50歳バツイチでも再婚できる方法

50歳の離婚経験のある方の中で、これからの人生を誰かと一緒に過ごしたいと感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、50歳で離婚経験のある方の場合、自分自身が再婚をしたいと望んでいても、再婚ができるのだろうか、結婚生活を長く続けられるのだろうかと悩まれることもあるかもしれません。
まずは具体的に結婚をすることで得られる事や失う物などを考えながら、離婚についてや男女別の結婚をする要因を知り、ご自身にとっての再婚がどのようなものなのかイメージしてみましょう。
そして、離婚経験者の方が再婚された場合にはどうなるかについて参考として頂き、今後の行動にお役立て下さい。

結婚してから離婚をしてしまう割合

世の中に存在する男女の中から、結び付けられた二人。
選ばれて結び付けられた二人なので、運命と思ってしまうことが少なくありません。
しかし実際に結婚生活を送ってみると、これまでのバックグラウンドは異なりますし、結婚生活を始めてからわかる相手のこともたくさんあるのですね。
そのため、結婚生活の中であれ?と思うことが多くなるのです。

そんな結婚生活をしていて離婚に至るカップルも少なくありません。
その離婚率はなんと約35%にも上ると、調査の結果で報告されています。
なんと結婚をしてもその3組のうち、1組は離婚をしてしまうという現状があるのですね。

その中で目立つのが30代の離婚です。
やはり働き盛り、女性の自立、反対にリストラなどの問題もありますし、30代ならまだまだやり直せると思う決意も強いのではないでしょうか。
30代の離婚が統計上もっとも多いのですが、次に注目したいのは、50代の離婚です。

長年連れ添ったのに、50歳になって離婚?と周囲には思われることも少なくありません。
しかしながら、今は熟年離婚が注目されるように、少なくない離婚の現状なのです。

またそれに相反して50歳での再婚が増えているのも現状です。
40代、50代というとまだまだ健康を維持して仕事もバリバリ行うこともできる時期ですね。

しかしながら、50歳にもなると少しずつ将来の老後のことが気になります。
またこのまま一人で過ごしていくのかという精神的な不安がわいてきます。
また20代、30代の時にはもっと自分に勢いがあって仕事もバリバリ行っていたけれど、50歳にもなると少し仕事は落ち着くし、余裕が出てくるために周りを見渡すことができるようになるのですね。

そこで考えることが、このまま一人で良いのか、チャンスがあれば再婚を!をいうことなのです。

50歳の再婚というのは珍しくありません。
チャンスさえあれば十分に可能です。
ただし、年齢的に出会いのチャンスはおのずと少なくなる可能性があります。
そこで出会いのチャンスをつかんで、お付き合いしていくことから始めましょう。

バツイチであっても問題ありません。
その場合は、ゆっくり時間をかけて出会いからお付き合いまで発展させていけばいいのです。
そして二人の意見を出し合って再婚すればいいのですね。

