◇バツイチだって出会いは欲しい!#新しい人生をスタートする

“バツイチでもまた結婚して幸せを掴みたいと思っている人もいるでしょう。 日本でもバツイチである割合は増えてきているため、負い目を感じてネガティブに考える必要はありません。 現代は出会い系のサービスがたくさんあるので、自分の理想としている相手を見つけやすい環境になりつつあります。 バツイチでも利用しやすいところはありますので、そういったところを利用することで効率よく出会いを求めることが可能です。 真剣に婚活を行いたい場合は、受け身でいるだけでなく自分から積極的に相手に対してアピールしていくことが必要となってきます。 ”

日本ではバツイチは珍しくない!

“バツイチは恥ずかしいことで、新しい出会いを求めたらいけないというように考えている方も多くいます。 また離婚経験があるというだけで、自分をマイナスに評価してしまう方もいるでしょう。 ですが離婚経験があったとしても、自分をマイナスに捉える必要はありません。 そもそもバツイチは、決して珍しいものではないのです。 例えば世界的に見ると、ロシアやアメリカでは結婚したカップルの2組に1組は離婚するというようなデータもあります。 日本でもロシアやアメリカほどではありませんが、離婚するカップルも多く見られます。 実は3組に1組は離婚しているという計算になるのです。 3組に1組のカップルが離婚するとしたら、バツイチは決して珍しいものではありません。 誰にでもさまざまな事情で離婚する可能性はあります。 そのためバツイチをマイナスに捉えるのではなく、前向きに考えて新たな出会いを見つけていきましょう。 出会いを求める場合でも、バツイチの方のほうが魅力的という方も多くいるのです。 バツイチが出会いを求めるときに忘れてはいけないのが、自分がどのような相手を探しているのかということです。 一度目が失敗したと思っているのであれば、次は成功できるように何に気をつけたらいいのか考えていくことが大切です。 今までの自分の生活を思い返して、次はどのような出会いを希望しているのか条件を整理していきましょう。 同じようなバツイチ同士の出会いを求めている方もいれば、相手の結婚経験にはこだわらないという方も多くいます。 実際にどのような出会いを希望するのかという点に応じて、適した相手の探し方にも違いが出てきます。 自分に適した形で出会いを見つけられるようにすることが大切です。 1つ出会いを探すうえで忘れてはいけないのが、前向きな捉え方をするという点です。 離婚経験を後悔して自分をマイナスに捉えているバツイチだと、相手に伝わって良い出会いが遠のいてしまいます。 ”

バツイチで失敗したからこそ新しい出会いを!

“結婚をして添い遂げることができればよいですが、他人同士で一緒に生活をすることで色々な問題が生じるのは当然です。 倫理的な考え方も違えば、経済観念も違うので、一緒に協力して生活できればよいですが無理をし過ぎると弾みが起こってしまいます。 無理をした結果、体調を崩してしまうことになったら、人生そのものが無駄になってしまいます。 そんな時は離婚をしてバツイチになったほうが、新しい人生を踏み出すことができます。 バツイチになったばかりの時は、自分が悪かったのではないか、離婚を回避する方法はなかったのではないかと悔やむこともあります。 しかしそういうことは全て時間が解決をしてくれるので、一度結婚に失敗してバツイチになったからといって人生を諦める必要はありません。 逆にバツイチになったからこそ、結婚に失敗した理由や相手に求めることを見直す良いきっかけを持つことができます。 離婚をしたことで傷ついた心を癒すことができれば、今度は前に進むために新しい出会いを得ることが必要です。 現在ではバツイチというのは珍しいことではなく、新しい出会いをつかむための第一歩だと前向きに考える人が増えたので、引け目に感じる必要はありません。 もしかしたらこれから出会う人こそが、運命の相手になるかもしれないからです。 それに新しい出会いで見つけた相手が、初婚であることもありますが、同じバツイチである可能性もあります。 その場合は、バツイチになったことで傷ついた心をお互いが共感して癒すことにもなりますし、 次こそは素敵な結婚生活をおくるように頑張ろうという気持ちになれるかもしれないからです。 出会いを得るためには、婚活パーティーや出会い系アプリを利用するなど、手段はいくらでもあります。 バツイチであることを隠して出会いを探す方法もありますが、隠さずに出会うことができれば、相手に堂々と向き合うことができるでしょう。 ”

