機会を作ったほうが成功します。 海外在住の人と交流をするなら一緒に出かけるのは無理ですが、なるべくリアルタイムでチャットをしたりテレビ電話を使って顔を見ながら話すなど、相手とつながっていることを意識してみましょう。 日本人風の考え方を見直して、外国人がどう思うのか、交流のテクニックを知っておきましょう。 ”

外国人との出会いで変わったこと

“外国人との出会いで変わったことは多くあるでしょう。 これまで外国人とまったく関わったことのない場合はなおさらです。 それまでの自分自身の世界が一気に広がっていくのを感じるはずです。 日本国内だけでなく海外へも関心が向くようにもなるでしょうし、積極的に自分から進んで行動しようという意欲がわく場合もあります。 外国からの文化が日本に入って来たときの日本人の姿とあなたの姿がダブって見えることもあるでしょう。 それだけ外国人との出会いは大きな変化をあなたにもたらしてくれるはずです。 外国人との出会いで変わったことは、あなたのそれまでの外国人への考え方が一番大きく変わると思います。 それまで外国人というとちょっと近寄りがたい印象を受けていた場合は、外国人の気さくで陽気な性格に警戒心が解け親しみを覚えることもあるでしょう。 進んで日本の文化などを学ぼうと努力している海外から来た人も多くいます。 そのような人と出会うとその真剣な姿に自分も協力してあげたいと思う気持ちが強くなるかもしれません。 自分から積極的に交流を深めて行こうという気持ちにもなるでしょう。 誰でも話してみないとその人の性格など分からないものです。 日本人でも海外の人でもそれは同じです。 あなたが積極的に交流を深めて行こうとすれば相手もそれに応えてくれるはずです。 外国人との出会いで一番変わることはものの考え方かもしれません。 日本人は保守的な人が多いと言われます。 小さな島国に育って鎖国などをして来た日本の歴史が深く関わっているのかもしれません。 それに対して海外の人は自分から進んで外の世界へ出て行こうという意欲が強いです。 積極的にそこに住んでいる人と交流を深め、積極的にそこの文化を体験しようという意欲が強い人が多いです。 そのような姿勢が海外の人のフレンドリーな性格として現れているのだと思います。 なかには人見知りの外国人もいます。 実際は人見知りだけど自分の好奇心に勝てずに日本へやって来たという海外の人も多いです。 自分の知らない国で暮らすには自分一人ではどうにもできません。 人見知りでは仕方がないので積極的に交流を持とうとします。 日本人の「困っている人がいたら誰にでも優しくする」という国民性がそのような海外から日本へ来た人には新鮮に映るはずです。 日本のことを好きになってもっと知りたいと思うようになるのは自然な流れです。 外国人とのそのような交流を通して積極的に新しい出会いを求めるのも良いでしょう。 ”