結婚から離婚してしまうカップルの割合というのは決して少ないものではありません。
しかしながらその先には新しい出会い、そして再婚という道もあるのですね。

結婚をする事で得られる事

50歳でバツイチともなると、なかなか恋愛や再婚というのは遠く感じてしまうものですが、結婚をすることや出会いを求めるということは非常に新しい刺激にもなるものです。
そのためたとえ50歳でバツイチであっても、いつまでも異性と知り合いたいという欲求は持っていた方が良いものになります。
特に誰かと一緒にいることによって大きなメリットが得られますので、それについてみていくことにしましょう。
まず最大のポイントとしては経済的な面が挙げられます。
結婚したからといって相手を養わなければいけないというのはもうだいぶ昔の話であり、現在では男女ともに働いてそれぞれが収入を得て世帯収入が増えるという考え方が主流なのです。
年金制度もそれほどしっかりはしておらず、今後老後に備えて蓄えを増やさなくてはならないですから、二人で働いてお金をしっかりと溜めておくということは大変に重要になります。
また二人で暮らすことによって、家賃や水道光熱費なども大きく節約ができますし、料理をする人間がいれば食費の節約や健康的な食事が食べられるなどのメリットもあるのです。
外食ばかりで一人暮らしを謳歌しているという人も、お金や健康面でのデメリットが大きいことには気づいており、誰かと一緒に食事をし、料理をするということを楽しめればこういったことにもプラス面が数多く存在します。
それだけではなく最新の研究では孤独が寿命を縮めるということも分かってきており、一人暮らしの人間より誰かと一緒に住んでいる人の方が平均寿命が5年から10年長いのではないかというふうに考えられているのです。
まだ研究は途上であり、はっきりとしたことはわかっていませんが、孤独が血管や心臓などに悪影響を与えているのではないかという可能性があります。
この他にも、まだ50歳であれば体が元気で動くかもしれませんが、少しずつ一人ではできないことが増えていきますので、そういった意味でも助け合える相手がいるというのは非常に心強いものです。
平均寿命が長くなっただけに一人暮らしのお年寄りが増えていますが、こういった一人暮らしの高齢者というのは社会的なリスクにもなっており、なるべく人と手を取り合って助け合い生きていくということが社会のためにもなるのです。
そのため50歳であってもたとえバツイチでも結婚を考えて行動するというのはとても重要なことになります。
結婚相談所だけではなく、お見合いのアプリなども活用して素敵な出会いを探しましょう。

結婚をする事で失う物

50歳で再婚をすることは一度は失った人生のパートナーや生き甲斐を再び手に入れるチャンスである一方、失うものも少なくありません。

結婚することで失うものの筆頭として多くの人が最初に頭に思い浮かべるものといえば、人生の自由度です。

独身であれば仕事中こそ身体を拘束されますが、それ以外は何をしようとも誰にも文句は言われません。

極端な話をすれば金曜日に会社を出た途端に、そのまま飛行機に飛び乗って海外まで遊びに出かけてもいいわけです。

しかしそんな自分中心の生活は結婚してしまえば出来なくなります。

休日は義理の両親の介護や食料品の買い出し、家族サービスと完全に自由になる時間は週末に4時間もあればいい方でしょう。

実際旅行好きの女性で一度は結婚したけれど自由に旅行どころか外出もままならなくなり、旅行のたびに浮気を疑われる生活にうんざりして離婚したという人はたくさんいます。

さらに結婚することによって失うものは身体的な自由だけではありません。

金銭的な自由もまた大きく制限されてしまいます。

独身時代であればどんなお金の使い方をしようとも、その責任を負うは自分だけなので他人から見れば馬鹿げたような買い物も好きにできました。

しかし結婚すればちょっとした家電を1つ買うのにも家族の同意が必要です。

自分の趣味に関係したものを買う際は犯罪のように扱われ、宅急便が届くたびに嫌味を言われる生活にうんざりしたという結婚経験者の方は多いのではないでしょうか?
これはお金のない低所得者層に限った話ではなく、社会の上位10%の収入を得ているエリート層ですら、買い物の収納スペースのことで口論となり離婚する人がたくさんいます。

そして結婚で失う最大のものといえば恋愛の自由です。

伴侶を持ったその瞬間から自分の目の前に魅力的な異性が現れても口説くことも、口説かれることも許されなくなります。

独身時代に自由恋愛を楽しんできた人にとってはこれは想像以上の苦痛です。

浮気を許さないというのは分かるが、夜の店に遊びに行くことすら禁止というのはいくら何でも酷いと考える男性は多いようですね。

行動の自由、金銭の自由、恋愛の自由、この3つが結婚によって失うものの代表例です。

もちろんそれ以外にも大小様々なものが結婚という契約によって人生から失われます。

結婚は孤独からの開放など素晴らしい要素もたくさんあるイベントですが、その一方で失ってしまうものも少なくないのです。

離婚をする理由とは一体

若い頃には大恋愛をして結婚をしても、ある時期から夫婦の関係が冷めてしまうカップルがいます。
最近は熟年離婚が増加しているという報道もあり、50歳を過ぎた人達が離婚に踏み切ることも珍しくなくなっています。