バツイチを隠さずに出会いを探す為には

“バツイチを隠さずに出会いを探す為に必要なことは、自分が後ろめたい気持ちを持たないことです。 バツイチの人で多いのが自分がバツイチだということを後ろめたく思ってなかなか新しい出会いや恋愛に踏み込めないでいる人です。 現代の社会でバツイチはそんなに珍しくはありません。 テレビに出ている芸能人やタレントでも、もっと多くの離婚歴を持っている人はかなり多くいます。 バツイチでもそんなに珍しいことでないと割り切って、新しい出会いや恋愛を求めて動き出す行動力が必要です。 自分がバツイチだということを最初に隠してしまうと上手く新しい出会いがあって異性と付き合えたとしてもなかなか本当のことが言い出せなくなってしまいます。 自分がバツイチだと告白したら降られてしまう可能性も十分にあり得ます。 出会った時から相手の異性に嘘をついていたことにもなるので相手からの信頼もなくなってしまいます。 そうならないためにも新しく出会いを求めるのであれば、最初から自分がバツイチであることを公表しておきましょう。 どうして前の相手と別れてしまったのかという詳しい理由まで書く必要はありませんし、自分から進んで話す必要もありません。 新しく出会って付き合えた異性が理由を聞いてきたら素直に話せる内容だけを話せば良いのです。 あなたが最初に結婚した異性と別れてしまったことを反省したり振り返ったりして、同じことは二度と繰り返さないと思っているはずです。 最初からバツイチだと隠さずに出会いを求めていると同じような異性からアプローチを受けることも多くなります。 お互い同じような境遇だから別れることの辛さや苦労も十分分かっているという気持ちから、似たような境遇の異性を求めることが多くなります。 お互いバツイチ同士だとお互いに気兼ねすることなく素直な気持ちで付き合えることができるというのもあるでしょう。 ”

さまざまな出会い系サービスが充実している現代

“現代では、様々な出会い系サービスが充実しています。 出会い系サービスというと若者が利用するものという固定観念を持っている人もいますが、40代以上の中高年やシニア層にも利用している人は大勢います。 出会い系サービスの運営側の方でも、ニーズの高まりを受けて中高年向けやシニア層向けのサービスを提供するようになってきました。 バツイチ向けに再婚を恋愛や再婚を後押しするサービスも登場してきています。 現代は結婚に対する価値観や考え方も多様化しており、バツイチでも恋愛や結婚に前向きな人が増えてきています。 一昔前までは一度結婚してしまうと、どんなに性格が合わなかったり問題があっても一生添い遂げるのが美徳とされていました。 しかし、最近ではそういった風潮は少なくなっており、 合わない人とずっと一緒に暮らすよりも前向きに別れを受け入れて新しいパートナーを探す方が良いという考え方をする人が多くなっています。 経済力のある女性も増えてきており、離婚しても生活が出来なくなるといった心配も減ってきました。 子供がいる場合でも仲の悪い夫婦の元で暮らすより、片方の親と暮らしてもう片方の親と交流を持つ方がストレスが少ないといったデータもあります。 再婚してステップファミリーを築く家庭も多くなっています。 ですからバツイチでも恋愛や結婚を諦める必要はありません。 自分に合った出会い系サービスを利用して、自分に合ったパートナーを探すこともできます。 マッチングサービスなどに登録すると、プロフィールを作成することがほとんどです。 年齢や趣味、職業などの情報を登録しておきます。 バツイチであることもプロフィールに登録しておくと、実際に仲良くなって会うことになった際にわざわざ説明しなくてもいいというメリットがあります。 バツイチ同士で話し合ったり交流しているうちに、真剣な交際に発展するケースも多いようです。 ”

バツイチの人が利用しやすいサービスとは

“バツイチでも利用しやすいのはやはり離婚経験者が集まるサービスです。 バツイチで新しい出会いを探す時に最もネックになるのは相手の理解でしょう。 結婚経験のない人にとってはバツイチというだけでネガティブな感情を抱くことも少なくありませんし、中にはそれだけで恋愛対象から除外してしまうということもあるはずです。 しかし、離婚経験者同士であればお互いに共感できる部分も多いと言えますし、共通の話題も多いはずです。 また、離婚に関してあまり触れられたくないポイントもわかっているでしょう。 バツイチの中には前の配偶者のイメージもあって結婚経験者を避けたがる人もいますが、 離婚の原因は不倫などどちらかに明確な非があるものだけでなく、性格の不一致など些細な場合もあります。 そのため、離婚をしている人を最初から敬遠する必要もありません。 また、バツイチの人にとっては素敵な異性が見つかっても、自分が離婚経験があることを打ち明けることに勇気が必要なはずです。 特に相手が素敵であればあるほど、打ち明けにくいはずです。 それにもし仮にバツイチを打ち明けて拒絶された経験を持っている人であればなおさら次の恋愛に一歩踏み出す勇気を持つことができないかもしれません。 しかし、バツイチが集まるサービスであれば、こうした心理的な負担も減らすことができます。 中でもバツイチ専用の婚活サイトなどは気軽に利用できるサービスと言っていいでしょう。 しかし、バツイチの中には真剣な出会いを求めている人だけでなく、遊び目的で婚活サイトを利用している人もいますので注意しましょう。 また、インターネット上での出会いに不安を感じる人にはバツイチ限定の街コンやパーティーといったものもあります。 最初はこうしたイベントに参加するのは緊張するかもしれませんが、中には気軽に友だちを探すような感覚のものもあるので、 気軽に参加してみることが新しい出会いに繋がるかもしれません。 ”

バツイチで真剣に再婚相手を探すなら!どのような婚活をする?

