『遅くはない』出会い★50代★

“日本は世界の中でも有数の長寿国であり、人生は80年とも言われるようになっています。 さらに日本では晩婚化が進み、結婚した夫婦の3組に1組は離婚するというデータもあるのです。 だからこそ50代になっても独身の人は増えており、これから先の何十年という人生をどう生きていくか真剣に考えている人がたくさんいます。 50代であっても出会いのチャンスはたくさんあり、もう若くないからと恋人や生涯の伴侶を探すには遅くありません。 色々な人生経験をしてきた大人だからこそ他の人にも優しく思いやりを持てるのであり、自分の経験を活かした新しい出会いを求めて理想の相手を見つける事は難しくないのです。 ”

やはり恋は時を選びません

“恋をするのは若い人がすることだと思っている人も多いですが、決してそんなことはありませんし、 恋をするのは何歳からだっていいですので、50代になってからでも全く問題はないのです。 50代になってから恋に振り回されるのはごめんだと思うかもしれませんが、恋をするからこそ仕事にも身が入るというものですし、 人生に張りを与えてもらえるようになりますので、50代からの恋もメリットはたくさんあります。 50代は若い年代に比べて出会いの数は少ないですが、出会おうと思えばいくらでも出会えます。 同年代の人はみんな結婚をして家庭を持っていると思うものですが、実はそうでもなかったりするのです。 50代になると子育ても落ち着いて、それぞれの人生を歩もうと思って離婚をして独り身になっている人も多いですし、仕事に夢中になりすぎて婚期を逃しているという人もいます。 周囲を見渡してみても同年代の独身者がいなかったとしても、探してみればいくらでも独身者はいるはずです。 恋をする相手は同じ50代でなければならないわけではありません。 自分よりも年下の人に目を向けて見たり、年上の人にも目を向けてみるようにすると素敵な出会いがある事もあります。 同年代にばかり目を向けていた人の場合、年代が違う相手の魅力を知ってしまうと、たちまちのめりこんでしまうこともあるほどです。 思った以上に会話が弾むこともありますし、若いエネルギーをもらう事も出来ます。 自分よりも人生経験が豊富で博識の相手との出会いは、世界が広がったような気持ちにさえもなれるはずです。 相手との出会いが自分にとって最高のものにできるかは、出会った後の行動にも言える部分があります。 興味が持てる相手に出会ったのであれば、チャンスを逃すべきではありません。 50代だからといって弱気になる必要はありませんので、どんどん相手との距離を縮めていく事です。”

今こそ大人の出会いを

“先日、いつも愛用しているワークチェアのキャスター部分が壊れてしまったので新しいチェアを買いに行きました。 そのまま持ち帰ることが出来ればすぐに組み立てられますが、あいにく運転免許は持っていないので、配達を頼んだら3日後の配達です。 3日間は椅子がないので、パソコン作業も立ってやらなければならなかったのです。 そして、商品が届いたら一人で組み立てでした。 こういう時、「車で運んでくれて組み立ててくれる男の人がいればなあ」と思いますね。 熱が出て寝込んでいるときなども、少し一人でいることが寂しく感じたりします。 しかしその反面、恋愛だなんて今更もう面倒なのに、50代になってもまだ出会いを求めている自分にびっくりしたりもします。 今更面倒かもしれないけど、「良い出会いがあれば、きっと恋に落ちてしまうんだろうな」と思うのです。 50代と言っても、女であることに変わりはありませんからね。 50を過ぎた女が一人で暮らしているのだから、若い頃のように年収とか社会的な地位とかはあまり気にせずに、 本当に心から「良い人だな」と思える人でないと恋に落ちないだろうな。 まさに外見や見てくれではなく、中身で選ぶことになるでしょう。 それだけに、心がときめいた出会いは大人の出会いなんだろうな、と感じます。 私たちが20代の頃は、まさに3高の時代だったからねえ。 3高と言うのは、結婚適齢期の女性が結婚したい理想の男性は、高収入で高学歴で高身長というものです。 ああ、そういえば、家付きカー付き婆抜きなんてことも言ってました。 持ち家や分譲マンションなどがあって車を持っていて姑とは同居じゃない、という意味です。 今は逆に低姿勢で低燃費で低リスクという、3低が理想の男性らしいですね。 50代ともなると3高も3低も意識しませんね。 そういう事よりも趣味が合うとか価値観が合う等が大事だと思います。 一緒にいてしんどくない人や一緒にいて楽しい人、波長が合う人が良いですね。 「もう今更・・・」と思う反面、そういう大人の出会いを求めているというのが本音です。 ”