離婚をする理由は人それぞれですが、相手を尊敬し大切に思う力が弱くなることがすべてに共通した理由となります。
なぜそのような状態に陥ってしまうのかは、結婚相手のことよりも大切に思える様々なものがあることなどにもよります。
この人を逃したら淋しくなり、一人ぼっちになってしまうという気持ちになる人達は、離婚などはしません。
結婚以外に楽しいことがあったり、自由の身でいることにあこがれを強くいだいたりすることが離婚に踏み切る理由になります。

人生は100年と言われる昨今、平均寿命はどんどんと長くなっています。
50歳くらいの時はちょうど折り返し地点です。
これから先の長い間を、あまり良く思えない相手とずっと暮らしていくよりも、まだまだ再婚が出来るチャンスがあり、楽しくなるような相手と知り合えるような気がすることも離婚に踏み切る人達には共通の心理になっています。

そのように思い始めると、あまり仲良くない夫婦の場合には離婚をしてもうまくいく可能性はあります。
しかし別れるくせがある人達は、何度も繰り返すことも報告されています。
結婚に向いていない人達が淋しさを紛らすために、結婚のような形で異性と暮らしても、やはり自由の身を好むこともあります。
そういった人達は独身が向いています。

離婚をしても生活をしていけるようなカップルの場合には、離婚がスムーズに進んでしまいます。
しかし離婚をすることで生活が困難になる場合には、思っていても踏み切ることが出来ません。
もやもやとしたさっぱりとしない感覚で日々暮らすことになり、こういったカップルも不幸です。

離婚をするためには、男女とも経済的にも精神的にも自立出来ることが必要なことです。
どちらかに頼る気持ちがある間は、別れることは無理があります。

離婚をする理由には、一人でもやっていける自信があることがあげられます。
これから年齢を重ねることを想像しても、今よりも良くなると思える明るさがあることも理由となります。
今の状態で生活を続けるよりも、ずっといいと思える二人の場合には、うまく別れることが出来ます。
離婚は悲しいことですが、踏み切れる場合には、先に向けて明るい日差しが降り注ぐような、幸せになれる予感がすることが大切です。

再婚に至るまでの出会いについて

再婚に至るまでの出会いは人それぞれです。
今までどうやって生きてきたのかにより大きくことなります。
まずは、自分は今後どうやって生きて行きたいのかを考えると良いのではないでしょうか。
50歳であれば子供がいたとしても、その子供は成人になっているころなので、あとは自分の幸せを大切にすると良いかもしれません。
まずは、再婚するにも「いつまで・どんな人と・どの様に」行いたいのかを一度考えることをおすすめします。
50歳であれば、平均寿命で考えた場合残りの人生は30年以上あることになります。
具体的な行動を行うためには再婚を「いつまで」にすると決めることをおすすめします。
例えば、55歳までに再婚するとしましょう。
そうすると、例えば52歳までに運命の人を探すための行動を行い52歳から54歳まで恋愛を行い55歳になったら再婚すると言う、再婚までの道のりを具体化することができます。
52歳までに運命の人を探すためにはどうすれば良いのか。
「どんな人」と再婚したいのかを考えることをおすすめします。
闇雲に行動してしまうと、負の連鎖がおきてしまう可能性が高くなってしまいます。
具体的に、例えば「年齢は50歳から60歳まで・サラリーマン・自分と趣味があう人」など具体化します。
そうすると、その人と出会うための具体的に「どの様に」行動をとれば良いのかを知ることができます。
例えば理想な人がいそうな婚活パーティーに参加するなどの行動をとることができます。
婚活パーティーは参加者がある程度限定されているものも少なくないので、自分の理想に合う人と出会うことがきっとできますよ。
また、出会い系なども利用してみるのも良いかもしれません。
出会い系を利用している人は大手系の出会系の累計会員を足すと1700万人を超えると言われていて、50歳以上の利用者も数多くいます。
累計会員数500万人以上を誇る大手の出会い系では、50歳以上が男性約35%女性20%いると言うデーターもあります。
その出会い系サイトで50歳から60歳までしぼり込み機能で検索すると、9999人以上ヒットします。
因みに、この出会い系サイトでは9999人以上いても9999人以上と出ます。
女性が出会いサイトを利用する場合、無料で楽しめる場合が少なくないです。
通信費も家のWi-Fiを使えば、スマートフォンからでも気兼ねなく利用できますよ。
もちろん、これらは仮定の話なので実際は運命の人と早く出会えることもあり、または、遅くなってしまうこともあることでしょう。
その場合でも、そういった再婚までの過程を楽しみながら行うと良いかもしれませんね。