“結婚歴があるいわゆるバツイチが再婚相手との出会いを求める場合、当然その活動は最初の結婚とは違った工夫が必要になってきます。 まず真剣に婚活をするのであれば、多くの人にとって隠しておきたい要素であるだろうバツイチは最初から積極的にオープンにするべきです。 既に説明したように日本ではバツイチである人は珍しいものではありません。 ある統計ではカップルの3組に1組は離婚するというのだから、劣等感を抱く必要はないのです。 しかしその一方で結婚するのであれば、前のパートナーと比較されたりしたくないから、結婚歴がない人と結婚したいと考えている人が現在も多数いるのは事実です。 こうした環境でバツイチであることを隠して婚活をした場合、最初はオープンにしていた時よりも多くの異性から好感触を得られるかもしれませんが、 いざ関係を進展させようとした時に大きな壁になってしまう可能性があります。 婚活において時間、もっといえば若さは大切な要素です。 ある程度まで付き合ってから振られると、次の相手からは年齢を理由に断られるリスクもあります。 そのため最初から不利な要素はオープンにして、それでも構わないから付き合いましょうという人にターゲットを絞るのが正しい再婚相手の探し方といえるでしょう。 また自分や狙っているパートナーの間に子供がいる場合はそのケアも大切です。 恋愛は男と女の問題といいますが、現実問題双方の家族に祝福されないまま結婚してしまうと長期的に見た場合、様々な問題が発生します。 最低でも祝福とは言わずとも納得してもらった上で再婚に踏み切るのがおすすめです。 子供の納得が得られにくいのは圧倒的に思春期なので、子供が幼い場合はできるだけ早く再婚を目指し、 逆に思春期真っ盛りである場合は、1日でも早く一緒になりたい気持ちを抑えて子供たちが大学生や社会人となり、両親の幸せを考えられる年齢になるまで待ちましょう。”

バツイチでも出会いがたくさん!積極的に動くメリット

“バツイチの人が考えてしまいやすいのが、バツなしの人に比べて出会いのチャンスが少ないということです。 であってもバツイチであることを伝えるとどこかで線引きをされてしまうと思ってしまい、積極的に行動が出来ずにいる人もいます。 確かにバツイチというだけで線引きをする人がいるのは間違いありませんが、そういった人がいるからこそ積極的に動くメリットがあるのです。 バツイチの人とは恋愛をしたくないと思う人がいるからこそ、積極的に自分から動くことによって、バツイチでも気にしないという人を見つけられるようになります。 積極的に自分から動けば動くほど出会いの数を増やしていく事が出来るため、自分との将来を考えてくれる相手に巡り合えるはずです。 積極的に動くようにすれば、世間からどのようにバツイチの人が見られているのかという現実を知る事も出来ますし、なぜ不安を感じられてしまうのかもわかるようになります。 相手の気持ちがわかる事によって、その不安を払しょくしてあげられるような対応をしていく事が出来るので、 出会いの数を増やせば自分自身の価値を上げていけるようになるはずです。 どう思われているのかがわかっていなければ、相手が感じている不安を消すことは出来ません。 一度結婚に失敗している人だけど、なぜ失敗をしてしまったのかを相手は知りたがっている場合もあります。 そんな時には素直に答えてあげるのも方法です。 もちろん原因が自分に合った場合でも、相手が原因だった場合でも、それを踏まえて同じ失敗を繰り返さないためにどう行動していくつもりなのかも伝えてみるといいでしょう。 そういった風に前向きに考えられるようになる為にも、積極的に動いて自分自身を強くしていかなくてはなりません。 いろんな異性と出会うことによって、自分が成長することが出来るに違いありませんので、どんどん行動して相手探しをすることが大事です。”

“バツイチであることに対して引け目を感じてしまい、再婚することに消極的になってしまう人もいるかもしれません。 日本では一度結婚に失敗しているという人も増加しているため、心配せずに落ち着いて婚活を進めていくことができます。 現代は婚活ブームであり出会いを提供している出会い系のものが豊富にあるので、身近に気になる人がいないという人でも簡単に出会いを求めることができるようになっています。 バツイチの人が安心して利用できるサービスもあるので、そういったところを活用して真剣にかつ楽しみながら婚活をしていくことができます。 “

◇バツイチだって出会いは欲しい!#新しい人生をスタートする
Rate this post