『大事にしよう』目が合ってピカリ光った

“若いときに恋愛をして失恋したり結婚をする過程を経ると、途中で恋をすることに疲れたり興味がなくなることがあります。 それは恋愛よりも仕事や家事、子育てに重点が移ってしまうからです。 しかしその後、50代になってプライベートな出来事がひと段落すると、もう一度大人の恋を楽しみたいと感じるようになります。 結婚をしても離婚した人や、結婚したいと思えるような人と出会えないことなど、事情はそれぞれ異なりますが、50代からの恋愛は決して遅くありません。 もしかしたら50代になったことで、経済的にも余裕ができ、精神的にも他人を思いやることができるようになるので、素晴らしい恋愛を楽しめる可能性があります。 恋愛をするためには相手を見つけることが大事ですから、出会いを作ることが重要です。 友人に紹介をしてもらったり、婚活パーティーに参加する、出会い系アプリを使うなど様々な出会いの方法があります。 出会いを得るときには、積極性が重要ですが、それ以上に御縁が重要になります。 一目ぼれということばが恋愛においてよくあるように、目があってピカリと光ったような印象があったときは御縁があるといっても言い過ぎではありません。 人間にとって第一印象というものはとても重要で、最初に良い感情を相手に抱くことができれば、それを長く継続させることができるからです。 目が合ってこの人だという直感が働いたときには、自分から積極的に話しかけることが重要になります。 目が合うということは、自分だけでなく相手もこっちを見ていたことになるので、興味を持ってくれたと考えて間違いありません。 自分から話しかけることが苦手だという人もいるので、この人を大事にしたいという感情が動いたときは、その衝動に任せて行動をすることをおすすめします。 その行動力が、50代からの重要な出会いになるかもしれないからです。 ”

心のときめきがあればこそ

“人生は長く、特に日本は寿命が長いですから、50代になってからも恋愛を楽しむことは決して遅くありません。 50代になってからの方が、精神的にも大人になっているので純粋に恋愛を楽しむことができますし、経済的にもゆとりが出るので楽しい時間を過ごすことができます。 若いときであれば、恋愛の駆け引きに夢中になったり、友人の恋人とルックスや年収を比較して嫉妬をすることもあります。 外見的な事ばかり見て、本人を見ていないということがありました。 しかし50代からの恋愛は、内面的な要素に注目をするので、心のときめきが重要になります。 そして50代になると既婚者が多くなる一方で、若いときに御縁がなくて独身を貫いてきた人もいますし、離婚などつらい経験を経てきた人もいます。 様々な人生経験を積んできたからこそ、磨かれた人間が出来上がるので、そういう相手と出会いがあれば素晴らしい人生をおくることができます。 出会いを得るためには、婚活パーティーや出会い系アプリを利用するなど、様々な方法があります。 しかし一番大切なことは、心のときめきを感じられる相手かどうかということです。 50代になると若いときと比べて性欲も落ちていますし、外見にもこだわりがなくなることが多くなります。 そこで注目をするのが、その人の持っている心の美しさになりますから、それは話しをしてみないと理解することができません。 もちろん第一印象も重要ですが、一緒にいて安らぐことができたり、心のときめきを感じ取れるかどうかが重要です。 もし一緒にいて楽しい時間を過ごすことができると感じたときは、ためらわずに積極的にアプローチをしましょう。 50代からの出会いは決して遅くはありませんが、早いわけでもないからです。 残された時間を素敵な人と一緒に過ごすことができれば、毎日心のときめきを感じながら生きることができるので有意義な人生になります。 ”

培った眼力を頼りにしましょう

“50代ともなれば人生の折り返し地点にきており、様々な人生経験をしてきています。 楽しいこと嬉しいこと、悔しいこと辛いことなどたくさんのことを経験してきていると思います。 職場や地域社会においても様々な方をみてきており、人を見る目は養われているはずです。 恋愛においても経験豊富な方、離婚を経験した方、仕事に夢中で恋愛はしてこなかった方と様々です。 よく「恋は盲目」と言いますが、50代の人はそのような恋愛は向いていません。 若いころは一時期の感情で夢中になる恋愛もありでしょう。 しかしそのような恋愛は失敗することが多いのも事実です。 若さゆえの勢いと、活力で乗り越えていきますが、失うものも大きいです。 50代ではそのように一時の感情で突っ走ることはせずに、今まで培ってきた、人を見る目を頼りに自分にぴったりと合う相手を見極めてください。 恋愛において数々の苦い経験をしてきている人も多いでしょうから同じ失敗を繰り返さないようにはできるはずです。 また幸せな経験をしてきた人は、また同じような経験ができる相手をみつけることができるでしょう。 恋愛は人同士のつながりですから、人を見る目が一番大切です。 焦って相手をみつける必要もありませんので50代ならではの、お互いを大切にし、ゆっくりと愛をはぐくんでいくような素晴らしい出会いを時間をかけてみつけてください。 そして反対に50代の方からの自分を見る目も厳しくなっていることに注意してください。 自分も見られている立場でもあるのです。 年相応の服装で、きちんと場をわきまえ適切にコミュニケーションがとれるなどの最低限のマナーは必ずみられています。 それができない50代の人は、婚活の場においては恋愛対象にはならないでしょう。 自分が相手に期待しているように、自分も相手に期待されているということを忘れずにいれば、きっといい出会いがみつかります。 ”