日本人視点。こんなアプローチは正直困った

“日本人とは文化や風習などが異なる外国人からのアプローチを受けて、うれしい時もありますが、困ってしまうこともあります。 積極的で明るく、フレンドリーな人が多いので、出会いがあったときにも大変積極的で、日本人にとっては困ってしまう場面があるのです。 どんな時に困った経験があるのか知っておくと、自分が困ってしまったときに落ち着いて対応することができます。 積極的で、フレンドリーだったり、文化や言葉の違いによって困ってしまう場合が多いようです。 外国人は積極的で、ストレートに感情を伝えてきます。 一目ぼれをしたということなのかも知れませんが、会ったその日のうちにプロポーズされて、さすがに断ったのですが、自分が運命の人であることをその後もずっとアピールしてきて、毎日のように電話やメールでプロポーズされて困りました。 押しが強くて断り切れない日々が続き、苦痛に感じてきて、メールの返事を出さないようになり、電話にも出なくなってもなかなかあきらめてくれませんでした。 最初にプロポーズされたときに、その気がないならはっきりと断り、連絡先も教えなければよかったと後悔しています。 大変フレンドリーで親しみやすい人からアプローチされて、最初は気分よくお付き合いも考えていたのですが、だれとでもフレンドリーで、プライベートという感覚も違うので、まだ付き合っていないのに友達や職場の人に気軽に紹介されたりして困りました。 自分以外の相手ともフレンドリーなことが分かってきて、お付き合いすることはやめました。 日本人とはやはり感覚が違うと思います。 片言の日本語と片言の英語でお酒をすすめられたり、ホテルに誘われたりして断るだけで大量に汗をかくほどのピンチでした。 とてもよい人でルックスもよかったのですが、真剣になればなるほど母国語が出て、何を言っているのかわからないという状態になります。 感情が高ぶっていることだけが分かって、内容が分からないので、ひやひやしました。 そのうち文化の違いなのかTPOにも微妙な違和感を感じるようになり、相手の方も日本のあいまいな文化を理解できずということが続き、すっかり嫌になってしまった経験があります。 お互いに頑張れれば言葉の壁を乗り越えられたのかもしれませんが、お付き合いをしたいという話になってアプローチされたときに、親の顔が浮かび、親にまで困惑させるわけにはいかないという気持ちになってしまいました。 ”

外国人視点。こんな素敵なアプローチがあった

“自分は将来は外国人と付き合いたいとか、将来は海外で素敵な人と出会いたいと考えている方も少なくはないと思います。 今回は外国の方の素敵なアプローチについてですが、やはり外国の方は様々な方法を使ってあなたを虜にしてくれます。 主な方法としては、その文化の違いを使ってくるアプローチがとても多いです。 まずは、やはり言葉の違いを上手く使ってくるアプローチです。 例えば、日本に来た外国の方は当然日本語は上手くない事は言わなくても分かるはずです。 道を聞きたいけど上手く伝えられないということは多々あるわけです。 そんな時にはやはりジェスチャーのような非言語的な部分を使ってくる事が多いはずです。 その非言語的な部分が魅惑のアプローチの一つです。 最初は可愛いたどたどしい日本語に可愛いや、愛くるしい、面白いと思う日本人も多いはずです。 ですが、あなたが道を丁寧に教えて感謝の気持ちを伝えられるとします。 その時の感謝の気持ちを伝えるためにハグをされたり、手にキスなどをされたりしたらどうでしょうか。 さっきまでたどたどしい外国の方が突然ぐっとくるアプローチをしてきたら、そのギャップに照れたり、惚れたりするはずです。 このような文化の違いからを使ってアプローチを仕掛けてくる外国人が多いです。 次に、人物的な違いを使ってくるアプローチです。 これは、日本人というのは、恥の文化とも評されるほどに奥ゆかしい、おとなしいというような人間なのです。 逆にスペインやアメリカのように外国というのはとても情熱的、熱狂的というようなとにかく日本とは真反対に位置するような人たちなのです。 つまり、情熱的、熱狂的ということは積極的という表現も出来るわけです。 例えば、外国の方があなたのことがすごく好きだとします。 ちなみに面識はなく、今日、たった今この瞬間で好きになったとします。 恐らくですが、この外国の方はあなたのところに近寄ってくるはずです。 そして、「素敵な人」や、「一目見て好きになりました。今から一緒にお食事でもどうですか。」というような日本にいると味わえないような誘い方をしてくるはずです。 ここ部分の一途なアプローチが日本の人にはないアプローチです。 日本には草食系男子という言葉があるようにあまりこういったアプローチをすることはないですが、対して外国の方は肉食系男子というような位置にいますので、ガツガツ来ます。 また、たとえ誘いを断ったとしても外国の方はとても紳士なので、「お気をつけて。お嬢さん」と言ったようにフォローが上手でもある人たちです。 後でその優しさに惚れてあの時素直に食事に行けばよかったと後悔する人もいるのではないでしょうか。 最後になりますが、おさらいです。 外国人視点でのアプローチは言葉が通じないところを使ったアプローチと熱狂的、情熱的という性格を使った人物的な違いを使ったアプローチです。 素敵な外国の方と出会い、素敵な恋愛が来ることを祈っております。 ”