50歳バツイチでも再婚できる方法結婚をするもっとも大きな要因とは【男性】

50歳前後の男性が結婚や再婚を希望する理由は女性のそれとは少し違っています。
男性が結婚や再婚をしたいと考える最も大きな理由としては、老後を見据え残りの人生を一緒に過ごしてくれる伴侶を求めているということです。
ある程度若い時であれば、プライベートよりも仕事を優先させるという男性も珍しくはありませんが、50歳代ともなってくると仕事を続ける事が出来る時間やそれに割くことが出来る時間もそれほど多くはありません。
さらに、体調面で不安に感じるようになってくるのもこの年代の特徴と言えます。
若い時であれば一人のほうが楽と感じていた人でも、老後のことを考えると、誰かと一緒にいたいと感じるようです。

一方の女性の場合には、パートナーに対して強く結婚を求めているわけではないという調査結果が出ているようです。
これに対して男性の場合はパートナーに対して法的な結婚を求めるケースが多いと言われています。
女性が求めることが多い恋人やパートナーなど比較的軽い関係性はお互いを束縛しすぎない楽な関係であると言えます。
しかしながら、パートナーが病気や事故に遭った時などに家族ではないという理由から対応することが出来ないことも考えられます。
結婚をするということは、世間的・法的に二人の関係性が認められる深い関係になるということです。
婚活を行っている男性の場合、恋人やパートナーとしての相手を探しているよりも深い関係を求めている傾向にあります。

子供が50歳代の時、その親は70歳から80歳になっています。
老化は誰にでも起こりうることで、防ぐことは出来ませんが、年齢を重ねると共に自分の身の回りのことが徐々に出来なくなってくることも珍しくはありません。
場合によっては、介護が必要になることもあるでしょう。
自分の親の介護を任せるために結婚をするというと、非常に自分勝手なように感じますが、親の介護ということに対して不安を感じている男性は女性に比べると非常に多いものです。
それに加えて自分自身の体の衰えを実感したり、自分の周囲に親の介護が必要となった人が多くなったりするとこれまで他人事であった介護ということが急に現実味を帯びてくるものです。
男性の場合、他の人に弱みを見せたり、同じ環境にある人とコミュニケーションをとるということを苦手に感じている人も多く、コミュニケーションや癒やしを求めた結果として結婚をしたいという想いを強くするのかもしれません。

結婚をするもっとも大きな要因とは【女性】

50歳の女性で結婚、再婚し人生の再スタートを切る人も増えてきています。
その要因としてやはり独り身のまま人生を終わらせるより誰かと寄り添いたいと考えるのが大きな要因と言えます。
50歳を過ぎると、どのように人生を終わるかということが頭によぎるようになります。
そんな時に、子供はいるものの、子供は自分達のことで一生懸命で、自分の家族を持つ子供達もいます。
子育てが一段落つき、ほっとした時に今まで独りで子育てに、そして一家の大黒柱として鼓舞してきた人生に少しゆとりができるのです。
ふとした時にパートナーがいない中頑張っていた自分から卒業したくなります。
このまま独り身で人生を終わらせていいのかとふと疑問に思った時に、寂しさを感じるのです。
中には趣味が充実し、このまま独りでずっと気楽でいいと考える女性もいます。
しかし寂しさが一度湧き出てしまった場合はやはりパートナーを求めるようになるのです。

出会いを求めるようになった女性は、やはり子育てに翻弄していた時期よりもグッと綺麗になる人も多いです。
おしゃれに気を遣い本来の美しさを取り戻すのです。
そうした中男性との出会いを重ねていくうちに、理想のパートナーが見つかり再婚するのです。