お手紙作戦が似合うかも

“50代で出会いを求めるなら、お手紙作戦も有効です。 手紙で自分の思いを伝えるというのは若い世代ではあまりやりません。 ですが、50代という年齢層ならばさまざまな経験を積み文章力などもある程度身についている方も多く、自身の気持ちをうまく文章としてつむいでみるといいでしょう。 恋をするならその思いを相手に伝えるということが、最も重要です。 相手がこちらの気持ちを理解してくれればそこから恋は始まります。 若い世代では、もっと積極的なアプローチなども有効ですが、50代ならその年齢層にあったアプローチの仕方というものもあります。 手紙という手段は直接相手に会うというのとは違いますが、気持ちを伝える手段の一つです。 また、相手に対して直接会う、会話するなどのアプローチとは違い相手に対して気持ちを伝え、相手に対して考える時間を与えることもできます。 そのため相手に対してあまりプレッシャーを与えずに手紙の内容によっては自分の気持ちだけでなく日常的なことや相手が楽しめる内容にしてみるというのもいいでしょう。 相手から好感を持たれる手紙を送ってみるというのも、一つの手段です。 手紙の場合には、それまでの人生における経験などが役立つこともあります。 若い世代では経験できていないことなどを、文章として表現することで手紙の内容にもより深みが増します。 近年では、電子メールやSNSなどのネットを通じたやり取りなどが主流な世の中でもあります。 簡潔でシンプルな内容などが好まれる傾向もありますが、手紙の場合には、文章力によってさまざまな表現ができるという点がメリットの一つです。 自分の思いを相手に伝えるなら、手紙の内容に関してかなりこだわってみるというのもいいでしょう。 文章によっても相手に自分がどのような人物かというのが伝わることもあります。 手紙という手段を用いてうまく相手に自分の気持ちを伝えてみましょう。 ”

ハッピー人生の後半が待っている

“50代と言うともうそろそろ老後のことを考えて落ち着き始める時期ではありますが、もしこの年代まで独身であったとしても出会いが有るということには変わりませんので、 遅くはない恋愛を楽しんでみるのも良いでしょう。 昔のように若者と付き合うということは正直厳しい年齢でもありますが、同世代で落ち着きの有る人と付き合うことが出来ますので、同年代で探してみるのが良いでしょう。 50代と言うともう全ての人生のイベントは終わったのではないかと思われがちですが、 実際にはそんなことはまったくなくハッピー人生の後半が待っていると言っても過言ではないのです。 このため出会いを求めて行きたくなった場合には、落ち着きを持ちながらも積極的な行動を取るようにしましょう。 素敵な女性や男性がいた場合には、その人に大人の貫禄を見せながら近づいていくことで、自ずと恋愛を発展させていくことは不可能ではないのです。 50代にもなると出会いに億劫になってしまう場合がほとんどではありますが、年齢によって出会える確率は下がってくるわけでもないのです。 チャンスがあればそれを掴み取る力も必要になってきますので、50代で出会おうと思っているのならば出来る限り色々なところにアンテナを張り巡らせておくことが大切になります。 そのためには出会い系サイトなどを使うのも良いですし、婚活サイトや結婚相談所に登録するのも良いでしょう。 50代には50代の恋愛というものが存在しますから、出会いがないからといってもう二度と恋はできないのではと諦めるのではなく、 焦らずに探していくことですばらしい恋愛をすることが可能です。 そのためにはとにかくチャンスを増やしていくことが先決になります。 チャンスを増やすための行動として一番なのが、異性と出会える機会を設けることですから、マッチングアプリやサイトなどを上手く活用して求めていくことが大切です。 ”

“50代は人生経験も豊富であり、さまざまな出会いと別れを繰り返してきた経過があります。 だからこそもう年だからと諦める必要は無く、大人だからこそ出会うことができた相手やときめきを大切にすることが大切なのです。 50代でも積極的に動くことで新しい出会いはたくさん見つかり、その中で自分の経験があるからこそ感じる直感やときめきを信じて前に進むことも大切になります。 まだまだ続く何十年もの人生を楽しく過ごしていくためには、それまでの経験を活かして自分の理想にあう特別な異性を見つける事を諦めない気持ちが大切になるのです。 “

『遅くはない』出会い★50代★
Rate this post