不用なトラブルを避けるためにできること

“外国人との出会いを求めると、言語の壁などの様々な問題にぶつかることになり、トラブルに発展することがあります。 不要なトラブルを起こさないために注意すべきことを紹介します。 まず、最もトラブルになりやすいのが言葉です。 どちらかが完璧に相手の国の言葉を話せる場合はともかく、そうでない場合は言葉が通じない、わからないなんてことはよく起きます。 その際によく起こるのが、そう言ったつもりはなくても相手にそう取られてしまうことで発生するトラブルです。 多分こういうだろう、と思って曖昧なまま外国語を話すと、違う意味の単語で相手をけなしていた、という場合があります。 わからない単語は手間でもしっかりと調べることが大切です。 他にも、翻訳機を使って会話したらちゃんと伝わらなかったパターンも多いです。 インターネット上で翻訳機が使えたりと便利な世の中になりましたが、翻訳機の精度は未だ高いとは言えません。 一度翻訳した言葉を再度翻訳して日本語に戻してみると全然違う言葉になっていたりします。 そのため翻訳機に丸投げするのはやめておいたほうがいいです。 とはいえ、どうしてもわからない言葉が出てきた場合は、単語単位で翻訳するようにしましょう。 文章単位だとおかしくても、単語単位だとかなりの精度で翻訳できるので、仮に文章を翻訳したいのなら単語単位で翻訳したものを文章に並べましょう。 文法が多少違っても、片言の日本語を聞いて意味が分かるように、意味は問題なく伝わります。 また、その他にもスラングなどから地域によっては蔑称ととらえられる言葉などもあり、それらも注意が必要です。 例えば、食べ物をたくさん口に入れていた様子「リスみたいにかわいいね」と言ったとします。 小動物みたいで愛らしいという意味で言ったつもりが、相手によっては肌の色が黒い、茶色いって意味にとられたり身体が小さい人種だね、という意味にとられたりと人種差別のように感じる場合があります。 日本人の感性では問題ないことでも、相手の出身などによっては大きな問題に感じることもあるので、わからない場合は何かに例えたりすることはやめておいたほうがいいでしょう。 もう一つ気を付けたいのが文化の違いについてです。 宗教上の理由によって食べられないものがあったり、してはいけないことがあったりなど、そんなことかと思う事が相手にとっては人生の根幹に影響している場合があります。 国によっての違いはもちろん、宗教の違いは非常に大きな問題になりうるので、相手のことをよく知り、駄目なことなどを調べておくとよいでしょう。 その他にも日本人同士ではなんでもないようなことからトラブルに発展することもあります。 相手のことをよく知り、相手の文化のことを良く調べておくと不要なトラブルを避けることができるでしょう。 ただ、相手も言語の壁や文化の壁については承知済みなので、ここに書いたことを実際にやっても問題ないことが多いです。 とはいえ、いやな気分にさせてしまうことには変わりないので気を付けましょう。 ”

“外国人の方は、日本人とは慣習が大きく異なるため、運よく出会えて友人になったとしても交際に至るにはいくつかの障壁がある場合があります。 具体的には上に述べたように、価値観が異なる・文化の違い・言語の使い方の相違・アプローチの仕方・交際の申し込み方・断り方などが挙げられます。 これらの障壁をうまく乗り越えて上手く交流して交際し、深くも長い付き合いをゲットしたいものです。 この記事に書いてある注意点は絶対的な基準ではなく、また、すべての外国人の風習に合わせている訳でもありません。 しかし、最大公約数的なものとして多くに利用できるものだと考えています。 “

外国人との出会いを夢見ている人へ
Rate this post