実際に再婚すると、割とスムーズに仲良く暮らせます。
お互いに年齢を重ねているので、細かいことにこだわらないようになっているからでしょう。

再婚する女性はやはり、朗らかで世話好きな人が多いです。
男性の世話が嫌なら最初から再婚を望まない方が良いでしょう。
男性は母親のように構ってくれる女性が本能的に側にいてほしいのです。
独り身で寂しいと感じるのは、温かい料理を誰かが作ってくれたら幸せなのに、洗濯、掃除をしてくれる女房がいる人は羨ましいなというような発想から再婚を考えるようにうなるのです。
明るく世話好きで、優しいタイプなら再婚に向いていると言えます。
もし再婚したい相手を見つけたならば、料理が上手なことをアピールしたり、綺麗好きなことをアピールすると良いでしょう。
そうすることで未来において自分の側で、料理をしたり部屋を綺麗にしている様子を想像するのです。

再婚に向けて、経済的基盤を相手に頼りたいと内心考える人もいることでしょう。
そんな時でもきちんとおしゃれをして、経済的に困っている様子を相手に見せないことが大切です。
明るくおしゃれに振る舞い困っている様子を見せない人の方がずっと魅力的に映るからです。
誰でもお金目当てとわかった段階で嫌がられます。

よりよい再婚に向けて、自分を磨き明るく笑顔を大切にすることが必要です。
女性の笑顔はその人が一番魅力的に見えることを覚えておくと良いでしょう。

再婚率が高い年齢層とは

結婚に失敗しても、再婚に期待している人も多いでしょう。
人によって様々ですが、再婚率の高い年齢層と言うものがあります。
それは50代です。
実際に50歳を過ぎてから再び結婚に至った人も、多いのではないでしょうか?だいたい20代後半~30代の適齢期ぐらいで結婚して子どもができ、その後離婚に至ってその子どもがある程度成長した年齢にあたるからです。
子どもの年齢が上がるにつれ、再婚を考え始める人が多くなります。
50代の人がそこに当てはまる人が多いのです。
若過ぎるでもない、でも年を取りすぎていない、新たなるパートナーを見つけるにはちょうど良い適齢期です。
50歳を過ぎると、お互い再婚者同士と言うことも少なくありません。
その方が気が楽だと言う人も多いでしょう。
2度目・3度目の結婚は、初婚に比べて「結婚」と言う形にあまりこだわらない人もいます。
50歳を過ぎてから出会い、長年事実婚を続けて夫婦となるパターンもあります。
やはり一度経験していることなので、すぐに再婚しなくても良いと言う気楽さがあるのです。
様々な選択肢を選べる自由さもあるので、2度目の人生を楽しめる年代と言っても良いでしょう。
再婚で大きな問題となるのが子どものことです。
いない人は割と自由に恋愛もできますが、子どもがいるとそう簡単には行きません。
特に年齢が小さければ小さいほど大変で、子育てはもちろん教育費や養育費で、パートナー探し所ではなくなります。
離婚してしばらくは仕事と子育てに追われる生活が続くものです。
生活に精いっぱいで、自分にかける余裕がなくなります。
しかし50代になればそう言った負担が軽くなるので、出会いを求め始める人が多いのです。
今はバツイチも珍しくはないので、周りを見ると意外と50代くらいで独り身の人もいることでしょう。
子どもも成長すると、親の再婚について理解を示してくれる場合もあるので、子どもの年齢が上がるにつれて再婚率も高くなります。
一人の時間が増えていくたびに、パートナーが欲しいと言う気持ちが強くなっていきます。
どんな人でも生涯を共にできるパートナーがいると、心強く感じます。
一人では難しい問題も、誰かが側にいると不安が半分になる上にお互いを支え合うことができるのです。
最近は60代・70代と、年を重ねても新たに結婚したいと思う人が増えているので、パートナーを見つけるための年齢は何歳でも可能だと思って良いのです。
もう年だからではなく、まだ50歳だからと考えると気持ちも前向きになります。
新しい生活に踏み出すことは、誰でも不安になるものです。
過去の失敗がネックとなり、一歩踏み出す勇気もいるでしょう。
しかし今まで培ってきた経験があるからこそ、今度は上手くいくと言う考え方も大事になってきます。
離婚経験のある人は50歳をめどに、再婚を考えてみてはいかがですか?今までとは違った素敵なパートナーと、素敵な人生が待っているかもしれません。

バツイチで結婚した人のその後

今まで1人で子育てを頑張ってきて、子供が独立したのを機に50歳で再婚を考えるのであれば、自分の為の相手を見つけて結婚を考えてもいいでしょう。

再婚後の生活を思い浮かべることが出来る相手でなければ結婚生活を長く続けられなくなりますので、きちんと幸せな生活を想像できる相手を見つけなくてはなりません。

バツイチで結婚した後の生活ですが、上手くいく人もいればまた失敗をしてしまう人もいます。

うまくいく人は、相手に依存し過ぎない人がうまく行くようになっているといえるでしょう。

再婚をしたのですから、一緒にいる時間を大事にして、いつでも一緒に居たいと思うようにもなりますが、それでは相手も息が詰まってしまうことになります。

パートナーと離れて自分の時間を持つようにしなければ、休むことなく束縛をされているような状態になってしまう為、相手の存在が鬱陶しくなってしまう人もいます。

鬱陶しいと思われてしまうと、一緒に居たくないと思われるようになるので、いくら再婚をしたからといっても相手に依存し過ぎないようにして束縛をし過ぎない事が大事です。

50代にもなると、誰かと一緒にいる時間も大事ですが、自分一人でしたい事もありますし自由な時間が欲しいと思うのは当たり前ですので、ある程度は自由にしてあげなくてはならないでしょう。

お互いが自分の時間を大事にしながら結婚生活をおくる事が出来れば、幸せで穏やかな時間を共に過ごせるようになります。

再婚後にしてしまいがちなことが、以前の結婚相手と再婚相手を比較してしまうことです。

再婚相手の前で以前の結婚生活の事を口にするのは言語道断ですが、心の中でも比較をしないようにしなくてはなりません。

どうしても以前の方が良かったとか、以前はもっとこうしてくれたという気持ちが出てくる事もあるかもしれませんが、それは比較をしてはならない事です。

以前の結婚生活と比較をして今の生活の方が悪いと思ったとしても、以前の生活に戻ることは出来ません。

相手に改善してもらいたいところがあるのであれば、相手にどういう風にしてほしいのかを具体的に伝えるようにし、自分の気持ちを話してみるようにするといいでしょう。

案外相手は嫌な思いをさせている事に気づいていないだけで、気持ちを伝えれば素直に受け入れてくれる事もあるはずです。

思いをとどめておくのではなく、2人で歩み寄りながら生活をした方がいいですので、気持ちを伝えてより暮らしやすい生活を手に入れていくようにしましょう。

生活をしていて嫌なことがあると、最終的に辿り着いてしまいそうな考えが、また離婚をすればいいという考えです。

一度離婚経験があると、離婚の方法もわかっていますし、相手からも解放されることになりますので離婚を選んでしまいそうになります。

しかしそういう風にまた離婚をすればいいという考えを持って生活をしていると、結婚生活に努力が足りなくなってしまうので、離婚をすればいいという考えは捨てるようにしましょう。

結婚をすることで得られる事や失う物を改めて知ることは、自分にとっての結婚生活を考える参考となりましたでしょうか。
離婚経験のある方の場合は、その理由はさまざまでお相手の方との相性や、人間関係、愛情の問題など多岐にわたります。
そのため一概に対策をたてると言ったことは大変難しいこととはなりますが、新しいパートナーを得たいと考えられた時、なるべく良好な関係を築いていくことができるよう結婚について考えることも大切なこととなるかもしれません。
年齢を重ねたことで理解できることもあるかもしれません。
このような知識や気付きを、次のパートナーとの関係に生かし、幸せな結婚生活を送る参考として下さい。

50歳バツイチでも再婚できる方法
Rate this post